スイスのスキーレーサー、ミッシェル・ギザンは、現在のスキーワールドカップは決して持続可能なものではないことを強調した。あるメディアは、スイスのスキー大統領に厳しい意見を突きつけた。ウルス・レーマン氏は、これに立ち向かった。昨年、FIS会長に立候補したスポーツオフィサーにとって、ワールドカップのレースはあまり多くありません。彼にとっては、流通が問題なのだ。秋の早い時期から、あるいは冬のニュージーランドからスタートするのもいいのではないか、と彼は考えている。1つの場所でダブルレースを行うのは理にかなっていると思います。その結果、復讐のチャンスも増える。

さらに、レーマンは、アルペンコンバインドをパラレルレースに置き換えるのは間違いだと考えている。早ければ、オリンピック・ファミリーが北イタリアで開催される2026年に開催する計画もあるようです。スイスでは、チーム競技としてパラレルレースを行うのは、大きなイベントとシーズン終了時だけである。また、中国に行かなくなるのも致命的である。スキー文化は一朝一夕にできるものではなく、何年もかけて築き上げなければならない。

テニスのようなポイント制を導入しようという動きもある。そうすれば、季節ごとのハイライトにボーナスポイントが加算されるかもしれません。しかし、若い選手がレースでポイントを獲得することで、スキーワールドカップへの飛躍が期待できるのだ。全部を考えて、解決していくんだ。レーマンにとって、これは理にかなっている。

さらに、元スキーレーサーのウルス・レーマン氏は、大きなイベントは後回しにしてほしいと考えている。そのあとは、ワールドカップの決勝戦とクリスタルグローブの授与だけでいいはずです。選手たちは何度も疲弊し、体力を消耗している。しかし、国際オリンピック委員会は、2月初旬に5つの輪のマークの下で大会を開催するという原則に固執している。この点からも、導入は難しいでしょう。