ステファニー・ヴェニエが世界の頂点に返り咲いた!
クランモンタナ(SUI)で行なわれたダウンヒルで、チロルは5位に入賞し、オーストリア人選手として最高の成績を収めた! これは、彼女にとって今シーズン最高の結果だった。優勝はプリサ・ヌファー(スイス)で、昨日優勝したエステル・レデカ(チェコ)、ソフィア・ゴッジア(イタリア)を抑えての優勝となった。

この数年、上位入賞を果たせずにいたベニアーにとって、トップ5入賞は絶好のタイミングだった。オリンピックの期間中は、トレーニングの時間に充てていた。ヴェニエは、今日のゲレンデでその成果を見事に発揮した。

ステファニー・ヴェニアー「ゴールしたときは、とてもほっとしました。私のキャリアの中でも最高の配置で、言葉にならないほどです。今日は本当に涼しいですね。もちろん、帰ってくることを前提にプレーしているわけですが。でも、その甲斐あって、戦果を上げることができました。"

レースはコーネリア・ヒュッターの大クラッシュで影が薄くなった。前日3位の選手が最後のジャンプで転倒し、再び上位入賞を果たした。時速100kmを超える空中でこれを逃したシュティリアンは、横向きに着地し、凍ったレーストラックに身体と頭を強く打ち付けた。今のところ、シュタイヤーマンは元気だ。脳震盪の疑いがある。彼女は今日、オーストリアでさらに詳しく調査される予定です。