クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年12月

スイスチーム、2022年ワールドカップ最後の開催地をおさらい!

ボルミオ後のランキング、2023年はガルミッシュとザグレブのスラロームで幕を開ける



アルペンスキーワールドカップは、ボルミオの「ステルヴィオ」での高速レースで1年を締めくくり、同じ日、女子はゼメリングで競い、ソールデンでキャンセルされた大回転も復活した:5レースでネヴィタリア・ポディウムゲームの新しいランキングを決定した。

6pt以内が5人、10丈以内が22人と、ランキングはさらに短くなっています。すべてが明らかにオープンであり、すべての予測が重要である。今後の大会の予想もすでに始まっています。

2023年はスラロームで幕を開ける。1月4日と5日にザグレブ(クロアチア)で開催されるダブルレースでは、女子は狭いポールの間を忙しく動き回ることになる。一方、男子は1月4日にガルミッシュで行われる「ナイトレース」のステージに登場する。

ボルミオとセンメリングのレースを終え、ラナドゥーラは174ポイントを獲得し、マッテオ・マロッツィとミッコ11に1馬身差をつけてランキング首位に立っている。4位は169のSupersonica、5位は168ptのRebylewisが占めています。

FISはアデルボーデンを確認したが、ワルドナーは「ゲレンデの準備が難しい、ここでしかできない」と警告する



国際連盟は、1月7日から8日にかけて行われるチュエニスバルリのテクニカル・トライアルにゴーサインを出した。男子カップのグランドマスターは、劇的な気温の状況を考えると、レースに見切り発車することはないだろうと説明する。

アデルボーデンは救われた-かもしれない。

FISは、1月7日(土)と8日(日)にベルナー・オーバーランド・リゾートで開催予定の男子大回転と回転を正式に決定しました(ヒート開始は10時30分と13時に設定されています)。 30)、昨年はマルコ・オーダーマット(ワイドゲートでフェラー、ピントゥローを抑えて優勝)やヨハネス・ストルツ(スラロームでフェラー自身とストラッサーを抑えて優勝)が優勝したチューニスバルリでのクラシックレースが定期開催されるかどうかはまだ確実でない。

マルクス・ヴァルトナーは、この先数日間は10度以上の気温が予想され、「Blick」の仲間に、ゲレンデを完成させる必要があり、何よりもこの種の2つのレースには少なくとも十分なグリップが保証されなければならないため、リスクはまだ存在すると説明した。「もちろん、キャノンが稼働し、積雪があるのは良いことだが、それでも時間内にゲレンデを準備するのは非常に難しい作業だ」と、男子CdMのチーフレースディレクターはスイス紙に警告した。「この不可能とも思えるコンディションでレースを可能にする人がいるとすれば、それはアデルボーデンのスタッフだ。ハンス・ピーレンは、過去に何度もこのような状況で魔法をかけてきた。レト・ダエップたちは、ハンスの独自の知識を受け継ぎ、それを実行することができるのだ」。

ウェンゲンはトリプティクOK、アデルボーデンは震える:1月7日〜8日のテクニカルレースに向けた時間との戦い



FISはラウバーホルンで行われる3つのレースを確定し、スーパーGとダウンヒルが1月15日のスラロームに先行して行われることになった。状況が複雑なチュエニスバルリの雪対策は、延期となりました。

2023年1月4日のガルミッシュでのスラロームの後、男子ワールドカップはスイスのスロープで旅を続けることになるが、ホワイトサーカスの定番イベントのひとつ、アデルボーデンでの2日間の技術テスト(土曜日7日大回転、日曜日8日スラローム)には不確かさがつきまとったままである。

チュエニスバルリでは、雪が少なく、気温の予報も悪い中、良質なベースを保証するために多くの作業が行われている。今日予定されていた雪対策は延期されたが、任命まであと1週間と少し、いずれにしても年末までにはFISの判断が下されるため時間との戦いである。

今朝は、シリーズ第2戦としてヴェンゲンでのラウバーホルンレンネンのレースが決定した。

2022年、クイーン種目は2レース行われたが、1レース目はスタートがフンツショップを上回り、キルデがオーダーマットとフォイツに先行、完走コースではヴィンセント・クリーチマイヤーが、過去10年間のラウバーホルンの王者、ビート・フォイツ(翌週のキッツビューエルで引退するまで今年4勝目が期待できる)と3位のドミニク・パリスをあざ笑うように優勝を飾った。

前回はルーカス・ブラッテンが29位からの大逆転でダニエル・ユール、ジュリアーノ・ラッツォーリを破り、6年前に最後の喜びを味わった場所で再びCdMの表彰台に上った。

クランスカゴーラ、FISの許可が下りた:バッシーノは "彼の "ポッドコーレンのジャイアントスラロームをリードする



1月7日〜8日に行われる2つの女子大回転は、本日の雪上管制の結果、確定した。マルタは2021年に2種目を制覇し、一昨年は3位だった。

FISからのグリーンライトとクランスカゴーラは安堵のため息をつくことができる。たとえ現在のコンディションが過去2年間に経験した「ポドコレン」と同じではないとしても、スロベニアのリゾート地の女王の斜面は、2023年1月7日と8日に今シーズン第5戦と第6戦のジャイアントスラロームが開催されるときに最高の状態になることを期待しているのだ。

今日の朝、マリボルでのレースがキャンセルされたためではなく、「本来の」FISカレンダーですでに決定している予定に青信号が灯った。

2021年1月、24時間の間に2度もポドコーレンを制し、歴史的な2冠を達成し、2022年初頭には大回転でヘクター、ウォーリーに続く3位で表彰台に上ったマルタ・バッシーノは、いつもここでくつろいでおり、クラニスカ・ゴラでもこの種目のリーダーとして赤いビブを身に着けることになるだろう。

マルコ・オーデルマット、”マティアス・マイヤー、素晴らしいキャリアおめでとうございます👏🏻🎩これからのご活躍をお祈りしています🍀”

クリークマイヤーとオーダーマットがボルミオで首位を独占

セメリングは感動的でした❤️ ポーラ・モルツァンがワールドカップスラローム初表彰台を獲得🎉🤘🤘

マルセル・ヒルシャー、”私と一緒に滑りましょう!”

研究開発部門からの最新ニュースです。





原因の詳細は重要です。

マティアス・マイヤーの未来は?アフリッツの若者たちとともに:「地域に愛着を持ち続けた本物の男



オリンピックに3度出場したチャンピオンが発表した衝撃的な引退の翌日、『クライネ・ツァイトゥング』は、このカリントのスターの故郷の市長と、地元のスキークラブのリーダーたちを取材した。彼らは、父ヘルムートのように、彼を祝福して新しい冒険を共に生きる「モートル」を待っているのである。

OESVの経営陣はおろか、奥さんやスキマン、ヴンダーチームのチームメイトやコーチたちでさえも知らなかった。

マティアス・マイヤーはすべてを内に秘め、何日か前から自分の世界、つまり競技スキーの世界から離れることを思い描いていたとさえ認めていた。ステルヴィオでの偵察が終わるまで、2時間余り後にはレースでそれに直面しなければならないかのように完了し、その最後に彼は即効で引退することを決定したとORFに生中継で発表した。

多くの人にとって信じられないような衝撃的な選択だが、3大会連続の金メダリストの背後にいる人物にしか理解できない、彼の魂の中で何が本当に変化したのかを感じたのだ。

新世紀最高のスプリンターとしてのキャリアを終えるまであと数時間、『クライネ・ツァイトゥング』の記者たちは、「モートル」(32歳のカリンシアンの歴史的ニックネーム)をよく知る何人かの人々と連絡を取り合った。

メイヤーの故郷、アフリッツ・アム・ゼーの市長もそうだった。「彼の母親に電話したら、息子の選択を理解してくれること以外、何も言えなかった」とマックス・リンダーはオーストリア紙に語った。 こうなるとは予想できなかった。彼は誰にも打ち明けなかったし、ファンクラブでさえボルミオで励ましていたのだ。

マティアスは、常に地に足をつけて行動する人です。彼の勝利のおかげで、地域全体が、いや、地域全体が素晴らしい瞬間を経験することができたのです。

メイヤーが育ったゲルリッツェン・スキークラブは、「マティアスにとっては心の問題だ」と、引退の知らせを悲しみのベールで包んでいた。先週も一緒に練習していたので、この発表には皆驚きました」と、エルヴィン・フィッシャー副社長は説明する。そして、父ヘルムートと同じように、今はオーストリアの元スプリンターである彼の考えは、ゲルリッツェンの若者たちと一緒に働くことである。「ディーター・モートルは、「彼は常々、将来は若い人たちと一緒に仕事をしたいと言っていた。

メイヤーは、大好きなカリンシアのアイスホッケーチーム、VSVの大ファンでもあり、クラブの経営陣はすでに彼をビッグナイトに招待する用意がある。

”マティアス・マイヤーの引退の様子は、長い間忘れられることはないだろう”



メイヤー:奥さんも参加してないのに!?

3つのオリンピック「金メダル」を獲得した彼は、オーストリアのスキー史に深く刻まれることだろう。しかし、スキー界の英雄マティアス・マイヤーの引退の様子は、長い間忘れられることはないだろう。というのも、32歳の彼は、自分のキャリア終了宣言で世間を騒がせただけでなく、自分の妻まで登場させたからだ。 

たとえ彼が正確には「バースト爆弾」について話したくなかったとしても、「Mothl」メイヤーと彼の引退は、木曜日の朝、正真正銘のスキー地震を引き起こした。

このステップの気配はなかった。

ORFのライナー・パリアセック記者は、ボルミオでのメイヤーの決断をいち早く知らされ、完全に驚かされた。
メイヤーは、このワールドカップ・サーカスの長年の仲間に「誰も知らなかった」と言った。
「家族も、奥さんも、誰もいないのか」とパリアセックさんは問い詰めた。
「実はまだ誰にも言ってないんだ、だから降りてきたんだ、みんな鑑賞会に来てるんだ。私は今、引退を表明しました。もうたくさんです!」と、メイヤーはいたずらっぽい笑顔で答えた・・・。




エバハーター:『Mothl』では語られないこと

元スキー界のスターで『Krone』のコラムニスト、ステファン・エバーハーターが、マティアス・マイヤーの意外な引退について書いています。

ORFの生放送で引退を表明したMatthias Mayerのインタビューは何度も見た。そしてなぜか、少し戸惑いが残りました。なんとなく不思議な感じがする、と自分では思っています。論理的には、彼の決断は完全に受け入れられるべきものです。でも、「モートル」が何かを語っているわけではない、もっと何かあるのではないかという気がしています。それは、おそらく将来的にしか解決できないことでしょう。

こんなの意味ないだろ!?南米合宿の費用など、準備のための苦悩を自分に課したわけです。自分の中に火がないと、まったくできないことですからね。そして、ボルミオで1分1秒を争うキャリアを終えるのです。そうすると、どうしても「なぜ」という疑問が残る。

しかし、ひとつだけはっきりさせておきたいことがあります。ダウンヒルスキーヤーが "もう無理だ!"と言ったとき、私は真っ先に理解することができます。これは100メートル走でも、テニスの試合でも、サッカーの試合でもない。アスリートたちは、毎回、健康や命までも危険にさらしているのです。単純に「Mothl」でそうなっている可能性もありますね。誰もがいつかは、キャリアを積んだ後の「本当の人生」を考え始める年齢になる。少なくとも家族については、それはごく普通のことで、人間的なことです。

このまま引退してしまうと、私たちは憶測ばかりが先行してしまいます。やはり、本当の理由は未来が教えてくれるのかもしれませんね。

素晴らしいアスリートの素晴らしいキャリアが終わりを告げた。😢 マティアス・マイヤー、たくさんのユニークな瞬間をありがとう。💙

FIS、ラウバーホルンでのレース開催にゴーサインを出す



FISによるスノーコントロールでは、ウェンゲンのレースに関して肯定的な結果が得られました。ベルナーオーバーラントでのエキサイティングな決断を阻むものは何もありません。2023年1月13日から15日の間に、カレンダーに赤い印をつけると、ラウバーホルンの週末と重なることにすぐ気がつく。

男子スキーワールドカップシーズンのハイライトともいえるレースだ。Hundschopf、Minschkante、Ziel-Sは、命知らずのアスリートにとって、決して外国語ではない。スラロームゲレンデもホワイトサーカス屈指の難易度です。何千人もの観客が現地でエキサイティングなレースを体験し、すべてのスキーファンにとっても、レースが開催されなければ、ワールドカップは大きく損なわれてしまうのだ。



3,2,1: ラウバーホルンレースまであと2週間!🤩⛷️ パトルイユ・スイスも今回も参加しますよ。もう、楽しみで仕方ありません

ウェンゲンはトリプティクOK、アデルボーデンは震える:1月7日〜8日の技術系レースは時間との戦い



FISはラウバーホルンで行われる3つのレースを確定し、スーパーGとダウンヒルが1月15日のスラロームに先行して行われる。状況が複雑なチュエニスバルリの雪対策は、延期となりました。

2023年1月4日のガルミッシュでのスラロームの後、男子ワールドカップはスイスのスロープで旅を続けることになるが、ホワイトサーカスの定番イベントのひとつ、アデルボーデンでの2日間の技術テスト(土曜日7日大回転、日曜日8日スラローム)には不確かさがつきまとったままである。

チュエニスバルリでは、雪が少なく、気温の予報も悪い中、良質なベースを保証するために多くの作業が行われている。今日予定されていた雪対策は延期されたが、任命まであと1週間と少し、いずれにしても年末までにはFISの判断が下されるため時間との戦いである。

今朝は、シリーズ第2戦としてヴェンゲンでのラウバーホルンレンネンのレースが決定した。

2022年、クイーン種目は2レース行われたが、1レース目はスタートがフンツショップを上回り、キルデがオーダーマットとフォイツに先行、完走コースではヴィンセント・クリーチマイヤーが、過去10年間のラウバーホルンの王者、ビート・フォイツ(翌週のキッツビューエルで引退するまで今年4勝目が期待できる)と3位のドミニク・パリスをあざ笑うように優勝を飾った。

前回はルーカス・ブラッテンが29位からの大逆転でダニエル・ユール、ジュリアーノ・ラッツォーリを破り、6年前に最後の喜びを味わった場所で再びCdMの表彰台に上った。

オーストリア女子チーム、セメリングでのスラロームで残念な結果に



カタリーナ・トラッペはゼメリングでのナイトスラロームで13位となり、オーストリア人として2022年のシーズンを終えた。

ゼメリングで開催されたホームワールドカップの3日間が終了した。また、ナイトスラロームは選手たちにとって2022年の最後のレースとなった。ミカエラ・シフリンは、同胞のポーラ・モルツァンとドイツのレナ・デュールを抑えて、ワールドカップ通算80勝目を飾った。

今年最後のレースで、女子スキーヤーは上位入賞を果たすには十分ではなかった。それは雰囲気のせいではなく、会場には8000人のファンがいて、国内外の選手に大きな声援を送り、フィニッシュまで運んでくれたのです。カタリーナ・トラッペは13位、フランツィスカ・グリッチは2本目のベストタイムで順位を上げ14位と、オーストリア勢ではトップだった。

カタリーナ・トラッペ「うまくいかないんです。頭の中が整理されていないと、ちょっと難しいですね。あと数日トレーニングがあれば、次から次へとレースが待っています。さあ、新年からまた勢いをつけていきましょう。

ヴィンセント・クリーチマイヤーがボルミオのスーパーGで表彰台を獲得し、2022年を締めくくる



ダウンヒルで勝利したヴィンセント・クリーチマイヤーは、ボルミオ(イタリア)のスーパーGでも表彰台に上った。オーストリアのスキー史に残るエキサイティングな一日で、マルコ・オーデルマット(SUI)に次ぐ2位を獲得したのである。3位はロイック・メイヤード(SUI)です。

オリンピック3連覇中のマティアス・マイヤーがテレビ中継で引退を表明し、続くボルミオのスーパーGで同胞のヴィンセント・クリーチマイヤーが2位に入りました。上オーストリアは前日のダウンヒルで優勝している。強い走りをすれば、絶好調を確認でき、2022年をポジティブに締めくくることができるだろう。

ヴィンセント・クリーチマイヤー「多くの選手が底辺で苦しんでいるのを目の当たりにしました。疲れていたのに、戦術的にやりすぎてしまった。右コーナーでは、みんなかなりワイドになった。高さを十分に出したかったので、以前は門外不出のスピードを少し出していました。そうすると、誰かが最後まで加速してくれたら、パンくずが出ますよね。

ダニエル・ヘメッツベルガーは4位、ステファン・バビンスキーは9位と、OSVの3人の選手がトップ10に入りました。25歳のアンドレアス・プロイエルはワールドカップデビュー戦で17位、ルーカス・フォアシュタインは27位だった。

ウェンディ・ホルディナー、”2022年最後のレースが終わった✅新年から何が起こるかワクワク🤗💥”

ウルス・クリーンビュール、十字靭帯の断裂でストップ



スイスのスキーワールドカップ選手、ウルス・クリーンビュールは、昨日イタリア北部のボルミオで行われたスーパーGで十字靭帯を損傷した。ダウンヒルでの6位という好成績から一夜明けたある日、彼にとってすべてが終わった。転倒はしなかったものの、数秒の滑走で膝を抱え、痛みに顔を歪めた。痛みはすさまじかった。

28歳の彼は、すでに何度も悪い転び方を経験している。キッツビューエルやザールバッハでの不本意なレース中断が思い起こされる。チューリッヒ州のヒルスラーデン・クリニックでの初診では、右前十字靭帯が断裂しているとのことであった。現在、同選手は保存的リハビリテーションを行っています。

2月中旬に新たな評価を開始する予定です。つまり、2022/23年のワールドカップシーズンは、彼にとって早々に終わってしまうのです。このスイス人選手が戦う勇気を取り戻し、再びスキーの上に立つことができるようになることが期待されている。チームメイトが非常に良い以上の結果を残したことは、わずかな慰めにしかならないかもしれない。

マルセル・ヒルシャーの記録、ヘルマン・マイヤーの... マルコ・オーデルマット、すべての過剰を表す数字



マルコ・オーダーマットは息を呑むようなコンディションでボルミオのスーパーGを制し、5勝目を挙げた。ワールドカップ第3ステージで大差をつけて首位に立つスイスは、異例のスタートを切った。

5
「前日のダウンヒルで優勝したオーストリアのヴィンセント・クリーチマイヤーに100分の64の差をつけたのだ。同胞のロイック・メイヤールに1秒以上の差をつけて...スイス人は凍ったステルヴィオで飛んだのです。今季12戦して5勝目(GI3勝、スーパーG2勝)...勝率は42%。

優勝5回、表彰台5回(2位3回、3位2回)、トップ5入り1回(4位)、トップ10入り1回(7位)となっている。

79
今シーズン参加したレースでの平均獲得ポイント数。2位で80点というのは、スイス人ライダーが今年のワールドカップ12戦すべてで2位になったようなものである。これは、2018年のマルセル・ヒルシャー(平均81点)よりも--今のところ--わずかに劣る程度だ。

シーズン中の全レース(14レース、オーダーマットはヴァル・ディゼールとマドンナ・ディ・カンピリオのスラロームに参加しなかっただけ)の平均で、70点である。

946
オディ」がこれまでに獲得したワールドカップ得点の数です。ノルウェーのアレキサンダー・キルドに329ポイントの差をつけ、2年連続のビッググローブ獲得に挑むと思われたが、すでに大きく引き離されている。オーストリアのヴィンセント・クリーチマイヤーが514点、ノルウェーのヘンリック・クリストファーセン(-561点)とルーカス・ブラッヘン(-581点)がすでに大きく離されています。

彼は今シーズン、3種目で最高レベルのパフォーマンスを見せた唯一の男である(アレクシス・パントュローと同じだが、それより一段低い)。ジャイアント、スーパーG、ダウンヒルで表彰台を獲得したのだ。

1600
スイス人がワールドカップに参加し、残りのGS、スーパーG、ダウンヒルをすべて制した場合に得られるポイント数である。そして、ティナ・マゼの持つ歴代最高記録2414点を更新することになる。一方、2000年にヘルマン・マイヤーが取った2,000点(男子記録)には届くかもしれない。それでも、「毎日、一歩ずつ、一回りずつと自分に言い聞かせています」という残り16戦に出場した場合、オーストリア人を抜くには1戦平均66ポイントを獲得しなければならない。

昨シーズンは1,639点に止まりました...男性では歴代6位の成績です。

355 050
スイスフラン(360,595ユーロ)で、ボルミオでマルコ・オーダーマットが獲得した賞金である。これも、勝ち続ければ、オーストリアのマルセル・ヒルシャーの2018年の記録(66万9681スイスフラン)に手が届き、銀行口座を埋められる。

絶対的な記録は、2019年にアメリカで4回優勝しているミカエラ・シフリン(88万6387スイスフラン)が持っている。

ミカエラ・シフリン、絶好調で2022年を締めくくる

✅ センメリングでハットトリック
✅ワールドカップスラローム50勝目
✅ワールドカップ80勝目
✅ 3種目で4連勝


SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan