マニュエル・フェラーはガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)の第1回回転で3位に入賞した。優勝はノルウェーのヘンリック・クリストファーセン、2位はスイスのロイック・メイヤード、3位はマニュエル・フェラーだった。

0.51秒差でチロルのM・フェラーが3位に入り、今季通算6回目の表彰台を獲得した。

フェラー選手に100分の25秒差で、オリンピック銀メダリストのヨハネス・シュトロルツ選手が4位で振り切りました。マイケル・マットは9位(+1.12)、マルコ・シュワルツは16位(1.72)でした。ガルミッシュ・パルテンキルヘンのワールドカップ第2戦スラロームは日曜日(9.10と12.30、ORF1でライブ放送)にスタートする。

マニュエル・フェラー「また一歩近づきましたが、たくさんの人が混ざっていますし、今はヘンリック(・クリストファーセン編)がまたアクセルを踏み込んでいますね。2本目では、他の選手のようにスキーをもっと離さなければ、優勝を狙えなかった。しかし、3位というのは確かに悪くない。"

シュトロルツも、この順位で十分生きていけると思います。

Johannes Strolz 「4位は本当に嬉しい。明日は、またいい滑りを見せたいですね。コースは非常に流動的でタイトに設定されているため、本当に、本当に多くのリスクを負わなければならないと思いました。3つのメダルがあれば、一度のリスクも軽減されます。"

明日、日曜日はグディベルグでワールドカップ男子スラローム第2戦が行われる。規律ランキングの状況は、頭打ちになっている。今日結果を出せなかったバイキングのルーカス・ブラセン選手は257ポイントで首位をキープしている。同胞のクリストファーゼンはわずか1ポイント差。しかし、メイラード(247)、フェラー(245)、ユール(223)、引退した世界チャンピオン、セバスチャン・フォス・ソレヴォーグ(220)、シュトレーサー(218)にも、正当な結晶の可能性があるのだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。