スイスのクランモンタナでは青空と完璧な雪に恵まれ、週末にはレディースが2つのDHレースで活躍しました。土曜日のレースでは、@ragmowが@connyhuetterを抑えて2位となり、ノルウェーにとって23年ぶりのDH表彰台となった。今日、@corinnesuter_official(4位)、@ragmowと@itsstephanievenier(5位タイ)はほんの少し表彰台を逃したが、ステファニーにとってこの結果は勝利のように感じられた。レース後、彼女はこのように語っています。
「今日はとても安堵しました。この数ヶ月は本当に厳しかったから、この結果は私のキャリアで最も重要なもの。5位という結果で自信を取り戻したが、今はまだ言葉もない。今日はとてもいいレースだった。家族は、僕が正しいかどうか疑っているときでさえ、ずっと僕を支えてくれた。スキーレースはとても素晴らしいものですが、良い結果を残せずに競技を続けるのは意味がありません。キャリアを終えることを考えたこともあったが、今日、クーシュベルで開催されるワールドカップ・ファイナルの出場権を獲得して戻ってこられたことを嬉しく思う。"
女子はレンツェルハイド(GS/SG)、男子はクヴィットフェルでDH2本とSG1本を予定している。