クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2023年02月

第96回全日本学生スキー選手権大会

【インカレ 学校対抗得点表】

●第96回インカレ学校得点表_男子種目別(2.26版)

●第96回インカレ学校得点表_女子種目別(2.26版)



●第96回インカレ学校得点表_男子1部(2.26版)

●第96回インカレ学校得点表_男子2部(2.26版)

●第96回インカレ学校得点表_男子3部(2.26版)

●第96回インカレ学校得点表_女子1部(2.26版)

●第96回インカレ学校得点表_女子2部(2.26版)

東京都選手権(26日)

2日目はグランプリコースでSL。
1本目、2本目、それぞれ思考の異なるセッティングでした。1本目は下から吹き上げてくる名物のグランプリ風に煽られましたが、2本目は天候も安定した中でのレースとなりました。

PXL_20230226_025013668
PXL_20230226_025021666
写真は2本目

女子 SL

男子 SL

ヘンリク・クリストファセン、”今日のパリセーズ・タホでは苦い4位だったが、明日は新たなチャンスが巡ってきた! ”



スラローム世界チャンピオンとしての初戦、この勢いに乗っていこう🐢💨 今日の表彰台全員おめでとう!ラスマス・ウィンドスタがトップ3に戻ってきたのは嬉しいね、当然の結果だ 👏🏻

マルコ・オーデルマット、”今日は厳しく接近したレース たった3/100秒戻ったけど、別の表彰台に満足 🥈😊”

マルコ・シュワルツ、GSで初勝利!🤘🏻😎

世界選手権へのリベンジ:オーダーマットはシュワルツに道を譲ることになった⛷



🇦🇹🇨🇭 パリセーズ・タホ(アメリカ)で、マルコ・オーダーマットは今シーズン5度目のワールドカップ大回転での勝利をあと一歩のところで逃した。ニドワルド出身のこのスキーヤーは、2本目にいくつかのミスを犯した後、オーストリアのマルコ・シュワルツにわずか100分の3秒差で敗れた。オーダーマットは「この滑りの後、15位か20位だと思ってゴールした。 どうしたらそんな(結果が)出せるのかわからない。正しい人が勝ったんだ。"ワールドカップへの良いリベンジになった。
🇦🇹 オーストリア人にとって、長い乾期の後の勝利である。2019年のアデルボーデンでのマルセル・ヒルシャーの最後の「大回転」の成功以来、オーストリア人が「大回転」で勝利したことはない。
🇨🇭 世界選手権のわずか1週間後のアメリカへの旅は、それでもすでにオーダーマットにとって実を結んだ。カリフォルニアで、このダブル世界チャンピオンは、小さなクリスタルグローブをめぐる争いでヘンリック・クリストファーセンに30点差まで詰め寄った。ワールドカップ総合でも、アレキサンダー・キルド(15位)に対してリードを広げている。
🇨🇭 オーダーマットとそのチームにとって、金曜日はアスペンのダウンヒルに続きます。一方、日曜日にはレイクタホでスラロームがスタートする。午後7時からSRF情報とSport Appでライブ放送される。

マルコ・シュワルツ、大回転で初優勝! パリセイド・タホはオーストリア語を話す



オーストリアの名選手、マルコ・シュワルツが100分の3秒差でオーダーマットを破り、クリストファーセンを抑えてウィンドスタッドが表彰台に上った。デラヴィテとボルソッティは世界選手権と同様、2本目に見事な逆転劇を演じて15位以内にダブル入賞を果たしたが、ポイント圏内に入ったのは6名のみだった。

マルコ・オーダーマットは...人間だ。

この日のニュースは、新世界チャンピオンの大回転での「敗北」だが、同時に、来シーズンからこのスイスの現象に総合優勝を争わせるかもしれない人物に何が起こったかもわかっている。

マルコ・シュワルツは、ワールドカップで5勝目をあげ、パリセーズ・タホで行なわれた2つのテクニカルレースのうち最初のレースでスイス人選手との決闘に勝利したのだ。シュラドミングに続き2度目の表彰台、銅メダルも含めれば3度目の表彰台である。

アデルボーデンでのマルセル・ヒルシャーの表彰台から4年余、オーストリアにワイドゲートでの成功をもたらしたカリンシアンは、1本目でオーダーマットにコンマ4秒差の5位だった。2本目、シュワルツは2つ目の斜面変化で大きなミスを犯したが、その後センセーショナルなフィニッシュを見せ、シュワルツからコンマ5秒を取り戻し、トップサーキットでの20度目の成功にあと3秒と迫っていた。

表彰台は45位。スペシャリティカップでヘンリック・クリストファーセンに100馬身差をつけたCdMの巨匠は、来週のスピードトリプティックに向けてアスペンに直行することになった。ノルウェーはHK94の4位入賞に加え(80回目の表彰台は再び延期された)、優勝者と73秒差でラスマス・ウィニングスタが表彰台に上がった。彼はCdMで3度目のトップ3入り(大回転では2度目)だが、2本目で諦めて6位にとどまったルーカス・ブラッセンと異なり、本当に堅実なレースで、素晴らしいステファン・ブレンシュタイナーにも先んじたのだ。

イタリアはフィリッポ・デラ・ヴィテとジョバンニ・ボルソッティの2本の素晴らしい2本目の滑りで、今シーズン初めてCdMレベルで上位に迫った。

世界選手権と同様、ベルガマスク人とピエモンテ人がイタリアのベストスキーヤーだった。ピッポは12位でアデルボーデンのベストに迫り(あの最初のプランがなければ、余裕でトップ10入りできたのだが・・・)、ジョバンニは30位から13位に見事復活し、今年のカップ戦で最高の順位を手に入れたのである。

ルカ・デ・アリプランディーニは満足することはできないが、それでも2位で17位となり、ジンゲル(23位)、ヴィナツァー(25位、大回転で初のポイント獲得)、マウルベルガー(26位)を上回った。

日曜日のパリセーズ・タホでは、ソルデユでの最終戦の前に今シーズンの最後となるスラロームで大きなチャレンジが待っている。

全成績はこちら

男子大回転 - パリセイド・タホ
1位 マルコ・シュワルツ 2'23"63
2位 マルコ・オーデルマット + 0"03
3位 ラスマス・ウィンドスタッド + 0"36
4位 ヘンリック・クリストファーセン + 0"73
5位 Stefan Brennsteiner + 1"01
6位 ルーカス・ブラッセン + 1"11
7位 アレクシス・パンチュロー選手 + 1"40
8位 ジノ・カヴィーゼル選手 1分49秒
9位 ラファエル・ハーサー + 1"51
10位 フィリッポ・ズブチッチ + 1"69
12位 フィリッポ・デッラ・ヴィーテ + 1"94
13位 ジョバンニ・ボルソッティ+2"01
17位 ルカ・デ・アリプランディーニ + 2"60
23位 ハンネス・ジンガーレ+3"04
25位 アレックス・ヴィナツァー+3"14
26位 サイモン・モーアベルガー + 3"26
DNQ トマソ・サラ
DNQ トビアス・カストゥルンゲル

マルコ・シュワルツがパリセーズ・タホのプレミア大回転で僅差の勝利




パリセーズ・タホ - オーストリアのスキーレーサー、マルコ・シュワルツが、アメリカのパリセーズ・タホで開催されたアルペン世界スキー選手権(クールシュベル)の後、最初の大回転で勝利を収めた。中間地点で5位につけていたカリンシアンは、この勝利に2分23秒63というタイムを必要とし、1本目を終えてトップだったスイスの世界チャンピオン、マルコ・オーダーマットをわずか100分の3秒差で2位に降格させたのである。ノルウェーのラスマス・ウィンドスタッド(+0.36)は3位で表彰台の最下段に上がり、ワールドカップポイント60点を獲得した。

ウィニングスタッドの同胞であるヘンリック・クリストファーセンは、2本目の演技でクーシェベルのスラローム世界チャンピオンとなったが、4位のOSVオールラウンダーに100分の73秒の差をつけての優勝となった。シュテファン・ブレンシュタイナー(5位、+1.01)の後、次のバイキング、ルーカス・ブラッヘン(+1.11)は6位につけている。フランスのアレクシス・パントュロー(+1.40)は7位で滑走を終えた。カリフォルニアの雪を利用したジャイアント・スラロームでは、スイスのジノ・カヴィーゼル(8位、+1.49)、チロルのラファエル・ハーザー(9位、+1.51)、クロアチアのフィリップ・ズブチッチ(10位、+1.69)が上位10位を占めた。

決勝では、1本目ほどタイム差は縮まりませんでした。1本目を終えてトップ10圏内にいたロイック・メイヤード(+1.93)は11位に終わった。トーマス・トゥムラー(+2.94)はスイススキーチームの選手で、22位に留まった。また、南チロルのハネス・ツィンガーレ(23位、+3.04)、アレックス・ヴィナツァー(25位、+3.14)、シモン・マウルベルガー(26位、+3.26)の3人がワールドカップポイントを獲得している。決勝では、ノルウェーの若手アレクサンダー・スティーン・オルセンやOSVルッツのマニュエル・フェラーだけでなく、アメリカ人のリバー・ラダムスも脱落した。

アンドラでのシーズンファイナルを前にした次の男子大回転は3月11日と12日にクランスカ・ゴラで行なわれる予定だ。スロベニアのザン・クラニェックは、地元の観客の前でこの2レースを行うことを何よりも喜んでいることだろう。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

シュワルツがパリセーズ・タホでオーストリア初の2023年GSを制覇

注目すべきは、温厚なオーストリアのマルコ・シュヴァルツが2022-23シーズン、自国のGS初勝利をもたらしたことだ。シュワルツは全種目を滑っており、今年は素晴らしい成績を残しているが、まだ勝利したことはなかった。選手にとって最高の滑りが要求されるこのコースで、26番目の選手として2本目を滑り、最終的に最速の滑走タイムを出して4つ順位を上げ、表彰台の頂点に立ったのである。今回、シュワルツは他の選手より優れていた。
元USスキーチームの選手で、現在は独立系のグローバル・レーシングで滑っているジョージ・ステフィーは、うまく滑ってワールドカップ初ポイントを獲得した。



パリセイド・タホ アメリカ - 注目すべきは、温厚なオーストリアのマルコ・シュワルツが、2022-23シーズンの自国のGS初優勝を果たしたことだ。シュワルツはすべての種目を滑っており、今年は素晴らしい成績を残しているが、まだ勝利したことはなかった。選手にとって最高の滑りが要求されるこのコースで、26番目の選手として2本目を滑り、最終的に最速の滑走タイムを出して4つ順位を上げ、表彰台の頂点に立ったのである。今回、シュワルツは他の選手より優れていたのだ。

シュワルツのワールドカップ優勝は、2021年1月26日にオーストリアのシュラドミングで行われたスラロームレース以来のことだ。

スイスのマルコ・オーダーマットは、らしくないミスを犯したものの、午後には3番手となり、シュワルツに続く2位(+0.03)でフィニッシュした。オーダーマットはこれでワールドカップ大回転の過去14戦すべてで表彰台に上ったことになる。

男子スキーレースでノルウェー人が表彰台に上がらないというのは、どうもしっくりこない。土曜日は、ビブ17のラスマス・ウィニングスタが登場した。彼は最終滑走で4番目に速いタイムを出し、今シーズン初の表彰台を獲得した。彼はトップ6のポジションをチームメイトのヘンリック・クリストファーセン、ルーカス・ブラッセンと分け合った。また、ノルウェーは5人の選手がポイントを獲得してこの日を終えた。

パリセーズ・タホのコース準備の難しさを考えると、2本目の合理的な解決策は、最初のコースを「再調整」することだった。その場合、コースは似ているが、ゲート間の幅を追加する。特に1本目で脚が疲れているとき、このリドレス法は大きな困難を伴う。そのため、このGSは、世界最高峰のスキーヤーの実力が試される場となった。

しかし、アメリカのリバー・ラダマスは、コース上部にある問題のある地形を正しく通過することができず、コースアウトしてしまった。しかし、元USスキーチームの選手で、現在は独立系のグローバル・レーシングで滑っているジョージ・ステフィーは、うまく滑って自身初のワールドカップ・ポイントを獲得することができた。ステフィーはヨーロッパカップで素晴らしい成績を収め、ワールドカップのスタートリストで60位以内に入り、アメリカにGSの出場枠を増やすことになった。また、カナダのエリック・リードは15位でフィニッシュした。

ステフィーはレース後、次のように感想を述べた。「1本目は良かった。トップはうまく滑れたが、ボトムはそれほどでもなかった。しかし、午後の滑走でようやく予選を通過できたので、本当に嬉しかった。特に初めてホームで滑れたのは最高だった。" ステフィーは続けて、「肩の荷が下りたよ、すごくすごく。ここ数年、ずっとトップ30に入ることを目指してきた。そして、初めて自宅でプレイできることにとても感謝しているんだ。

特に、コースで懸命に働いている人たちの努力は、いくら認めてもしきれません。今日のレースのために必要な努力は、壮大なものを超えていた。パリセーズ・タホのコミュニティが素晴らしいレースを開催しようとする意欲を如実に表していた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

230225001


第96回全日本学生スキー選手権大会

【2/25 ALリザルト】

SL_男子2部

SL_男子3部

東京都選手権(25日)

K1 女子組

K1 男子組

女子組

男子組

東京都K1選手権

FECに向けてバーンにはインジェクション&水撒きで、たぶん今までで経験したことのない超ハードバーンでのレースとなりました。このバーンで滑った経験は、今後の財産となることでしょう。
その中で、K1選手のジュニオリ選考が決定しました。(女子4名、男子4名)
選考された選手の皆さん、おめでとうございます。

PXL_20230225_040549863
PXL_20230225_040552771
PXL_20230225_040629405
PXL_20230225_040632315

第96回全日本学生スキー選手権大会

【2/24 SL リザルト】
SL_女子1部

SL_女子2部

SL_男子1部

Courchevel Merbel 2023 | Women’s Best Of | 2023 FIS World Alpine Ski Championships

シプリアン・サラザンの(素晴らしい)シーズンが終了:28歳のフランス人選手は背中の問題で一人ではいられない



スーパーGとダウンヒル(ヴァル・ガルデナで6位)の優秀な主役である1994年のトランスアルパインクラスは、極端な話、母国のワールドカップを放棄せざるを得なかった。さて、この2022/23年の決定的な停戦の発表があった。

フランスはこのシーズンファイナルでもうひとつの重要な要素を失う。すでにクーシュベル・メリベル世界選手権でマチュー・バイレとヴィクトル・ミュファ=ジャンデが「最も重い」名前を挙げているようにだ。

シプリアン・サラザンは、自国のワールドカップレースで白旗を揚げることを余儀なくされ、実際、複合とスーパーGのスタート地点に立った。コンバインドとスーパーGのスタート地点で、最後まで頑張ったにもかかわらず、彼の(素晴らしい)2022/23シーズンを早々と終えてしまったのだ。

この28歳のトランサルパインに問題を与え続けているのは背中である。コルチナまではスピードのある良いシーズンだったが、元ジャイアントレーサーはスーパーGとダウンヒルで良い結果を出してきた。

サラザンは腰痛のため45日間の絶対安静が必要だという。



シプリアン・サラザン、腰痛のため今季終了できず

シプリアン・サラザンは、腰痛のためクーシュベル・メリベル世界選手権の直前に離脱を余儀なくされ、今シーズンを終えることができなくなった。

これは、フランスのアルペンスキーチームにとって新たな打撃となる。負傷したスキーヤーのリストは増え続けており、最近ではシプリアン・サラザンがその一人である。

デボルイ出身のこの選手は、世界選手権開幕の数日前にリタイアを余儀なくされ、今シーズンに終止符を打たなければならなくなった。以前から背中の問題に悩まされていたシプリアン・サラザンは、背中の詰まりが限界点となっていた。

検査の結果、腰椎を損傷しており、45日間の完全休養を余儀なくされた。コルセットをつけなければならないほどだ。

近年、怪我に悩まされてきたオー・アルピンは、ヴァル・ガルデナのダウンヒルで6位に入るなど、スピード系種目で素晴らしいシーズンを送っていた。

クランモンタナでの新しい試み、金曜日(午前10時)には土曜日の女子ダウンヒルへの唯一のテストとなる



今日のキャンセルの後、明日の朝、モン・ラショーでレース24時間前の必須トレーニングランを行うが、大きな問題はないはずである。ピロヴァーノは1番、ゴッジャは12番でスタートし、10名のイタリア人が登録されています。

クランモンタナでは、金曜日の午前10時からのレース(レースは11時から)が、土曜日のヴァレー州でのダウンヒルの前の唯一のレースとなり、日曜日のスーパーGを控えていると自信があるようだ。

気温は週末に特に下がるが、これは雪を「引っ張る」のに不可欠で、今日は安全が保証されなかったため、昨晩の降雪の後、モンラショーの斜面で予定されていた2本のトレーニングランのうち1本をキャンセルし、作業を行うことが決定されたほどだ。

それでも選手たちは、先週末にヨーロッパカップの選手たちだけが試乗した「バージョン2023」のコースに加えられたいくつかの変更点を理解するために、偵察を行うことができたのである。

ソフィア・ゴッジアは土曜日に、ダウンヒルカップに出場している唯一のライバル、イルカ・ストゥヘクに対して108ポイントのアドバンテージを守らなければならないが、金曜日のゲートにはゼッケン12をつけて、10人のイタリア人選手の中で最初に出場したラウラ・ピロバーノが登場する。虹の優勝者フルーリーはゼッケン7番、グート・ベーラミ、ゼッケン9番のシュトゥーヘク、ゼッケン11番のコリンヌ・スーター、そして赤いゼッケンのプフナー、クルトニ、ヒュッターの順となります。

21番のフェデリカ・ブリニョーネは、このスイスの週末におけるヴァルダオスタのレーサーの最大の目標は明らかにスーパーGであるにもかかわらず、彼女が得意とするダウンヒルにアプローチする。そして26番と29番のナディアとニコル・デラゴ、31番のマルタ・バッシーノ(両レース出場を目指すブルホヴァは32番)、40番のエレナ・ドルメン、48番のカロライン・ピヒラー、54人中52番目のロバータ・メレーシなどが続いて登場した。

全スタートリストはこちら

女子ダウンヒル - クランモンタナ
スタートリスト 第1レース:1ピロヴァーノ、2モヴィンケル、3ヌファー、4リー、5ミラドリ、6オルトリーブ、7フルリー、8グート・ベーラミ、9シュトゥヘク、10ヴァイドル、11C.スーター、12ゴッジャ、11C. スーター、12 ゴッジア、13 プフナー、14 クルトーニ、15 ヒューター、16 ヴェニア、17 シーベンホーファー、18 ジザン、19 ジョンソン、20 ヘーレン、21 ブリニョン、26 ナディア・デラゴ、29 ニコル・デラゴ、31 バシーノ、40 ドルメン、48 ピヒラー、52 メレシ。

W杯女子ダウンヒル クランモンタナ トレーニングラン



来週末、クランモンタナではダウンヒルレースと女子スーパーGが予定されている。木曜日のダウンヒルトレーニングは、ゲレンデが柔らかすぎたため、キャンセルされた。しかし、予報通り、次の晩はかなり冷え込み、ゲレンデの状態も良くなるので、金曜日に時間制限のある練習が行われることが期待されている。土曜日には伝統のダウンヒル、日曜日にはスーパーGが予定されている。両レースとも11:00にスタートする。

イタリアのソフィア・ゴッジアは、今シーズンの活躍により、"Piste Mont Lachaux "のダウンヒルの優勝候補と目されている。しかし、スイスのララ・グート・ベーラミ、コリン・スーター、そしてダウンヒルの新世界チャンピオンであるジャスミン・フルーリーが彼女に厳しい戦いを挑むことは間違いないだろう。

オーストリアチームは、準優勝のニーナ・オルトリーブ、コーネリア・ヒュッターとミルヤム・プフナーの活躍も期待している。ドイツのキラ・ヴァイドル選手はSKIワールドカップ2023で8位に入賞しており、表彰台を獲得する実力があることを証明したい。ノルウェーのラグンヒル・モヴィンケルはメリベルですでに好調をアピールし、スロベニアのイルカ・ストゥヘックはワールドカップで再び成功する道を見つけた。

金曜日のダウンヒルトレーニングは、選手たちにコースを熟知させ、土曜日のダウンヒル本番に備える機会を提供する。選手たちはワールドカップの順位を上げ、クランモンタナでの勝利のチャンスを得るために全力を尽くすことが期待されている。

このように、この週末は、多くの強豪選手が優勝を争う、最高レベルのエキサイティングなレースが約束されている。ファンはスリリングなレースを楽しむことができるだろう。

週末の天気予報は良好だ。高地は寒くなるとのことで、土曜、日曜の壮大なレースへの期待も高まる。

OSVは強力なラインナップでパリセーズ・タホ(アメリカ)に乗り込む



マルコ・シュワルツは、アメリカで上昇気流を続けたいと考えている。

男子FISスキーワールドカップは、2023年2月、1960年の冬季オリンピックが開催された歴史的なオリンピック会場であるパリセーズ・タホに帰ってきます。パリセーズ・タホ(旧スコーバレー)のレースコースは、北米で最も有名かつ難易度の高いレースコースの一つで、国際スキー大会の会場としても人気がある。米国カリフォルニア州に位置し、1960年の冬季オリンピックが開催されたサーキットで、急斜面と難易度の高いターンで知られ、スキー界で最も難しいコースの一つである。パリセーズ・タホのレースコースは、急斜面のダウンヒルとテクニカルセクションで知られている。特にトラバース、ショットラン、S字カーブは難易度が高く、選手に全てを要求する。

パリセイド・タホの技術系競技では、OSV男子のスポーツディレクターであるマルコ・ファイファーが以下の選手を指名した。

ジャイアント・スラローム:シュテファン・ブレンシュタイナー、マヌエル・フェラー、パトリック・フォイルシュタイン、ファビオ・グストライン、ラファエル・ヘイザー、ローランド・ライティンガー、ドミニク・ラシュナー、マルコ・シュワルツ。
スラローム:マヌエル・フェラー、ファビオ・グストライン、マイケル・マット、アドリアン・ペルトル、ドミニク・ラシュナー、シモン・ルーランド、マルコ・シュヴァルツ、ヨハネス・シュトロルツ。

競技は大回転と回転で構成され、2月25日と26日に開催される予定です。パリセーズ・タホのレースコースは、シエラネバダの雄大な峰々が息を呑むような景観を形成するため、スキー競技に最適な背景となり、この地域の優れたインフラがレースのスムーズな運営を可能にします。

コリンヌ・スーターは、2027年のホーム大会であるクラン・モンタナでの世界選手権についてまだ考えていないようです



スイスのスキーレーサー、コリンヌ・スーターは、クランモンタナでの最初の試運転はキャンセルされたものの、地元ヴァレー州でのスピードレースを心待ちにしている。銅メダル獲得に際してのワールドカップの祝賀会は、特に自分のための時間を意図的に多く取ったため、とても長いものになった、と彼女は報告した。特に、親友のジャスミン・フルーリー(ダウンヒル世界チャンピオン、編集部注)と一緒にすべてを経験できたことは、とてもクールだったという。

2021年のコルティナ・ダンペッツォで世界チャンピオンとなり、その1年後の北京でオリンピックチャンピオンとなったスーターは、シーズンハイライトのメリベルの直前に脳震盪を起こしたため、準備段階が異なっていたのである。彼女はこのレースを挑戦ととらえ、最終的に3位になったことに満足している。次のクランモンタナのレースまで、彼女は多くの友人や知人に勝ち取った貴金属を見せ、また少しリラックスしてたくさん眠ることができた。

彼女はすでにモントラショーのレースで何度も表彰台を獲得している。彼女はまた、観客が素晴らしかったので、ホームでの勝利はとても特別なものになるだろうと語った。2027年にクラン・モンタナで開催されるホーム世界選手権で32歳になるコリンヌ・スーターは、ここでまだ現役のスキーヤーでいられるかどうかはわからないという。彼女は年ごとに計画を立て、健康状態も考慮に入れるつもりだ。

ナディーン・フェスト、"フォームカーブが上がっているので、ワールドカップで足場を固めたい!"



オーストリアのスキーレーサー、ナディーン・フェストは、18歳でユースオリンピックチャンピオンになった。このカリンシアン選手は、今シーズンのヨーロッパカップで何度かその実力を発揮している。彼女はこの大陸レースシリーズを途中降機ととらえ、その後のワールドカップで飛躍することを望んでいる。Skiweltcup.TVのインタビューでは、先日フランスで開催されたアルペンスキー世界選手権を自宅のスクリーンの前で観戦したと報告している。遅くとも、口には出さないまでも、地元ザールバッハ・ヒンターグレムで開催される世界選手権(2年後に開催されるウィンタースポーツイベント)ではOSVチームの一員として、自らメダルを狙いたいそうです。

ナディーン、あなたは今冬のヨーロッパ・スキー・カップで大成功を収めました。今後、ワールドカップに進出するためには、どのようなことが必要でしょうか?

ヨーロッパカップで成功したことは、もちろん自信になりますし、これからのワールドカップのレースに向けても大きな自信になります。昨シーズンは、ワールドカップである程度自分の力を発揮することができ、個人的にも成功を収めることができました。今年は、残念ながらワールドカップの雪辱を晴らすことはできませんでした。とはいえ、これからの課題は楽しみですし、フォームカーブが上向きになっているので、自信をもってスタートできると思います。これまでのレースで培ったリラックスした気持ちを持ち続け、自分の滑りを信じることが大切だ。

クーシュベルとメリベルで開催されたアルペン世界選手権は少し前に終了しました。この大イベントをどのように評価しますか?

ワールドカップは常にそのシーズンの「イベント」です。誰もがこのイベントに向けて努力し、メダルを獲得するためにX日にベストを尽くそうとする。私もテレビの前でレースを観戦しましたが、予想通り、すごいイベントでした。昨年はクーシュベルで初めてワールドカップの決勝に出場することができ、ゲレンデは本当に快適だった。ワールドカップに参加していなかったので判断が難しいのですが、私の見解では、今回もメダル争いにサプライズがあったと言えます。チームの仲間たちのためにも、とてもうれしいです。

あなたは明るく幸せな人のように見えますが?あなた自身は「幸せ」という言葉をどのように定義していますか?そしてなぜ、あなたにとって世界的に重要な2つのボードでこの気持ちを放射しているのですか?

私にとっての幸せとは、一方では自分の想像通りに生きていることです。もちろん、スムーズにいかないこともありますが、すべてはいつか戻ってくると信じていますし、戦うことに意味があると思っています。一方、運も成功の一要素です。百発百中でもいいし、外的環境でもいいし、時には自分ではどうしようもない要素もある。何よりも好きなスポーツを実践し、目標を追求し、その過程で運動面だけでなく人間的にも成長することが許されるなら、それは結果として、楽しくて幸せな人間になれるということなのです。

あなたはまだ若く、これからスポーツのキャリアを歩んでいくわけですが、若い人たちに何かアドバイスはありますか?同じようにプロのスキーレーサーを目指す若い人たちに、どのようなアドバイスをしますか?このチャレンジに挑み、結果的にそれを受け入れるためには、どのような性格でなければならないのでしょうか?

情熱、野心、そして自分に対する完全な自信。この3点は、確かに多岐にわたりますね。私が思うに、チャレンジを受け入れ、そこから学び、より良い結果を出すためには、忍耐力と受容力が重要です。誰もがベストを尽くしますが、ある人にとってはそこに到達するまでに時間がかかり、別の人にとってはより成功する可能性があります。だから、粘り強く、喜びと情熱をもって目標を追い求めることが大切なのです。
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan