クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年11月

”アルペンスキーARE AT HOMEの一部、今そのオプションがある高校は少ない👍”

”完璧な研磨を目指す男”

彼の仕事ぶりを見ていると、情熱と正確さが最優先であることがすぐにわかります。何度も何度も、機械のセッティングを確認し、エッジをチェックし、観察結果を記録していく。テームセ 元スキーワールドカップ選手で、現在はStockliのスキーサービス責任者。



完璧なスキーサービスの秘密は?⛷
Thomas Thurig a.k.a. "Thomse "は、あなたのスキーを完璧な状態に戻すために必要なことを熟知しています。彼の秘密を知る準備はできましたか?

マルコ・オーデルマット、ビーバークリーク入り

ビーバークリークで、私の大好きな、そして間違いなく最も成功したレースの一つに戻ってきた😍🦅🤟🏼

アローザでの大回転はスイス勢が優勢だったが、トーマス・ビーニが2/100の差で表彰台を逃した



アローザでは11月29日にFISジャイアント・スラロームが開催され、シリル・エベール(スキークラブ・フラムザーベルグ)が1フィート58インチで優勝、シルヴァノ・ジーニ(アルピナ・サンクト・モリッツ)に41/100、サンドロ・ツルブルック(スキークラブ・フルティゲン)に63/100という、ハットトリックを達成したのである。ノヴィのカラビニエール、ロレンツォ・トーマス・ビーニが65/100で4位、つまり表彰台まで2/100という素晴らしい結果でした。17位にはリグーリア・スキークラブ、サンシカリオ・チェザーナのダビデ・ダマンティが入り、レモンのカラビナ、エドアルド・サラッコは2本目でアウトとなった。
アローザで開催されたFISジャイアントスラローム男子の着順について
https://www.fis-ski.com/DB/general/results.html...


221129201

ジョルジア・ヴィットリアとピエトロ・オルセーニゴがリヴィーニョで開催されたNJR FISスラロームで初優勝を飾る

リヴィーニョのオルセンイゴ-Orsenigoですが、サンタ・カテリーナにはジョルジア・ヴィットリアが、グレッソニーにはピエトロが出場しています。リヴィーニョで開催されたFIS NJRスラローム第1戦は、リ・ゼタゲレンデで行われた。どちらもFisでは初めての成功だった。

女子はジョルジア・ヴィットリア・オルセーニゴが1分33秒56で3位から逆転優勝。クラムモン・モンブランのマルゲリータ・サラを58/100で、スキーレーシングキャンプのマルティナ・バンチを63/100で引き離した。第1ヒート終了時にトップだったソフィア・パラヴィチーニ(レッコ)を失格とする。

レース中盤で3位になったピエトロ・オルセーニゴは2つ順位を上げ、1'30"22で、スキークラブ・ガルデナのフィリッポ・レティグに33/110、第1ヒートを終えて1位だったヴァルパロのヤコポ・クラウダニに89/100の差をつけて優勝を飾りました。


ケイソンがバルガルデナのダウンヒルで100分の1秒差で優勝



ヴァル・ガルデナはワールドカップを待つ間、例年通りFISレースでスピードシーズンの幕開けを飾る。男子では、滑降でマティア・ケーソンがフランスのケン・カイヨに100分の1差で優勝、モナコのアルノー・アレッサンドリアが100分の61差で3位入賞を果たした。

4位と5位には、それぞれ80/100と82/100の差でフェデリコ・シモーニとベンジャミン・アリオッドが入り、さらに2人のイタリア人選手が入りました。明日は、女子がダウンヒル2本、男子がダウンヒル1本と、さらに多忙なプログラムとなりそうだ。今日のタイムトライアルで最も速かったのはエリサ・マリア・ネグリで、サブリナ・シマダーとは39/100、ニコル・プロナーとは55/100の差をつけていた。




ケン・カイヨ、バルガーデナで表彰台を獲得し、スピードシーズンの幕開けを飾る
フランスの若手選手は、現在イタリアで開催されているFISの準備レースに出場しています。今週火曜日、ケン・カイヨはヴァル・ガルデナの最初のダウンヒルで2位を獲得した。

スピードシーズンがスタート。12月中旬にワールドカップの大物が到着するのを待つ間、若い選手たちは今週ヴァル・ガルデナでFISレース(3級)を行い、ヨーロッパカップ(12月6、7日にサンタルで最初のスーパーGが行われる)に備えている。

トリコローレは火曜日、アバランのケン・カイヨがサスロングで1本目2位、イタリアのマッティア・ケイソンに100分の1差をつけて表彰台に上がり、シーズンをスタートさせた。モナコのアルノー・アレッサンドリアは、ワールドカップ開幕戦のレイクルイーズから帰国したばかりで、フランスチームのトレーニングを受けている(ダウンヒル56位)。


2本目は水曜日に行われ、木曜日には2つのスーパーGレースが行われる予定だ。

ヴァルガーデナ FISダウンヒルランキング

221129101

”ヘンリック・クリストファーセンは常に独自の道を歩み、成功を追求してきた”

ドキュメンタリーシリーズ「Outsideren Henrik」をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。たくさんのポジティブなフィードバックに感謝していますし、スキーヤーの人生に対する正直な洞察を多くの人が楽しんでくれているのを見るのはクールなことです。





マリー=テレーゼ・シュペーラー、”キリントンを後にし、充電して次戦に挑む”

素晴らしい雰囲気を作ってくれた キリントンに感謝します。次のレースに向けて燃料を補給し、集中力を高めるために家に帰るところです。
レースの結果は、とても残念でしたが、サイドラインから2番目の走りを見ることで、最もクールなことの一つを経験しました。そして、痛ければ痛いほど、笑顔になることができました。
フィニッシュエリアでは多くの感情を感じ取ることができたし、何より特別だったのは、一日の終わりにチーム全員が団結しているのを見たことだ。スキー_オーストリア_アルピン_ダーメン ❤️
スキーは素晴らしいスポーツで、時には心が折れそうになることもあるけれど、私たちみんなが一生懸命に取り組んできたことが報われることもある。
昨日、2人のとても優しい心が、ついに彼らにふさわしいものを得た。おめでとう、@wendyholdener と @annaswennlarsson. あなたはインスピレーションを与えてくれる🌟。
そして、チーム - WOW。誇らしいよ。リーバイではチームとして納得のいくパフォーマンスができなかったと言われたけど(カムバックレースで16位だったのは嬉しかったけど)、私たちのチームの実力を世界に見せてくれた @kathi_truppe と @franziskagritsch は脱帽、そして @liensberger.katharina は GS で 5 位になったね。👏🏻
そして、他のチームへ。私たちが輝くときが来るまで、努力し続け、信じ続けましょう。✨


マイヤーホーフェンのヨーロッパカップ・スラロームでモア・ボストレム・ムスーセンが優勝



本日火曜日、2022/23ヨーロッパカップ冬季大会の女子スラローム第1戦がマイヤーホーフェンで開催されました。昨日の大回転ですでに3位に入っていたモア・ボストロム・ミュッセナー(スウェーデン)が、1分33秒39のタイムで優勝した。2位にはイタリアのルクレツィア・ロレンツィが100分の76秒差で入り、途中までトップだった南チロルのベラ・チュルツェンタラー(+0.82)が最終滑走でわずかに失敗して3位となった。

もう一人のアズーラ、ベアトリーチェ・ソラ(+0.92)は4位だった。スイスのロリーナ・ゼルガー(+0.99)とニコール・グッド(+1.00)はほぼ同等の速さで、ツィラータールでの仕事を5位と6位で終えた。フランスの実力者、クラリス・ブレッシュ(+1.41)が7位に振り込んだ。トップ10には、OSVのヴァレンティーナ・プファルツシェラー(8位、+1.43)、スイスのアライン・ヘプリ(9位、+1.52)、フィンランドのリッカ・ホンカネン(10位、+1.57)が入りました。同Hopliは2本目で10位を上げた。

南チロルのセリーナ・ハラー(+1.59)は100分の2秒差で11位となり、トップ10入りを逃した。オーストリアのリサ・ヘルハーガー(+1.68)はほぼコンスタントな滑りを2本見せ、チロルの雪で13位に入った。 次回のヨーロッパカップレベルの女子スラロームは12月8日と9日に南チロルのアールンタールで開催される予定だ。

FIS公式順位表:ヨーロッパカップ女子大回転(マイヤーホーフェン)

221129001





ヒッパッハで開催されたヨーロッパカップでは、ロレンツィが2位、チュルツェンターラーが3位、ソラがスラロームで4位と、イタリアはなんと美しいことでしょう。

ヨーロッパカップの最初のスラロームで、ヒッパッハはなんと美しいイタリアだろう。オーストリアでは、Fis予選のソルダで優勝した陸軍のルクレツィア・ロレンツィ選手とAチームのベラ・チュルツェンターラー選手がダブル表彰台を獲得しました。ルクレツィアはこう語っています。「これまでの仕事がようやく実を結び、とても幸せです。そして今、私たちはこの道を決意して進んでいます。昨日の大回転で7位だった2003年チームBのベアトリス・ソラの4位という素晴らしい成績は、まさに個性の証明といえるだろう。スウェーデンのモア・ボストローム・ミュッセナー選手が、3人のイタリア選手にそれぞれ76秒、82秒、92秒の差をつけ、優勝を飾りました。5位ロリーニ・ゼルガーム 6位ニコル・グッドとなりました。この10人の後ろに、もう一人のイタリア人、セリーナ・ハラーが1.59秒で11位に入りました。そして、他の選手もヒッパッハの狭い門の中で、今日も安心していた。ソフィー・マティウが18位、アネット・ベルフロンドがそれに続いた。30ではラウラ・シュタインマイルも24位。さらに、Petra Unterholznerが36位、Serena Vivianiが43位となった。

ヒッパッハでのヨーロッパカップ・スラロームのランキングを見る。

WEISS'S POINT - ヨーロッパカップの技術系種目を担当するアンジェロ・ヴァイスコーチは、今日のスラロームについてこう指摘する。「いい表彰台だ。ルクレツィアとベラは今日も納得のいく滑りを見せてくれた」。あとはワールドカップでクオリティを飛躍させなければならないが、この結果は良いことであり、より自信を持って今後に臨むことができるだろう。そして、レースアニマルであるベアトリーチェが、調教と同じように強い走りをすることができるのは、なんと良いことでしょう。彼女は技術系の種目に強く、ワールドカップを考えると、スラロームと大回転だけでなく、コンバインドもうまくできるし、ヨーロッパカップのスーパーGもそうだ。スラロームについては、ようやく楽観的になれた。我々のチームにも良い選手がいるし、イタリアのC級選手にも良い選手がいる。12月8日と9日にヴァッレ・アウリーナで行われる2つのスラロームで、自分たちの力を確認する」。




ルクレツィア・ロレンツィがマイヤーホーフェン・ヒパックのスラロームで2位となり、ヨーロッパ・カップで初表彰台を獲得
マイヤーホーフェン・ヒパックでのヨーロッパカップの初スラローム、そしてセストリのルクレツィア・ロレンツィがチームから外れても、イタリアでの初喜びを味わいました。クレリア・バニャサッコが指導するチェントロ・スポルティーボ・エセルチートの選手は、ワールドカップに何度も出場しているスウェーデンのモア・ボストローム・ムッセナーに負けただけでした。ウプサラスラロームクラブ選手は2ヒート合計で1',33",39/100を記録し、76/100でティッティ・ロレンツィを下した。ティッティは2本目で4ポジション回復し、彼女の大陸でのキャリアで最初の表彰台を制覇した。中間地点でトップに立っていたAmateursportclub Gsiesertalの南チロリアン、Vera Tschurtschenthalerに100分の83の差をつけて3位となった。アンジェロ・ヴァイスのBチーム女子は、トレンティーノのベアトリス・ソラ(Fiamme Oro Moena)が表彰台から10/100の4位、セリーナ・ハラー(Fiamme Gialle)は1″、59/100の11位と健闘しました。トップ20では、アオスタ・ヴァレーのカラビナ、ソフィ・マチウが1″,99/100で18位、アネット・ベルフロンドが2″,01/100で続いています。ルクレツィア・ロレンツィは1週間前にソルダでFISスラロームを制したばかりで、オーストリアの雪上でこの結果を出したことで、ヨーロッパカップに永久に参戦するという正当な野望を持って、トップに返り咲いたのである。
マイヤーホーフェン・ヒッパッハで開催された欧州カップスラローム女子ランキング
https://www.fis-ski.com/DB/general/results.html...
写真で見る マイヤーホーフェン・ヒッパッハで開催されたヨーロピアンカップ回転女子の表彰式に出席したルクレツィア・ロレンツィ選手とコーチのクレリア・バニャサッコ氏。


続きを読む

ゴッジャ、ついにコースイン「コースに戻れてよかった、改善できる自信がある



レイクルイーズでのダウンヒルの1本目で、ナショナルスピードチームのリーダーは、1年前に彼女だけのものだったトリプティクをまっすぐに狙っている。本日20回目のタイムトライアル「楽しくてコースも理解できたが、2つの重要なポイントでミスをしてしまった」

期待値のカードを再編成最初のテストは、本当に任意の驚きがあるかどうかを理解するには早すぎるレースでは、金曜日から日曜日 (2 つのダウンヒルの実行とスーパー G) レイク ルイーズで予定速度開口部では。

いずれにせよ、今日のトレーニングはソフィア・ゴッジアにとって今シーズン初の本格的な出場で、エレナ・クルトーニ(イタリア女子ではベストタイムのニーナ・オルトリーブから1分71秒で9位)、デラーゴ姉妹、復帰したラウラ・ピロヴァーノも参加した。FISIプレスオフィスを通じて、ダウンヒルワールドカップの赤いビブスをつけて降りてきたベルガマスクのスターのファーストインプレッションを紹介する。2"22の差で20位。「2つの重要なポイントでミスをして、大きくはらんでしまい、次のジャンプに進めなかった」とゴッジアは語った。

楽しかったし、コースも十分理解できたので、最後まで走りきることが肝心だった。この2日間で、もっと良くなると確信している」。

レース1から48時間後のアンコールに向けて、水曜日20:00にアポイントメント。




レイクルイーズでの第1戦はオルトリーブがトップ。クルトーニ9位、ゴッジャ「またゲートを開けられたのは嬉しい」。

ワールドカップ女子ダウンヒルのスペシャリストたちが、カナダのレイクルイーズにあるゲレンデで最初の公式練習を行った。この日のベストタイムは、明らかにニーナ・オルトリーブが出したものだった。オーストリアの芸術家の娘は1'50″27でストップウォッチを止め、100分の94で2位タイだったスロベニアのイルカ・ストゥヘックとオリンピックチャンピオンのコリンヌ・スーターは彼女の後ろに並び、ラグンヒルド・モーヴィンクルは1″17で4位、ステファニー・ベニエは5位でした。エレナ・クルトーニが1″71で9位、ナディア・デラゴが2″21で18位、ソフィア・ゴッジアが2″22で19位と、最も進取の気性に富んだイタリア人選手であった。

「パルテールでのゴッジャは、「2つの重要なポイントで、幅を広げてしまい、次のジャンプが飛べないというミスを犯してしまった。楽しかったし、斜面も十分理解できた。滑走して下まで行くことが基本だった。以下、ニコル・デラゴが2″51、マルタ・バッシーノが3″22、フェデリカ・ブリニョーネが3″55、ロベルタ・メレッシが3″70、復帰したラウラ・ピロヴァーノが4″98、カロリン・ピヒラーが5″18と続く。2回目のタイムトライアルは11月30日(水)20:00(イタリア時間)に行われる予定です。


ビーバークリークでは一晩で1.5mの積雪

昨夜の嵐で1フィート(約1.5メートル)以上の雪が降り、レース場はかなり荒れてしまった。 このため、ワン・チームは新たな問題に直面することになった。 シャベル、スノーシュート、除雪機を使って、スノーキャットが丘にアクセスできるように準備しました。 ワン・チームは明日も早朝からコースに入り、レースの準備をする予定だ。 そして、いつものタロンクルーの笑顔です。 😎

レイクルイーズ、アスリートにポジティブな印象を残す

レイクルイーズについての意見を集めるため、何人かのアスリートに話を聞きました。以下は、彼らの感想。



レイクルイーズ・ワールドカップの将来は、よく言えば不透明だ。ほとんどの場合、女子は当分レイクルイーズに戻ることはないだろう。また、ACAは男子の代替開催を検討せざるを得なくなっている。

Ski Racing Mediaは、このイベントについての意見を集めるため、数人のアスリートに話を聞いた。

オーデルマット
2021-22年ワールドカップ総合優勝のスイスのマルコ・オーダーマットは、今季の大会でも良い滑りを見せた。オーダーマットは滑降で3位、スーパーGで1位となった。
オーデルマットは、「レースが続かないとしたら、実はとても悲しいことだ。ここは本当に好きな場所だし、シーズンを始めるには最高のダウンヒルだ。私たちのほとんどは、ここにいるのが好きなんだと思う。雰囲気がとてもいいんだ。スタート地点としては落ち着いた場所だし、みんな同じホテルにいるんだ。ほとんどの人が、ここにレースが戻ってくることを望んでいるんだ」。

ドレッセン
ドイツのトマス・ドレッセンは、2019年版のレイクルイーズダウンヒルの2つのうち1つを制した。
ドレッセンのコメント「レイクルイーズはいつも私の心の中にあります。ここで優勝した時は、怪我からのカムバックレースでもあったので、今日(11月26日)も同じ結果になるように少し期待しました。" ドレッセンは8位でゴールした。私に言わせれば、レイクルイーズは常にダウンヒルワールドカップのシーズンの始まりであるべきだ。なぜなら、素晴らしい斜面だし、会場もいいし、ホテルではいつも全チームが一緒になって楽しいからだ。ホテルでは全チームが一緒になって楽しいし、話もできる。ここに来るのはいつも楽しいよ」。

メイヤー
ダウンヒルとスーパーGで2度のオリンピックメダルを獲得しているオーストリアのマティアス・マイヤーも、「ザ・レイク」で2度優勝している。さらに、今年のレイクルイーズ・スーパーGでは3位に入賞している。
メイヤーはレイクルイーズを欠場する。彼は「これが最後だとしたら悲しいことが2点ある」とコメントしている。素晴らしいレースだ。シーズン中、最もスピードの出るダウンヒルレースのひとつで、いつも僕らのシーズンのキックオフになっている。ここで滑るのは最高だ。もうひとつ、とても悲しいのは、もちろん、ここレイクルイーズの景色がカナダの国立公園の真ん中にあることだ。

キルデ
ワールドカップスーパーGとダウンヒルの世界選手権を制したノルウェーのアレキサンダー・アモット・キルドは、レイクルイーズでレースを続けられることを望んでいる。特筆すべきは、キルデが今年初めてレイク・ルイーズで2度の表彰台を経験したことだ。ダウンヒルで優勝し、スーパーGで2位になることができた。
キルデは、「(今年が最終年なら)残念だ」と思っている。シーズン中に行く場所のなかでも最も美しい場所のひとつだし、シャトーレイクルイーズに泊まって、その周辺も全部美しい。残しておきたいですね。"

フデック
西カナダ、チェコ共和国の元ワールドカップ選手であるヤン・ヒューデック氏は、2007年のレイクルイーズダウンヒルの勝者である。
Hudecは、この大会での経験を語る。「レイクルイーズは、私の人生に大きな影響を与えた。レイクルイーズでレースをすることは特別なことで、スキーヤーとしての私に大きな印象を与えてくれた。レイクルイーズでのレースは特別なもので、スキーヤーとして大きな印象を受けました。レイクルイーズのそり犬たちと素晴らしい関係を築くことができたからです。

リード
25歳のカナダ人、ジェフ・リードは、2022-23シーズンの滑降とスーパーGの両方でトップ30に入り、シーズンをスタートさせた。この年、彼は初めて母国のレースでワールドカップ・ポイントを獲得した。
地元出身のこの選手は、「ここにはたくさんの思い出がある。100%の確信があるわけではないが、私が初めてスキーを履いたのもここだと思う。長年の思いが詰まっている。カレンダーから外れないことを心から願っているが、わからないものだ。明日(11月27日)、最後の滑りをするつもりだ。そして、これが最後だとしたら、何か思い出に残るものを持ちたいと思う」

ベネット
昨シーズンのイタリア・サスロン・ダウンヒルで優勝したアメリカのスピードスキーヤー、ブライス・ベネットは、レイクルイーズの価値を見出している。
彼は、「ああ、これが最後かもしれないというのは、かなりワイルドだ」と話している。レイクルイーズは高速コースだが、それほど急でもなく、テクニカルでもないので、シーズンのスタートとしては完璧なコースだと思う。最初のレースとしては最高だ。完璧です。シャトーも素晴らしい。誰もがお祝いに参加できる場所です。普通はフィニッシュの時だけしか見られません。でも、シャトーではみんなが参加する本当のお祝いを見ることができます。" ベネットは、"レイクルイーズはとても美しいところだ "と締めくくった。

ナイマン
アメリカ人、ワールドカップ3勝のスティーブン・ナイマンは、レイクルイーズで多くの成功を収めている。彼は間違いなく、ツアーで高い評価を得ているベテランだ。
ナイマンは、「レイク・ルイーズには、幼い頃からいつも苦しめられていた」と回想する。レイク・ルイーズは、私にとって常に過酷な場所だった。ノルウェーの山はとにかく過酷だった。初めてワールドカップのダウンヒルを滑ったとき、そこは一面の氷で、私はそれが好きだった。氷のシートが好きなんだ。ノルウェーGPの滑降コースは、通常、グルーミングが行われ、その程度はまちまちです。そして、私はそこでうまく滑ったことがありません。しかし、2005-06シーズンに初めてワールドカップに出場し、14位という成績を収めました。それがきっかけでした。その後、ビーバークリークに行き、スーパーGで25位、ダウンヒルで23位でした。コースがどんなものかは知っていたが、初めて自分をサポートしてくれる、現実的なコースで、とても楽しく、自分の心に火がついた。そして、そこが大好きになった。"

マキューガはシーズンが始まるのが待ちきれない

ワールドカップのスピード競技のスキーヤーになるために必要なアドレナリンの量を楽しむ人は、この地球上にほとんどいない。ローレン・マキューガはその一人である。



ワールドカップのスピード競技スキーヤーに必要なアドレナリンの量を享受している人は、この地球上にほとんどいない。しかし、ローレン・マキューガはその一人だ。

毎年、国は7月4日に祝日を祝うが、この日は偶然にもマキューガの誕生日でもある。しかし、彼女と話していると、日々、人生を謳歌している女性と話していることに気づかされる。

大リーグで味をしめた彼女は、さらなる欲望に駆られる

昨年12月、レイクルイーズでワールドカップを初めて経験したマキューガ。しかし今シーズン、彼女は女子スピードツアー全体を経験することになる。昨冬のNorAmダウンヒルでの優れた成績により、彼女はワールドカップの2022-23年ダウンヒル個人大陸カップのスタートポジションを獲得したのである。

ツェルマット・チェルヴィニアでの年明けに興奮したマキューガは、国際的な国境を越えるイベントの第1回目のレースをするためにヨーロッパに飛ぶことを楽しみにしていた。しかし、雪不足のためにレースがキャンセルされると、彼女はよく知っているコースでシーズンをスタートさせることに目を向けた。何十年もの間、北米のスピードスキーヤーはレイクルイーズでその才能を開花させ、マキューガも例外ではなかった。

昨シーズン、マキューガはDチームに所属していたが、スピード競技を本当にやりたいと思っていたのは、彼女のグループの中で2人だけだった。このことは、2人にとって有利に働いた。少人数であるため、ツェルマット、ソールデン、カッパーで行われるトレーニングで、熟練した女子ワールドカップチームに加わることができたのだ。2人とも素晴らしい成績を収めた。その結果、彼女とアバ・サンシャインは今シーズンのワールドカップの出場権を獲得した。

昨年のレイクルイーズでの経験は、エキサイティングであり、インスピレーションを与えてくれるものでした。私は夢のような生活を送り、世界最高の女性たちとレースをしていました。同じビブスを着て、同じホテルに泊まり、選手たちのもてなしを受けて、肘をつきました。私はワールドカップのアスリートだったのです。速くはなかったけれど、もっと上を目指したいと思っていました」。

ユニークな出発点
デトロイト出身のマキューガは、パークシティに移り住み、ユタ州でスキーを覚えた。2007年にユタ州に引っ越してきて、すぐに両親が家族全員をスキーに誘ったんです。私たちはスキーが大好きなんです。私は3人兄弟で、2人はUSスキーチームにも所属しています。姉のサムはノルディックジャンパー、妹のアリーはモーグルの選手です。一番下の兄弟は兄で、パークシティスキーチームでアルペンスキーを滑っています。"

マキューガもまた、スキーレースにおいてユニークな生い立ちを持っています。2010年、彼女はウィンターパークで開催されたナスターナショナルズに参加した。そこでシルバー部門で優勝したことを記憶している。マキューガは、「そこから、私はスキーレーサーになるんだと自分に言い聞かせました」と言う。

4月中旬に入学し、11月中旬に卒業するユニークな高校である。

遅いスタートには利点もあった
エリートへの道を歩み始めたのは他の選手より遅かったが、FISレースに参戦するようになってから、「このスポーツで一番になりたい」と思うようになったという。しかし、FISに参加した初年度から、「一流になりたい」と強く思うようになった。しかし、FISに参加した1年目に、すべてが明らかになりました。突然、私はこれができるんだと気づいたのです。オリンピックに出たいんです。オリンピックに行くことは常に私の夢でしたが、今は現実的な可能性に思えます。"

マクガは続けて、「若い頃、あまり期待されなかったことが有利に働いたと思います。たまには表彰台に上ってみたいという気持ちもありましたが、それはそれで楽しいものでした。ほとんどスポーツが好きという気持ちだけでやっていました。一番になりたかったけど、そうじゃなかったし、それでいいんです」。

マキューガは、スキーのゲートが好きだと言い切った。しかし、パウダーがあればそれも滑りたい、と説明する。

スピード競技のペースを楽しんでいる
では、なぜマクガは滑降を志すようになったのだろうか。もともとスーパーGをやるのが好きだったんです。速く滑るのが好きなんです。かっこいいし。スピード競技を滑るときのテンポが楽しいんです。"流れるような感じがするんです。

しかし、メイン州シュガーローフで初めて経験したNorAmのことをこう振り返る。「とても怖かったです。最初のトレーニングランはパンツとジャケットで滑ったのですが、21秒遅れでした。でも、とても楽しめました。恐怖心を克服できたんです」。これらのレースで結果を出したことで、マキュウガはUSデベロップメントチームに入ることができた。

今シーズンは、Sugarloaf NorAmのレースで、ワールドカップに出場するためのコンチネンタルカップの出場権を獲得した。この重要なステップを達成したときの気持ちを尋ねると、マキューガは「この感情を表現する言葉はない。言葉では言い表せないほど感動しました。

昨年、レイクルイーズに行ったときは、エキサイティングで少し圧倒されたと説明する。今年、彼女は勝負に出る。

Stifel USアルペンチームの最も価値ある貢献

Stifel US Alpine Teamのメンバーであることの最も有益な部分トップ3について尋ねると、マキューガさんの答えは明快です。

チームの雰囲気が1番です。彼女いわく、彼女たちは非常に競争的だが、明らかに全員の成功を望んでいる。

2つ目は、コーチングとスキーサービスです。多くの貴重な情報や見識を与えてくれる」とマクガさん。成功するために必要な情報やスキーのチューニングを受けることができ、自信を持つことができる」とコメントしている。

最後に、フィットネスプログラムの設計と実行における専門性の高さについて、マキューガは語ります。彼女は、ボブ・ポーリングとザック・グレイの技術に非常に感銘を受けています。さらに、彼女はユサナ・センター・オブ・エクセレンスの素晴らしい状態についてコメントしています。

マキューガは、人生で最高の準備期間を経験したと言っています。そして、今シーズンに向けては、これまで以上に準備が整っていると付け加えました。一つ確かなことは、マキュウガはワールドカップで初めてのフルシーズンを経験することに興奮しているということです。

W杯女子ダウンヒル開幕戦 レイクルイーズ トレーニングラン1



ニーナ・オルトリーブ、レイクルイーズでの初のダウンヒルトレーニングで皆を寄せ付けず

今日、火曜日の夕方、女子はカナダのレイクルイーズで最初のダウンヒルトレーニングに出場しました。オーストリアのニーナ・オルトリーブは、1分50秒27のタイムで止まりませんでした。イルカ・シュトゥーヘク(スロベニア)とコリンヌ・スーター(スイス)の2人に100分の94秒差をつけての優勝だった。


チロルのクリスティーナ・アガーは、トップと1.08秒差の4位となり、非常に高いゼッケン40番を獲得する活躍を見せた。ラグンヒルド・モーヴィンケル選手(+1.17)は、今日の試技を5位で終えた。ステファニー・ヴェニアー(+1.44)は、ノルウェーの6位に続くOSVレディース3位となった。フランスのローラ・ゴーシュ(+1.65)は、同じくチーム・オーストリアのスキーヤーであるアリアンヌ・レイドラー(+1.66)よりも100分の1秒速い7位で、最終的に8位でフィニッシュした。経験豊富なエレナ・クルトーニ(+1.71)は9位でスクアドラ・アズーラのベストメンバーだった。今日のタイムプラクティスのベスト10は、主催者のマリー=ミッシェル・ギャニオン(10位、+1.72)がリードしていた。

ドイツのキラ・ヴァイドル(+2.04)は100分の18秒差で13位に入り、トップ10を抜いた。スイススキーチームのヨアナ・ヘーレン(+2.05)は、経験豊富なオーストリア人のミリアム・プフナー(15位、+2.08)とタマラ・ティップラー(16位、+2.09)を抑えて14位に入賞しました。後者は、先週の土曜日にアメリカのキリントンで6年以上ぶりに大回転で優勝したスイスのララ・グート・ベーラミと同じ100分の1秒の差であった。

スイスの若きデリア・ドゥラー選手(+2.19)は、その才能を試され、多くの有名選手を抑えて18位でフィニッシュしました。南チロルのニコル・デラゴ選手(+2.21)は19位でした。北京オリンピックで銅メダルを獲得したナディア・デラゴ(ラディン)は、今日は慎重な滑りでベスト20に入ることはできなかった。

45人出場後の現在の中間順位はこのようになっています。まだスタート地点に残っている女性たちをライブティッカーで追うことができます。トップ10に変動があった場合は、もちろん更新します。




🥶かなり寒いけど、やっぱり楽しいね!(*^^*)





ニナ・オルトリーブ(復帰)はテストでロケット、偉大なスチュエックが再び見られる:クルトーニは最高のイタリア人、2インチ以上のゴッギャーです。

金曜日と土曜日にレイクルイーズで行われたオープニングトレーニングでは、オーストリア人が誰よりも早く、スーターとスロベニア人(新しい機材使用)がそれに続いていた。特殊なCdMホルダーとNadia Delago、静かなPirovanoの帰還のための良い特性。

ニーナ・オルトリーブ、恐るべしカムバック...。レイクルイーズで行われた男子オリンピックの3つのレースのうち最初のレースでスケア。

今朝は-20℃を超える極寒の地となったが、スプリンターにとっては開幕戦となるダウンヒルレースへの取り組みは、素材面では基本的なものであり、レースに向けてしっかりと取り組む必要がある。

ブランドと選択といえば、今日のランキングではヘッドブランドの選手がたくさん先行している。まず、昨シーズンのカムバックの試み(トライアルのみ)を経て、2021年1月のクランモンタナでのひどい負傷の前のように主役を演じる準備が本当にできていると思えるオーストリアの選手だ。

この「芸術の娘」はコリンヌ・スーター(スキーの同僚)に100分の94秒差をつけており、オリンピックチャンピオンのイルカ・スチュエックは、ケーストレでのデビューを果たした(エステル・レデカと同じく、怪我で欠場している)のと同点につけている。

1"08には40番のクリスティーナ・アガー、1"17にはこの雪上では非常に危険なラグンヒルド・モーウィンケル、1"44にはステファニー・ヴェニエ、1"65にはラウラ・ゴーシュ、イタリアではレードラーが9位、オルトリーブとギャニオンに100秒差でエレナ・クルトニが最高位となった。

ヴァイドルからプフナー、グート・ベーラミ(2"09)、ニコル・デラゴ、ソフィア・ゴッジアまで、100分の1秒差で、それぞれ19位、20位と、2秒の差を超えて、待望の主役たちが登場したのだ。

12ヶ月前にここでハットトリックを達成したベルガマスクにとって、特にトップセクションとエンドウォールジャンクションでのパーシャルが素晴らしく、フォールアウェイに多くを託すことができた。ナディア・デラゴは2.5秒でフィニッシュ、3秒前後にはヒュッター、シーベンホーファー、復帰したジョンソンやリーなどの大物がいて、さらにその後ろにバッシーノ(3"22)、ブリニョーネ(3"55)、メレシ(3"70)、数週間前のカッパーマウンテンのFISスーパーG以外、一年半以上ぶりのカムバックのピロバーノ(4"98)、ピヒラー(5"18)というイタリア勢5名がいました。

また、昨年春にカナダを離れ、国籍を変えてドイツ選手としてデビューしたロニ・レンメが、15分ほど練習を中断したまま転倒したのも注目された。


第1回 女子ダウンヒルトレーニングラン ランキング
1位 Nina Ortlieb(ニーナ・オルトリーブ)1'50"27
2位 イルカ・シュトゥーヘック + 0"94
2位 コリーヌ・スーター + 0"94
4位 クリスティーナ・アジャー + 1"08
5位 Ragnhild Mowinckel + 1"17
6位 ステファニー・ヴェニアー + 1"44
7位 ローラ・ゴーシュ+1"65
8位 アリアン・レードラー + 1"66
9位 エレナ・クルトーニ + 1"71
10位 マリー=ミッシェル・ギャニオン + 1"72
19位 ニコル・デラゴ+2"21
20位 ソフィア・ゴッホ+2"22
22位 Nadia Delago + 2"51
30位 Marta Bassino + 3"22
32位 フェデリカ・ブリノーネ+3"55
36位 ロベルタ・メレシ+3"70
44位 ローラ・ピロヴァーノ選手 + 4"98
45位 カロリーヌ・ピヒラー + 5"18










テッサ・ウォーリ、”久しぶりのレイクルイーズ。 この素晴らしい場所に戻ってこれて幸せ💙”

セストリエーレの自然雪は少ないが、「カンダハーG.A. FISのチェックは形式的なものだ」と、"アニエリ "はすでに準備を整えている



12月10日〜11日の週末に大回転と回転が行われる女子ワールドカップの大復活に向け、人工降雪が完了しました。La Stampa』に、組織委員会の会長であるGualtiero Brasso氏の言葉が掲載されている。

セストリエーレには自然雪はほとんどないが、約3年ぶりに最大規模のサーキットが復活する12月10日(土)、11日(日)の女子テクニカルレースは決して危険な状態ではない。

それどころか、トリノの日刊紙「ラ・スタンパ」に主催者自身が確認したように、「Kandahar G.A. アニエリはワールドカップ第2戦の大回転と第4戦の滑降の準備が整った。土曜日に予定されているFISの雪上管制は、気温を下げ、キャノンを作動させ、丘の象徴である斜面を完全に雪で覆ったおかげで、基本的に形式的なものになる。「セストリエーレ・カップの組織委員会第1委員であるグアルティエロ・ブラッソは、「約50cmの雪が積もっている。

この数日、気温も下がってきているので、より楽観的になっている。

カンダハーG.A.のゴール地点では、6人乗りの新型チェアリフトが稼働し、アルペット地区とシセズ地区のゲレンデへのアクセスを最適化します。すでに750席以上のグランドスタンドが設置され、認定者用のホスピタリティテントや、レース前後に観客を楽しませる様々なスタンドが集まるスポンサーヴィレッジも設置されている「アニエリ」。

セストリエーレ市長ジャンニ・ポンセは、『La Stampa』紙に、「このイベントの目的は、セストリエーレ、ピエモンテ、その山々の最高のイメージを世界中に広めるために、領土を強化し巻き込むことであり、開催地域がスポーツだけでなく観光面でも提供できることを世界に示す唯一の機会です。

スイス女子高速系チーム、レイクルイーズ開幕戦に向けてカッパーマウンテンで最後の調整



女子スピードチームはここ数週間、カッパーマウンテンでレイクルイーズでのスピードシーズン開幕に向け、準備を進めてきました。ここでは、@joanahaehlenさんからいただいたご感想をご紹介します。準備キャンプや趣味の写真について、swiss-ski.chで詳しく教えてくれています😃

ミカエラ・シフリン、レイク・ルイーズでのワールドカップ・レースをスキップ



以前から噂されていたことだが、正式に決定した。地元キリングトンでのレースで大回転13位、回転5位と振るわなかったアメリカのミカエラ・シフリンは、カナダのレイクルイーズでのレースには出場しないことが明らかになったのだ。昨年は滑降で26位と38位、スーパーGで6位に終わったが、今回はロッキー山脈に出場しない。

ロッキー山脈での彼女の不出場は、暖かい季節にチリで良いトレーニングを積んでいたにもかかわらず、ここ数週間ダウンヒルの準備をしていなかったことが原因であると理解できる。カッパーマウンテンでの基礎合宿もスキップし、レヴィでのゲートランで2勝を挙げ、渾身の力を振り絞った。

彼女のこだわりは変わっていない。この冬はテクニカルなレースをすべてこなし、ダウンヒルやスーパーGも数本こなす予定だ。12月16日から18日にかけて、サン・モリッツでスピードの冬を迎えることになるのだろう。スイスでは、2つのダウンヒルとスーパーGがプログラムされている。その前にもちろん、イタリアのセストリエーレで行われる大回転と回転で攻めたい。2020年大会では、フェデリカ・ブリニョーネ(イタリア)とペトラ・ヴルホヴァ(スロバキア)の優勝コンビに100分の1秒及ばず、3位となった。

もちろん、シフリンはレイクルイーズでも活躍した。例えば2017年のダウンヒルでは初優勝、その1年後にはスーパーGも制した。カナダでのレースをあきらめるのは、彼女にとって容易なことではない。昨日のキリングトン回転の5位について聞かれ、「今日(昨日、編集部)は最適な形でうまくいかなかったし、自分よりうまい人がいた」と答えている。アナ(スウェン・ラーソン編)とウェンディ(ホルデナー編)は、ワールドカップの総合優勝者の目から見ても、この成功にふさわしいと言えるでしょう。

というわけで、キリングトンでのシフリンのスーパーシリーズは、5連勝の後、突然の幕引きとなった。もし27歳の彼女が地元バーモント州のレースで半回転を完走していたら、ワールドカップ・スラローム通算50回目を迎えたことになる。すごい観客の声援を受けても、うまくいかなかった。でも、これからは平和に仕事を続けたい。

ミカエラ・シフリン、地元ファンの大歓声の中でレースが出来た幸福感



キリングトンリゾート、マウンテンオプスクルー(雪を作る人)、コースクルー、ボランティア(!!)、POWDR(特にジョン・カミング、ハーウィグ・デムシャー、マイク・ソリマノとそのスタッフの素晴らしいビジョン)、アメリカスキー&スノーボードチーム、そしてHERoic Killington Cup presented by Stifelを他とは違ったものにしたすべての人たちに時間をとってお礼を言いたいのですが、どうすればいいでしょうか?このイベントに精力的に取り組み、心血を注いでくれたことに感謝します。このイベントは、スキーレースの世界全体から注目され、評価され、賞賛されています。あなた方が成し遂げたことは、他の人にとっては奇跡ですが、あなた方のチームは奇跡を習慣化したのです💫。
そして、ファンの皆さん...もう、何と言ったらいいのでしょう! キリントンの観客、雰囲気、バイブス...そして東海岸のスキーレースのエネルギーは、いつも狂気的で素晴らしいものだ。東海岸でのスキーレースのエネルギーは、他では味わえないものだ。大観衆と熱狂的なスキーファンがいて、みんなに声援を送り、ショーを盛り上げてくれるんだ。そのような観客の前でレースをすることは、とても特別なことだ。これからも何年もここに戻ってこられることを願っています。このような場所で、このような観客と、このような競争相手とレースをする機会に恵まれたことは、私のキャリアの中でとても幸せなことだった。
今年は特別な年だった。もちろん、成績の面ではベストの年ではなかったが、同時に...なんというか...久しぶりに故郷を身近に感じることができた。説明するのがちょっと難しいんだけど、どういうわけか、今年はこれまでよりもレースを楽しむことができたんだ。普通は、レースを楽しむことと実際に勝つことが一致することを望むものだが、「本当に楽しかったけど、うまく滑れなかった」と感じるよりは、その2つが一致した方が、もちろんずっといい状況だ。でも、レースから得られるものはポジティブなものばかりだし、自分のスキーについてもポジティブなものがある。GSで取り組むべき方向性はわかっているので、その繰り返しをするために数日必要なのだ。スラロームでも、同様に方向性が少し見えてきた。
レヴィで優勝して、「帰ってきたんだから、これからまた全部勝つんだ」と言うのは簡単ですが......実際はそうでもないんです。私より上手に滑っている女性もいるし、どんな日でも、私たちの誰かが勝つ能力を持っている。 アナとウェンディが初優勝したのは、とてもクールだった!
私は、トップ・ステップに戻るための努力を惜しみません。今までの自分とはちょっと違うポジションにいるんだ。もう二度と勝てないのなら......と、ずっと考えているんだ。うまくいかないことを恐れているわけではないんです。仕事をし、努力をし、トップ争いができるような気がしています。意味があるかどうかわからないけど、それが今の僕のメンタルなんだ。ただ、自分が滑れる最高のターンをしたいし、そういう心構えがあれば、普通はいいことが起こるものなんだ。今シーズンは、かなり華々しいスタートを切っている。
次の目的地はヨーロッパだ。
そして...

”忙しいけど、楽しいことがいっぱい 😁”

SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan