クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2023年08月

グランベッカは今、これ以上ないほど美しい😍❄️



今のコンディションにまだ興奮している。💯❄️
私たちのレースコースであるグランベッカは今、これ以上ないほど美しい。😍❄️
マッターホルンでのワールドカップレースの75日前、グランベッカは白く塗られる。🖌️❄️

AJ・ハルトとエヴァ・サンシャインがANCスラローム初優勝



コロネットでは大回転に続く第3戦オーストラリア・ニュージーランド・カップが開催され、ラ・パルバではルカ・レジネッリが今夜の南米カップのダウンヒルに向けた練習で輝きを放った。

今週初めの4大大会終了後、コロネット・ピークのゲレンデでオーストラリア・ニュージーランド・カップの第1ステージのスラロームが行われた。

男子はジミー・クルプカがベルギーのサム・メースに100分の23秒、イギリスのローリー・テイラーに42秒の差をつけて優勝。ティモン・ハウガンは4位に入り、同じくノルウェーの元世界チャンピオン、セバスチャン・フォス・ソレヴァーグは14位だった。第2ヒートではアルベルト・コルシーニが、第1ヒートではスタート地点にいたもう1人のイタリア人、デニス・ヴィルグラッターが敗退した。

女子では、AJ・ハルトがチームメイトのアバ・サンシャインの前で再び勝利を飾った。彼は第2ヒートの大回転で優勝しており、今日は1"22を支払い、3位のオーストリアのヴァレンティーナ・プファルツシェラーに大きなアドバンテージを築いて2位でフィニッシュした。金曜日にはさらに2本のスラロームが予定されている。

今日のイタリア午後遅くに予定されている4レース(男子2レース、女子2レース)に向けたダウンヒルトレーニングとともに、ラ・パルバでの南米カップが始まった。

イタリアのCdMグループもトレーニングを行っているチリの会場では、オーストリアのフェリックス・ハッカーとチリのヘンリック・フォン・アッペン(オープニングトレーニングですでに2位)がベストタイムを記録し、ルカ・レジネッリは第1レースで7位、第2レースで3位と速かった。

女子では、イタリア人選手が不在の中、フランス人女性のティファニー・ルーとレナ・ドーフィンがリードを奪ったが、カナダ人選手のリチャードソンとフレッケンシュタインには要注意だ。

グラススキー世界選手権 コンバインド LIVE

1本目 日本時間17:30(現地時間10:30)
2本目 日本時間21:30(現地時間14:30)


https://www.grasski.tv/event/25139/cortina-dampezzo

アメリカがFISオーストラリア・ニュージーランド・カップのスラロームレースを制す



コロネット・ピークでのスラローム初日!
FISオーストラリア・ニュージーランド・カップのアルペンスキー・レース・プログラムがコロネット・ピークで開催された。
女子表彰台
🥇A・J・ハルト 🇺🇸
アバ・サンシャイン 🇺🇸
᥉バレンティーナ・プフトシェラー 🇦🇹
男子表彰台
ジミー・クルプカ 🇺🇸 ↪So_1F947
サム・メース 🇧🇪
ローリー・テイラー 🇬🇧
今日出場したすべての選手、おめでとう!明日、またお会いできるのを楽しみにしています!🤠⛷ ❄️



アメリカがFISオーストラリア・ニュージーランド・カップのスラロームレースを制す
FISオーストラリア・ニュージーランド・カップのアルペンスキー・レース・プログラムがコロネット・ピークで開催された。

女子のレースでは、アメリカのアバ・サンシャインとA・J・ハートが激しい首位争いを繰り広げた。サンシャインはスタート直後から圧倒的なリードを奪い、最も近いライバルのヴァレンティーナ・プフルシェラー(オーストリア)を0.75秒上回るタイムで1本目を終えた。

1本目を終えて6位につけていたハルトは、2本目で異例の速さを見せて優勝を決めた。

ハルトはこう説明した。「あの滑りは1本目よりずっと良かった。もう少し自由に、ルーズに滑ったほうが結果的に良かったような気がする」。

女子の表彰台はサンシャインが2位、プファルツシェラーが3位となった。

男子のレースは、これまでNZ 2023冬季大会の中で最も緊迫したレースのひとつだった。ジミー・クルーパー(アメリカ)が-0.11秒差でリードしていた。

ジミー・クルーパー(アメリカ)が-0.11秒差でトップに立った。限界ギリギリの滑走で、上位の選手たちが滑走不能になるのを目の当たりにした。

クルーパーはやや控えめなアプローチをとり、第2滑走で10番手のタイムを記録したが、タイムを合計して男子の勝者となった。

クルプカは「下品に聞こえるかもしれないが、山の上で自分を表現しようとしただけだ。スキーは走っていたし、ドーベルマン(ノルディカのスキー)も吠えていたから気分は良かった。ここは美しい。景色に気を取られてしまうんだ

ベルギーのサム・メースは2位、イギリスのローリー・テイラーは3位だった。

今日のレースは、ウィンターゲームズNZが初めてプロアマゲレンデで開催したスラロームレースとなった。プロアマゲレンデでは、コース中に複数のフォールラインやピッチの変化があり、選手たちには完璧な精度が要求される。また、このコースはコロネット・エクスプレスのチェアリフトの下を横切るため、スキーヤーやスノーボーダーは上から競技を観戦し、楽しむことができる。

スイスでの五輪開催を望むオーデルマット、その理由は "強力な後押し"



スイスは2030年の冬季オリンピックの開催を公然と夢見ている。スキーのスーパースター、マルコ・オーデルマットは、この事実を大歓迎している。

過去2シーズンの優勝者は、この計画についてBlick誌に次のようにコメントしている。「冬季オリンピックは、ウィンタースポーツを大切にする国々にふさわしいものだ。だから、冬季大会がヨーロッパに戻ってくることをうれしく思う。2026年のミラノ・コルチナ、そしてスイス。25歳の彼は、これまで2022年の北京冬季大会にしか参加できなかったが、金メダルを獲得したにもかかわらず、あまり楽しめなかった。"自分が間違った作品に出演しているように感じることもあった。確かに、観客がいなかったのはコロナのせいだ。でも、そうでなくても、なぜウィンタースポーツが高い地位も伝統もない国で開催されなければならなかったのか不思議だった」

一方、スイスでの冬季オリンピックは理にかなっている。「必要なインフラはすでに存在しているのだから、新たな施設を建設する必要はない。スイスでは、2027年にクラン・モンタナで開催されるアルペン世界選手権だけでなく、今後数年間、ウィンタースポーツのさまざまな世界選手権が開催される。オリンピックがその上に成り立つということは、私にはとてもよく考えられているように思える。」

このプロジェクトは費用がかかりすぎるという批評家の意見も理解できるが、彼は言う:
「スイスでオリンピックが開催されれば、わが国のすべてのウィンタースポーツがさらに大きく飛躍することになる。将来、スイスのアスリートたちがさらに活躍することになれば、わが国の国際的な名声にとって、ほとんどかけがえのないものとなるだろう"」と彼は言う。

グラススキー世界選手権スーパーG、前田とバルタクが優勝



アッズーリにとって苦い世界スーパーG:マッツォンチーニとグリッティが5位、前田とバルタクが優勝

コルティナダンペッツォで、グラススキーのシニア世界選手権が開幕した。2人のナショナルチームリーダーは表彰台からわずか100分の数秒差、女子はチェコが日本のスーパーに敗れ、男子はチェコのダブル入賞となった。

コルティナダンペッツォで開催されたグラススキー世界選手権の開幕戦、スーパー大回転でイタリアは表彰台に上がれなかった。

ソクレペスのロンカート・ゲレンデで行なわれた女子では、前田知沙樹が印象的な強さを見せて金メダルを獲得した。 42"94のタイムで1位となった日本のスターは、チェコの偉大なライバルの後塵を拝し、カロリナ・ラソフクサとサルカ・アブラアモワはそれぞれ1"25と1"45で新世界チャンピオンの後塵を拝した。

表彰台からわずかに外れたのは3番目のチェコ人選手、エリスカ・レイチルトワ(+1"55)だった。ソスピロロ出身のこの26歳は、アンペッツォのゲレンデのフィーリングが合わず、わずか100分の22秒差でメダル獲得を逃した。ニコル・マスタッリはシニア世界選手権デビュー戦で7位と健闘した。アンブラ・ガスペリは14位、ガイア・カッソーネは16位、フェデリカ・マイレシは17位、エレナ・イオリは18位、キアラ・マイレシは19位だった。

男子スーパーGではマルティン・バルタクが40"71で優勝し、チームメイトのアレス・クノールに5400秒差をつけた。ベルガマスクのロレンツォ・グリッティはレース中盤の小さなミスで貴重な100分の1秒を失い、3位からわずか0"09差の5位に甘んじた。

若手のアンドレア・イオリ(今シーズンのワールドカップですでに表彰台に登っている)は、バルタクから100分の98秒差の6位でゴールした。ダニエレ・ブイオは9位、ロベルト・チェレンティンは14位、マイケル・ベルターニョは15位、ネイサン・セガンティは23位、オットー・パシーニは25位だった。ニコロ・ペッティーニはリタイアした。コルチナでのレースプログラムは、8月31日(木)の第1ヒート午前10時30分、第2ヒート午後2時30分からのスーパー・コンバインド・レースへと続く。


https://www.grasski.tv/event/25138/cortina-dampezzo



ゴスがVolkl、Dalbello、Markerの北米レースマネージャーに昇格

エレベート・アウトドア・コレクティブは、ハリー・ゴスをVolklスキー、Dalbelloブーツ、Markerバインディングおよびアクセサリーの北米レース・マネージャーに昇格させました。ゴスは米国およびカナダ全域のアルペンスキー・レーサーに包括的なサービスとサポートを提供します。



プレスリリース提供:Elevate Outdoor Collective photo: フォルクル
ニューハンプシャー州レバノン(2023年8月29日)-エレベート・アウトドア・コレクティブは、ハリー・ゴスをVolklスキー、Dalbelloブーツ、Markerバインディングおよびアクセサリーの北米レース・マネージャーに昇格させました。ゴスは米国とカナダ全域のアルペンスキー・レーサーに包括的なサービスとサポートを提供します。

「エレベート・アウトドア・コレクティブ・プロモーション・マネージャーのサラ・ローリセンは、「ハリーは西部の地域サービス・テクニシャンとして素晴らしい仕事をしてくれました。「私たちのレース・プログラムはここ数年一貫した成長を遂げており、ハリーは新たな役割において、継続的な成長を促進し、北米のトップ・アルペン・レーサーをサポートする上で不可欠な存在となるでしょう」

ゴスは2021年秋、カリフォルニア/ネバダ地域を担当するリージョナル・サービス・テクニシャンとして入社した。 レイク・タホで育ったゴスはスキー・レース・コミュニティではよく知られており、2020年にコロラド・マウンテン・カレッジを卒業した優秀な大学スキー・レーサーでもある。

「スキー・レースは当社のDNAの中核をなすものであり、当社の卓越した製品ラインアップにより、北米のスキー・レース市場においてあらゆるレベルの競技における当社の成功をさらに発展させることができる」とゴスは述べました。

Volklは2023年に創業100周年を迎えます。ブランドの遺産、レーシング・スキー、パフォーマンス・スキー、そしてレーシング、フリーライド、ツーリング・チームのメンバーについての詳細は、www.volkl.com


エレベート・アウトドア・コレクティブについて
エレベート・アウトドア・コレクティブは、スキー、スノーボード、スノーシューに特化した、アウトドアとウィンタースポーツを象徴するブランドの連合体です。各ブランドが独自の視点を維持し、独自のイノベーションを推進する中、コレクティブは世界クラスの開発施設やエンジニア、グローバルな流通チャネル、熱心なアウトドア・ライフスタイルの愛好家や専門家の力によって支えられている。K2 Skis、K2 Snowboarding、Marker、Dalbello、Volkl、RIDE Snowboards、LINE Skis、Backcountry Access、Atlas Snowshoe Co.


フォルクルについて
Volklは1世紀にわたってスキー作りに専念してきました。この情熱的なウィンタースポーツ・ブランドは、現在もドイツで開発・製造を行っている唯一のスキー・メーカーです。シュトラウビングにあるVolklのメイン工場は、世界で最も先進的なスキー工場の1つであり、ドイツの技術と品質の最高峰を体現しています。開発エンジニア、スキー製造者、製品マネージャー、アスリートで構成されるチームは、Volklを世界有数のスキー・メーカーに育て上げました。Volklは、パートナーであるMarkerおよびDalbelloとともに、世界中のスキーヤーのための究極の用具を創造するという目標を追求しています。Markerはスキービンディング、ヘルメット、スキーゴーグル、プロテクターを開発・生産し、Dalbelloはスキーブーツの開発と生産に専念しています。

ダルベロについて
イタリアの伝統あるダルベッロ社のスキーブーツは、その卓越した品質、最高のクラフトマンシップ、そしてハイエンドなデザインで常に高い評価を得てきました。1960年代、創業者アレッサンドロ・ダルベッロはスイスでスキーブーツの製造経験を積みました。ダルベッロブランドを冠した最初のブーツは、会社設立の年である1974年に販売された。ダルベッロのスキーブーツは、その高品質な基準と卓越したフィット感により、世界中で好評を博している。Dalbelloは2015年からMarker Volklグループの一員となりましたが、現在もイタリアのカゼッラ・ダソロに拠点を置いています。

マーカーについて
マーカーは60年以上にわたり、スキーにおける革新と安全の代名詞です。ハンネス・マーカーは1952年に世界初のセーフティ・リリース・スキー・ビンディングを発表しました。1970年代には、自動ヒールリリース機能を備えたMシリーズがビンディング市場に革命をもたらした。Markerは2007年以来、Duke PTとRoyal Familyの継続的な拡大により、フリーライドとフリースタイルの分野で新たな基準を打ち立てている。本拠地はバイエルン州ペンツベルク。12/13シーズンには、革新的なヘルメット、ゴーグル、プロテクターを含むプロテクティブ・スノー・エクイップメントを発表した。MarkerはGRIPWALKRの商標および特許の所有者である。Markerは、DalbelloやK2などの姉妹会社を含む業界パートナーに技術とブランドをライセンス供与している。GRIPWALKRは、MarkerとDalbelloの革新的能力の賜物です。

USCSAスキーガイド: アスリートをゲームに参加させ続ける

スキーレースに青春を捧げた多くの選手にとって、高校の終わりはスキーレースの終わりでもある。米国大学スキー協会(United States Collegiate Ski Association)の登場である。USCSAは他の大学スキーレース協会である。175以上の大学が加盟し、複数の種目で5,000人以上の学生アスリートを擁し、6つの地域大会と1つの全米選手権を頂点とする11のカンファレンスに分かれている。簡単に言えば、可能性があるということだ。



スキーレースに青春を捧げた多くのアスリートにとって、高校の終わりはスキーレースの終わりでもある。そこで、United States Collegiate Ski Association(米国大学スキー協会)を紹介しよう。USCSAは他の大学スキーレース協会である。175以上の大学が加盟し、複数の種目で5,000人以上の学生アスリートが所属し、6つの地域大会と1つの全米選手権を頂点とする11のカンファレンスに分かれている。簡単に言えば、可能性があるということだ。

*USCSAの種目には、アルペンレース、ノルディックレース、スノーボードレース、そしてレールジャム、スロープスタイル、スキーヤー&スノーボードクロスを含むフリースタイルがある。

USCSAのエグゼクティブ・アット・ラージであるジェイ・モイヤーは言う。"目標は、できるだけ多くの子供たちをスキーに誘い、スキー業界で働けるようにすることではないでしょうか?"

USCSAのアルペンとノルディックのコーチたちと話をした結果、USCSAのスキーはその両方を達成し、それ以上のことを成し遂げていることが明らかになった。

大学への道: 高校卒業後のスキーの道
USCSAに飛び込む前に、高校卒業後の競技スキーの選択肢をナビゲートする上で、親、選手、クラブがアクセスできるリソースを確認する価値がある。USSSの開発、NCAAスキー、USCSAスキーの3つの主体は、高校卒業後の進路をより明確にするために協力している。

「U14とU16をできるだけ長く維持したいのです」とモイヤーは言う。「そのためのひとつの方法は、彼らに大学進学のチャンスを示すことだ。40点ないからといって、スキーをやめる必要はない。私たちは、このメッセージの発信を確実にしたいのです」。

USSSが主催し、NCAAとUSCSAのコーチと選手、そしてUSSSアルペン開発ディレクターのチップ・ナイトをメンバーとする大学タスクフォースは、「Collegiate Pathways」と呼ばれる包括的な文書を作成した。この文書は、USスキーチーム、NCAAスキー、USCSAスキーの3つのパスウェイそれぞれについて、競技範囲、競技に必要なFISまたはUSSAポイント、コーチングレベル、費用など、さまざまな資格や要素を概説し、比較したものである。

「USCSAのマネージング・ディレクターであるミーガン・モジンスキーは、「このパスウェイ・ドキュメントは、リソースを探している保護者の要望から生まれました。「そこから発展して、さまざまな選択肢を明確にし、人々に理解してもらいたいという共同作業と願望となった。

Pathwaysのドキュメントは、USSSのウェブサイトのcolgiateタブとUSCSA Prospective Athletesのページで見ることができる。モイヤー氏によると、カレッジ・タスクフォースは今秋、合同説明会を開催し、クラブのニュースレターやソーシャルメディアにパスウェイの文書を掲載する予定だという。

仕組み USCSAスキーの仕組み
USCSAは国内を11の地域に分け、さらに広い地域はディビジョンに分かれている。リージョンとディビジョンは、その競技力のレベルによって異なる。例えば、東部地域は最も大きく、30〜40チームが所属し、複数のディビジョンがある。イースタン・カンファレンスのマコーネル・ディビジョンは、最も競争力のあるディビジョンのひとつである。バブソン大学、ブラウン大学、バーモント州立大学キャッスルトン校、クラークソン大学、マサチューセッツ工科大学、セントアンセルム大学、マサチューセッツ工科大学、コネチカット大学などが加盟している。

ロッキー山脈部門も競争が激しく、コロラド大学ボルダー校(クラブチーム)、コロラド州立大学、コロラド鉱山学校、コロラド・メサ大学、ウェスタン・コロラド大学などが加盟している。しかし、中西部のセント・オラフやノーザン・ミシガン大学など、全国に強豪チームが多数あり、NMUワイルドキャットのレーガン・オリは、カリフォルニア州マンモスで開催された2023年USCSAアルペン選手権の女子スラロームで優勝している。家族にとっての収穫は、全国にUSCSAチームを持つ多様な学校があるということです。

チームアプローチ
各大会はシーズンを通してUSCSAの大会を開催し、その中から地域選手権への出場権を獲得することができる。各チームの上位3名がチームの得点に貢献する。各地域から複数のチームが全国大会への出場権を獲得する。NCAAスキーとは異なり、USCSAの学校は、各地域に1つの個人予選スポットがある以外は、個人ではなくチームとしてナショナルズへの出場資格を得る。コロラド大学ボルダー校のように、NCAAレースに出場し、USCSAに別のチームが出場している学校は、USCSA全米選手権に選手を派遣することはできない。

「コロラド・メサ大学で2023年USCSAアルペン最優秀コーチのジェシー・スコット氏は「競争力をつけるには、2人の速い選手と5人の完走が必要だ。」とコロラド・メサ大学で2023年USCSAアルペンコーチのジェシー・スコットは語った。「しかし、採点の焦点はすべてチームであり、選手たちにチームへの集中を促している。」

多くのアスリートにチャンスを
USCSAのレースとは別に、最も競争力のあるチームの選手たちがFIS Uの地域レースに出場し、NCAAチームの選手やアカデミーやクラブのエリート・ジュニア選手たちを魅了する。

「競争的な環境を求めている人がいるなら、USCSAにそのチャンスはある」とバーモント州立大学キャッスルトン校のクリストファー・エダーコーチは言う。「NCAAのレースにも出場しています。アメリカやヨーロッパの幅広い経歴を持つ選手もいるし、高校時代にスキーをしていてFISのレースに出場したことがない選手もいる。誰にでも居場所があるんだ」。

ミネソタにあるセント・オラフ・カレッジのアルペンコーチ、ダグ・ノードマイヤーは、中西部のUSCSAスキーヤーが競争力のあるFISレースに参加できることを確認した。「ルッツェンには素晴らしい春季シリーズがある。「ここ数年、ウェストミンスター・カレッジ(ユタ州のNCAAトップスキーチーム)の選手たちがレースのために空輸されてきた。彼らはとても謙虚で、集中力があり、楽しいことが大好きだ。彼らは私たちの地域を助けるために多くのことをしてくれる」。

NCAAとUSCSAスキーの最も大きな違いのひとつは、チームの資金調達と運営方法だ。最も競争力のあるチームは "バーシティ "に指定され、大学から資金援助を受けている。これらのチームは、NCAAチームのように、有給のプロコーチ、遠征費、レース費用、ユニフォームを支給されて運営される。その他のチームは、学生が運営し、資金を提供するクラブチームであり、その中間の様々なハイブリッドモデルがあります。

USCSAの違い
USCSAスキーのもうひとつの明らかな違いは、文化である。全国のコーチやディレクターへの6回にわたるインタビューでも、そのメッセージは同じだった。チームはUSCSAの使命である参加促進、チーム雰囲気、そして生涯スポーツを愛することを実践している。

「私の時代には、18歳までにUSチームに入っていなければ、D1かプロ(WPSやクアーズ・ツアー)になる以外に選択肢はありませんでした。「しかし、多くのジュニア選手は、セント・オラフをチームとしてレースで見ることができる。彼らは緊密なグループであり、我々の旗を掲げている。ジュニア選手たちの指導にもなるし、セント・オラフの選手たちは本当に楽しんでいる。

「このことを学生たちに知ってほしい。「もっと多くの学生がこのことを知れば、ジュニアU14レースで悲嘆に暮れることも減るだろう。

業界スキル
スキー・レースだけでなく、学生はUSCSAレースの運営にも参加し、地域代表、大会代表、全国代表として活動する。コロラド・メサ大学でカウンセラー兼スキー・コーチを務めるスコット氏は、これは学生にとって重要な財産であり、より大きなスキー産業における専門的な機会を学生に与えることを優先している。

「USCSAの選手たちは、このスポーツが好きだからやっているのです。「USCSAの選手たちは、このスポーツが好きだからやっている。レースを運営し、グルーマーを操作し、イベントの審判をし、コースを設定し、さらにはスキーパトロールをするために何が必要なのかを知りたがっている。私は、彼らがスポーツ全体に対する意識を高めていくのを見るのが好きだし、それが彼らの情熱をさらに高めていくのを見るのが好きなんだ」。

同様に、エデルは、全米選手権の優勝よりも、このスポーツにとどまった卒業生を誇りに思うと述べた。彼は、USスキーチームの理学療法士や全国のFISクラブコーチなど、スキー業界でキャリアを積んでいる同窓生を何人か挙げた。

「コーチから言われた最も嬉しい言葉のひとつは、"何をするにしても、それを続けなさい "というものだ。エデルは言った。「あなたには、このスポーツでコーチをしている多くの卒業生がいます。全国に、そして世界中に、君たちの仲間がいるんだ。

私は冗談で、引退した選手たちを連れて行くんだと言っているんだ。このOBたちはまだこのスポーツを続けていて、高校を卒業したら、もう終わりだと思っていたんだ」。

USCSAチームを探す
USCSAスキーのチームには様々な競技性と運営モデルがあり、親や選手にとっては難しいものです。ここでは、家族が自分の目標に合った学校やチームを見つけるためのヒントやリソースを紹介する。

リソースを知る: USSSのウェブサイトのCollegiate、そしてCollegiate Pathwaysのリンクから探そう。また、USCSAのウェブサイトも参照のこと。
興味のある地域を特定する: USCSAのウェブサイトから、その地域の大会コーディネーターの連絡先を探す。その大会のUSCSAの詳細について連絡を取る。
過去のUSCSA全国大会の結果を見る: これは、学校の競技レベルを判断するのに役立ちます。過去の地区大会や全国大会の結果を分析することで、各地区の参加校とその競技レベルを把握することができます。
各校のコーチに連絡を取る: あなたのスキーおよび学業上の必要性プロフィールに 合致するチームや学業のある学校を見つけたら、コー チに連絡を取り、興味を示して詳細を聞きましょう。

スイス男子高速系チーム、”バジェ・ネバドに到着し、太陽とともにすぐにトレーニングキャンプを開始🙌🏻💪🏻”

ファニー・スミス、新シーズンに向けてバランストレーニング⚖️😳

アレキサンダー・オーモット-キルデもチリでトレーニング開始

サンタンドレア・コルチナのボブスレーコース:「10月末の建設現場、807日間の作業。しかし、それは2026年1月までかかるだろう



コリエレ・ヴェネトは、インスブルックの招致に対する金曜日のメモの後、政府のインフラ担当委員ルイジ・ヴァレリオ・サントンドレアの反応を掲載した。

コルティナのエウジェニオ・モンティ・ボブスレー競技場改築工事の入札は、新しい調達規約のおかげで不成立となり、ミラノ・コルティナ2026インフラ会社は、この分野で活躍する企業数社との交渉手続きを開始した。Repubblica』などいくつかの報道筋によると、この工事を受注する可能性が最も高いのは、モランディ橋の崩落事故後にジェノヴァのサン・ジョルジョ橋の建設を手掛けたイタリアの多国籍企業グループ、ウェブイルド社のようだ。

ポイントは、サンタンドレア委員が工事の開始日を2023年10月31日とし、完成までの日数を807日としたことである。これはミラノ・コルチナ・オリンピックの開会式のわずか20日前である。

南米のスキー・スターたち:2023/24年スキー・ワールドカップ・シーズンの準備が本格化



ミカエラ・シフリンはポルティージョで準備を続けている。

ペトラ・ヴルホバは、オーストリア選手たちがウシュアイアに到着した直後からトレーニングを開始した。一方、ミカエラ・シフリンは来たるスキーシーズンに向けてチリのポルティージョを選んだ。

ソルデンでのシーズン開幕へのカウントダウンが本格化し、多くの女子トップアスリートが南米のゲレンデを準備に利用している。カタリーナ・リエンスベルガーを筆頭とするオーストリアの選手たちは、早くも8月中旬にアルゼンチンに到着した。同時に、スピードのスペシャリストたちがラ・パルバとバジェ・ネバドの間でトレーニングを行っている。

一方、ヴルホヴァはウシュアイアでトレーニングを開始した。伝統に従い、コーチのマウロ・ピニの指導のもと、彼女は以前サースフェーのゲレンデを数日間使用した。

フェデリカ・ブリニョーネ、マルタ・バッシーノ、ソフィア・ゴッジャ、エレナ・クルトーニらイタリアのスター選手たちや、多彩な才能を持つスラロームのスペシャリストたちも9月初旬に南米に到着する予定だ。

一方、シフリンはポルティロで準備を続けている。7月のマンモス・マウンテンでの集中トレーニングの後、アメリカのスターはチリでスピード種目に集中している。




ウシュアイアのペトラ・ヴルホワはオーストリアの後、ミカエラ・シフリンにとってはポルティージョでのキャンプが始まった。

ワールドカップの主役たちは、イタリア女子チームのように南米のゲレンデでの長い準備期間に入ったか、入ろうとしている。リエンスベルガーはアルゼンチン、水晶玉の持ち主は再びチリを選んだ。

ウシュアイア、ティエラ・デル・フエゴ、そして... 偉大なアスリートたちの

ソエルデン開幕まであと2ヶ月となり、女子サーキットの多くのチャンピオンたちが9月、特に脚にキロを刻むことになる。しかし、アルゼンチンのリゾートに最初に到着したのは8月20日頃で、カタリーナ・リエンスベルガーがテクニカル種目のグループをリードしていた(一方、スプリンターたちはラ・パルバとヴァレ・ネバードの間で忙しくしていた)。

ウシュアイアでは、ペトラ・ヴルホヴァの仕事も始まる。彼は、マウロ・ピニコーチとの伝統どおり、サースフェーで数日過ごした後、南米に飛び立ち、9月2日からイタリア女子の冒険も始まる(スラローム選手たちは、パリのほか、すでにアルゼンチンに10日間ほど滞在している)。

一方、ミカエラ・シフリンは昨夏に引き続きポルティージョでのトレーニングを選択した。 7月末にマンモス・マウンテンで行われたトレーニングで成果を上げたこのアメリカのスーパースターは、チリのリゾートでより集中的に高速系種目に取り組むことになる。

ワールドカップの準備が本格化:イタリアのスター選手たちがピアとラ・パルヴァに集結



イタリアのワールドカップ・スラローム女子はピアの屋内スキーホールでトレーニング

先週末、マルタ・ロセッティ、マルティナ・ペテルリーニ、ララ・デッラ・メア、アニタ・グッリ、ベアトリーチェ・ソラの各選手は、ベルギーのスキードームで5日間のトレーニングを終えた。同時に、イタリアの男子スピードチームは、チリの天然雪コンディションを利用して準備を進めた。

スラロームチームは来週、次のトレーニング地としてウシュアイアを目指す。ウシュアイアは2023/24年スキーワールドカップ・シーズンに向けてパリがすでに準備を進めている場所だ。しかし8月27日まで、ワールドカップ・チームのスラローム・レーサーたちはピアの素晴らしいトレーニング・コンディションを楽しんでいた。

ベルギーの中心にあるこの地で、イタリアのテクニカル・レディたちは、ロベルト・ロレンツィ・ヘッドコーチをはじめとするナショナルチームのコーチ陣の指導のもと、トップクラスのトレーニングをこなした。デッラ・メアの8位入賞や、グッリとロセッティの目覚ましい入賞など、昨シーズンの印象的なパフォーマンスを考えると、2023/24スキーワールドカップシーズンに向けてのチームへの期待は明らかに高まっている。

一方、ラ・パルバでは、クリストフ・インナーホーファー、ニコロ・モルテーニ、フローリアン・シーダー、ピエトロ・ザッツィ、グリエルモ・ボスカ、ベンジャミン・ジャック・アリオドらワールドカップ・チームのスピード・スペシャリストたちが、マッティア・カッセの経験豊かな指導のもとトレーニングに励んでいる。ラ・パルバでは水曜日から南米カップの最初のテストも行われる。ウシュアイアでトレーニング中のドミニク・パリもラ・パルバに滞在する予定だ。

トレーニング終了後、パリスは9月17日に、チーム全体は9月23日に帰国する。

砂漠の冬:サウジアラビアの先見的スキー計画



サウジアラビアは、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ネイマール・ジュニア、そして最近ではロベルト・マンチーニといったスター選手が率いるサッカーへの投資で知られているだけではない。サッカーは、特にムハンマド・ビン・サルマン皇太子の努力によって脚光を浴びているかもしれないが、王国は緑のピッチの向こう側にも目を向けている。

同国は2029年に冬季アジア大会を開催する準備を進めているが、予定されている会場は今のところ地図上にしか存在しない。海抜2,580メートルにそびえ立つジャバル・アル・ラウズ山の堂々たる背景の中にある場所だ。標高が高いにもかかわらず、降雪はめったになく、日中の気温も10度を超えることが多いため、ウィンタースポーツにはむしろ非典型的な場所といえる。

国の北西部、ヨルダン国境とアカバ湾にほど近い場所に計画されているスキーリゾートは、トロヘナと呼ばれている。これは野心的なネオム・プロジェクトのほんの一部に過ぎない。この先見的なプロジェクトでは、砂漠の真ん中にある垂直都市「ザ・ライン」、研究・調査の中心地「オクサゴン」、紅海に浮かぶ世界一豪華な島「シンダラー」なども構想されている。

トロヘナのスキーリゾートは、36キロメートルのスキースロープと3ヶ月のスキーシーズン、そして屋内外のさまざまなアクティビティで際立っている。ネオムの第一歩はすでに始まっているが、環境面や現場での労働条件に懸念がある。楽しみなのは、コンペティションが開催されるのが6年後だということだ。

マルコ・オーデルマット、スイスでの冬季五輪開催に賛成を表明



2030年の冬季オリンピックがスイスで開催される可能性が、多くの人々の熱狂を呼んでいる。彼は、ウィンタースポーツを重視し、伝統的にサポートしている国で開催することの重要性を強調する。彼は、2026年のミラノ・コルチナ大会の後、スイスが開催地として検討されていることを高く評価している。しかし、以前北京大会を経験した彼は、ウィンタースポーツが文化的に深く根付いていない環境に身を置くことになり、複雑な思いを抱いたという。

オーデルマットは、スイスの冬季大会計画の持続可能性を強調する。他の国で一般的なスポーツ施設を新たに建設するのではなく、スイスは既存のインフラを利用する計画だ。彼は、スイスでは今後数年間、すでにいくつかの冬季世界スポーツ選手権が開催される予定であり、オリンピックがこの既存の基盤の上に構築されることは理にかなっていると指摘する。

オーデルマットのもうひとつの説得力は、スイスは特定の地域に特化するのではなく、国全体でスポーツ施設を利用することを計画しているということだ。彼は、これが最も賢明なアプローチだと考えており、スイス国内にすでに適切な施設があるのに、スキージャンプ台を増設するのは理にかなっていないと例を挙げている。

オリンピックの費用について懸念する声もあるが、オーデルマットは長期的な利益を考えている。彼は、オリンピックがスイスのウィンタースポーツに大きな刺激を与え、ひいてはスイスの国際的な地位を向上させることになると考えている。

オーデルマットと彼のチームが現在トレーニングを行っているアルゼンチンのウシュアイアなど、他の開催地については懐疑的だ。彼は、ウシュアイアのインフラや施設が、巨大なオリンピック・コミュニティを収容し、サポートするのに十分かどうか疑っている。

不運なトンマーゾ・サラ:膝の負傷で45日間の欠場



南米でのトンマーゾ・サラには不運がつきまとうようだ。ウシュアイアでのイタリア代表スキーチームのトレーニングキャンプ中、転倒して膝を負傷した。すでに2018年には南米大陸で足首を負傷し、そのときはシーズンを全休した。

今回、イタリア冬季スポーツ連盟が伝えたところによると、彼は左膝を負傷した。アルゼンチンですでに医師の診断を受けた彼は、すぐにイタリアに戻った。

ミラノでアンドレア・パンツェリ医師が診断したところ、重度の骨打撲とわずかな半月板損傷であった。幸い、靭帯には影響がなかった。

この2年間、スラローム・ワールドカップで目覚ましい活躍を見せてきた27歳のスキーヤーは、おそらく45日間の休養を余儀なくされるだろう。この怪我にもかかわらず、サラのスラローム開幕戦出場は確実視されているが、ソールデンで行なわれる大回転への出場はまだ未定だ。

アレクシス・パントゥローがツェルマットでトレーニングに成功



ツェルマットの雪に戻ってきたアレクシス・パントュローは、ダウンヒルのトレーニングセッションに最高のコンディションを見つけた。他のフランス人ダウンヒルスキーヤーがネバドス・デ・チランで好天の到来を待ち、それが金曜日にようやく訪れた。

2度のコンバインド世界チャンピオンはトレーニングを強化することができた。雪のコンディションが十分でなかったため、チリのラ・パルバでのトレーニングキャンプをスキップしていた彼にとって、これは特に重要なことだった。11月末にツェルマットとセルビニアンの間で開催されるスピードスキー・ワールドカップ・シーズンのスタート地点となるマッターホルンの麓で、フランス人選手はいくつかのトレーニングセッションを熱心にこなした。ドイツチームとの協力もあり、ダウンヒル5本とスーパーG2本のトレーニングが行なわれた。

ピンテュローの新コーチ、マキシム・ティソとオーストリア人のマルティン・シュプレンガーによれば、ツェルマットでのトレーニングは予想以上にうまくいったという。チームはテクニック、ラインマネージメント、バランス、よりエアロダイナミックなスタンスに効果的に集中することができた。ピントゥローはまた、さまざまな新しいスキーモデルをテストする機会も得た。メジェーヴのチームは、トレーニング・セッションから非常にポジティブな結論を得た。

ピントゥローは現在、9月4日から南米のウシュアイアで集中トレーニングを開始するまでの短い回復期間を計画している。

コロネット・ピーク大回転 第2戦: ファドリ・ヤヌティンとエヴァ・スーシーンがANCカップで勝利!



コロネット・ピーク-現在開催中のANCカップの一環として、今日(火曜日)も2つの大回転レースが開催された。男子ではスイスのファドリ・ヤヌーチンが1分43秒38のタイムでトップに立った。このスイスのスキー選手は、中間地点で9位につけていたノルウェーのティモン・ハウガン(+0.17)を2位に追いやった。スロバキアのアンドレアス・ザンパ(+0.48)が3位で表彰台に上がった。

オーストラリアのルイス・ミューレン・シュルテ(+0.52)はトップ3入りを逃した。アンドレアス・ザンパの弟アダム(+0.71)は5位でレースを終えた。前日のデンマーク人優勝者クリスチャン・ボルグナエスは、ヤヌーティンから0.79秒遅れの6位でフィニッシュした。ヤヌティンの同胞であるレト・メヒラー(+0.80)とジョエル・リュトロフ(+0.93)はそれぞれ7位と8位でフィニッシュした。トップ10には、ミューレン・シューレのチームメイトであるヒュー・マクアダム(+1.31)とエストニアのトルミス・レイン(+1.80)が入った。

ドイツのシュテファン・ルイツ(+2.16)は1本目を終えて19位だったが、2本目で9位のタイムを出したことで順位を5つ上げ、14位でフィニッシュした。

女子では、アメリカのエヴァ・スーシャインが1分46秒38のタイムで圧勝。ニュージーランドのアリス・ロビンソン(+0.68)が2位に入り、アメリカ勢の3連覇を阻止した。昨日の優勝者AJ・ハルト(+0.73)は3位、ニーナ・オブライエン(+0.82)は4位だった。

オーストラリアのマディソン・ホフマン(+2.25)は5位だった。ヴァレンティーナ・リングス=ヴァンナー(+2.71)、ナタリー・ヴァルヒ(+3.47)、ヴァレンティーナ・プフトシェラー(+4.11)のOSVトリオが6位から8位で続いた。トップ10には、ドイツのロミー・エルトル(9位;+4.14)とカナダのエレリ・スマート(10位;+5.86)が入った。




コロネット・ピークのジャイアント・アンコールでヤヌーチンがハウガンを下す。ロビンソンは2位をキープ、エヴァ・サンシャインが優勝

第2戦オーストラリア・ニュージーランド:スイス人がノルウェー人、3位アンドレアス・ザンパを抑えて優勝。女子のトップ4は変わらず、3人のアメリカ人がホステスを囲む。

今シーズン最初のオーストラリア・ニュージーランドカップのレースから24時間後、ジャイアンツ・ビスはコロネット・ピークに到着した。

ファドリ・ヤヌーチンとティモン・ハウガン。2000年のスイス人ライダーは、マルセル・ヒルシャー率いるチームのノルウェー人ライダーを1700分の1差で下した。他の選手では、ステファン・ルイツが14位で、昨シーズンのヨーロッパカップで活躍したノルウェーの若手選手、ハルボル・ヒルデ・グンレイクスルードを抑えている。

イタリアではフィリッポ・コッリーニが27位、アルベルト・コルシーニが42位、デニス・ヴィルグラッターが第1ヒートで敗退した。

女子では、アバ・サンシャイン(大回転1回目4位)がオープニングランで差をつけ、前日と同じく2位のアリス・ロビンソンを6800分の1差、さらにAJ・ハート(7300分の1)、ニーナ・オブライエン(+0"82)の2人のアメリカ人を抑えて優勝した。基本的にはシーズン最初のANCイベントと同じ4人で、その後ろにオーストラリアのホフマン、3人の若いオーストリア人(6位から8位までリングス・ワナー、ファルヒ、プフルトシェラー)、そしてロミー・エルトルの娘が続いた。

8月31日(木)と9月1日(金)には、コロネット・ピークで4つのスラロームが行なわれる。

新星サンシャインがコンチネンタルカップGS初勝利を飾る

コロネット・ピークで行なわれたANC GS第2戦で、スティフェルUSスキーチームのアバ・サンシャイン(21歳)が勝利を飾った。これが彼女のコンチネンタルカップGSデビュー戦勝利となった。AJ・ハート(アメリカ)が3位に入り、アリス・ロビンソン(ニュージーランド)が再び2位となった。



コロネット・ピークで行なわれた第2戦ANC GSで、スティッフェルUSスキーチームのアバ・サンシャイン(21歳)が勝利を飾った。これが彼女のコンチネンタルカップGSデビュー勝利となった。AJ・ハート(アメリカ)が3位に入り、アリス・ロビンソン(ニュージーランド)が再び2位となった。

サンシャインはロビンソンより(-0.68)速いタイムでフィニッシュ。しかし、ロビソンは1本目を終えて(+0.89)遅れ、2本目を(-0.21)で制し、4位から2位に浮上した。前日の覇者ハルトは3位でフィニッシュしたが、フィニッシュ時のロビンソンとの差はわずか(+0.05)。第2戦のGSで惜しくも表彰台を逃したのは、アメリカのニーナ・オブライエンだった。

アメリカ女子ワールドカップ・テックチームのGS進出が決まった。アメリカのスター、ポーラ・モルツァンはニュージーランドでトレーニング中だが、GSのレースはスキップしている。

ANCシリーズの次のレースは、8月31日と9月1日にクイーンズタウンのコロネット・ピークで行なわれるスラローム2戦だ。ニュージーランドの冬季大会は、今回も素晴らしいイベントと魅力的な競技を提供してくれる。

Fastest four in the June 29th Australia New Zealand Cup women’s GS

Screenshot-2023-08-29-at-3.06.30-PM-1024x817


SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan