クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2023年01月

第59回野沢温泉少年スキー大会

30日 男子GS

30日 女子GSはキャンセル(1本目結果

31日 女子SL

31日 男子SL

VAN DEER、”継続的な準備とさらなる発展を”

2023年世界選手権:クーシュベル・メリベル大会のフランス代表選手選考について



公式に発表されました。2月6日から19日にかけてクールシュベル・メリベルで開催される世界選手権に出場するフランス人選手のリストが、FFSによって発表されました。負傷者は別として、トップ選手はメダルを目指し、若手選手は経験を積むために参加する。

2月6日から19日までクーシュベル・メリベルで開催されるアルペン世界選手権に参加するフランス人スキーヤーが決定しました。フランススキー連盟は、シャモニーのスラローム終了後の土曜日に完成するのを待ちながら、1月30日(月)に参加者リストを公式に作成したところである。フランスは24名の選手をエントリーすることができます。1種目につき4名の選手がエントリー可能ですが、ジャイアントとパラレルではタイトルホルダーのマチュー・フェーヴル選手が追加枠を獲得しています。

男子では、アレクシス・パントュロー選手はもちろんメダル獲得を目指して参加し、野心的なスピードグループのリーダーであるヨハン・クラリー選手も同行します。

男子
アレグル・ニルス - セーレ・シュバリエ・スキー・クラブ
CLAREY Johan - CLUB DES SPORTS DE TIGNES(クラブ・デ・スポーツ・ドゥ・ティーニュ
FAIVRE Mathieu - クラブ・デ・スポーツ・イソラ2000
GIEZENDANNER Blaise - CLUB DES SPORTS CHAMONIX(シャモニースポーツクラブ
NOEL Clement - CLUB DES SPORTS VAL D'ISERE(クラブ・デ・スポーツ・ヴァル・ディセール
PINTURAULT Alexis - - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クールシュベル
SARRAZIN Cyprien - CS ALPES-PROVENCE - Ski CLUB DEVOLUY
THEAUX Adrien - CLUB OMNISPORTS VAL THORENS (クラブ・オムニスポーツ・ヴァル・トーランス)
サブスティテュート: MUZATON Maxence - CLUB DES SPORTS LA PLAGNE(クラブ・デ・スポーツ・ラ・プラーニュ

選考は、ワールドカップの最終戦、2月4日にシャモニーで行われるスラローム終了後に行われる。

女子では、テッサ・ウォーリーにメダルを期待する声が集まっています。ロマーヌ・ミラドリもまた、ドリアーヌ・エスカネ、マリー・ラムレ、キアラ・ポグノー、アヌーク・エラール、カレン・スマジャ・クレマンにとって、世界選手権が決戦の場となることを意味しています。

女子
DIREZ Clara - CLUB DES SPORTS DES SAISIES(クラブ・デ・スポーツ・デ・サイジー
ESCANE Doriane - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クルシュベル
ERRARD Anouck - S.C. LES CONTAMINES MONTJOIE
FRASSE- SOMBET Coralie - CS DAUPHINE - CHAMROUSSE SKI CLUB
GAUCHE Laura - CLUB DES SPORTS DE TIGNES(ティニュスポーツクラブ
LAMURE Marie - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クールシュベル
MIRADOLI Romane - INTER-CLUB MAGLAND DESERT-BLANC
NOENS Nastasia - INTER CLUB DE NICE(インタークラブ ドゥ ニース
POGNEAUX Chiara - CLUB DE SKI DE SERRE CHEVALIER(スキークラブ・ドゥ・セール・シュヴァリエ
SMADJA CLEMENT カレン - 1- INTER CLUB NICE
WORLEY Tessa - Ski Club GRAND BORNAND

【2023年クーシュベル・メリベル世界選手権のプログラム】
2月6日(月)女子コンバインド 11時、14時30分
2月7日(火)男子コンバインド 11時、14時30分
2月8日(水)女子スーパーG 11時30分
2月9日(木)男子スーパーG 11時30分
2月11日(土)女子ダウンヒル 11時
2月12日(日)男子ダウンヒル 11時
2月14日(火)チームパラレル 12時15分
2月15日(水)個人パラレル、男子、女子 12時
2月16日(木)女子ジャイアントスラローム 午前10時、午後1時30分
2月17日(金)男子ジャイアントスラローム 午前10時、午後1時30分
2月18日(土)女子スラローム 午前10時、午後1時30分
2月19日(日)男子スラローム 午前10時、午後1時30分

シャモニーのスラローム:アレクシス・パンテュローは欠場、クレマン・ノエルに期待!



シャモニーのスラロームは、今週土曜日2月4日に開催され、クールシュベール・メリベル世界選手権(2月6日〜19日)前の最後の大会となる。Clement Noelが率いる、Alexis Pinturaultを欠いたフランスのセレクションを探す。

今週のワールドカップレースはこれだけ。クーシュベル・メリベル世界選手権(2月6日〜19日)前の最後のワールドカップイベント。2月4日(土)、レ・ユーシュのグリーンコースで行われるカンダハーにスラロームレーサーが出場する。

シャモニー大会で2度優勝(2020年、2021年)したクレマン・ノエルは、シュラドミング大会での成功を受けて、フランス選手権のヘッドライナーとして出場します。フランス人は週末中、コースをテストすることができた。

パンテュロー:「カットしなければならない」
一方、自国で開催される世界選手権の前夜、アレクシス・パンテュローはレースをしないことを決めた。"まずは身を削って、世界選手権に向けてトレーニングする必要がある "と、アルペン複合の2019年世界チャンピオンを正当化する。シャモニーに行くことで、自分を分散させたくなかったんです。まだフランスで開催されるワールドカップなので、理想的とは言えません。世界選手権には、最高の状態で、最高の鮮度で到着したい。ビブスを見なかったが(彼はWCSLのトップ15に入っている、編集部注)、スラロームがメダルの可能性として最も弱いことに変わりはない。一度に何匹ものウサギを追いかけようとするのは愚かなことです。今は、世界選手権に集中することが最優先です。

シャモニーのためのフランス選手セレクション
AMIEZ Steven - クシュヴェル(サヴォア県)
LETITRE Theo - Isola 2000 (コート・ダジュール)
NOEL Clement - DOUANE Val d'Isere (サヴォア)
RASSAT Paco - Les Aillons (サヴォア)

2023年アルペンスキー世界選手権大会(クーシュベル/メリベル)のスイス・スキー・セレクションについて



スイスチーム(Swiss-Ski)は、クーシュベル/メリベル(フランス)で開催されるアルペンスキー世界選手権大会の女子および男子チームのメンバーを決定しました。2023年2月6日〜19日に開催されるタイトル大会に出場する選手が以下の通り決定しました。

2023年世界スキー選手権大会のスイススキー女子チーム。ダニオス・アリーヌ、エレンベルガー・アンドレア、フルリー・ジャスミン、ジザン・ミシェル、グート・ベーラミ・ララ、ヘーレン・ヨアナ、ホルデナー・ウェンディ、ヌファー・プリスカ、ラスト・カミル、スーター・コリンヌ。

2023年世界スキー選手権大会のスイススキー男子チーム。カヴィーゼル・ジーノ、ヒンターマン・ニールス、メイヤール・ロイク、モニー・アレクシス、ミュリシエ・ジャスティン、オダーマット・マルコ、ロジェンタン・ステファン、ルラン・ジル、タムラー・トマ。

男子では、2023年02月04日にシャモニーで開催されるスラロームの後に追加選手が選出される予定です。ワールドカップのスイス代表は、女子10名、男子14名の合計24名となり、出場枠を使い切ります。

ワールドカップの個人戦に出場する選手は、担当コーチがその場で決定する。ラインナップは、各大会前にソーシャルメディア上でお知らせします。

2023年FISアルペン世界スキー選手権大会クーシュベル・メリベル大会のOSV候補者決定



ヴィンセント・クリーチマイヤーは、フランスで世界選手権のタイトルを守りたいと考えている。

オーストリアスキー連盟理事会は、スポーツマネジメントの推薦により、クーシュベル・メリベル(FRA)で開催されるFISアルペンスキー世界選手権(2023年2月6日〜202年2月19日)に以下の24選手を推薦しました。

スキーWM2023 女子チーム:フランツィスカ・グリッチュ、リカルダ・ハーサー、カタリーナ・フーバー、コーネリア・ヒュッター、カタリーナ・リーンスベルガー、ニナ・オルトリーブ、ミルヤム・プフナー、ユリア・シャイブ、ラモーナ・シーベンホーファー、タマラ・ティップラー、カタリーナ・トラップ、ステファニー・ヴェルニエール。

スキーワールドカップ2023男子チーム:シュテファン・バビンスキー、シュテファン・ブレンシュタイナー、マヌエル・フェラー、ファビオ・グストライン、ラファエル・ハーザー、ダニエル・ヘメッツベルガー、ヴィンセント・クリーチマイヤー、アドリアン・ペルトル、ドミニク・ラシュナー、マルコ・シュワルツ、オットマー・ストリーディンガー、ヨハネス・ストローラーズ

OSVノミネートのPDFファイル



WMのラインナップ❗
このチームで、クーシュベル・メリベルへ移動します。

女子
- フランツィスカ・グリッチュ
- リカルダ・ハーサー
- カタリーナ・フーバー
- コルネリア・ヒュッター
- Katharina Liensberger
- ニナ・オルトリーブ
- ミリアム・プフナー
- ユリア・シャイブ
- ラモーナ・シーベンホーファー
- タマラ・ティップラー
- カタリナ・トロープ
- ステファニー・ヴェニエ

男子
- ステファン・バビンスキー
- シュテファン・ブレンシュタイナー
- マニュエル・フェラー
- ファビオ・グストレイン
- ラファエル・ハーサー
- ダニエル・ヘメツベルガー
- Vincent Kriechmayr
- アドリアン・ペルトル
- ドミニク・ラシュナー
- マルコ・シュワルツ
- オトマール・シュトリーディンガー
- ヨハネス・シュトロルツ

コルチナ・スーパーGでの転倒により、トレバー・フィリップの2023年世界スキー選手権出場が決定



カナダ・ナショナル・スキー・チームのトレバー・フィルプが、日曜日、イタリアのコルティナ・ダンペッツォで行われたスキーワールドカップ・スーパーGレースで転倒し、負傷した。

トレバーはスキーパトロールに連れられて、アキア号で山から降りた。 下肢を負傷したため、カナダに帰国して検査と回復を行う必要があります。 このような状況の中、彼はよくやっているが、次のフランスでの世界スキー選手権には出場できそうにない。

ミカエラ・シフリンの違いに気づくか?



2011年、スラローム初参戦から今まで...間にこんなことも 🤯🤯
5⃣2⃣ Wins
1⃣4⃣ second place
8⃣ third
2⃣ fourth
3⃣ fifth
2⃣ seventh
3⃣ eighth
2⃣ ninth
1⃣ tenth
1⃣ eleventh
1⃣ twelfth
1⃣ fifteenth
1⃣ twenty seventh
7⃣ DNF
2⃣ DNQ

マルコ・オーデルマット、複合種目のスタートに燃える



スイスのスキーレーサー、マルコ・オーダーマットは、負傷による短い休養期間を経て週末のコルティナ・ダンペッツォでスーパーG2種目を制し、見事カムバックを果たした。次のクールシュベル/メリベルでの世界スキー選手権では、滑降、スーパーG、大回転のメダル候補として注目されている。

フランスでの本番を前に、25歳のスイス人は少し休息をとっている。充電しているのだ。初戦は2月7日、コンバインドで。昨年のワールドカップ総合優勝者は、ここでも出場するかどうか検討している。スイスのスキー選手の野心を知っている人なら、彼もここで貴金属を掘り出したいと思っていることは知っている。

ニドヴァルデン州出身のスキーレーサーは、遠い2018年のジュニア世界スキー選手権で、この種目ではまだ新人の才能であったにもかかわらず、そのコンビネーション能力を強調し、多くの中から1つの金メダルを勝ち取った。しかし、それが進歩的なものになることも、そうでないものになることもあると、彼は知っている。コンビネーションとしてのスーパーGは、「通常の」スーパーGのための良いトレーニングになる。

ひとつだけ確かなことは、オーダーマットは膝の負荷について自分の体の声を聞き、正しい判断を下すということだ。




24hで連勝 🥇🥇😋
たまには休んでみるもんだなぁ⏳

2023年の男子ワールドカップ複合にOSVから出場するのは誰?



マルコ・シュワルツ、コルチナでスーパーGの速さを見せつける

クーシュベル/メリベルで開催される世界スキー選手権の前に、OSVのオールラウンダーはワールドカップスラロームが開催されるシャモニーに立ち寄らなければならない。スピードスキー選手には休憩が許されるが、技術者はまだ現場で訓練しなければならない。コンバインドのディフェンディング・チャンピオンであり、競技者でもあるマルコ・シュワルツは、移動、トレーニング、レースとタイトなプログラムをこなしている。世界選手権での最初のメダル決定は、火曜日(2023.02.07)に、彼が出場しているコンバインドで行われる予定です。彼と一緒にワールドカップのコンバインドに参加するのは誰なのか、まだ不明である。

ダウンヒルとスーパーGのディフェンディング・チャンピオンであるフィンセント・クリーチマイヤーもクーシュベルで開催されるコンバインドに参加する予定だ。スーパーGとスラロームで構成されるこの大会で自分をアピールするために、まだ少しスラロームの練習をしたいと発表している。コンバインドへの参加は、2022年3月のワールドカップ決勝でダウンヒルとスーパーGで優勝しているため、彼にとって馴染みのあるコースに慣れる最初の機会となる。

コルティナで5位入賞を果たした後、クリークマイヤーはスピードの面では自分のフォームに問題がないと語った。少し休んでから、大会に備える。

オリンピック複合チャンピオンのヨハネス・シュトロルツのほか、スピードスキーヤーのラファエル・ハーサー、そしておそらくシュテファン・バビンスキーもワールドカップ複合に参加する可能性があります。HaaserはスーパーGと大回転のスティントを希望しており、Babinskyは指名を待っている状態だ。

OSV男子レーシングディレクター、マルコ・ファイファー氏は、もう一人のスピードレーサーがコンバインドに参加することを発表しました。現在のオリンピック複合チャンピオンであるシュトロルツはシードされ、シャモニーの特別スラロームで、これまで失望していた彼の自信を高める機会を得ることになったのだ。

マックス・フランツ、自信満々で前へ



オーストリアのスキーレーサー、マックス・フランツは、カッパーマウンテンでのトレーニングラン中に両足を骨折した。何度かの手術と長い車椅子生活を経て、現在は自宅でスピード競技を行うカリンシアンが、現在の状態について非常に心強い報告をくれた。それによると、彼は非常に慎重に、棒の上で支えながら、再び最初の一歩を踏み出すことができるそうです。

33歳は、驚くべき感覚を口にする。スキーへの復帰はまだ先としても、この瞬間は彼にとって大きな意味を持つ。「歩くことは、見た目が少しふらつくだけで、頭にとっては非常に大きな意味を持ちます」とフランツは強調します。太ももはほとんどない。10日後にはほとんどの筋肉がなくなっていた。

現在、彼の日課は、足を高く上げることと、ちょっとした水療法です。そんな彼を、妻のマリナは精一杯支えている。書いてあるように、まだカムバックは考えていないようです。スキーレーサーは、十字靭帯断裂の場合、リターンを見積もることができると認めている。両足骨折の場合は、状況が異なります。体調を整え、普通の状態に戻したいと思っている。治療の成功も手伝って、OSVのアスリートは前向きな姿勢と自信を失うことなく過ごしています。

ペトラ・ヴルホヴァは、スピンドラフ・ムリンでの週末をどれだけ早く受け入れることができるだろうか?



スロバキアのスラロームスペシャリスト、ペトラ・ヴルホヴァはシュピンドルミューレで厳しい週末を送った。土曜日の第1回スラロームでは3位以内に入らなかったが、日曜日の第2回出場ではクラス分けのトップ10にすら入らなかった。これほどまでに悪い結果を出したのは、2016年春のスイス・サンモリッツ大会で18位にとどまったときだ。手がかりを探すために、ちょっと行ってみよう。

ヴルホヴァは、レースを肯定的にとらえようとはしない。昨日も今日も、経験豊富な28歳は多くのミスを犯している。どちらのレースでも、彼女は2本とも吹っ飛んでしまったと、本人の弁。しかも、ファンが素晴らしい雰囲気を提供してくれて、大挙してチェコに駆けつけてくれたにもかかわらず、彼女は体調を崩してしまったのだ。これから2日間、自宅で休養し、充電するとのこと。

アスリートは、悪い結果を消化し、それを過去のものとする強さがあるのです。彼女は来る世界スキー選手権に集中しており、フランスでの成功を望んでいる。また、彼女は怒っており、Spindleruv Mlynでのこれらのパフォーマンスはしばらくは苦痛であることを強調した。だから、ぐっすり眠れるようにと願っている。明日は新しい日だ。精神的な休息を取った後、彼女は再び鉄のトレーニングを行うのだという。

日曜日の第2ラウンドのサプライズは、このスロバキア人だけではありません。ハーフタイムに1位でリードしていた同い年のライバル、ミカエラ・シフリンは、最後にドイツのレナ・デュールの後ろに振り落とされた。ワールドカップのレースで85回優勝している人は、悲しくなかった。ゲートレースでは7回目の種目別優勝を果たした。北京オリンピックの覇者ペトラ・ヴルホヴァも、ワールドカップで86回目の優勝を飾るアメリカのアメリカ人のことを心配してはいない。

シフリンは2位に終わったが、ワールドカップスラローム7度目のタイトルを獲得した



シフリンがインゲマル・ステンマルクの持つワールドカップ通算86勝の記録を更新する次のチャンスは、3月の世界選手権後にやってくる。

ミカエラ・シフリンのYouTubeシリーズ「Moving Right Along」の最新エピソードで、彼女は歴史の意味を問いかけている。それは過去なのか?現在なのか?それとも未来?

ワールドカップスラローム第2戦シュピンドラフ・ムリン大会の後、シフリンの質問の答えは「上記のすべて」である。今日のレースでは2位に終わったので、86勝目(インゲマル・ステンムルクのワールドカップ通算勝利記録)を目指すのは、世界選手権が終わってからになるだろう。

関連記事 ミカエラ・シフリン、85勝を達成

シフリンは、1970年代と80年代に活躍したステンマルクの記録に並ぶこと、そしてそれを超えることにプレッシャーを感じてはいない。

シフリンは今日の2位フィニッシュの後、「86勝目を目指して戦うというのは本当に特別なことだ」と語った。「そして、今日の2本目のように、すべてのリスクを背負って、トップレベルのスキーをしなければ、レースで勝つことはできないことを考えると、さらに素晴らしいことだ。だから、そのためには最高のレベルで、完全に完璧でなければならないし、この位置にいることはさらに特別なことなんだ。

優勝とはならなかったが、今日のフィニッシュでシフリンのワールドカップ・スラロームのポイント合計は785となり、彼女にとって7個目のスラローム・クリスタルグローブを獲得するのに十分な数字となった。(今シーズンのスラロームレースが残っているため、現在スラロームランキング2位タイのウェンディ・ホルデナーとペトラ・ヴルホワがシフリンのポイントを上回ることは不可能である)。

シフリンが最後にスラロームのタイトルを獲得したのは2019年のこと。より多くの種目別タイトルを獲得しているのはリンゼイ・ボンとステンマルクだけだ。ステンマルクはスラロームと大回転のクリスタルグローブを8個、ボンは滑降で8個持っています。

シフリンは「スラロームで優勝争いができるように、また高いレベルを目指して頑張ってきた」と語った。「でも今シーズンは本当に特別なもので、すでに地球儀を手に入れることができて本当に嬉しい。

シフリンの134回目の表彰台は、他の選手の歴史的な活躍で幕を閉じた。ワールドカップデビューから15年後、ドイツのレナ・デュアーが初優勝を飾った。この31歳は、過去1ヵ月間に3度、シフリンに次ぐスラロームの表彰台に上がっていた。そして今日、189回目のワールドカップ出場で、デュアーは初勝利を挙げた。

ドイツ人女性がワールドカップのスラロームで優勝するのは11年ぶりである。スキーのアイコン的存在であるマリア・ホッフル・リーシュが最後に勝ったのは2012年11月のレースで、このときデュアーは2本目の滑走資格を得ることができなかった。

「しばらく時間がかかった」とデュアーは言う。「危険を冒そうとしたんだ。平地でのちょっとしたミスから、『よし、思い切ってやろう』と思ったんだ。今日こそはと思ったんだ」。

デュアーとシフリンの後方では、クロアチアのズリンカ・リュティッチがワールドカップ初表彰台を獲得した。クロアチアの新星であるこの19歳は、今月初旬のフラチャウのスラロームで惜しくも2本目をリタイアしている。今回、シュピンドラードフ・ムリンでリュティッチは2本目を成功させた。

しかし、すべての視線は、ほとんどありえないほど別次元の滑りをするシフリンに注がれていた。今シーズン12勝目を挙げられなかったことに失望しているかと聞かれたシフリンは、「いいえ」と答えた。勝利がなくても、"信じられない日 "だった。

関連記事 ミカエラ・シフリン、自身の記録を更新中

本当に、信じられないような月だった。ちょうど1ヶ月前、オーストリアのゼメリングで、シフリンは今シーズンのワールドカップ11勝のうち7勝を含む連勝を開始した。

「本当に、本当にたくさんの素晴らしいレースがあったわ」と彼女は言った。と彼女は言った。「すべてのレースに勝てるとは思っていない。というのも、今年はすでに11勝を挙げていたからです。だから今日は、昨日の勝利の後、そして今日の1本目はとても気持ちよかった。2本目は、優勝するために十分なリスクを冒せなかったかもしれないが、それでもまた表彰台に上り、スラロームの世界選手権を獲得できたことは、僕にとって素晴らしいことだ」。

「レナはレースで勝つに値する」とシフリンは付け加えた。ここ数年の彼女の滑りは信じられないほどだ。表彰台に上った他の2人の女性のためにも、自分のためにも、本当にうれしいよ」。

「86勝目ではないけれど、まあいいか」と彼女は笑って締めくくった。

シュピンドラールー・ムリン・ワールドカップは、フランスのクーシュベル・メリベルで開催される2023年FISアルペンスキー世界選手権の前哨戦として行われたものである。女子複合は2月6日に開幕する。シフリンは、複合の世界チャンピオンとして君臨している。過去5回の世界選手権(2013年に開催された別の世界選手権まで遡る)で、シフリンは8位以下になったことがなく、13レースで11個のメダルを獲得し、そのうち6個が金メダルとなっている。

昨冬の2022年オリンピックでの出来事から、6度目の世界選手権に向けてプレッシャーを感じているかと聞かれたシフリンは、またしても「いいえ」と答えた。

「昨年学んだことは、このような大きな大会では、素晴らしい結果になることもあれば、ひどい結果になることもあり、何があっても生き残るということです」と彼女は述べた。「だから、私はちょっと気にしない。

シフリンは3月にワールドカップの滑走を再開する予定だ。ノルウェーのクヴィットフェールでの滑降とスーパーG、スウェーデンのオーレでの回転とGS、そしてアンドラでの滑降、スーパーG、GS、回転のワールドカップ・ファイナルと、2022年から2023年にかけて開催されるワールドカップ8戦でステンマークの記録に並ぶ(そして超える)チャンスがあるのである。

シフリンはスラロームで優勝した後、GSで2度目の優勝を狙い、ワールドカップ通算5度目のタイトルをほぼ確実に手に入れるだろう。もしそうなれば、彼女はボンを抜いてアメリカ人スキーヤーの最多総合タイトルとなり、1970年代に6勝をあげたオーストリアの伝説的存在アンネマリー・モーザー・プレルの後塵を拝することになる。

しかし、繰り返すが、歴史とは何だろうか?


ゴッジャがドバイから帰国し... 世界スプリント:シフリンも水曜日からヴァルディファッサに登場



クーシュベル・メリベル世界選手権の前の1週間、多くのチャンピオンがパッソ・サン・ペレグリノとポッツァの「アロック」の間でトレーニングを積んでいる。今日から「La VolatA」の「azzurre」のスタートです。

完璧な準備、最高レベルの技術的・物流的状況、次の世界選手権に臨む選手たちは、世界選手権前のトレーニングセッションにヴァル・ディ・ファッサを選んだのです。

2月6日(月)、クーシュベル・メリベルは女子コンバインドでスタートする。今日からイタリア女子ナショナルチームの多目的グループがパッソ・サン・ペレグリノで「La VolatA」に取り組んでいる。ドバイでの1週間の体力トレーニング(と回復と休養)から戻ってきたソフィア・ゴッジア、エレナ・クルトーニ、マルタ・バッシーノ、ラウラ・ピロバーノ、ロベルタ・メレシ、そしてデラーゴ姉妹がいます。

水曜日にはスピンドラフ・ムリンから直接到着したミカエラ・シフリンもチームとともにコースに出る。CdMのリーダーは世界選手権のすべての高速レースに専念するつもりらしく(複合とスーパーGの後にダウンヒルの評価が行われるが)、パッソ・サン・ペレグリノでもトレーニングを行うほどである。

また、オーストリアのサラ・ヘクター率いるスウェーデン・ナショナルチームは、ポッツァ・ディ・ファッサのスキー・スタジアム・アロッホで、今日から2月2日まで、フィリッポ・デラ・ヴィテとアッシャ・ゼネレという、世界選手権への切符を狙うアッズーリ勢も準備中である。

マルコ・オーデルマットにとってスーパーGのクリスタルは手の届くところにある



マルコ・オーデルマットは日曜日のコルティナ・ダンペッツォの第2スーパーGでも優勝し、ワールドカップでの活躍を証明した。前日の優勝に続き、膝にダメージを受けながらも「Olimpia delle Tofane」での快進撃が続く。ほぼ完璧な滑りで、2位のドミニク・パリス(南チロル)を抑えて優勝した。3位はオーストリアのDaniel Hemetsbergerさんでした。

Justin Murisierは7位でフィニッシュし、今シーズンのスーパーGでのベストリザルトを喜んだ。スイススキーチームからは、ジノ・カヴィーゼル選手とジル・ルーラン選手が25位以内に入り、ステファン・ロジェンティン選手、ニールス・ヒンターマン選手、ロイック・メイヤール選手は完走を逃した。後者は水曜日のシュラドミングのナイトジャイアントスラロームで優勝し、コルティナに2つの「0」を残した。

スイスのスピードチーフ、レト・ニーデッガーが設定したトリッキーなコースに、多くのレーサーが悩まされた。例えば、ビブナンバー13でスタートしたAleksander Aamodt Kildeは、30秒後に脱落してしまい、その日の優勝争いに介入することはできなかった。フィニッシュを見届けられなかったのは、キルデだけではありません。前日3位のマッティア・カッセをはじめ、計21名(36%)の選手が早々にリタイアした。

この結果、オーデルマットはスーパーGの種目別ランキングでリードを広げ、2レースを残して148ポイントのキルデ(ノルウェー)を明確に上回った。

次の男子ワールドカップレースは2月4日、シャモニーで開催される。そこでは、トップレベルのスラロームスキーヤーが求められている。その1日後、世界選手権がクーシュベル/メリベルで始まり、2月7日には男子がアルペン複合で初めてメダルを争うことになる。

レナ・デュール、スラロームワールドカップ初優勝



モスクワのシティイベントで優勝してからちょうど10年、レナ・デュールは日曜日のスピンドラフ・ムリンでワールドカップのスラロームで初優勝を飾った。この種目で2位を2回、3位を5回獲得したドイツ人は、この完全な成功を手に入れたのだ。前日、スピンドラフ・ムリンの第1回転で31歳が2位、スイスのウェンディ・ホルデナーが3位に入賞した。

「レナ・デュールは、2本目の滑降がうまくいかなかったという昨年の問題を、今は確実に克服している。両日ともセンセーショナルなレースを見せた。安定感が出てきたのがわかると思います。でもそれは、スラロームチームのみんなにも言えることです。日曜日、ウェンディ・ホルデナーがリタイアしたにもかかわらず、1位、4位、6位を獲得し、さらにトップ20に数名の選手が入りました」とHEADレースディレクターのライナー・ザルツゲーバーは説明しました。

日曜日の勝利で、レナ・デュールは1本目を終えて2位につけていた。2本目のベストタイムで、総合1位を確定させた。"いつも戦って、どんどん近づいてきた。今日、こうしてうまくいったのは、信じられないことです。この数週間、自分自身と向き合い、自分自身のパフォーマンスだけを見つめ、最高のスキーを引き出すことが必要だと言ってきたのと同じようにね」 と、ゴールしたドイツ人は分析した。スウェーデンのアンナ・スウェン=ラーション選手は4位でした。フランツィスカ・グリッチはスラロームで6位となり、これまでのワールドカップで最高の成績を収めた。2本目のベストタイムで20位から総合6位まで順位を上げたオーストリア人。ノルウェーのMaria Therese Tvibergが10位、スウェーデンのSara Hectorが12位、ドイツのEmma Aicherが14位に入賞しました。


レナ・デュール:「今日は本当にうれしいです。一歩一歩積み上げてきたものが、今日という日に集約されるなんて。チームのみんな、そしていつも応援してくれるみんなに、心から感謝しています。こういうことは一人ではできないし、最初は一人でも、途中からたくさんの人に伴走してもらっています。スピンドラーのコンディションは信じられないほど良く、観客の声も大きく、この週末はとにかく楽しかった。」

ルーカス・フォイルシュタイン、早すぎるシーズン終了を余儀なくされる



ルーカス・フォアシュタインはコルティナ・ダンペッツォ(イタリア)のスーパーGで転倒し、右膝の内側靭帯断裂と骨打撲を負った。これは、インスブルック近郊のホッホルムで行われた検査の結果である。この21歳は、近日中に手術を受けなければならず、今シーズンの残りの期間、欠場することになります。

"災い転じて福となす "という言葉がありますが、これ以上何事もなくてよかったと思います。もちろん、このような形でシーズンが終わってしまったことは、非常に残念です。今は、早く体調を戻して、次の冬にまた攻めることだ」 と、土曜日のスーパーG第1戦で6位となり、ワールドカップで最高の成績を収めたフォアアールベルクのスキーヤーは語った。

19歳のクロアチア人、ズリンカ・リュティッチは3位となり、スキーワールドカップ初の表彰台に上ったことを喜んだ



2023年世界スキー選手権大会の前に。スピンドラフ・ムリンでのスラロームレース終了後、幸せの瞬間が何度も訪れる。

ワールドカップでの唯一の勝利から10年、DSVスキーレーサーのレナ・デュールは日曜日のスピンドラフ・ムリン(チェコ)のスラロームで衝撃を受け、アメリカのライバル、ミカエラ・シフリンの記録に並ぶことはフランスでのアルペン世界スキー選手権後に延期されることになった。スピンドラフ・ムリンでのスラロームは、2月6日から19日までメリベルとクールシュベルで開催される世界選手権前の女子ワールドカップ最終戦であった。

バイエルン出身の31歳は、この瞬間に向けてコーチと長い間取り組んできたと語り、感情をあらわにした。それが今、季節の目玉の直前で起こったというのは、信じられないというより、すごいことだと思います。シフリンはドイツの対戦相手の演技に敬意を表し、自分が正しく勝利したことを強調した。小さな水晶球をめぐる争いは、3連勝で極めて公平な敗者であることを示したアメリカのアメリカ人に軍配が上がり、ワールドカップの総合優勝もおそらくそうだろう。

「人生は私を変えたが、私のスキーはここ数年でより良くなったと思う」 とシフリンはスピンドラフ・ムリンでのレース後に語った。「それに、今までの人生で一番スキーが上手になったかもしれない。そして、それはとてもクールです。"

シフリンは、女子がスウェーデンのオーレで開催される大会で、インゲマル・ステンマルクの長期記録に並びたいと考えています。クロアチアのズリンカ・リュティッチも今日は3位に入り、19歳にして今シーズン初の目標を達成し、満足していました。そして今、彼女は世界スキー選手権での活躍を望んでいる。オーストリアのフランツィスカ・グリッチュは最終滑走で14位まで順位を上げ、2本目の演技に満足して6位でフィニッシュした。

フランツィスカ・グリッチュがスピンドラフ・ムリンのスラローム第2戦で6位に入り、今季最高の成績を収めた



レナ・デュール(GER)が10年ぶりの優勝を飾りました。2位はミカエラ・シフリン(アメリカ)、3位はクロアチアの若手選手、ズリンカ・リュティッチでした。Franzi Gritschは再びトップ10入りを果たした。

フランツィスカ・グリッチュは、今回もベスト・オーストリアとなった。2回目の走行でもトップ10入りを果たし、6位でフィニッシュした。「この間、ストレスもあったし、感情的になっていた時期もあった。今、私は何かを変えなければならないと思ったし、そうしてよかったと思った。1本目の走りが合わなかっただけで、もっといい走りができると思っていたし、今それを示したかったんだ" と。

カタリーナ・フーバーは1本目を13位で終え、最終的には11位となった。「今日は自分のことに集中して、昨日はすでに正しい方向に進んでいたし、今日はもうひとつ上に行くことができたので、間違いなく良かったと思う。うまく滑るためには、ちょっとした自信も必要です。自信がないと、愚かなミスを犯してしまい、大きな損失を被ることがよくありますから。ただ、自分のスキーに集中し、いくつかの技術的なことに取り組んだことが、間違いなく役に立った。

Katharina Truppeは15位、Katharina Liensbergerは26位であった。

マリー・テレス・スポールも残念ながら今日のスラローム2本目には出場しなかった。彼女はすでに1本目で敗退している。

ミッシェル・ギジン、スピンドラフ・ムリン回転で9位でスイス最高位



レナ・デュールは日曜日のスキーワールドカップ回転で、ミカエラ・シフリンの記録を更新して初優勝を飾った。デュールはスピンドラフ・ムリン(チェコ)で、シフリンに100分の6秒差で勝利した。彼女はもう1勝して86勝目を祝うことができ、その結果インゲマル・ステンマルクの記録を更新することができたのだ。早ければ2023年にフランスで開催される世界スキー選手権大会以降に可能となりました。

DSVとデュールにとっては、10年以上前のマリア・ヘフル・リーシュ以来となるドイツのスラロームでの勝利である。クロアチアのジュニアスキーヤー、ズリンカ・リュティッチも3位でスキーワールドカップの表彰台に初めて上がり、特別な瞬間を演出した。シフリンは記録を逃したが、2位に入ったことでこの冬最後の回転を前にすでに7回目の種目別ランキング優勝を果たした。

スイスの最高位はミッシェル・ギザン(9位)で、この成績でこの冬最高のスラローム成績を収め、ワールドカップ選考の基準を満たした。シーズン2勝のウェンディ・ホールデナーは、スキーのミスで最終滑走の予選を逃した。

カミーユ・ラスト、メラニー・メイヤード、エレナ・ストフェルはそれぞれ23位、24位、25位となった。
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan