クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2023年02月

FAR EAST CUP 2023 菅平マックアースパインビークカップ(28日)

FIS FAR EAST CUP 2023 SUGADAIRA KOHGEN MACEARTH PINEBEAK CUP

女子GS


男子GS
続きを読む

スティーブン・ナイマン、引退を表明

スティーブン・ナイマンは、プロスキーレーサーとしての日々が、今週末のコロラド州アスペンで幕を閉じることを発表しました。
ナイマンの貢献は、レースでの成績にとどまりません。彼は素晴らしい地域社会の一員であり、友人であり、チームメイトであり、米国スポーツ界の大使であった。間違いなく彼は、あらゆる方法でスノースポーツ界に貢献したのだ。



スティーブン・ナイマンは、プロスキーレーサーとしての日々が今週末にコロラド州アスペンで終わりを迎えることをインスタグラムで発表した。

"さよなら "を言う時が来た。20年間、@usskiteamと@fisalpineワールドカップで活動してきましたが、今週アスペンで開催されるワールドカップツアーが私の最後の出場となることを決定しました。この旅で私を助けてくれた多くの人々に感謝し、認めなければなりません。この続きはまた後日。でも何よりも、みんなにありがとうと言いたい。今週末、@aspensnowmassでお会いしましょう。

ナイマンの他にも、スイスのビート・フュエズ、オーストリアのマティアス・マイヤー、そしてナイマンのチームメイトであるトラビス・ガノンが、今シーズン中にスピード競技からの引退を表明している。

ナイマンは、ビーバー・クリークでのレース中に負った怪我の手の手術を受け、残念ながら最後のシーズンを棒に振ってしまった。彼は、大好きなグロイデン/バルガーデナのサルスロン・ダウンヒルでもう1度レースに挑戦したが、両手でスタートからプッシュすることはできなかった。

ナイマンの貢献は、レースでの成績にとどまらない。彼は素晴らしい地域社会の一員であり、友人であり、チームメイトであり、USスポーツの大使である。間違いなく彼は、あらゆる方法でスノースポーツ界に貢献したのだ。

この声明は、Stifel US Alpine Teamから提供されたものです。

ワールドカップを3度制したスティーブン・ナイマンは、41歳にしてプロのアルペンスキーレースから引退することになりました。

ナイマンは、「アルペンスキーというスポーツへの愛は強く燃えていますが、肉体的に限界に達しており、もう最高の舞台で戦うことはできません」と語っています。"今週末のアスペンでのホームスノーでの滑走が私のラストランとなることをうれしく思う。"

ナイマンは2004年からスティフェルU.S.アルペンスキーチームの主要メンバーとして活躍してきた。ユタ州出身のナイマンは、サンダンス・リゾートでキャリアをスタートさせ、その後パークシティ・スキーチームに移籍した。2002年、ナイマンは世界ジュニア選手権のアメリカ代表に選ばれ、スラロームで優勝、コンバインドで2位となった。

ナイマンはすぐにナショナルチームの一員となり、2002年にフラッハウで開催されたワールドカップファイナルでスラローム15位でワールドカップ公式戦デビューを果たした。以来、オリンピック4回、世界選手権5回、ワールドカップ優勝3回、ワールドカップ表彰台合計11回と、名実ともにアスリートとしてのキャリアを飾った。

「子供の頃、私はオリンピックやワールドカップ、世界選手権に出場することを夢見ていました。「ワールドカップの表彰台に立ち、オリンピックや世界選手権に何度も出場して、その夢は何倍にもなった。山で自分を表現することは、このような無防備な姿に勝るものはない。

ナイマンはキャリアを通じて数々の成功のシーズンを積み重ね、特にダウンヒルランク総合6位となった2015年と、平昌オリンピックテストイベントのチョンソン大会(3位)に始まり、シャモニー(2位)、クビットフィエル(3位)、サンモリッツ(2位)と4戦連続で表彰台に立った2016年は、その代表格と言えるでしょう。ナイマンは2018年のオリンピックに出場する予定でしたが、怪我のため大会のわずか数週間前に欠場しました。また、有名なヴァル・ガルデナのコースで、3勝を含む気の遠くなるような4回の表彰台を獲得し、キング・オブ・ザ・サスロングという称号を手に入れた。また、ビーバークリークのバード・オブ・プレイ・コースでも大成功を収め、地元の観衆の前で3度表彰台に上った。

ナイマンの長い在籍期間中、彼はチーム内でリーダーシップを発揮し、チームメイトやU.S. Ski & Snowboardの大きな組織に刺激を与え、他のスポーツの多くのアスリートも含め、両アキレス腱、複数の足の骨折、手の手術、膝の故障など、ユサナ・センター・オブ・エクセレンスで多くの怪我のリハビリをこなしました。

ナイマン一家
U.S.スキー&スノーボードの社長兼CEOであるソフィー・ゴールドシュミットは、「スティーブン・ナイマンは、過去数十年間ワールドカップサーキットで素晴らしい成功を収め、私たちU.S. Ski & Snowboardは彼の長年にわたる献身、リーダーシップ、成功にとても幸運で感謝しています」と語りました。「スティーブンが人生の次のステップを踏み出すとき、チーム内外で何世代ものスキーヤーにインスピレーションを与え続けることを私たちは知っています。

ナイマンは現在、長年のパートナーであるシャーロット・モーツとユタ州パークシティに住んでおり、二人はネルとアイラという二人の娘の両親でもあります。ナイマンは父親であることを誇りに思っており、定期的に子供たちとスキーを楽しんでいます。

「私の時代は終わり、次の段階に進み、スキーレースで得た知識と経験を活かして他の方法で挑戦する準備が整いました」とナイマンは語っています。とナイマンは語っています。「寂しくなりますが、次の展開にワクワクしています。応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

ナイマンは、来週3月3日から5日にかけて地元で開催されるアウディFISアルペンスキーワールドカップ、スティフェル・アメリカズ・ダウンヒル・ア・アスペンでその輝かしいキャリアに幕を下ろすことになる。

ラモン・ツェンヘウゼルン、”パリセーズ・タホでのタフなレース”

2本目にすべてをかけたが、残念ながら100%うまくはいかなかったが、それでも最終的には6位といい結果を残すことができた😊


デイヴ・ライディング、”米国でのレースはかなりロックンロールだった!”

この2本のコースでは、とんでもないバトルが繰り広げられた。この日も惜しかったが16位だった。
3週間後のアンドラでの最終戦のために、池の向こうへ戻る時が来たんだ。

ワールドカップ3連覇のスティーブン・ナイマンが引退を表明



ワールドカップレースで3度の優勝を果たし、米国アルペンスキーチームの選手でもあるスティーブン・ナイマンが、41歳にしてプロのアルペンスキーレースから引退することを発表しました。ナイマンは、「アルペンスキーレースへの愛情は燃え続けているが、肉体的に限界に達し、もはや最高レベルで競うことはできない」と語っています。"今週末のアスペンでのレースが私の最後のレースとなることをうれしく思います。"

ナイマンは、2004年からアメリカ・アルペン・スキー・チームの中心選手として活躍していた。ユタ州出身のナイマンは、サンダンス・リゾートでスキー選手としてのキャリアをスタートさせ、その後パーク・シティ・スキーチームに移籍した。2002年、ナイマンは世界ジュニア選手権のアメリカ代表に選ばれ、スラロームで優勝、コンバインドで2位となった。

ナイマンはすぐにナショナルチーム入りを果たし、2002年にフラッハウで開催されたワールドカップファイナルではスラロームで15位となり、ワールドカップ公式戦デビューを果たした。以来、オリンピック3回、世界選手権5回、ワールドカップ優勝3回、ワールドカップ表彰台合計11回という輝かしい経歴を持つ。

「子供の頃、オリンピックやワールドカップ、世界選手権に出場するのが夢だったんだ」とナイマンは語った。「ワールドカップで表彰台に上り、オリンピックや世界選手権に何度も出場し、その夢は何倍にも膨らみました。山の上で無防備に自分を表現することは、何にも代えがたいものです。

長い在籍期間中、ナイマンはチーム内でリーダーシップを発揮し、チームメイトやUSスキー&スノーボード組織(他のスポーツの多くのアスリートを含む)に刺激を与えてきました。一方、ユサナ・センター・オブ・エクセレンスで両アキレス腱、複数の足の骨折、手の手術、ACL断裂など、数々の怪我のリハビリをこなしながら、この仕事を続けてきました。

ナイマンは、来週末のアスペンでそのキャリアに終止符を打つ。「私の時間は終わり、次の段階に進み、スキーで得た知識と経験を生かして、他の方法で挑戦する準備ができました」とナイマンは語った。とナイマンは語った。「寂しくなりますが、これからが楽しみです。この数年間、私を支えてくれたすべての人にありがとうと言いたいです。」




スティーブン・ナイマンは41歳にして、アスペンでのレースが彼のキャリアの最後となることを語っている。サスロングでの彼のマジック

アメリカのスプリンターは、来週末コロラドで開催されるホワイトサーカスで、20年間の冒険に終止符を打つと発表しました。私の世界にさよならを言う時が来たんだ」。彼のキャリア3勝はすべてガーデナ・グレーデンのダウンヒルでのものだった。

ホワイトサーカスは、ダウンヒルの素晴らしい解釈者、新しいミレニアムの最も偉大なグライダーの一人であり、並外れた足の感性によってワールドカップで3度の勝利を収め、全て「彼の」Saslongに乗った彼に別れを告げます。

2006年、ヴァル・ガルデナでスティーブン・ナイマンの才能を発見し、彼は2012年と2014年にもその才能を発揮し、最高峰のサーキットで213回出場し、合計11回の表彰台を獲得している。

そして今晩、この41歳のアメリカのベテランは、3月3日金曜日から5日日曜日に予定されているアスペンのレース(ダウンヒル2本とスーパーG)で、スキーを切るという決断を公式にしたのだ。「20年間のレース生活に別れを告げる時が来た」とナイマンは語り、「アスペンが私の最後の大会になる、そこでまた会おう。

今シーズン、82年生まれのユタ州出身の彼は、レイクルイーズとビーバークリークのダウンヒルの間(ポイントゾーンから遠い)しか姿を見せず、12月半ばにはサスロンで最後のトレーニングランを行った。2006年のトリノオリンピックから2014年のソチオリンピックまで3大会、世界選手権では5大会に参加し、地元ビーバークリークの大会ではダウンヒルで4位と、表彰台まであと一歩のところまで来ている選手のキャリアの最後の数年間は、身体的問題でコンディションを崩し続けていたのだ。




サスロングマン、スティーブン・ナイマンは41歳で「もういい」と言った。

来週末のアスペンでのダウンヒル2戦とコロラドでのスーパーGが、スティーブン・ナイマンの20年にわたるビッグスキーでのキャリアの最後を飾ることになる。これは、ユタ州出身の41歳のアメリカ人自身が、ソーシャルメディアに短い投稿をして発表したものである。

"さよなら "を言うときが来たんだ。20年間アメリカ・スキー・チームで活動してきた私は、今週のアスペン大会がワールドカップ・ツアーへの最後の参加となることを決めました。この旅を支えてくれた多くの人々に感謝し、言及しなければならない。詳しくは後述するが、なによりもみんなにありがとうと言いたい。今週末に会いましょう』。

1982年2月12日に生まれたスティーブン・ナイマンは2002年3月9日、フラッハウのスラロームでワールドカップデビューを飾った。1週間前に行われたセラ・ネベアでのナローゲートの世界ジュニアの金メダル、そしてコンバインドで銀メダルを獲得し、とりわけ15位に入った。その後、怪我に悩まされるようになり、ワールドカップで25回目のトップ10入りを果たしたのは2006年1月22日、キッツビューエルでの複合で6位となったのが最初である。

彼は高速レース、特に滑降のスペシャリストとなり、とりわけ互いにまったく異なる2つの斜面で活躍した。ヴァル・ガルデナのサスロングでは、2006年12月16日、2012年12月15日、2014年12月19日のサルコビアンコで唯一の3勝を挙げ、2016年には3位にもなった。ビーバークリークの猛禽類は2006年と2014年に3位、2007年に2位となった。さらに2016年のシャモニーとサンモリッツで2位、同じく2016年の旌善とクヴィットフィエルで3位を2回獲得し、計11回の表彰台を獲得し、ベストイヤーとなった。もちろん、アキレス腱の故障で2011-2012年シーズンを全休するなど、他にも多くのケガに見舞われた。

2016年のワールドカップ滑降ランキングは前年と同じく6位、総合では自己最高位となる20位だった。これまでに出場したワールドカップレースは213戦と、圧倒的に少ない。ノル・アムカップでは、2005年に2位になった後、2010年にダウンヒルクラスで優勝した。ワールドカップには5回出場し、ビーバークリークのダウンヒルで「彼の」バード・オブ・プレイに乗り、銅メダルまでわずか100分の3秒の差で4位となった。2006年から2014年まで、冬季オリンピックに3回出場したが、15位以内に入ったことはない。




ワールドカップで3勝、ダウンヒルで11回の表彰台を経験したアメリカ人選手は、「このスポーツへの愛はまだ強く燃えているが、肉体的に限界に達しており、もう最高レベルで戦うことはできない」と語った。



『お別れの時がやってきました。20年間、米国スキーチームとFISアルペンワールドカップに参加してきましたが、今週のアスペン大会がワールドカップツアーへの最後の参加となることを決めました。この旅で私を助けてくれた多くの人々に感謝し、認めなければなりません。この続きはまた後日。でも何よりも、みんなにありがとうと言いたい。今週末、アスペンの雪山でお会いしましょう!』

31歳でついに実現、レナ・デュールが歩む世界最高峰への道



レナ・デュールは、スキーワールドカップで最も経験豊富なアスリートの一人だが、ブレイクしたのはキャリアの後半になってからだ。31歳の今、彼女はクーシュベル/メリベルで開催されたアルペンスキー世界選手権の回転で銅メダルを獲得し、世界の絶対的な頂点にたどり着いたことを証明している。

レースでは、レナ・デュールはしばしば有望なパフォーマンスを見せるが、過去には必ずしもそれを生かすことができなかった。2013年、彼女はモスクワのシティイベント、パラレル大回転で驚くべきことに優勝した。しかし、2021年12月まで、彼女はスキーワールドカップで表彰台に上ったことがなかった。彼女にとって、世界の頂点に立つまでの道のりは険しいものだった。しかし、彼女は進み続け、今ようやく報われたのです。

レナ・デュールは、BR24Wintersportとのインスタ・トークで、すべての経験と失望を見逃したくないと強調した。彼女は、すべてがこのようになるべくしてなったのだと確信しており、常に粘り続けたことが今報われているのだという。

31歳になったレナ・デュールは、ようやく本格的に始動したようだ。今シーズン、彼女はすでに4回表彰台に上り、1月末のゴールレースでワールドカップ初勝利を挙げた。そして今、彼女は主要な大会で鋼の神経を持つことを証明し、スラロームの銅メダルでその最高のフォームに報いたのだ。

レナ・デュールにとって、このメダルはまだ信じられないものだ。レナ・デュールにとってこのメダルは信じられないものだ。良い気持ちでフランスに渡り、個人メダル獲得の現実的な可能性があると思っていたが、銅メダル獲得は彼女にとって大きな驚きだった。

レナ・デュールは、最大の成功を収めた後も、自分のキャリアを終えることは考えていない。今後数年間の長期的な計画はまだないが、来シーズンを楽しみにしていることは間違いない。ゲルマニアは、スポーツを楽しみ、現在のパフォーマンスを楽しみ、それが彼女とファンの喜びになっている。

ウィリアムズGS総括、セント・マイケルズとコルビーが勝利に導く



2023年2月18日 - 2月17日金曜日に気温が下がるにつれ、土曜日がEISAのレーサーたちにとって楽しみであることが明らかになった。ジミニー・ピークでウィリアムズ・カーニバルの2日目が開催され、水分をたっぷり含んだ路面が一晩でロックされた。今シーズン4本目のGSは、短い滑走時間で、選手たちにハードなチャージとミスのない滑りを要求する。

路面が良いので、選手は後方から攻めることができ、集団の先頭にいる選手は野心的である。コルビーのアシスタントコーチ、サム・ペレティエの言葉を借りれば、「選手たちが自分の傑作を描くことができる真っ白なキャンバスだった」のだ。そうできる選手がいる一方で、ラインを見失い、その日を決める百分の一秒を間違えてしまう選手もいました。

女子では、まずセントマイケルズのヘレネ・クリストファーセン選手がほぼ完璧な滑りを披露しました。この日は全体的に接戦となったが、クリストファーセン選手は競合他社を圧倒し、1本目で0.5秒以上のリードを奪った。2位には、ミドルベリーのアレクサンドラ・コセットが入った。コセットは、今シーズンのGSレースでまだ5位以下の成績しか残していない。もちろん、過去3戦優勝しているプリマスステートのハンナ・ラーソン・ナットホルストも忘れてはならない存在で、コセットの後ろの3位につけている。

男子も同じような顔ぶれでレースが行われました。バーモント大学のヨアヒム・ヤッヘ・リンドストエルが1本目を制したが、今日の結果で注目を集めたフレッシュマンのグレイ・フラナガンにわずかな差で及ばなかった。表彰台には、フラナガンのチームメイトであるシメン・ストランドが上がった。

NCAA予選が見えてくると、選手たちは10位以内に入ればチャンスがあることを理解し、特に女子は6位以内に入ることが必要であることを理解した。その結果、トップ30に入った選手たちはハイテンションな滑りを見せ、その差はさらに縮まった。

クリストファーゼンは、比較的健全なリードを保っていたが、それでもフィールドを圧倒し、2本目で1.52秒の差をつけて優勝した。2位はUVMのマリナ・ヴィラノヴァ。7位から一気に順位を上げ、今シーズン初の表彰台を獲得した。3位はコルビーのエラ・スピアで、ミュールとしては2020年以来の表彰台を獲得した。

スピアーは、自分が何をすべきかをよく理解していました。"総合順位を上げ、シーズン目標を達成するには、2本目を速く滑らなければならないことは分かっていた。" コースが悪化しても、彼女はそうすることができた。"2本目の滑りはそれほどクリーンではなかったが、1つ順位を上げるのに十分持ちこたえた "と彼女は言った。EISAサーキットで表彰台に上がるには素晴らしい努力が必要であり、選手たちは皆、このサーキットがいかに競争的であるかを知っているのだ。

男子の表彰台は1本目からほぼ同じで、リンドストロエルが今季2勝目を挙げた。この結果、彼はGSのリーダービブを保持したまま、シーズン最後の2戦に臨むことになった。

この日のチーム優勝は、男子がセント・マイケルズ、女子がコルビーで、両チームとも110点以上を獲得した。カーニバルでは、UVMが男女とも2位となり、総合優勝を果たしました。ダートマス大学は、男子チームの5位と6位が貢献し、ダートマス大学の2位となりました。

セントマイケルズのカーニバルGSは、来週ホワイトフェイスマウンテンで開催される3日間のレースの幕開けとなる。セント・ローレンスのカーニバルの一環としてスラロームとGSがそれに続く。シーズン終了間際の短い休息週は、NCAAへの出場権を得る最後の機会として、選手の体力が試されることになる。

現在、UVMから10名、Dartmouthから9名、Saint Michael'sとUNHから5名、Plymouth StateとColbyから3名のスキーヤーがバブル内に座っています。しかし、NCAAの予選基準を考えると、最終戦まで何も決まらないだろう。

ワールドカップ・ファイナル(ソルデウ):スラローム出場選手決定



ルーカス・ブラッヘンはソルデウのワールドカップファイナルでスラロームのクリスタルグローブを手に入れることができる。

2022/2023シーズンのスキーワールドカップにおける回転専門選手のレギュラーシーズンは、パリセーズ・タホでの回転で終了し、最終戦はソルデウ(アンドラ)のワールドカップファイナルで行われます。

FISの規定によると、スキーワールドカップ・ファイナルへの出場資格は以下の通り。
- ランキング25位までの選手(補欠選手なし)
- ジュニア世界チャンピオン
- 現世界チャンピオン(クリストファーセン)
- レース前に総合ランキングで500点以上獲得しているすべての選手。

以下、リストアップされた全選手です(欠番は次のレースで500点以上集める選手)。アトレ・リエ・マクグラス選手もリストアップされていますが、膝の重傷(十字靭帯断裂)のため出走権を行使することができません。

男子スラローム ルーカス・ブラッヘン、ヘンリック・クリストファーセン、ダニエル・ユール、ラモン・ゼンハウゼルン、マヌエル・フェラー、ロイック・メイヤール、ライナス・ストラッサー、クレメント・ノエル、アレクサンダー・ステーン・オルセン、アトレ・リー・マクグラス、ティモン・ハウガン、トマソ・サラ。ファビオ・グストライン、デイブ・ライディング、マルコ・シュワルツ、アルバート・ポポフ、クリストフェル・ヤコブセン、アレクシス・パンチュロー、セバスチャン・フォス・ソレヴァーグ、アレックス・ヴィナッツァー、エイドリアン・ペルトル、マーク・ロシャ、AJ・ギニス、ステファノ・グロス、サムエル・コレガ

ジュニア世界チャンピオンのコラード・バルベラ選手(イタリア)に加え、現在考慮されていない500点以上の全選手が追加される可能性があります。マルコ・オーダマット選手、アレクサンデル・アモット・キルド選手、ヴィンセント・クリーチマイヤー選手。

倒れても、何事もなかったかのように装う

それは人生において、いつでも使えるものだ。スラロームのエース、アレックス・ビナツァーがパリセーズ・タホでその方法を披露してくれた...

W杯男子スラローム パリセーズ・タホ



アメリカでは4位と5位に入賞し、非常に堅実な滑りを見せたが、上位入賞はならなかった。しかし、ノルウェーのスラロームでは、アレクサンダー・スティーン・オルセン選手が優勝しました🔥🔥 ティモン・ハウガン選手が表彰台に戻ってきたのも素晴らしいことです シーズンも後半戦に突入し、良い成績を残せるように頑張りましょう!




アウトドアスポーツ... 🤐





女子ワールドカップでイタリアが120勝を達成





イタリアが女子Cdmで120勝を達成。ゴッジャ、22歳💙

ソフィア・ゴッジアがクランモンタナのダウンヒルで優勝し、イタリアはアルペンスキー女子ワールドカップで120勝を達成した。ベルガモ出身のチャンピオンは22勝をあげ、ヴァッレ・ダオスタ出身のフェデリカ・ブリニョーネを抜き、興奮のダービーとなった。3位は16勝をあげたレジェンド、デボラ・コンパニョーニである。

その詳細は以下の通りである。

22. ソフィア・ゴッジア(DH17回、SG5回)
21. フェデリカ・ブリニョーネ(GS8回、SG8回、AC5回)
16. デボラ・コンパニョーニ(13GS、2SG、1SL)
15. イゾルデ・コストナー(12DH、3SG)
8. カレン・プッツァー(4SG、4GS)
6. デニス・カーボン(6GS)
6. マルタ・バッシーノ(6GS)
4. マリア・ロサ・クアリオ(4SL)
3. クラウディア・ジョルダーニ(2SL、1GS)
3. サビーナ・パンザニーニ(3GS)
3. エレナ・クルトーニ(1DH、2SG)
2. ダニエラ・ジーニ(2SL)
2. エレナ・ファンキーニ(2DH)
2. ナディア・ファンキーニ(1DH、1SG)
1. ビビアナ・ペレス(K)
1. パオラ・マゴーニ(SL)
1. ララ・マゴーニ(SL)
1. ミカエラ・マルゾラ(SG)
1. ジュスティーナ・デメッツ(DH)
1. キアラ・コスタッツァ(SL)
1. ダニエラ・メリゲッティ(DH)

イタリア、クランモンタナでダブル優勝:ゴッギャーとブリニョーネが先行



第1ヒートの転倒から1日を経て、ソフィア・ゴッジアが今季5勝目、通算22勝目を挙げた。フェデリカ・ブリニョーネがゴッジャに100分の15秒差で2位に入り、イタリア史上17人目のダブル入賞を果たしたのである。
ゴッジャは580ポイントを獲得してランキングトップに躍り出たが、これは今日9位以下に終わったイルカ・スチュエックよりも179ポイント多い。そしてシーズン終了まであと2本のダウンヒルを残すのみとなった。
3位にはフランスのLaure Gaucheがビブナンバー26で、トップと100分の41秒差で入っている。
イタリア勢の素晴らしいレースで、7位のラウラ・ピロバーノも100分の70、16位のマルタ・バッシーノは100分の1、エレナ・クルトーニはチームメイトから100分の1、ナディア・デラゴは100分の1で続いている。他の選手はさらに後方にいた。

DH女子クランモンタナ(スイス)の結果




ゴッジャ「今は自分に集中している」、ブリニョーネ「美しいダウンヒル」、ピロヴァーノ「自分の成長を見ている」

イタリアの女子スキーヤーたちの言葉。

ゴッジャは「複雑な2日間だった。特に、自由に滑れるのが1本しかないのに、5番目のカーブで転んでしまった。特に、1本しかないコースで、5つ目のカーブで転倒してしまったときはね。しかし、恐怖心を克服するものがある。それは決断力だ。自分の中で正しいと思っていなくても、正確に判断する勇気が必要なのです。ダウンヒルは悪くなかったが、いくつかのミスをしたし、雪が滑って簡単にはいかなかった。首位に立ったことには驚いたが、複雑な時期を経て、このレースを完走できたことに満足している。今は、スペシャリティカップのことは考えていない。自分のこと、そしてレースに持ち込む最高の演技に集中しなければならないからだ。そしてレースが終わるたびに、ライトが緑色であれば、それは良いことなのです。シーズンの終わりにはカップ戦のことも考えるだろうが、今はこれで満足だ。

フェデリカ・ブリニオーネは「このコンディションでスーパーGを滑れなかったことは少し残念だ」と語り、「でもとてもうれしい。ダウンヒルをこんなにうまく滑ったのは3、4年ぶりだ。2日間待っていたのだが、いつもならこのようなコンディションになれば、私はいつもうまくやれるし、積極的になれるのに。でもそれは無駄だった。コンディションがまったく変わってしまったのだから、最もうまく適応できた人が結果を出したのだ。来週はスーパーGが2本、ダウンヒルが1本ある。ダウンヒルはどうするか、スーパーGはベストを尽くしたいと思う。

「表彰台との差はコンマ1秒。タイムとの戦いだから、その差にばかり気を取られてはいられない。むしろ、昨年の自分と今の自分を振り返って、自分がどれだけ成長したかを理解しなければならない。」

「エレナ・クルトーニの結果は残念だった。視界が悪くて苦労した。これが1つのレースで、これから先もある。次の2週間はとても重要なので、できる限りのことをしたい。」

ソフィア・ゴッジアがワールドカップ・ダウンヒルで優勝、シーズンタイトルに迫る

ソフィア・ゴッジアは、ワールドカップ・ダウンヒルで5勝目を挙げ、新たなタイトル獲得に向けて走り出した。



ソフィア・ゴッジアはクランモンタナで2022-23年のワールドカップ・ダウンヒル5勝目を挙げ、さらなるタイトル獲得に向けて疾走している。

スピードの女王、ゴッジアはクランモンタナのダウンヒルでキャリア4勝目を挙げた。彼女は誰よりも限界に挑戦することをいとわず、災難のカミソリの縁に存在することができるようだ。

「一度しかないトレーニングランで(クラッシュしてしまったのは)きつかったから、本当にほっとした」と、キャリア22回目のワールドカップ勝利で、ダウンヒルでは17回目の勝利となったゴッジャは語った。

2位にはゴッジャのチームメイトでライバルのフェデリカ・ブリニオーネが入賞した。ゴッジャがビブで滑ったのに対し、ブリニョーネはビブ21で滑ったが、これはレース面の質の高さを証明するものであった。ブリニョーネはコースの大半でゴッジャと同等のパフォーマンスを見せたが、最後の2セクターで勝者のスピードに及ばなかった。

26番のビブをつけたラウダ・ゴーシュは、ゴッジャに続く3位(+0.42)となり、キャリア初の表彰台を獲得した。このフランス人レーサーのこれまでのダウンヒルでの最高成績は7位だった。

ゴーシェは「すごい。予想外だった」と語り、「最初の選手は本当に視界が悪かったので、視界が良くてラッキーだった」と認めた。

ゴーシュは、コース上では常にアグレッシブに攻める。唯一のトレーニングランで転倒してしまったが、彼女は全行程を可能な限りの力で滑った。このイタリア人は、全セクターに挑戦し、滑走中、ファンをハラハラさせた。今日、彼女はトップでフィニッシュし、満面の笑みを浮かべていた。

ダウンヒルのシーズンタイトル
ゴッジャはワールドカップダウンヒル7戦で5勝目をあげ、ワールドカップポイント100点を獲得。ダウンヒルランキングでは、9位に終わったイルカ・シュトゥヘクに170点以上の差をつけている。

モンタナ州クランツ、スイス,2月23日 - ソフィア・ゴッジア(ITA). 写真:GEPA 写真:GEPA
ゴッジアは、来週末のノルウェーのクヴィットフェルと3月15日のアンドラのソルデウでのダウンヒルを残しており、どちらのレースでもトップ10入りすれば、4個目のクリスタルグローブのトロフィーを手に入れることができる。

ゴッジャは、世界選手権で優勝候補の一角に食い込んだ後、2週間後にワールドカップで22回目の優勝を果たし、ダウンヒルでは17回目の優勝となった。Todyaはこの結果、スピード系種目でのワールドカップ通算勝利数で4位タイに浮上した。43勝のリンゼイ・ボンがリードしている。

コースの様子
今日の雪面は完璧で、スキーヤーは積極的に滑ることができた。その結果、美しい大回りに恵まれたコースで、選手たちは素晴らしい滑りを見せてくれた。しかし、最初の15人までのタイム差が大きい(+2.30)。

気温は上がったが、霧が立ちこめる。残念ながら、スタートを30分遅らせた後、第2走者がフェンスに衝突し、さらに遅れることになった。ダウンヒルは、下部の視界不良と日差しの下で柔らかい雪面が重なり、レースが危険と判断されたため、土曜日から変更された。それでも、大勢の観客が歌や仲間意識で楽しんでくれた。何日も遅れたが、観客の忍耐は報われ、素晴らしいスポーツイベントを楽しむことができた。

北アメリカ
ミカエラ・シフリンは、ワールドカップ総合ランキングで700点以上のリードを保ちながら、世界選手権を終えて休養に入ったため、スタートしなかった。この27歳のアメリカ人は、シーズン中の総合チャンピオンとして5個目の巨大クリスタルグローブを獲得する勢いである。

注目すべきは、今日の北米トップはブリージー・ジョンソンだったことだ。11位(+0.87)でフィニッシュしたジョンソンは、カムバックした今シーズン、ますます成功を収めつつある。ジョンソンは彼女のトレードマークである攻撃性とパワーで滑走した。チームメイトのイザベラ・ライトも激しくプッシュし、速い滑りを見せていたが、コースの底付近で突然限界を超え、転倒してしまった。幸いなことに、彼女はフィニッシュ地点まで滑り、観客に挨拶することができた。ライトは、チャンピオンに見られるようなアグレッシブさを示し続けている。

「15位以内に入れたことは本当にうれしいし、まだ前進していると感じている。タフなスポーツだし、タフなゲームだ」とジョンソンは語った。"今日のコンディションは序盤から走りやすいものではなかったが、誰にとっても本当に簡単なものではなかったと思う。"

独立系アメリカ人のトリシア・マンガン(+2.20)は、今シーズン2度目のワールドカップでの得点を達成した。彼女はワールドカップの前にクランモンタナで開催されたヨーロッパカップに参加し、その経験を生かした。彼女は自信を持って滑走し、30位で報われた。

選手は一度だけ最初のポイントを獲得する
しかし、マンガンのチームメイトで独立系カナダ人のステファニー・フレッケンシュタインは、この日の北米の話題をさらった。彼女はクラン・モンタナ・ヨーロッパ・カップにも出場し、そこそこの成功を収めたが、ワールドカップで23位に入るだけの情報と自信を手に入れた。フレッケンシュタインはコース上では最後尾だったが、素晴らしい戦術とクリーンなスキーで滑降し、キャリア初のワールドカップ・ポイントを獲得した。

フレッケンシュタインは初めてのポイント獲得について、「この瞬間を長い間考えてきたし、実際に目の当たりにして、今までで一番シュールな感覚だった。純粋な喜びと安堵感でした。そして、その場にトリシアがいたことで、「これ(独立チーム)が機能しているんだ、私たちにもできるんだ」という事実に目が覚めました。興奮と喜び、そして安堵感でいっぱいでした」。

フレッケンシュタインは、「今シーズンは、走りをまとめ、すべてを正しい方向に持っていくことに苦労していました。ヨーロッパカップでは、4日間で大きな進歩を遂げ、その後、坂道でも快適に滑れるようになり、チャンスが見えてきて、それをつかみたかった。先週からずっとここにいたから、この丘のことはよく分かっていたしね。

カナダのベテラン、マリー=ミッシェル・ギャニオンは、理由不明のままスタートしなかった。

Screen-Shot-2023-02-26-at-5.33.08-AM-1-1024x864





クラン・モンタナの嵐で、スーパーゴッジアが復活! ソフィアの5度目の正直とブリニョーネとのダブル受賞

モンラショーのダウンヒルはベルガモ・ガールのもの(ここで4回目)、フェデは100分の15秒差で2位につけた。ピロヴァーノは素晴らしいレースで、ゴッジャの直接のライバルであるスチュエックに追いついた。

スーパー・ゴッジャは、世界選手権での失意と金曜日の練習滑走での転倒を乗り越え、戻ってきた。

コルチナから1ヶ月以上、イタリアのスターは再び勝利を手にした。今シーズン5個目のパールを手にしたのだ。今日のクラン・モンタナでは、2日前とは天候から雪質まですべてが違っていた。レースは霧のために37分遅れ、そしてついに昨日から待ち望まれていたスタートが切られ、ソフィアは自分のレベルに戻り、答えを保証し選手に素晴らしいスピードを与える路面に立った。

ベルガモ出身のソフィアは最終区間まで「マネージメント」し、最終壁の長いカーブで完璧な走りを見せ、ラグンヒル・マヴィンケルにコンマ6秒以上の差をつけ、43秒差で4位となった。一方ゴッジアはCdMでの22勝目を挙げ、再び最大周回のレースでイタリアの単独勝者となり、フェデリカ・ブリニョーネの「+1」(ソフィアはダウンヒル17勝)をマークし... 2位を獲得した。

ヴァッレ・ダオスタの女性ライダーは、ダウンヒル初制覇まであと一歩のところで、ゴッジャに100分の15秒差をつけ、史上最も成功した2人の女性ライダーとダブル入賞を果たしました。

この日は、ローラ・ゴーシュがCdMで初の表彰台を獲得し、モヴィンケルにわずか100分の2秒差で3位となった(ゴッジアから+0"41)。スイスのヨアナ・ヘーレンとプリスカ・ヌファーは5位と6位で、7位に入ったラウラ・ピロヴァーノに数百分の一の差をつけている。2年前(4位)のように、トレンティーノ出身の彼女がここで好成績を残せることは、まったく異なるコンディションとはいえ、練習走行ですでに明らかだった。「ロッリ」は、金曜日よりもはるかに重要になったある区間で、スピードの参考にもならないまま、ナンバー2からスタートしたことを考えると、とてもよかったと言えるだろう。

CdMダウンヒルでゴッジャの主なライバルであるイルカ・ストゥヘックは上位から大きく順位を落とし、+0"73で9位、ミッシェル・ギザンには100分の1差をつけられた。この結果、71ポイントを失い、残り2戦で179ポイントの差をつけてスロベニアのチャンピオンとなった。

グート・ベーラミとヴァイドルも13位と14位で満足することはできず、副世界チャンピオンのニーナ・オルトリーブが27位、1年前にここで負傷したコニー・ヒュッターがポイント圏外になるなど、ヴンダーチームは深刻な状況に陥っている。

またコリンヌ・スーターも20位と振るわず、ダウンヒルに復帰したペトラ・ヴルホヴァが22位となった。 イタリアではマルタ・バッシーノもポイントを獲得した。 妹のニコルは33位、ロベルタ・メレシは39位、カロリン・ピヒラーは「ダンシング」十字架でベストの状態ではなかったため、このシーンから姿を消したのである。

現在、クヴィットフェルではダブルスーパーG(クルトーニとブリニョーネが優勝カップを争う)と来週の土曜日のダウンヒルでソフィア・ゴッジャが優勝する可能性がある。IV.

全成績はこちら

クランモンタナ(USA)の女子ダウンヒル
1位 ソフィア・ゴッジア 1'26"81
2位 フェデリカ・ブリニオーネ + 0"15
3位 ラウラ・ゴーシュ + 0"41
4位 ラグンヒルデ・モーヴィンケル + 0"43
5位 ヨアナ・ヘーレン+0"62
6位 プリスカ・ヌファー + 0"65
7位 ラウラ・ピロヴァーノ選手 + 0"70
8位 ミッシェル・ギザン + 0"72
9位 イルカ・シュトゥーヘック + 0"73
10位 ミルヤム・プフナー選手+0"78
16位 マルタ・バッシーノ + 1"19
21位 エレナ・クルトーニ + 1"63
24位 ナディア・デラゴ+1"72
33位 ニコル・デラゴ+2"52
39位 ロベルタ・メレシ選手 + 3"08
DNF カロリーヌ・ピヒラー






ヴァレー州でのイタリア人ダブル勝利 🇮🇹
⛷️ この冬7回目のダウンヒルが行われたクランモンタナでソフィア・ゴッジアが5度目の優勝を飾った。 2位にはチームメイトのフェデリカ・ブリニョーネが入り、ビブナンバー21で表彰台に上がった。3位のラウラ・ゴーチェは26番でスタートした。
🇨🇭 ランゲはスイスの表彰台のようだ。プリスカ・ヌファーは、ヨアナ・ヘーレンに押し出されるまで3位につけていた。その後、表彰台の望みを打ち砕いたのはブリニョーネだった。ミッシェル・ギザンも8位でトップ10に入りました。

AJ・ギニス、幻の結果…



百聞は一見にしかず !?😐
AJ・ギニスはパリセーズ・タホで信じられないようなパフォーマンスで再び私たちを驚かせ、レースを1位で終えますが、45分の議論の後、ジュリーメンバーは彼を失格としました。
猛吹雪の中、AJはまるで糸を引いたように見えたが、テレビの映像はそれを明確に証明することはできなかったが、強くそう思わせるものだった。
元気を出して、ワールドカップ初優勝も時間の問題です! 💪🏼



レース終了後、AJ・ギニスはパリセーズ・タホ(アメリカ)でワールドカップ初優勝の望みを託された。しかし、結局、スラローム準優勝者は大雪の中でのスレッディングにより失格となった。ギリシャ人はこのトリッキーな状況についてこうコメントした。

W杯男子スラローム パリセーズ・タホ



寝る前に表彰台を狙える!
クレマン・ノエル、パリセーズ・タホのスラロームでアルバート・ポポフとジョイント3位 💪🏻💪🏻




パリセーズ・タホで開催されたワールドカップレースでスラロームがスリリングな展開を見せた。長い間待ち続けた結果、優勝候補のAJ・ギニスが厚い雪の中でのスジ引きにより失格となったのだ。アレキサンダー・スティーン・オルセンがチームメイトのティモン・ホーガンを抑えて優勝、ブルガリア人のポポフとフランス人のノエルが3位を分け合いました。スイス人選手ではラモン・ゼンホイセルンが6位に入賞した。
他のスイス人選手は、1本目の好スタートを生かしきれませんでした。 ロイック・メイヤール(1本目終了後も6位)は21位、ダニエル・ユール(1本目2位)は24位であった。




アレクサンダー・スティーン・オルセンのプレミア勝利 🇳🇴
パリセイド・タホで開催されたワールドカップで、ノルウェー人のアレクサンダー・スティーン・オルセンが初優勝を飾った。25分後、優勝候補のAJ・ギニスがスレッダーのために失格となったからだ。ギニスにとってもプレミアな勝利だったはずだ。
つまり、スティーン・オルセンだけでなく、同胞のティモン・ホーガン(2位)、3位のアルベルト・ポポフ(表彰台独占!)、クレマン・ノエルも得をしたことになります。
ラモン・ゼンホイザーンは6位でスイス人としては最高位だった。2本目では3つ順位を上げている。ダニエル・ユール(1本目2位)とロイック・メイヤール(6位)は2本目に進めず、24位と21位。 特にユールにとっては、小さなクリスタルグローブをめぐる戦いで後退することになったのです。




2本目も雪が降り続く中、楽な展開にはなりませんでしたが、クリストファー・ヤコブセン選手はスタート番号を生かして13位まで順位を上げ、14位でフィニッシュしました!2本目も雪が降り続く中、楽な展開にはなりませんでしたが、スタート番号を生かして13位まで順位を上げ、14位でフィニッシュしました。クリストファーは2本目のタイムが2番目に速い!?👏🏼
優勝はノルウェーの若きアレキサンダー・スティーン・オルセン、チームメイトのティモン・ハウガン、そして3位タイにはアルバート・ポポフ&クレメント・ノエルが入りました!
1.アレクサンダー・スティーン・オルセン選手 1.47.47 🇳🇴
2.ティモン・ハウガン選手 +0.05 🇳🇴
3. Albert Popov 🇧🇬 Clement Noelと一緒に+0.24 🇫🇷
-
14.クリストファー・ヤコブセン +0.80 🇸🇪




なんてレースなんだ😱。
2️⃣🔝2️⃣ 0️⃣今日は@palisadestahoeで@fisalpine男子スラローム🔥フィニッシュ
billymajor_さん18位、2本目3位、dave_rydingさん16位おめでとうございます👏‼️




パリセーズ・タホのワールドカップ・スラローム・レースで、4人のクロアチア人のうち3人がポイントを獲得した👏🇭🇷
サミュエル・コレガは11位でレースを終え(今季2位)、ソルデウ(アンド)で開催されるワールドカップ・ファイナルへの出場権を獲得した。💪
フィリップ・ズブチッチは20位でフィニッシュ
イストク・ロデシュは1本目で14位と素晴らしい滑りを見せた後、22位でフィニッシュ。
マテイ・ビドビッチは1本目34位、2本目DNQ。



やったぁぁぁ アレクサンダー・スティーン・オルセンのWIN!!!😭😭😭



21歳でワールドカップ初優勝を飾りました!!!
ティモン・ハウガンが2位!!🤩 WOW!!!!
なんてドラマなんだ!!!! サンダー、ティモンおめでとう!🏆。
ヘンリック・クリストファーセンがNo.5に!
ルーカス・ブラッテンが7位に!
セバスチャン・フォス Solevag 19に!!!
ノエルとポポフにおめでとう🥉



なんてクレイジーなレースなんだ! アメリカでのワールドカップ初優勝を祝うアレキサンダー・スティーン・オルセン選手。しかし、ゴールではギリシャのAJ・ギニスが最初に歓声を上げたが、その後、スレッディングによる審査員の判断で準優勝は失格になった。

パリセーズ・タホのイエロー:ジニスが失格、スティーン・オルセンが初勝利



カリフォルニアのスラロームでは、21歳のノルウェー人が12位から1位になり、ギリシャ人が必死でまたいで(100分の1差で勝っていたはず!)ティモン・ハウガンとアルバート・ポポフが表彰台に上がり、ブルガリアがノエルとのエクセレントな3位となり、すべてが実現したのだ。ブラッセンは決勝まで赤いビブスをつけたままだった。トミー・サラがトップ10に入ったが、決勝でミスを犯し、素晴らしい成績を収められなかった。

イエローフィニッシュ、パリセーズ・タホの吹雪の中、オンと... の外。

実のところ、このような特殊な状況にもかかわらず、パルテールの選手やテクニカルスタッフの雰囲気は、できる限り平静であるように思われた。シーズン最後のスラロームで何が起こったのか、本当に信じられないが、最終的な判断は、アレクサンダー・スティーン・オルセンと名乗るノルウェー出身の若い選手のキャリア初の勝利と、AJ・ギニスによるワールドカップでのギリシャの成功というおとぎ話が少なくとも先送りされたということであろう。

自分で画像を見たいというマーカス・ワルドナー氏(ただし、後ろからの1ショットのみ、控えめに言っても2023年には不合理だが...)が待つこと25分、ギニスがステーン・オルセンに100分の1秒差をつけてゴールし、その後ろにホーガン、ストラッサー、ユール、ノエルが続いたため、現役の銀メダリストはまたがったために失格になったと裁定されたのだった。

しかし、そのタイミングとやり方は、恥ずべきものであり、FISに一考を促すべきものだった。

いずれにせよ、2001年に2度のジュニア世界チャンピオンに輝いたノルウェーのワンツーが、一気にCdM初の表彰台を獲得し、1本目の12位から挽回し、レースをリードしていたクレマン・ノエルからわずか100分の65秒差ですぐにトップに立ったのである。

同胞のティモン・ホーガンに100分の5秒差で敗れた。スキー・ファン・デアで2度目の表彰台(世界選手権の銅メダルに続く)、3年前のシャモニーで一般に知られるようになったときと同じ栄誉に浴したのである。ギリシャの物語ではなく、ペタル・ポパンゲロフから43年ぶりにブルガリアの物語を蘇らせたアルベルト・ポポフが25位からキャリア初の表彰台へと登り、クレマン・ノエルが1本目のベストタイムからステーン・オルセンにコンマ9秒差をつけましたが、世界選手権後の失望の中で良い結果を残すことができました。

ランキングは非常に短く、サプライズに満ちたもので、イタリアに大きな悔いを残すクレイジーなレースとなった。ヘンリック・クリストファーセンは、優勝したチームメイトからわずか500分の35秒差で5位となり、新生ワールドチャンピオンにとってCdMのすべてのゲームを切り開く無駄なチャンスとなった。HK94は7位のルーカス・ブラッセンとの差を32ポイントに縮めたが(彼は1本目マイナスで20位)、レース中盤の2位から総合24位まで後退したダニエル・ユールのブラックデイを打開するチャンスは本当にあったのだ。ソルデウの決勝スラロームでは、理論上ラモン・ゼンハエウサルンが「カップ」を手にすることになるが、今日は決勝で重大なミスを犯し、赤いビブスを身につけたブラッセンから99馬身遅れて6位となったのである。

ファビオ・グストラインの100分の2後、トンマーゾ・サラは9位でフィニッシュし、手放しで喜んだ。ブリアンツァのレーサーの走りは最後の中間まで完璧だったが、彼はまだスタート時と同じマージンをステーン・オルセンに持っていたのである。だけではない。

ステファノ・グロスは26位(ただしファッサの選手は決勝に進出)、アレックス・ヴィナツァーは引きすぎでストップし、3点にとどまり、銅メダルで取り戻した世界トップ15入りをまた逃すことになったのだ。

男子ワールドカップは、3月3日から5日までアスペンで開催されるアメリカの雪を使ったスピードトリプティックで再開される予定である。

大会の全結果を見るにはここをクリック

スラロームマッシェル - パリセーズ・タホ
1位 アレクサンダー・スティーン・オルセン 1'47"47
2位 ティモン・ハウガン + 0"05
3位 アルバート・ポポフ + 0"24
3位 クレマン・ノエル + 0"24
5位 ヘンリック・クリストファーセン + 0"34
6位 ラモン・ゼンハエウサーン + 0"45
7位 ルーカス・ブラセン + 0"49
8位 ファビオ・グストレイン + 0"52
9位 トマソ・サーラ + 0"54
10位 リヌス・シュトラッサー + 0"56
26位 ステファノ・グロス + 1"89
28位 アレックス・ヴィナツァー + 2"89
DNQ トビアス・カストルンゲル
DNQ シモン・マウアベルガー
DNF1 フィリッポ・デッラ・ヴィーテ

アレクサンダー・スティーン・オルセン、パリセーズ・タホでのスキーワールドカップ・スラローム初優勝を祝う



パリセーズ・タホのスラロームレースでは、レース後、この日の正式な勝者が誰なのかが不明となった。タイミングボードではギリシャのAJ・ギニスが最速だったが、失格となる「スレッダー」を犯したのではないかという疑惑が浮上したのだ。この場合、ギニスが実際にスレッディング違反を犯したかどうか、テレビ映像では明確な証拠が得られない。レース終了後、レースディレクターのマルクス・ワルドナー氏とFISの役員は、この状況を分析するのに多くの時間を要した。ステーン・オルセンを優勝とし、ギニスを失格としランキングから外したのだ。

つまり、パリセイド・タホではノルウェー勢が2冠を達成したのである。優勝はアレキサンダー・スティーン・オルセン、タイムは1分47秒47で、チームメイトのティモ・ハウゲン(+0.05)を上回った。3位はブルガリアのアルバート・ポポフ(+0.25)とフランスのクレメント・ノエル(+0.25)が分け合いました。

パリセーズ・タホのスラロームレース第2戦は、ボーダーラインの天候に影響された。ノルウェーのスラローム世界チャンピオン、ヘンリック・クリストファーセン(+0.35)は、スイスのラモン・ゼンホイセルン(6位-+0.46)とノルウェーのルーカス・ブラッヘン(7位-+0.49)を抑え5位でこの日の仕事を終えました。オーストリア勢ではファビオ・グストライン(+0.52)が8位、イタリアのトマソ・サラ(9位)、ドイツのリヌス・シュトラッサー(10位)らが上位に入りました。

8位に終わったファビオ・グストラインを除けば、オーストリアのスキーヤーは判定に介入することができなかった。マニュエル・フェラーは最終滑走で8位から13位に順位を落とした。マルコ・シュヴァルツは15位、ヨハネス・シュトロルツは17位、ミヒャエル・マットは24位でフィニッシュした。エイドリアン・ペルトルは2本目で脱落。

スイスのダニエル・ユールとロイック・メイヤードは、1本目から好位置につけていたものの、チャンスを生かしきれず、最終的には24位と21位に終わった。

アンドラでのワールドカップ決勝を前にした最後の男子スラロームであった。ソルデウでは小回りのクリスタルグローブの授与が決定される予定だ。今日のパリセーズ・タホのレースを終えて、ルーカス・ブラセンはノルウェーのチームメイト、ヘンリック・クリストファーセンに32ポイントの差をつけている。ダニエル・ユールはすでに65点のワールドカップポイント差をつけられている。

W杯男子スラローム パリセーズ・タホ

スティーン・オルセン、パリセーズ・タホでワールドカップ初優勝

今日、4人の選手が表彰台に上がりましたが、そのうち2人はノルウェー人でした。



パリセーズ・タホのスラロームの表彰台にノルウェー人が2人いたことは誰も驚かないはずだ。しかし、優勝者が昨年のジュニア世界チャンピオンである21歳のアレクサンダー・スティーン・オルセンであるという事実は、少なからぬ驚きを与えてくれるかもしれない。

Steen Olsenは、2位に入ったチームメイトの26歳Timon Haugan(+0.05)、そして初表彰台となる3位のAlbert Popov(ブルガリア)は、フランスのClement Noelと同点で表彰台を獲得しました。

ステーン・オルセンはワールドカップ初表彰台を獲得し、トップステップとなった。彼は1年前にジュニアワールドのスラロームとGSで優勝し、今日はワールドカップのスラロームで優勝したのだ。ルーカス・ブラッセンとアトレ・リエ・マクグラスへの警告だ。今のうちにグローブを獲得しておけ。ノルウェーには、2000年から2001年にかけて生まれた3人の選手がおり、彼らの間でワールドカップスラロームを6勝している。

アメリカ、カリフォルニア州、2月23日、PALISADES TAHOE -Albert Popov (BUL). 写真 ゲパの写真
予想通り、ブルガリアのコーチは2本目をより複雑なものにし、さらなるスラローム技術を要求した。注目すべきは、彼の選手であるアルバート・ポポフが、最速の2本目でそれに応えたことだ。ポポフ選手は、1本目の25位から22ランクアップし、3位タイでフィニッシュした。コーチが特定の選手のためにコースを設定し、それがうまくいくことはあまりないが、今日はそれが完璧に機能した。

2022-23シーズンのスラロームスキー最高位11人をざっと見てみると、そのうちの5人がオーストリアではない同じ国の選手であることに気づくかもしれない。

230226001


Screen-Shot-2023-02-26-at-3.31.27-PM-1024x867





パリセーズ・タホのスラロームの表彰台にノルウェー人が2人いたことは、誰も驚かないだろう。しかし、優勝者が昨年のジュニア世界チャンピオン、21歳のアレクサンダー・スティーン・オルソンであるという事実は、少なからぬ人の注意を引くかもしれない。
男子技術系最強の若手スキーヤーがどの国からやってくるか、疑いはないのだろうか。
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan