サラ・ヘクターがクランスカ・ゴラで行われた大回転で優勝。

クランスカ・ゴラ - 本日土曜日、スロベニアのクランスカ・ゴラで女子大回転が開催された。ポドコーレンのスロープでは、スウェーデンのサラ・ヘクトルが2本のベストランタイムを記録し、総合タイムではフランスのダブル世界チャンピオン、テッサ・ウォーリー(+0,96)とイタリアの昨年の覇者マルタ・バッシーノ(+1,32)をはっきりと上回る2時間15分79秒をマークして祝杯を挙げた。3冠チームのメンバーにとっては、すでに今シーズン2度目の成功である。

カナダのValerie Grenier(+1.39)は、わずか100分の7秒差で表彰台を逃し、驚きの4位となった。スイスのララ・グート・ベーラミ(+1.92)は、コロナのために3度のジャイアント・スラロームを欠場したが、比較的大きな差があったとはいえ、5位に入ったことには満足している。同じくコロナウイルスに接触したポーランドのマリーナ・ガシエニカ-ダニエル選手(+1.96)は、復帰戦で6位に入賞した。

アッパー・カルニオラで行なわれたジャイアント・スラロームでは、アメリカ人のミカエラ・シフリン(+2.05)が計画通りに行かず、ほぼ同じ速さのティナ・ロブニック(8位、+2.06)とメタ・フロヴァット(9位、+2.13)を抑えて7位でフィニッシュした。スイスのオールラウンダー、ミッシェル・ギザン選手(+2.29)も貴重なポイントを獲得し、10位でリスのようにワールドカップポイントを集め、トップ10入りを果たしました。オーストリア人選手のカタリーナ・トラッペは中間地点で好調で、4位(+2.32)とリカルダ・ハーサー(+2.49)と表彰台に向けて11位と14位にランクされました。

リカルダ・ハーサー「速く走りたいというモチベーションが戻ってきた。残念ながら下は理想的な状態ではなかったので、それで遅れをとってしまった。気がつくと、いい方向に向かっているんです。出場が決まらず、自宅からレースを見ることになると、笑えません。今はまた疑問が消えているので、継続することが大事です。"

若い頃マルコ・オーダーマットの乳母だったスイスのアンドレア・エレンベルガー(+2.45)は、30位で最終滑走の資格を得るにとどまった。2本目に2番手のタイムを出したおかげで、13番手まで順位を上げることができた。同胞のウェンディ・ホルデナー(+2.78)とシモーネ・ワイルド(+3.57)は17位と20位に終わり、19位のオーストリアのスピードスペシャリスト、ラモーナ・シーベンホーファー(+3.08)らを相手に、この日の仕事を終えました。シーベンホーファーのOSVの同僚カタリーナ・フーバー(23位、+4.05)とスイスの若手スキー選手ヴィヴィアン・ハーリ(27位、+4.52)も数点獲得したが、彼らは1本目ですでに大きな差をつけられていたため、決定とは無関係であった。

ラモーナ・シーベンホーファー選手談:「1本目よりも自分の走りが良くなったが、それでもあちこちでミスが多くなってしまった。全体として、満足のいく一日ではなかった。ただ、自分の力を発揮できなかった。それはもう、頑張れ、頑張れ、頑張れという感じです」。

種目別ランキングでは、ヘクトルが前回トップのシフリンからレッドジャージを奪い、ウォーリーはアメリカ人選手と危険なほど接近している。次回の女子大回転は1月25日にKronplatzのERTAスロープで行われる予定だ。南チロルの雪上で行われるこの大回転は、オリンピック前最後の大会である。



ララ・グート・ベーラミはクラニスカ・ゴラの大回転で2本目の滑りを披露し、17位から5位へと順位を上げた。また、サラ・ヘクター/SWEの優勝でミシェル・ギシン(10位)、アンドレア・エレンバーガー(13位)もトップ15に名を連ねています。


➡️ クランスカ・ゴーラの最適なレースではない! ⬅️
Katharina Truppeが11位でベストオーストリアに!?
リカルダ・ヘイザーは順位を上げ、14位でフィニッシュ。
明日はスラロームがプログラムに入っています☺️



誰もが応援したくなるライバル関係🤝。
ミカエラ・シフリンとペトラ・ヴルホヴァはお互いを高め合い、その過程でFISアルペン女子ワールドカップのレベルを上げ、このスポーツを高めている。大いなる賛辞を贈る。明日、何が起こるか楽しみだ。👏



ヘクターのパワー発揮で大逆転のガット・ベーラミ

クランスカ・ゴラでの大回転では、サラ・ヘクターが重要な役割を果たし、スウェーデン人のテッサ・ウォーリーに約1秒の圧倒的な差をつけて優勝した。3位はマルタ・バッシーノ。スイス女子はチーム一丸となったパフォーマンスを見せた。