アルペンスキー・ワールドカップ2021/22年冬は、先々週末に終了した。ドイツスキー協会の結論はまちまちだ。アルピーヌのボス、ウォルフガング・マイヤーは、トーマス・ドライセンがすぐにスピードのスペシャリストに復帰することを望んでいます。また、ライナス・シュトラッサーはスラローム種目別ランキングでヘンリック・クリストファーセンに追いつくことを目標に掲げていた。しかし、クーシュベル/メリベルでの2本目の失敗で、これはもう不可能になった。5度のトップ10入りを果たし、プラナイでの不思議なシーズンに勝利を収めたにもかかわらず、このように苦いシーズンフィナーレを迎えてしまったのだ。アレクサンダー・シュミットも、一度は表彰台に上ったことがある。全体として、チーム全体の成績はあまり良くなかった。

また、マイヤーは、得られた結果に幅がないことにも言及し、批判した。さらに、明らかな品質の低下も挙げられました。3位に3回入賞し、北京の冬季オリンピックで惜しくもメダルを逃したレナ・デュールは、間違いなく今シーズンの勝者と言えるでしょう。シーズン最終戦のフランス大会では2位という好成績を残したが、勝利のために足りないものはあまりない。さらに、アルピーヌのボスであるマイヤーは、DSVチームが表彰台を狙えなくなり、昔のように後退するのを防ぎたいのだ。