クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2023年09月

オーストリア女子チーム、” 選手たちは新たな経験の中、挑戦していました 😅”

ルドヴィカ・リギとアルゼンチンからの苦い帰還:脛骨骨折でナイフの下にあるイタリアの才能



カルピ出身の2006年クラスの選手は、ヨーロピアンカップチームとして2023/24年の冬に向けて準備をしていたウシュアイアで負傷し、シーズンを中断し、医師の診察後数時間で手術を受けた。 トレンティーノ委員会が今日公式に発表したように、パンゼリ。

ヨーロピアンカップのような質の高いグループに組み込まれ、すぐにトップサーキットへの飛躍を夢見る偉大な選手たちの最初の本格的なシーズンは、ルドヴィツァ・リギにとって多くの苦い思いで始まった。

チーム・トレンティーノのフィアンメ・オロに所属するカルピ出身の17歳は、すでに2023/24シーズンが終わる危険にさらされている(地域委員会自体が負傷を報告したほどだ):前回のイタリア・アスピランツ選手権を制覇した選手ラ・トゥイールで行進する彼女は、アオスタ渓谷の雪上で行われるアスソルティ・レースでも若手選手の主役であり、イタリアスキー界の偉大な才能の一人とみなされているが、脛骨を骨折したため数か月間中断することになる。ウシュアイアでの最後のトレーニング中に転倒。

アルゼンチンから早く帰国したルドヴィカさんは、FISI医療委員会委員長のアンドレア・パンゼリ博士の訪問を受けることになり、手術は数時間以内に予定されており、回復時間はまだ正確に定められていないが、明らかに長い時間がかかるだろう。

マルコ・シュワルツ 23/24シーズン、4つのイベントのバランスを取る

マルコ・シュワルツはこのところタイトなスケジュールをこなしていたが、2022/23年ワールドカップ総合7位の彼にとって、この冬はさらに楽になることはないだろう。28歳のカリンシアンは火曜日の夕方、南米での5週間のトレーニングキャンプから帰国した。水曜日の午前10時、彼はウィーンでのスポンサーイベントの一環としてメディアの前に姿を現した。そこでは、ワールドカップ総合優勝者マルコ・オーダーマットの重要な挑戦者の一人と目されているオールラウンダーのシュワルツが、来シーズンへのアプローチについて報告した。



マルコ・シュワルツはこのところタイトなスケジュールをこなしているが、2022/23年ワールドカップ総合7位の彼にとって、この冬はさらに楽になることはないだろう。28歳のカリンシアンは火曜日の夕方、南米での5週間のトレーニングキャンプから帰国した。水曜日の午前10時、彼はウィーンでのスポンサーイベントの一環としてメディアの前に姿を現した。そこで、ワールドカップ総合優勝者マルコ・オーダーマットの重要な挑戦者のひとりと目されているオールラウンダーのシュワルツは、来シーズンへのアプローチについて報告した。

2021年のアルペン・コンバインド世界チャンピオンであるシュワルツは、すべての種目で世界最高の選手のひとりだ。2022/23シーズンは、滑降、スーパーG、回転、大回転で6位以内に入った。クーシュベル/メリベルで開催された世界選手権では、アルペン・コンバインドで銀メダル、大回転で銅メダル、滑降で惜しくもメダルを逃し4位、回転とスーパーGで6位に入賞した。この夏、オーストリアのメディアでは、このカリンシアンが来冬のワールドカップ全レースに出場するという噂が流れた。ウィーンでの記者会見でシュワルツはこの意向をわずかに認めた。

シュワルツは、南米でのトレーニング(スピードのスペシャリストと2週間、スラロームとGSのチームとほぼ3週間)が非常にポジティブなものだったと報告した。シュワルツはこの冬もマルチ種目の脅威であり続けるだろう。シュワルツはクリスマスまでワールドカップの全レースに出場すると語った。その中には大回転4回、滑降4回、回転3回、スーパーG1回が含まれる。その後は?その時点で初期評価が行われる。「クリスマスには、今後の方向性を見極める。この冬、すべてのレースを完走できるかどうかは難しい。技術的な面かスピードの面か、どちらを優先するかはその時にわかるだろう」。


今シーズンは最低でも43のワールドカップが予定されており、冬の終わりに向けてまだ "十分な試合 "ができるようにすることが重要だ。すべての種目に出場することは、トレーニングの面で非常に時間がかかる。


「新しいゲレンデでのチャレンジは僕にとっていいことだ」 とシュワルツはグルグル(スラローム)とツェルマット(ダウンヒル)のレースを引き合いに出した。「ツェルマットは楽しみだ。ツェルマットはまだ誰も経験していないし、スピードの経験が少ない僕には合っているかもしれない」。シュワルツは2025年世界選手権のホームゲレンデであるザールバッハ・ヒンターグレムでのワールドカップ決勝も楽しみにしている。

ペトラ・ヴルホヴァ、ソルデンでのスキー・ワールドカップ開幕に向け準備万端



アルゼンチンでの集中的な準備の後、スロバキア人スキーヤーのペトラ・ヴルホヴァは来る冬のスキー・ワールドカップに向けて万全の準備を整えている。彼女のコーチであるマウロ・ピニによれば、ペトラは2022年の北京冬季五輪で金メダルを獲得するために準備に費やした時期を彷彿とさせるフォームを見せているという。

当初、準備期間の一部をチリで過ごす予定だったにもかかわらず、雪不足のため、チームはトレーニング期間のすべてをアルゼンチンのウシュアイアで過ごすことになった。世界最南端のスキーリゾートであるウシュアイアには、9月になるとスイス、オーストリア、イタリアなど世界各国から多くのスキーチームが集まる。

ピニはアルゼンチンでのトレーニングプロセスについて深い洞察を示した。8月はベースワークと基礎技術に重点を置いていたが、9月からはより具体的なスキー種目と高いトレーニング強度に焦点が移った。戦略的にウシュアイアを選んだことで、チームはこの多様なトレーニングに理想的なさまざまなゲレンデを得ることができた。

伝統的に新シーズンの幕開けとなる大回転の準備は特筆に値する。しかし、全体的な準備を確実にするために、スラロームとスピードの種目もおろそかにされたわけではない。

集中的なトレーニング・セッションとプレシーズンでのヴルホヴァの目覚ましい進歩にもかかわらず、ピニはワールドカップ開幕前のリジェネレーションの重要性を強調する。そのため、十分な回復期間の後、ヴルホヴァーはスイスの氷河サースフェーで準備を続け、ソルデンなど標高の高い大会に向けて最善の準備をする。

スキーワールドカップ2023/24:シャモニーは2つのダウンヒルとスラロームを楽しみにしている



日曜日のスラロームに加えて、シャモニーは金曜日と土曜日に2つのダウンヒルを楽しみにしている。

シャモニーは2023/24シーズン、カンダハールの週末に2つのダウンヒルレースを開催する。2月2日から4日まで開催されるこのイベントは、2つのダウンヒルとスラロームレースで構成される。

この決定は、チューリッヒで開催された秋の会議で下された。フランスはFISがカナダのレイク・ルイーズ・ダウンヒルレースの代替開催地を探していたときに興味を示していた。カンダハールの週末は、2月2日(金)にダウンヒル、2月3日(土)にダウンヒル、2月4日(日)にスラロームが行なわれる。

クラブ・デ・スポーツ・ド・シャモニーのディレクターであるフレッド・コンテ氏は、今年は第1回冬季オリンピックから100周年でもあることから、その重要性を強調した。FISから信頼されていることを誇りに思い、今回の決定は長年の協力の結果であることを強調した。シャモニーでのワールドカップ滑降レースは2016年以来行われていない。コンテはまた、技術的な課題、スラロームと滑降のレースで異なる準備、より多くのスキーヤーを収容するためのロジスティクスの課題も強調した。

カンダハール2024のスケジュールは以下の通り:

2024年2月1日(木):ダウンヒル・トレーニング
2024年2月2日(金):男子ダウンヒル
2024年2月3日(土):男子ダウンヒル
2024年2月4日(日):男子スラローム

スウェーデンのスキースター、アロンソン・エルフマン:負傷でシーズン遅れ

2022/23年ワールドカップ・スラロームで10位に入り、2023年FISジュニア世界スキー選手権の大回転と回転で優勝したスウェーデンのハンナ・アロンソン・エルフマンは、国際的なスポットライトを浴びた。しかし、負傷のため2023/24年シーズンの開幕は遅れることになりそうだ。スカンジナビア出身の彼女は9月12日のセロ・カストル大回転で転倒し、左足に痛みを覚えた。



2022/23年ワールドカップ・スラロームでランキング10位を獲得し、2023年FISジュニア世界スキー選手権の大回転と回転で優勝したスウェーデンのハンナ・アロンソン・エルフマンは、国際的なスポットライトを浴びた。しかし、負傷のため2023/24年シーズンの開幕は遅れることになりそうだ。彼女は9月12日のセロ・カストル大回転で転倒し、左足に痛みを覚えた。

現地での初期診断では深刻な怪我は見つからなかったが、www.skidorf.com、自宅での経過観察の結果、異なる結果が出たという。MRI検査の結果、軽い骨折が見つかったのだ。「予後の良い怪我です。しかし、ワールドカップの最初の2レースを欠場するリスクはあります」。しかし、スウェーデンのチームドクターであるアンダース・ストールマンは、"今シーズンの残りに危険はないはずだ "と言う。

20歳の足は、安定させるために特別なスプリントが装着された。4週間後、医療関係者は足がきちんと治っていることを確認するため、もう一度レントゲンを撮る予定である。




新星ハンナ・アロンソン・エルフマンの挫折:転倒で数週間の休養へ

ハンナ・アロンソン・エルフマンは数週間のトレーニング中断に直面している。これまでスキーワールドカップやジュニア世界選手権で目覚ましい活躍を見せ、ロンジンのライジングスターの称号を授与されてきたこの選手が、左足を負傷した。9月中旬にウシュアイアで行なわれたトレーニングキャンプ中、大回転の競技中に転倒したのだ。

転倒後すぐにX線検査を受けたが、当初は骨折は確認できなかった。9月16日にウシュアイアから戻ったアロンソン・エルフマンは、2日後にチームドクターのアンダース・ストールマンに相談した。彼はMRI検査を勧め、最終的に小さな骨折が判明した。ストールマンによれば、エルフマンがワールドカップの最初の2レースを欠場するリスクはあるものの、この負傷の治癒予後は良好だという。とはいえ、今シーズンの残りは彼女にとって問題ないだろう。

治癒プロセスをサポートするため、アロンソン・エルフマンは足に負担のかからない特別な靴を履いている。今後4週間はこの靴を履き、同時にカールスタードでリハビリ・プログラムを受ける。その後のX線検査で、彼女の足が正しく治癒していることが確認される。




ハンナ・アロンソン・エルフマンは1ヶ月の活動休止:スウェーデンの才能が左足を骨折

2002年スカンジナビア出身のエルフマンは、ウシュアイアでのトレーニング中に負傷し、レヴィでのスラローム(11月11-12日)に向けて回復を試みるが、手術を受けずに済む見込み。

準備の真っ最中に4週間の休養を余儀なくされる。

ハンナ・アロンソン・エルフマンは、ウシュアイアでのジャイアント・スラロームのトレーニング中に転倒し(その事実は約10日前にさかのぼる)、左足に問題を抱えたため、中断せざるを得なくなった。アルゼンチンから戻った20歳のスウェーデンの才能は、さらなる検査を受けた結果、左足に小さな骨折があることが判明した。

100%回復し、冬の間にこのトラブルを抱え込まないためには、手術なしで実質1ヵ月の回復が必要で、カールスタッドではすでに理学療法が開始されている。リスクは明らかにワールドカップ初戦の予定を犠牲にすることで、ソエルデンの大回転は事実上問題外だが、ハンナは11月11〜12日の週末に予定されているレヴィでの2つの回転には参加するつもりだ。

その一方で、昨シーズンのラピッドゲートでは5つのトップ10(世界選手権では10位)に入り、セストリエーレでは4位と表彰台に近づいた。さらに、アロンソン・エルフマンは1月末のサンクト・アントン大会でテクニカル種目のジュニア世界2冠を達成した。

チューリッヒで開催されるFISオータムミーティングからの重要なお知らせ



2023年9月27日から29日まで、スイスのチューリッヒでFIS委員会が開催された。例年通り、主要関係者との集中的なミーティングが行われたこの1週間は、金曜日のアルペン・ワールドカップ小委員会で幕を閉じた。ここでは、アルペン競技の来シーズンに向けた具体的なポイントや提案が話し合われた。

2023/2024年シーズン
2023-24シーズンは、オリンピックや世界選手権のような大きなイベントがカレンダーにない。そのため、来シーズンのスキー・ワールドカップ・カレンダーには、伝統的なレースと魅力的な新種目が追加される。

マッターホルン・チェルヴィーノ・スピード・オープニング」は昨年より3週間繰り下げられた。女子のカレンダーには、12月上旬に2つの大回転レースが行なわれるマウント・トランブラン(カナダ)が新たに加わった。ジャスナ(スロバキア)とヴァル・ディ・ファッサ(イタリア)ではテクニカルとスピードの週末が1回ずつ開催される。

男子スラロームの選手たちは、例年より早くシーズンをスタートさせることができる。最初のスラロームレースは11月中旬にグルグル(オーストリア)で開催される。2月にはクヴィットフィエル(ノルウェー)とバンスコ(ブルガリア)でスピードとテクニックを競う週末がある。

今シーズンは、2024年3月16日から24日までザールバッハ(オーストリア)で開催されるファイナルで幕を閉じる。 今回初めて、ファイナルは2週にわたって開催される。最初の週末は技術系種目に専念する。例年通り、男女とも同じ日に異なる種目で競われる。一方、スピードウィークはより多様化する。スーパーGは同日に行なわれ、女子滑降は土曜日に、男子滑降は日曜日に行なわれる。

チームの組み合わせフォーマットはワールドカップ小委員会でじっくりと議論された。委員会のFIS理事会への勧告は、フェアプレーを尊重しつつ商品を向上させるために詳細なルールを分析・開発する時間を確保するため、2023/24年のワールドカップカレンダーにチームコンビネーションを含めないというものだ。ただし、FISアルペンスキー世界選手権のような将来の主要大会にチーム・コンバインドを含める計画はある。

長期カレンダー
議題のひとつは、2024/25年と2025/26年の長期カレンダーに関する提案の発表であった。

フッ素ワックス規制
FISは、FISワールドカップ、FISスキー世界選手権、そしてFISジュニア世界選手権などの主要大会において、来シーズンからフッ素ワックス禁止を全面的に実施することを確認した。その他のレベルの大会での検査は、これらの大会の規制を確実にするために無作為に実施される。

FISジュニア世界選手権
次回のジュニア世界選手権は、2024年1月28日から2月3日まで、レ・ポルト・デュ・ソレイユ-オート・サヴォア(フランス)で開催される。

FISの新戦略
会議の一部は、革新、デジタル化、新しいコンセプト、新しいTVのアイデアやグラフィックに基づくFISの新戦略に捧げられた。現在進行中の変革は、より多くのリーチ、エンゲージメント、より良いアクセス、リソースの有効活用を達成するために、ファン中心の新しいデジタル時代を創造することを目的としている。

上記のすべての提案は、FIS理事会の承認を条件とする。

2023/24年スキーワールドカップ・カレンダーから団体戦が削除される!



クラン・モンタナは今シーズンの団体戦に別れを告げなければならない

FISが2023/24年のスキー・ワールドカップ・カレンダーから団体戦を削除すると発表したのだ。当初はキッツビュールやクラン・モンタナでのレースが計画され、特に女子第3戦に関心が集まっていたにもかかわらず、来シーズンはそのようなプレミアレースは開催されない。

予定されていた大会形式、特に参加条件とポイント付与に関して、多くの選手が懸念を抱いていた。このため、2024/25シーズンや2026年オリンピックに間に合うように、フォーマットの調整が必要かどうかが検討されることになった。

現在のFISの決定は、ワールドカップ・カレンダーが最終決定された秋のスイスでの会議で下された。クラン・モンタナの組織委員会はすでに2月16日に女子のレースを計画しており、キッツビュールでは1月に男子の大会が予定されていた。しかし、ダウンヒルとスラロームを含むこれらのレースは延期された。

フォーマットの見直しの必要性は、スピードとスラローム種目のために特別チームを編成することの難しさを強調した選手たちの懸念から生じたものでもある。もうひとつの批判は、提案されたポイント制で、これは従来のレースに比べて魅力に欠けるものだった。また、異なる国の選手を1つのチームにまとめるというアイデアも賛同を得られなかった。

OSVのクリスティアン・シェラー事務総長は、チームとしてのデビュー戦は2025年のザールバッハ世界選手権までお預けだろうと考えている。この開催地では、メダルが前面に押し出され、ポイントに関する議論はあまり重要な役割を果たさないだろう。さらに、2026年のオリンピックに向けた男女のチーム組み合わせはすでに決定していることが明らかにされた。

さらに、2025/26年シーズンまでのスケジュールが、この秋の会議で発表された。シェラー氏によれば、オーストリアの伝統的な見どころが再びカレンダーに含まれるため、事前の計画が非常に立てやすくなるという。他の開催地については、パノラマがレイク・ルイーズでのレースの代替となる可能性が検討されていること、そしてワールドカップ決勝も同様で、クヴィットフィエル/ハフィエルで開催される可能性があることが言及された。




チューリッヒで大騒ぎ:FISは2023/24年のCoMカレンダーから複合チーム競技を削除!

キッツビューエルとクラン=モンタナ間の新種目(女子の第3レースを希望)は開催されない。選手たちは、参加と採点システムの両面から(2026年オリンピックに必要な2024/25年に開催される可能性のある)フォーマットの見直しを求めている。

チューリヒのセンセーショナル

2023/24年ワールドカップでの複合団体種目の導入は、土壇場で見送られた。秋の各種会議はスイスで開催され、FISは来季の新種目について白旗を揚げることになった。

これは、2月16日(金)に開催されるはずだったクラン・モンタナでの女子ステージの組織委員会から発表されたもので、(代わりに男子は1月にキッツビューエルで開催される予定だった)ダウンヒルとスラロームが行われないレースメニューとなっており、ヴァレー州の同ステージは3日目の開催を希望している。

IOCの要請により、ミラノ・コルチナ2026をオリンピックプログラムに含めるために必要なテストの期限である、少なくとも2024/25年まですべてが延期された。

来冬のチーム・コンバインドが開催されない理由?最終的に耳を傾けてくれた選手たちは、多くの不平等を訴えた。まず、いくつかの国がこのような技術的な状況でスプリンターとスラローム選手を出場させる可能性がないことを考慮した(例えば、スロバキアのペトラ・ヴルホヴァがライバルに重要なポイントを奪われたと言われている、編を参照)。さらに、CdMポイントの配分は、クラシックレースの半分になるはずだったが、全員の同意は得られなかった。

同じチームに異なる国の選手を混ぜるというアイデアはすぐに除外され、提案の練り直しが要求された。




スキーワールドカップでは当分チームの組み合わせはありません😔
⛷ チームの組み合わせは、2023/24シーズンにキッツビュールとクランモンタナで初めて行われるはずだった。 国際スキー連盟(FIS)はイベントの開始を延期した。
⛷ チューリッヒでの秋の会合で、FISは新しい競技のルールを再検討し、2024/25年の冬まで競技を導入すべきではないと決定した。 スイス女子ヘッドコーチのベアト・チュール氏がSRFにこれを認めた。
⛷ チームコンビネーションでは、2 人チームの 1 人のドライバーがスピード規律を完了し、もう 1 人がスラロームを完了している必要があります。 その後、時間は加算されます。

FIS対ヒルシャー:ロゴ論争が続くスキーW杯新シーズン



国際スキー連盟FISとマルセル・ヒルシャーが設立したスキーブランドVan Deerの関係は、依然として緊迫している。昨シーズンピークに達した緊張関係は、次のワールドカップシーズンでも続いている。論争の中心はスキーブランドの商標である。レッドブルがヒルシャーのスキープロジェクトのメインスポンサーとなり、50%の株主となった後、彼らのアイコンである雄牛のマークがヴァン・ディアのロゴに組み込まれた。これはFIS(特にヨハン・エリアシュの指導下)の不興を買った。

ヴァン・ディアとレッドブルは、ロゴとブランド名を修正することで妥協点を見出そうとしたが、失敗に終わった。名称を "ヴァン・ディア・レーシング "に変更し、雄牛のシンボルマークを様式化されたレタリングに減らしたにもかかわらず、FISはその立場を堅持している。つまり、トップスキーヤーのヘンリック・クリストファーセンなどは、FISの要求に従うため、スキー板に再びテープを貼ることを余儀なくされる可能性があるということだ。

度重なるロゴの変更とFISの懸念に応えようとする試みにもかかわらず、対立の解決は遠い道のりのようだ。今後ソルデンで開催される開幕戦の大回転で、ヒルシャーのスキーとFISとの係争に再び注目が集まることが予想される。




ヒルシャー・ブランド、改訂ロゴをめぐっても糊塗を余儀なくされる
2023/24シーズンの開幕を前に、国際スキー連盟は重い裁定を下している。またしても、ブランド大手のレッドブルが責任を取らなければならなくなった。

国際スキー連盟(FIS)とレッドブルの権力闘争の次の章:どうやら、ヘンリック・クリストファーセンらのようなスター選手のスキー板に適応されたロゴでさえ、FISにとっては十分ではないらしい。レッドブルはもともと、スキー界のアスリートの板にレッドブルのロゴを入れたいと考えていた。これは、元スキー界のスター、マルセル・ヒルシャー(ワールドカップ通算8勝)のスキーブランド「ヴァン・ディア」と飲料メーカーが協力することで可能になったはずだ。何度も何度も、FISはこの計画に水を差した。

オーストリアのポータルサイト『oe24』が報じているように、ヒルシャーとレッドブルのヴァン・ディア・レーシングのスキーは今後、再びテープを剥がさなければならなくなる。1カ月ほど前、雄牛のいない新しいロゴが発表され、スキーをテープで止める必要がなくなる解決策と考えられていた。しかし、どうやらFISはこれでは不十分なようだ。新しいロゴの "Racing "の文字がレッドブルのマークに似ているためだ。これはBlickからの情報と一致している。

その他の情報
オーデルマットでも変化が必要
FISはすでに何度か飲料大手レッドブルに干渉している。マルセル・ヒルシャーが2022年夏に自身の新スキーブランドとレッドブルの提携を発表した後、クリストファーセンらは昨冬、スキーにテープを貼らなければならなかった。その結果、共同ロゴの「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ・イクイップメント社」が誕生した。テーピングされた板でクリストファーセンはガルミッシュ(ドイツ)とヴェンゲンの2つのワールドカップ・スラロームで優勝し、2月のクールシュベル(フランス)ではスラロームの世界チャンピオンになった。FISはこのノルウェー人に対し、違反した場合はシーズン中にライセンスを剥奪するとまで脅した。

8月初め、FIS首脳部はマルコ・オーデルマット(25歳)やアレクシス・パンテュロー(32歳)といったスキー界のスーパースターたちに、レッドブルレーサーのヘルメットデザインをもう受け入れないことをEメールで明らかにした。これまで、レッドブルの選手たちのヘルメットは、ロゴ部分だけでなく、ブランドカラーが全面に施されていた。

レッドブルとクリエイティブな解決策
マルセル・ヒルシャーの若いスキーブランドと大企業の新しいロゴは、FISにとっても十分なものではなかった。レッドブルはクリエイティブな解決策で広告規制を覆すことで知られている。RBライプツィヒの正式名称はレッドブル・ライプツィヒではなく、レーゼン・ボールスポーツ・ライプツィヒである。しかし、一見しただけで誰が本当の黒幕なのかがわかる。

共同ブランド "Van Deer "の "Racing "の文字が雄牛の形になっているなど、やや目立たない形ではあるが、レッドブルはスキーにもその存在を示したかったのだろう。しかしここでは、FISは明らかにタフであることに変わりはない。




FIS、レッドブルとヒルシャーにまたも「ノー」:クリストファーセン&カンパニーが来季もスキーでカバー

ポータルサイト『Oe24』が報じているように、8度のワールドカップ優勝経験を持つエリアッシュが考案した「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ」厩舎では、素材に「レーシング」の文字を入れるだけでは不十分だった。エリアシュと商業的現実との戦いは続く...。

マルセル・ヒルシャーと彼のヴァン・ディア・スキーにとって、ワールドカップ・デビューはセンセーショナルなものだった。 結局、このスポーツの歴史を塗り替えたザルツブルクのスターは、"プロジェクト68"、つまり、トップサーキットのトラックで獲得した67勝に、メーカーとしての初勝利を加えることを自らに課していた。

ヘンリク・クリストファーセン(ティモン・ハウガンやチャーリー・ラポソといった優秀な選手も所属)のようなチャンピオンを擁しながら、2つのカップ優勝、そして何よりも昨年2月のメリベルでのスラローム世界タイトルを獲得した。

ノルウェーのエースが目指すのは、HK94が世界チャンピオンに君臨し、大回転ではマルコ・オーダーマットにコンスタントに挑戦しているこの種目で水晶玉を争うことだが、2023年から24年にかけても、来月何かニュースがない限り、「ヴァン・ディア-レッドブル・スポーツ」グループのロゴが粘着テープで隠されたスキーを目にすることになるだろう。

よく知られているように、ヨハン・エリアシュが委員長を務めるFISは、レッドブルが来冬、選手のスキー板に特徴的なレッドブルのロゴを入れたいと考えていたように、スポーツ以外の活動に使用されない限り、素材には市場に出回っているメーカーのロゴのみを入れることを望んでいる。

オーストリアのポータルサイト『Oe24』が報じているように、レーシングのレタリングをスキー板に入れる可能性についても、レッドブルのブランドの特徴に似すぎてしまうため、合意は得られなかった。

ワールドカップ初戦を前にカレンダーから削除された新種目



スキーサーカスでは、来る冬のワールドカップの新種目となるチームコンビネーションについて議論が交わされた。総勢130人のスキーヤーが反撃に出た。

FISはこの決定を撤回し、FISコングレスで発表した。しかし、2026年オリンピックでの追加メダル2個がかかっているため、チーム・コンバインドを葬り去りたいわけではない。「私がワールドカップカレンダーにチーム・コンバインドを含めることに賛成であると発言したのは事実だ。しかし、私たちレーサーがレギュレーションを作成したというのは事実ではない。私はポイント配分について聞かれたことはない」とユールはBlick誌に語った。

FIS、クラン・モンタナでの女子複合種目の開催は見送る方針へ



新しいフォーミュラ複合は待たなければならない。当初、初の女子チーム・コンバインドはクラン・モンタナで開催されると発表されていたが、FISは断念した。ルールは見直され、新種目が登場するのは2024-2025年の冬となる。

この新種目は、FIS(国際自転車競技連盟)の役員との話し合いのもと、選手委員会が始めたもので、ダウンヒル選手とスラローム選手を1つの国に集め、それぞれの滑走タイムを合算するというものだった。問題は?多くのスキーヤーが、必ずしも十分なスピードや技術的なスペシャリストがいるとは限らない国家間の不平等を訴えた。ワールドカップのポイント配分(クラシックの半分)も万人の好みに合わなかった。チーム内に複数の国の選手を混ぜるという提案はまだ採用されていない。

そのためFISは仕事に戻り、この新しい複合フォーマットの導入を2024-2025年シーズンまで延期することを決定した。しかし、IOCはすでにこの種目を2026年のオリンピックで実施することを認めているため、FISは迅速に対応しなければならない。

そのため、2024年に男子はキッツビュール、女子はクラン・モンタナで予定されていた最初の種目はカレンダーから削除された。17日(土)のダウンヒル、18日(日)のスーパーGに加え、2月16日(金)に第3戦が開催されることを喜んでいたヴァレー州のリゾートは、スイス・スキーと協力し、この複合イベントの代わりに別のイベントを復活させたいと考えている。

セリーナ・エグロフ、”前よりも楽しくなった”

セリーナ・エグロフ(22)は友人と出会い、スポーツをし、教師になるためのトレーニングを始めた。1年間の休養を経て、彼女は再びやる気に満ち溢れている。彼女は将来をどう見ているのだろうか?



日常をただ冷遇するのはどうだろう?他人の期待など気にせず、自分の声に耳を傾けること。スキー・タレントのセリーナ・エグロフはまさにそれを実践している。昨年の冬まで、彼女は20歳という若さで「やめる」と言った。スクオール出身のこのスキーヤーは、夏のトレーニング、準備、レースを含めて1シーズンを棒に振った。怪我はなかった。彼女はまた、周囲の環境と家族のサポートを感じていた。しかし、エグロフは日常的なスキーのハムスター・ホイールから抜け出したかった。

「肉体的にも精神的にも空虚感を感じていたので、スキーレースから離れる必要があったのです」と彼女は言う。その決断は正しかった。いつかは完全にあきらめる必要がないように、必要不可欠なことだったのかもしれない。"今日、私はスキーに乗るのが、たぶんかつてないほど楽しくて、次の冬にまたアタックする意欲がすごくわいてきたわ"

詳細情報
スキーのハムスター・ホイールに巻き込まれる
しかし、エグロフはいったい何に悩んでいたのだろうか?かつてスイススキー界最高の才能と言われたこのテクニシャンは、いつまでも後ろを振り返りたくないのだ。常に結果を出さなければならないというプレッシャーは大きかった。自分以外の誰も責めないわ。期待値が高すぎたのでしょう、私自身のエネルギータンクを空にしてしまったのです」。

結局のところ、エグロフは16歳のときから彼女を導いてきた多忙なカレンダーから離れたかったのだ。当時、彼女はグラウビュンデン選手権で3種目(回転、大回転、スーパーG)すべてで優勝しており、その才能は明らかだった。

「テレビでスキーレースを見ていた」。
エグロフはマウンテンバイクに乗る機会が増え、友人と出かける機会も増え、家族と過ごす時間も増えた。そして真冬のスキーツアーがあった。「そしてテレビでスキーレースを見た」と彼女は付け加えた。要するに、エグロフはそれまでほとんど時間が取れなかったことをしたのだ。

「しかし、すぐに自分には体系が必要だと気づいた。子どもたちと一緒にいるのが好きだったので、クール教育大学で勉強することにしました」。彼女は研修が好きで、すでにインターンシップで生徒の前に立っている。「大人の前よりも、子どもたちの前の方がずっと居心地がいいんです」と彼女は笑う。

"すぐには忘れない"
エグロフはいつか教師として働くことを想像している。その前に、自分を臆病者(「滑降もスーパーGも滑らない」)と表現する彼女は、スキーレースに復帰したいと考えている。

氷河でのトレーニングやアルゼンチンの冬で、彼女は良いスタートを切った。それもそのはず、「休養後初めてレーシングスキーを履いたとき、すぐに以前のような感覚になった。

喜びを忘れてはいけない
休養後、エグロフは自分自身について何を学んだのだろうか?「以前は、私にはスキーしかなかった。以前はスキーしかなかったが、今はスキー以外にも興味を惹かれるものがあることを知った。それは彼女に安らぎを与え、よりリラックスさせてくれる。「そしてプレッシャーから解放される」とエグロフは言う。

次の冬の目標はない。すでに5レースに出場しているワールドカップへの執着はない。「あまり先のことは考えない。ワールドカップは来るべくして来るもの。でも、喜びが失われないようにね」。

ミカエラ・シフリンがエイボンでミート&グリーティングを開催


ウェスティン・リバーフロント・リゾート&スパ、ヴェイルバレー、エイボン、本当にありがとうございました!イーグル郡の教育基金への寄付を募るために、このような楽しい出会いと挨拶がありました。🙌

ラウバーホルンのレースはすでに記念日を計画している



ベルンでは、ラウバーホルンレースの主催者が将来と2030年の100周年に向けたビジョンを発表した。

ワールドカップ最古かつ最長のレースであるラウバーホルンレースが100周年を迎えるまでには、まだ6年以上かかる。 しかし、今週水曜日の午後、ベルン・クルザールで大きな記念日の準備の開始の合図がなされた。

新しいのは、「Home of Legends」というブランドでのブランドの存在です。 過去の勝者や影響力のある人物は、今後数年間でさらに緊密に関与するはずだ。 いわゆるレジェンドトークは、来年1月の第94回ラウバーホルンレースでカナディアンコーナーのホスピタリティテントですでに計画されている。 SRFラジオの解説者を長年務めたベルンハルト・シャー氏は、聴衆の前で元アスリートやレジェンドらとディスカッションを行うことになっている。

一週間後は2025年
オリンピックチャンピオンのベルンハルト・ルッシは、自身はヴェンゲンで勝利することはなかったが、ラウバーホルンのレースの重要性を次のように強調する。 しかし、長期的には、ラウバーホルンのレースがなければ、スキー産業は 50% 以上を失うことになるでしょう。」 1980年代、ウリ出身の男性は別のルートの計画を責任者に提出したが、非常に躊躇した。 現在ケルネン S として知られるブリュッグリは、当時はもう運転できないように見えました。 結局のところ、今日に至るまですべてが同じままでした。

それにもかかわらず、OC のボスであるウルス ネプフリンを中心としたスタッフは、近代化への一歩を踏み出さなければなりませんでした。 彼は気候変動などの課題について非常に懸念しています。 「2025 年にはカレンダーが 1 週間戻ります」と Napflin 氏は説明します。 この措置により、主催者はより多くの時間を得ることができます。

Swiss-Ski ならすべて問題ありません
3年前、ラウバーホルンレースの終焉をほぼ意味していたヴェンゲンと国内スキー協会スイス・スキーとの間の意見の相違は、とっくの昔に解決されていた。 ベルナーオーバーランドは2020年5月に折れ、フンショプフのマーケティングにゴーサインを出した。

「予算が増えたため、イベントを立て直すのは苦痛なプロセスでしたが、持続可能な方法を見つけました」とウルス・レーマン氏は回想します。 スイス・スキーの社長は、2026年以降も記念日までは資金が確保されると確信している。

サウジアラビアで実現した "トロヘナ "は、アオスタ渓谷のピラの山々を通過する



サウジアラビアのネオム(標高2,000メートルを超える山があり、2029年のアジア・オリンピック開催を控えている)の山頂に、5,000億ドルを投じて6年以内にゼロ・エミッションの未来型都市「トロヘナ」が建設される。私たちはこの記事でそれについて話した。

スキーリゾート建設の秘密を学ぶため、サウジアラビアのプロジェクトを担当するエンジニアの国際代表団は、ピラの新しいケーブルカーの建設現場から生まれた「ベストプラクティス」を収集することにした。

ピラでは、5700万ユーロを投じた新ケーブルカーの建設が始まった。2023年夏には、ゲレンデを拡張し、スキー場上部のケーブルカー区間を準備する作業が進められている。2024年夏には、この準備作業が、新しいシステム、新しい出発駅、中間駅、到着駅で具体化される。
多くの企業が参加したコンペの結果選ばれた星形の到着駅の象徴的なソリューションは、サウジアラビアのプロジェクトの建設を思い起こさせる部分もある。

動画:サウジアラビア、ネオムの山々、トロヘナ

ゲレンデ王からTVの専門家へ:ビート・フォイツ、SRFでの新たな一歩



スキーワールドカップを3度制したビート・フォイツは、引退後、新たな道を歩み始めた。クーゲルブリッツ」の愛称で知られる36歳のスイス人選手は、今後、スイスのテレビ局SRFのスキー専門家として活躍する。彼は主にダウンヒルやスーパーGのコメディアンとして専門知識を提供する。フォイツは、異なる視点からスキーを体験し、その発展を見守り続けることができるこの機会を特に楽しみにしている。

フォイツと新しい同僚、マルク・ベルソッドは、スイス・スキーに入社した当初は意見の相違があった。しかし、何年もの間、彼らは良き友人となり、スキー・サーカスではしばしば同室となった。現在、彼らはSRFで同じ放送周波数を共有しており、ディディエ・プラッシュは引き続きテクニカルレースの解説を担当している。11月11日と12日にツェルマットで開催されるダウンヒルレースが、フォイツの新しい役割の初出場となる。

2017年のワールドカップ金メダル、2022年のオリンピック金メダルなど、目覚ましい活躍を見せるビート・フォイツは、マイクの後ろに移動した後も、スキー界を代表する人物のひとりであり続けている。




ビート・フォイツの第2のキャリアが始まる:まもなくオリンピック・チャンピオンのSRF Sportマイクデビュー

スイスの放送局との契約が正式に結ばれた元滑降スキーヤーのビート・フォイツは、引退から数ヵ月後、歴史的なツェルマット-チェルビニアレースを皮切りに、テレビとラジオを行き来する冒険を始める。「異なる視点からスキーを体験できることに興奮している」。

9月28日(木) 13:55
その1ヵ月前、彼はキッツビューエルの寺院で皆に別れを告げた。今シーズン、彼は自分の刺激が尽きたこと、そして最大限のリスクを冒したいという欲求が尽きたことを悟った。

ビート・フォイツは、2022年の中国大会の延慶で、逃していたオリンピックの金メダルを獲得し、伝説的な冒険の輪を閉じた。彼は、その間に、2017年の地元サンクトモリッツでの滑降で、またしても素晴らしい世界金メダルを獲得し、2018年から2021年まで、女王の種目で4年連続のクリスタルボールを獲得していた。

グラウビュンデン出身のチャンピオンにとって、すでに第2のキャリアをスタートさせる時が来ているのだ。今朝、同じ放送局によって公開されたフォイツとSRF Sportの合意は、ティナ・ヴァイラザー、ディディエ・プラッシュ、マルク・ベルトード、シュテファン・アブプラナルプらとともに、歴史上最も偉大なスプリンターの1人を専門家や技術解説者のチームに迎えるというニュースだ。

デビュー戦?1月までは他の選手たちと競争していたが、今はまた違う視点で、自分の環境で、そこに戻れることに興奮している。

フェデリカ・ブリニョーネと彼女のファンは、喜びの期待に胸をふくらませている



ワールドカップ開幕まであと1カ月となり、アオスタ・ヴァレーのファンの間で期待が高まっている。レッテンバッハで10月28日に開催されるスキー・ワールドカップ女子大回転の開幕だ。1本目は10:00、2本目は13:00にスタートする。

イタリアの選手たちは現在も集中的なトレーニングを続けており、10月7日までアルゼンチンに滞在し、ウシュアイアの雪の斜面で準備をする予定だ。一方、ファンたちは近郊でのレース観戦の計画に余念がない。その中には、フェデリカ・ブリニョーネの公式ファンクラブも含まれている。このクラブは最近、会員がゼルデンでのレースのチケットを予約できるようにした。当日の入場料は大人34.50ユーロ、2008年から2014年生まれの若者は16ユーロ。8歳未満は無料。週末を通しての入場券を確保したい人は、55ユーロまたは25ユーロを支払う。

2015年10月24日、フェデリカがレッテンバッハで勝利し、21回目のプレミアムリーグ優勝を飾ったことは、多くのファンにとってまだ記憶に新しい。

セルデンでのワールドカップ開幕に向けて、準備はすでに本格化



伝統あるアルペンスキー・ワールドカップの開幕を間近に控えたセルデンでは、すでに雪不足への対策がとられている。レッテンバッハファーナーでは最近降雪が記録されているが、現在の気温のため融ける可能性がある。今後、人工降雪のための追加降雪や凍結の見込みはない。こうした難題にもかかわらず、ワールドカップ開幕戦のゲレンデマネージャーを長年務めてきたイシドール・グリューナーは楽観的だ。彼と彼のチームは、春に作られた雪の貯蔵庫を活用し、先回りした対策に頼っている。

これらの貯雪場には合計6万立方メートルの雪がある。レースコースの準備には45,000立方メートルが必要だ。グリューナーによれば、たとえ出来上がった斜面が見た目には美しくないとしても、貯雪量は十分だという。冬のワンダーランドのイメージは30年もの間、観客を興奮させ、産業、観光、ウィンタースポーツのスタートの合図となってきたのだから。

合計60,000立方メートルの雪がこれらの貯蔵庫にある。レースコースの準備には45,000立方メートルが必要だ。グリューナーによれば、たとえ出来上がった斜面が見た目に最も美しいものでなかったとしても、貯雪量は十分だという。冬のワンダーランドのイメージは30年もの間、観客を興奮させ、産業、観光、ウィンタースポーツのスタートの合図となってきたからだ。

2007年からワールドカップ開幕戦のゲレンデマネージャーを務めるグリューナーは、ゲレンデの改修工事についてもコメントした。環境保護団体、特にグリーンピースからの批判にもかかわらず、彼はこの対策が必要であったと明言する。氷河が後退し、レース面に影響を及ぼしている。発破を含む改修工事は、前年にすでに承認されていた。グリュナーによれば、このような地形では従来の道具だけでは作業ができないため、必要だったのだという。

マルタ・バッシーノ、"ウシュアイアでのトレーニングはどう?"に必要な唯一の答え 😁😁😁

ソフィア・ゴッジア、アルゼンチンでのスキー・ワールドカップ・シーズンに向けて準備万端



ベルガモ出身のスキーエース、ソフィア・ゴッジャ(30歳)が、スキー・ワールドカップに向けたアルゼンチンでの準備期間中、日課としているトレーニングや現在の経験について語った。RTL 102.5(イタリア)のインタビューで、彼女はトレーニングの課題と進歩について語った。

ソフィアと彼女のチームは、冬のコンディションを利用するため、9月初旬にアルゼンチンを訪れた。帰国は10月7日の予定だ。到着後、彼らはゲレンデで何キロも滑った。当初は理想的な天候ではなかったが、最終日には天候に恵まれた。ソフィアは、体調は良好だと強調した。しかし、最初の1週間は極限のコンディションに適応するのが難しかったと告白した。幸い、彼女はすぐに順応することができ、今ではアルゼンチンでとても快適に過ごしている。

ソフィアはまた、日課についても語った。早朝6時20分に起床し、呼吸法、可動性、適応のためのエクササイズに打ち込む。午前7時15分に朝食をとった後、午前7時50分にゲレンデに向かい、チームとともに最大9本のトレーニングをこなす。スキーの後は、リカバリー、理学療法、ジムでの集中トレーニングが予定されている。ビデオ分析、理学療法、夕食を終えて1日が終わるのは午後10時。ジムでの長時間のトレーニングにもかかわらず、トレーニングの焦点は短時間の集中的なスキー・セッションにある。チームもソフィアもやる気満々で、来シーズンを楽しみにしている。


... 燃えなければならないのは街ではなく、スキーの下の雪 ❄️ 🔥 🎵 ❤️‍🔥
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan