プリスカ・ヌフェルがクランモンタナのダウンヒルでプレミア優勝

スイスのプリスカ・ヌファーは、クラン・ラショーの第2ダウンヒルで、1分29秒93のタイムで、昨日の4位ですでにその走りを予感させ、ワールドカップ10年3ヶ月ぶりの優勝を飾った。昨日の優勝者、チェコのエステル・レデッカ(+0.11)は2位に振り切った。イタリアのソフィア・ゴッジア選手(+0.23)は3位に入りました。

種目別ランキングでは、フェアが読まれているようです。ゴッジャはシーズン終了まであと1戦というところで487ポイントを獲得した。2位のスーター(75点差)が彼女から小さなクリスタルグローブを奪い取るとしたら、事態はかなり荒れ模様になるはずだ。3位争いのみが、エキサイティングなものになるだろう。おそらく、ラモーナ・シーベンホーファーかミリアム・プフナー(オーストリア)に軍配が上がるだろう。

スイススキーチームのコリンヌ・シュター選手(+0.27)は昨日よりかなり調子を上げ、4位に入った。ノルウェーのラグンヒル・モヴィンケルは、復活したオーストリアのステファニー・ヴェニエ(各+0.31)と共に5位に入賞した。またスクアドラ・アッズーラにはフェデリカ・ブリニョーネが出場しており(+0.33)、彼女は7位にランクされています。ミッシェル・ギシン(8位;+0,43)とジョアナ・ヘーレン(9位;+0,46)もヌファーと一緒に喜んでおり、スイスチームの結果は非常に良いものでした。

トップ10には、アメリカ人女性のジャクリーン・ワイルス(10位;+0.55)が入りました。チーム・オーストリアのミリアム・プフナー(+0.69)は13位だった。5位のジャスミン・フルーリーは、カントン・ヴァレーでヌフェルに100分の97秒差の15位に振り切った。スロバキアのペトラ・ヴルホヴァ(+0.99)は16位につけ、オリンピック回転競技の現チャンピオンである彼女は、今週末休養中のアメリカのミカエラ・シフリンと大きなクリスタルグローブをめぐる争いで並んだ。オーストリアからはタマラ・ティップラー(+1.17)が出場した。正直に言えば、彼は17位より少し上の順位を予想していたようだ。

スイスのララ・グート・ベーラミ選手(+1.28)は19位と、昨日の失敗をある程度補うことが出来ました。OSV女子のアリアンヌ・レドラー(+1.30)、ラモーナ・シーベンホーファー(+1.34)、ナディーン・フェスト(+1.40)、クリスティン・シャイアー(+1.46)は南チロルのナディア・デラーゴ(21位、+1.32)の後ろの20、22、23、24位となりました。最終トレーニングで転倒し、安全のために昨日のレースを見送ったドイツのキラ・ヴァイドル(+1.80)は25位だった。最終セクションでオーストリアのコルネリア・ヒュッターが表彰台を目指していたところ、鼻血を出し、最初の情報では脳震盪を起こしたという壮絶なクラッシュがレースには影を落としていた。膝の怪我はおそらくないと思われる。それでも、フィニッシュ地点にいたファン、チームメイト、対戦相手たちは息をのんだ。南チロルのニコル・デラゴ選手は敗退した。

これが40人のレーサーを経た現在の中間結果である。まだスタート地点に残っている女性選手は、ライブティッカーで追うことができます。トップ15に変動があった場合は、もちろん更新します。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。