クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年10月

マルセル・ヒルシャーは、スキーにもっとプロフェッショナリズムが必要だと訴えている⛷

ほぼワールドカップ!

昨日のゲストレースとマッターホルン広場のベストインプレッション

スロベニアチーム、新シーズンに向けて準備は万端

残念ながら、ダウンヒル、クロスカントリーともに競技中止のため、まだシーズンは始まっていない。しかし、フランスで開催される世界選手権を頂点とする新シーズンに向けての準備が整っていないわけではありません。🇫🇷 ⛷️

カタリナ・リンスベルガーとミカエラ・シフリン、スラロームの挑戦はセルデンから始まる。現在、すべてフィンランドにあります。



スペシャルティの世界チャンピオンも、ノンオープン後の1週間はレッテンバッハでトレーニングを積んでいる。オーストリアはレヒ/ズアースで、アメリカはレヴィでヴロヴァとスイスの真ん中で、より良い準備をするために "ノー "に向かって、並行して行うだろう...。

タイムトライアルを片手に、セルデンの雪上でトレーニングするところから、すでに始まっていた挑戦だ。

カタリーナ・リンスベルガーとミカエラ・シフリンは、10月23日にレッテンバッハで行なわれた大回転がキャンセルされ、ワールドカップ開幕を迎えるはずだった氷河で、この数日対決する機会を得た。

スラロームの虹の優勝者とワールドカップ総合優勝者はオーストリアに残り、11月19日、20日の週末にレビで予定されているナローポール間の最初の大きな約束についてまず考えていた。その前に、レヒ/ズィアス大会(11月12日)が予定されているが、シフリンとヴルホワを筆頭に数人の欠場者が出る可能性が高い。

リンスベルガーはセルデンでスタート練習を行なったが、リビオ・マゴーニコーチは主にスラロームに焦点を当て、フィンランドの雪上でライバル2人、さらにジシン、ホルデナー、ラストらスイス選手と戦うためにトップに立った。

レッテンバッハには、マルコ・シュワルツとヨハネス・シュトロルツというオーストリアのスラローム界を代表する2人(フェラーとともに)の姿もあり、女子のほとんどはこれから北へ向かい、リーバイ前の仕上げに入る予定だ。フィンランドの会場そのものでのアポイントメントですが、Liensbergerの場合はSuomuでのブロックワークも予定されています。

ヴィッテンブルクのスキードームで5人のイタリア人:ヨーロッパカップのシーズンに向かうスラロームスキーヤーたち



11月1日から6日まで、Kastlunger、Ploner、Bendotti、Saccardi、Abbruzzeseのために北ドイツで仕事をする。

ハンブルクからそれほど遠くないヴィッテンブルクのスキードームで、男子ヨーロッパカップチームの技術部門に属する5人のアズーリが6日間のトレーニングキャンプを行いました。

11月1日(火)から6日(日)まで、トビアス・カストランガー、マヌエル・プロナー、マッテオ・ベンドッティ、トンマーゾ・サッカルディ、マルコ・アブルッツェーゼ、そして技術スタッフのアンドレア・トルッダイウ、アルベルト・スリアーノ、イヴァン・インベルティ、ステファノ・トリリ、ニコラ・フェラーリがこの期間中に参加します。

2022/23年ヨーロッパカップの開幕を1ヶ月後に控え、大陸サーキットで期待される主役たち(ただし、カストルンガーやサッカルディを始め、CdMスラロームで見る機会は多い)が、シーズンデビュー前の重要なトレーニングブロックへ向かっている。

10月下旬のヨーロッパ各地で記録的な暖かさ!

フェデリカ・ブリニョーネとソフィア・ゴッジアが「FISI ATHLETES OF THE YEAR 2022」に選ばれた



フェデリカ・ブリニョーネとソフィア・ゴッジアが待望の「FISIアスリート・オブ・ザ・イヤー2022」を受賞しました。アルペンスキーの2人のチャンピオンは、北京オリンピックを頂点とする昨シーズンの競技会において、最も顕著な活躍をしたイタリア連盟の選手に贈られる栄誉ある賞を共同で受賞したのです。ブリニョーネは中国大会の大回転で銀メダル、複合で銅メダルを獲得し、ワールドカップで20勝を達成した。この数字は、イタリアの女性スキーヤーが最高峰のサーキットで達成したことのない数字である。一方、ゴッジャは、4年前に獲得した金メダルを守るため、膝の負傷からわずか23日後にダウンヒルに現れ、再び不運を打ち破り、見事銀メダルに輝いた。その勇気は、数週間後のワールドカップで報われ、彼女は3度目のスピードトロフィーを手にしたのである。アスリート・オブ・ザ・イヤーが同点で受賞するのは、1995年(アルベルト・トンバ、シルビオ・ファウナー)、2002年(ダニエラ・チェッカレッリ、ガブリエラ・パルッツィ)、2013年(ドミニク・パリ、クリストフ・インナーホーファー)版に続き史上4回目となります。また、3度目のスキー登山ワールドカップの王者であるミケーレ・ボスカッチも大会の締めくくりとして登場し、ファンからの投票数は10万票を超えた(atletafisi@fisi.org)。

以下は、受賞されたお二人のコメントです。

ソフィア・ゴッジア「昨年のことは、私にとって計り知れない価値を持つ偉業であり、どうしてこんなことになったのか、今でも不思議でなりません。それが嬉しくて、人生で最もタフな挑戦でした。私はそれを粘り強く乗り越え、とても誇りに思っています。

フェデリカ・ブリニオーネ:「信じられないようなシーズンだったので、とてもうれしい。オリンピックの期間中、一貫して適切なタイミングで準備することができましたし、スーパーGカップでも優勝することができ、とても満足しています。

ゴールドロール・アスリート・オブ・ザ・イヤーのフィジ。
2022年 - フェデリカ・ブリニョーネ(アルペンスキー)、ソフィア・ゴッジア(アルペンスキー)
2021年 - マルタ・バッシーノ(アルペンスキー)
2020年 フェデリカ・ブリニョーネ(アルペンスキー)
2019年 ドロテア・ヴィアラー(バイアスロン)
2018年・ソフィア・ゴッジア(アルペンスキー)
2017年 - ソフィア・ゴッジア(アルペンスキー)
2016年 フェデリコ・ペレグリーノ(クロスカントリースキー)
2015年・アレッサンドロ・ピッティン(ノルディック複合)
2014年 - アーミン・ゾエゲラー(リュージュ)
2013年 - ドミニク・パリ(アルペンスキー)、クリストフ・インナーホーファー(アルペンスキー)。
2012年 クリスティアン・デビル(アルペンスキー)
2011年 - クリストフ・インナーホーファー(アルペンスキー)
2010年 - ジュリアーノ・ラッツォーリ(アルペンスキー)
2009年:アリアナ フォリス(クロスカントリースキー)
2008年 デニス・カルボン(アルペンスキー)
2007年 - マンフレッド・モエルグ(アルペンスキー)
2006 - ジョルジオ・ディ・ケンタ(クロスカントリースキー)
2005年 - ピエトロ・ピラー・コットラー(クロスカントリースキー)
2004年 - ガブリエラ・パルッツィ選手(クロスカントリースキー)
2003年 カレン・プッツァー(アルペンスキー)
2002年 ダニエラ・チェッカレッリ(アルペンスキー)、ガブリエラ・パルッツィ(クロスカントリースキー)選手
2001年 - イゾルデ・コストナー(アルペンスキー)
2000年 クリスティアン・ゲディナ(アルペンスキー)
1999 - ステファニア・ベルモンド (クロスカントリースキー)
1998 - デボラ・コンパニョーニ (アルペンスキー)
1997 - デボラ・コンパニョーニ(アルペンスキー)
1996 - マヌエラ・ディ・ケンタ (クロスカントリースキー)
1995年 - アルベルト・トンバ(アルペンスキー)、シルビオ・ファウナー(クロスカントリースキー)選手
1994 - マヌエラ・ディ・ケンタ(クロスカントリースキー)
1993年 ステファニア・ベルモンド(クロスカントリースキー)
1992年 ステファニア・ベルモンド(クロスカントリースキー)
1991 - ステファニア・ベルモンド (クロスカントリースキー)
1990年 - クリスティアン・ゲディナ(アルペンスキー)
1989 - マヌエラ・ディ・ケンタ (クロスカントリースキー)
1988年 アルベルト・トンバ(アルペンスキー)
1987年 マウリリオ・デ・ゾルト(クロスカントリースキー)
1986年 マイケル・メア(アルペンスキー)
1985年 - マウリリオ・デ・ゾルト(クロスカントリースキー)




FISIアスリート・オブ・ザ・イヤー?ブリニョーネとゴッジャが4度目の入賞。

2022年の賞は、アオスタヴァレーの少女とベルガモの少女(決勝ではミケーレ・ボスカッチと一緒)に分けられました。以下は、共和国大統領からのメリットです。

それ以前には、1995年のアルベルト・トンバとシルビオ・ファウナー、2002年のダニエラ・チェッカレッリとガブリエラ・パルッツィ、2013年のドミニク・パリとクリストフ・インナーホーファーのタンデムのみである。

史上4度目となる「FISIアスリート・オブ・ザ・イヤー」は、2022年版のトロフィーを獲得したフェデリカ・ブリノーネとソフィア・ゴッジアの2人のチャンピオンが分け合い、ヴァッレ・ダオスタ女子は2020年に続く2度目の勝利で、ベルガモ女子は3度目の勝利(ソフィアはすでに2017年に、2018年に再び獲得)である。

一方、イタリアンスキー界のスターたちの最後のシーズンは、オリンピックでのメダル獲得(ブリニョーネの2個、ジャイアントで銀、コンビで銅、ゴッジャの1個、延慶でのダウンヒルで名誉ある優勝)、ワールドカップでの勝利、スーパーGでの1個目のクリスタルボール獲得、ダウンヒルでの2個目など並外れたものでした。

FISIのフラビオ・ローダ会長は、Skipass ModenaFiere(クリスティーナ・ファントーニ主催のFesta degli Azzurriの一部)で行われた授賞式に登壇し、「二人がこのように正当な評価を受けられることを嬉しく思います」と述べました。

1ヶ月以上にわたるファン投票で、まず12人の候補者から3人に絞られ、次にブリニョーネ、ゴッジャ、そしてスキー登山の最後のCdMの勝者(彼のキャリアで3番目)であるミケーレ・ボスカッチの中から最終候補者が選ばれたのである。

フェデとソフィアは、2021年に優勝したマルタ・バッシーノの名誉を引き継ぎ、イタリアにおける冬季種目の歴史的瞬間において、女子アルペンスキーの中心的役割を確認することになりました。

前回、セルジョ・マッタレッラ共和国大統領もメリットを授与され、政府を代表して観光省顧問のマヌエラ・ディ・ケンタが伝達した。フェデリカ・ブリニョーネ、ソフィア・ゴッジア、フェデリコ・ペッレグリーノが「公式」となり、ナディア・デラゴが爵位を授与され、また、オリンピック スノーボードクロスメダリストのオマー・ビシンティン、ミケーラ・モイオリ、ドミニク・フィシュナーラーと ドロテア・ウィーラーも以前より候補に挙がっていました。




ブリニョーネとゴッジャが2022年FISIアスリート・オブ・ザ・イヤーを受賞

他のスポーツの有名な解説者なら、「resounding coup」と言うだろう。フェデリカ・ブリニョーネとソフィア・ゴッジアが、2022年のFISIアスリート・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのだ。最終投票では、3位のアルペンスキーワールドカップ優勝者ミケーレ・ボスカッチも参加し、atletafisi@fisi.org、10万票のファン投票では1人の優勝者を決めるには足りなかったことは明らかである。

1995年のアルベルト・トンバ、シルビオ・ファウナー組、2002年のダニエラ・チェッカレッリ、ガブリエラ・パルッツィ組、2013年のドミニク・パリ、クリストフ・インナーホーファー組に続き4度目の受賞で、2022年の北京オリンピックジャイアントスラル銀メダル、複合銅メダルであるフェデリカに授与するエクスアコです。ワールドカップ4戦優勝、昨冬のスーパーGトロフィー獲得、2020年に続き2回目、ソフィアにとって、ダウンヒル23日後にまたもや膝の負傷でオリンピック銀メダル、ワールドカップ6勝、ダウンヒルカップ獲得、2連覇、2017、2018年に続き3回目となります。以下は、2人のチャンピオンの発言です。

フェデリカ・ブリニオーネ:「とてもうれしい。素晴らしいシーズンだった。オリンピックでは安定した成績を残し、適切なタイミングで準備することができた。そして、スーパーGカップでも優勝できたので、とても満足している。

ソフィア・ゴッジア「昨年のことは、私にとって計り知れない価値を持つ偉業であり、どうしてこんなことになったのか、今でも不思議でなりません。それが嬉しくて、人生で最もタフな挑戦でした。私はそれを粘り強く乗り越えたので、とても誇りに思っています。


マグダレーナ・エッガーは、レヒ/ズールスで子供の頃の夢を実現したいと考えている



セルデンの大回転とツェルマット/チェルビニアの滑降がともに中止となり、2022/23年ワールドカップ冬季大会の女子スキーヤーは、初のシーズンインをもう少し待たねばならないことになった。その中には、ワールドカップで7個のメダルを獲得したジュニアの中で最も成功しているオーストリアのマグダレーナ・エッガーも含まれている。レッテンバッハファーナーでの開幕戦を楽しみにしていた彼女にとって、このキャンセルはまったく嬉しくない。スイスとイタリアの国境地帯で行われるダウンヒルのトレーニングに参加したかったのだが、ここでもキャンセルが出た。

レヒ/ズールスで開催される並行大会で、いよいよ母国での活躍が期待されている。21歳の彼女は、地元の観客の前でレースをすれば、夢が叶うことを知っている。フォアアールベルグのスキーヤーは、幼い頃からフレクセンアレーナの斜面を知り尽くしている。レースが必ず開催されるのか、中止されるのかは、まだはっきりしていない。レースのゲレンデは、冬枯れの緑とは無縁だ。エッガーは回転のシード選手なので、フィンランドのレヴィでのレースは間違いなくレンドレの女性選手と一緒に行われることになる。11月19日、20日に開催される予定です。

ペーター・シュレクスナデルとヨハン・エリアッシュの絆は断ち切られた



長年OSVの会長を務めてきたペーター・シュレクスナデルは、Tiroler Tageszeitung誌の同僚とのインタビューでFIS会長ヨハン・エリアッシュを強く批判しています。対立がくすぶる理由として、チロル人は「うまくいかないことがある」ことを挙げる。例えば、Schrocksnadelは、必ずしもセントラルマーケティングに反対しているわけではないが、もし反対するのであれば、各国のスキー協会もより多くの財政的支援を保証されなければならないだろう。しかし、イギリスとスウェーデンの億万長者は、世界スキー連盟がマーケティング契約を処分できるようにすることを望んでいる。

例えば、テレビ放映権がかかっている。これがスキー協会から取り上げられると、あまり魅力的に思えないイベントが放送されなくなる可能性も十分ある。さらに、エリアッシュの新しい刺激を期待していたシュレクスナデルは、ミラノ/コルティーナダンペッツォの女子ノルディック複合がオリンピック種目でないことを非常に残念に思っているようです。しかし、OSVの前会長は、2029年にサウジアラビアで開催されるアジア競技大会についても、良いことは何も言っていない。

81歳の彼女は、暖かい季節のインドアレースをよく想像している。また、ニュージーランドやオーストラリアでのレースにも適用されます。さらに、近い将来、誰もがエネルギーニュートラルになれると信じている。スノーモービルの燃料が水素になれば、その第一歩になることは間違いないでしょう。また、シュレクスナデルは、パトリック・オルトリーブの娘がFISの「マーケティング&セールス・コーディネーター」の職に就くことは、まったくうまくいかないと強調した。それは、よく言われる政府のポストハントと同じことだ。

パトリック・オルトリーブはこの件について、クライネ・ツァイトゥング紙に次のようにコメントしている。「娘の仕事という、まったく普通の仕事が誰かの問題になった場合、私はすべての機能から辞任することを問題にする最後の人間です」。結局、私はボランティアで時間を投資して財務担当をしているのです。"

ヘンリク・クリストファーセン、「噂話」に対して自分自身を守る



ノルウェーのスキーワールドカップ・レーサー、ヘンリック・クリストファーセンがマルセル・ヒルシャーのヴァン・ディア・スキーを使用してセルデンでのシーズン開幕戦で表彰台を獲得した。しかし、噂は沸騰している。バイキングの新しい板のロゴは、世界スキー連盟の介入によりテープで消されていた。つまり、レッドブルと組み合わせたロゴは、まだ承認されていないとされていたのだ。

28歳の彼は、それをものともしなかった。ノルウェー人の表彰台への飛び込み、いや、彼のスキーが注目を集めたのである。だからこそ、人々はじっくりと観察したのです。専門家の中にも、クリストファーセンが前年のロシニョールの古いモデルでレッテンバッハファーナーに乗ったという意見を持つ人がいる。

クリストファーゼンは、「古い素材ではトップ3には入れなかっただろう」と言い放った。表彰台経験豊富なノルウェー人は、エッツタールのジャイアント・スラロームで今季初の表彰台を獲得した。

いずれにせよ、2022/23年ワールドカップシーズンはまだ1戦しか行われていないが、議論すべきことはたくさんある。

エステル・レデッカ、レイク・ルイーズへの出場を希望



オリンピック3連覇中のエステル・レデッカは、12月にカナダのレイクルイーズで開催されるスキーワールドカップのレースへの出場を希望しています。まだ医師からの許可が下りていないため、復帰は難しいでしょう。時間はかかるが、スノーボードとスキーの両方で活躍するアスリートは、前向きに考えている。カナダでのスピードスタートに参加できることを望んでいる。

夏、チェコ人はトレーニング中に鎖骨を骨折する怪我をした。骨がきちんと治るまで、気をつけなければならないこともわかっている。しかも、レデッカは自分がトレーニングから大きく遅れていることを自覚している。しかし、彼女は赤字を補填するために全力を尽くします。

とはいえ、大きな疑問符がつくシーズンである。体調不良や素材の変更以外に、コーチ陣の変更もあった。だから、レデッカは新しい素材に馴染む機会がなかった。とはいえ、この素材変更は、シーズン中だけでなく、将来的にも必ず報われるはずだと彼女は確信している。新しい冬へのスタートは波があるものですが、彼らは再び成功するためにあらゆる手段を講じています。

彼女は、選手がスキー協会とまだ締結していない代理人契約をめぐる論争について、これ以上語ろうとしなかった。彼女は、メディアを通してすべてを放送するのは、組合側として少し無粋だと思ったのだ。そういうことは、契約と同じように個人で解決すべきことだと彼女は考えている。



皆さんこんにちは、スキー・スノーボードシーズンが近づいてきましたが、私はまだ代理店契約をしていません。
でも心配しないでください。私が一番楽しんでいるのは、これまでのようにレースをしてチェコにメダルをもたらすことなのです。スポーツに限らず、現状は厳しいと実感しています。
だから私は、優秀な子どもたちや学生コーチのために、スキー・スノーボード協会からの支援をあきらめることを提案したのです。
SLCRは、私が両方のスポーツでチェコ共和国を代表することを「許可」し、大会に出場させてくれることを高く評価しています。
来シーズンは、パートナーの方々のご支援もあり、自分で資金を調達する用意がありますので、ゲレンデでお会いしましょう
応援してくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。感謝します!

雪が降ってきた-レイク・ルイーズが冬の装いで登場



予報は理想的で、特にレイクルイーズでは雪が降っているそうです。11月末には、男子がカナダで3つのスピードレースに出場し、その1週間後には、速い女子が活躍する。多くのスキーナショナルチームが、まもなく海外に飛び立ちます。例年、11月2週目からが本番です。アメリカ・コロラド州にあるカッパーマウンテンでは、スイスのオリンピックチャンピオン、ビート・フォイツらがダウンヒルスキーを履いて、充実したトレーニングで仕上げに取り組んでいます。

ツェルマット/チェルヴィニアのスピード開幕が中止となり、2022/23年ワールドカップ冬の最初のスピード決戦は、レイクルイーズとビーバークリークでカレンダーに載っています。カナダ会場に限って言えば、11月22日(火)からタイムトライアルが始まる--冬型の好天が続けばだが。11月25日から11月27日まで、スーパーGが2回、ダウンヒルが1回開催される予定です。

女子は12月2日から4日まで活動する予定です。ダウンヒル2本とスーパーGを競う。アメリカのリンゼイ・ボン(彼女はここでスキーワールドカップで18勝した)のリビングルームで、イタリアのソフィア・ゴッジアが昨シーズン、見事なハットトリックを達成した。

OSVヨーロッパカップの技術者がスウェーデンの雪上で活躍



ヨーロッパカップのテクニシャンの一員であるOSVレディースは、今日ミュンヘンから北ヨーロッパに飛びました。旅の目的地はストックホルム。Lisa Horhager、Valentina Pfurtscheller、Valentina Rings Wanner、Maria Niederndorferは、極北でのユニットを楽しみにしているようです。

ザルツブルグからアンディ・ヴィーランダーがディビジョンコーチとして在籍している。数日前に出発したサービススタッフは、荷物を持って長旅に出発した。

スウェーデンの首都に到着した後、コブダリスまで国内線で移動し、さらに車で2時間かけてストークリンテンに向かいます。10日後には、多くの経験とトレーニングによって豊かになったOSVカルテットが、元気よく帰国することを期待しています。

ドイツ女子技術系チーム、準備へのラストスパート!

ファイナル・カウントダウンです 技術系女子は、準備のラストスパートです☝️🏣。ディアボレッツァから彼らは今週、最後のトレーニングキャンプのためにフィンランドに向かいます 👋🏔️

レイクルイーズに雪が降る:11月末からカナダで予定されている6つのCdMレースの信頼度



男子ダウンヒル(11月25日〜27日)と女子ダウンヒル(12月2日〜4日)の両方が開催される最後のオリンピックに備えるには理想的な予報である。

特に11月第2週からは、来月14日にオープンするコロラド州のリファレンスセンター、カッパーマウンテンの雪質が向上し、多くのナショナルチームが北米の雪を求めて海外に飛び立つ準備が進められている。

ワールドカップのスプリンターたちは、ツェルマット・チェルヴィニアの「スピード・オープニング」に別れを告げた後、アメリカとカナダの間でシーズンをスタートさせることになる。レイクルイーズでは、男子と女子のダブル選が行われる唯一の場所(女子は2023/24年にモン・トランブランで大回転2本を行い、男子はまだアルバータ州のリゾートで戦うとは限らないため)だが、ここ数時間で待望の天然雪が到来したので笑顔になることができた。

11月11日に男子カップ、その6日後に女子サーキットの雪対策が予定されており、6つ以上のレースを開催しなければならない「男子オリンピック・ダウンヒル」を完全に雪にするための低温予報も出ている(リフトのオープンは週末5〜6日に設定されている)。

パリスとチームメイトは11月25日金曜日(22日火曜日から練習)から27日日曜日までレイクルイーズに出場する。この場合、昨シーズンは3戦中2戦をスキップし、土曜日と日曜日のスーパーG2戦とダウンヒル1戦のみであった。

女子の開幕戦はフルプログラムとソフィア・ゴッジアの歴史的ハットトリックで救われた。12月2日金曜日と3日土曜日のダウンヒル2レースですべてが確定し、4日日曜日のスーパーGで閉幕する。

2022/23年欧州カップ30日に開幕?、9日間で17の競技が行われるイタリアショー



11月28-29日にはマイヤーホーフェンで女子大回転とスラロームの第1ステージが、12月6-7日にはサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァからフォルガリアとヴァル・サレンティーノの間で2月のレースまで、我々の雪上のスペクタクルには不足はない(ポンテ・ディ・レグノの偉大な帰還もある)。

旧大陸の雪の状況を考えると、天気が良ければ、あとちょうど30日。

第51回ヨーロピアンカップでは、ジョバンニ・フランゾーニを見ることはできないだろう。イタリアチャンピオンは、ワールドカップでの多くの仕事の合間に、いくつかのレースに出場することになるが(大陸サーキットでの勝利のおかげで、最大サーキットの名目チケットですべての種目に出場できる)、フランツィスカ・グリッチは、多くのイタリア人が参加する非常に豊かなシーズンに沿って一般クラスで彼女のパフォーマンスを繰り返すことになるだろう。

選手だけでなく、多くのオーガナイザーのおかげで、今回もクラシックなイベントが開催されることになり、雪上では9つのステージで17以上のレースが行われます。

スタートまであと1ヶ月、11月28-29日にオーストリアの雪山マイヤーホーフェン(昨年は中止でスタートしなかった)で女子大回転と回転が予定されており、12月1-2日には再びジナルで女子ダブルスーパーGが主役となり(その翌日にも同じスイスのリゾートで大回転が2回開催)、男子も同じ2日にグルグルで大回転2本がスタートします。

12月6日(火)と7日(水)にはサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァで男子スーパーGが、デボラ・コンパニョーニで女子スラロームが、8日(木)と9日(金)にはヴァッレ・アウリーナで3大会連続で開催される。

そして、12月13日〜14日には、女子カレンダーのアンダロに代わって、(約20年ぶりに)ポンテ・ディ・レグノが復活し、タフな「ブラック・カソラ」で2つの巨大スラロームが行われるという目新しい大会が開催されます。12月15日にはオーベレッゲンの「マイアーレル」で歴史的な男子ヨーロッパカップ・スラロームが開催され、翌日にはポッツァ・ディ・ファッサの「アロッホ」でアンコールが行われる予定だ。

12月19日から21日にかけて行われる3つのスピードレースは、まだ正式に決定していませんが、サプライズがなければ、パッソ・サン・ペレグリーノの「ラ・ヴォラータ」が再び女性ジェット機を迎え入れることになるでしょう。

1月は12-13日にタルヴィジオのディ・プランペーロでダウンヒルが行われ、2月6-7日にはイタリアでの最後のレースが予定されている:女子はヴァル・サレンティーノでのクラシックスーパーG、男子はフォルガリアでのダブルジャイアントである。

3月中旬にノルウェーのナルヴィクで開催されるファイナルの前に、ガエリヴァーレ(スウェーデン)のダブルステージ、スオムとレヴィのフィンランド2大会が開催されるのだ。

USSSが2023-24年アルペンチームの推薦基準を発表



シーズンの始まりとともに、USスキー&スノーボードが2023-24年アルペンチームのノミネート基準を発表した。更新された基準を一言で特徴づけるなら、それはこうだろう。簡素化された。

これは、過去の複雑な基準を知っている人にとっては朗報だ。スポーツ・チーフ、アヌーク・パティにとっても、基準の簡素化は重要な目標であった。しかし、最大の目標は、国内最速のアスリートたちが世界の舞台で前進し、競争し、最終的に成功するための明確で達成可能な道筋を提供する基準を作ることだったのです。

科学と芸術が出会う場所
シンプルにすることは、難しいことです。パティは、基準をルービックキューブにたとえてこう言います。「たくさんのパーツがあります。一つを緩めれば、このようなリスクが発生し、もう一つを締めれば、このようなリスクが発生します。だから、適切なチームを作るために基準を厳しくする一方で、可能性を秘めたアスリートを獲得するために基準を緩くする、そのバランスを常に考えています」。

そのプロセスは、非常にデータに基づいたものです。パティは、「これほど多くのデータが必要だということは、あまり知られていないと思います」と言う。しかし、これはアートでもあるのです。データが正しい判断をするためには、判断や文脈と連動する必要があるのです。「そこで、コーチの存在がとても重要だったのです」。

4月15日に就任したパティは、すぐに2022-23シーズンのチーム・ノミネーションに取りかかった。この3ヵ月間、パティは、現在のUSスキーチームのコーチングスタッフ全員を集めたグループを率いて、基準を更新しました。そして、現在のUSスキーチームの選手や、より広いスキーレース・コミュニティからの意見や見解も取り入れました。「私たちはフィードバックを求め、それを受け入れたのです」とパティは言います。「私たちは、何度も何度も、この基準を作り直しました。

プロセス
まず、AからDまでの各チームの目標を設定しました(下記の「What's In」参照)。この目標は、改善すべき点を明らかにし、各レベルの基準を定義するのに役立った。「そして、マーカーを選び、バックテストを行い、新しいマーカーを選び、再度バックテストを行うなど、細部にまでこだわりました」と、パティは言う。そのために、5年前を振り返って、それぞれのマーカーがどのような選手を捉え、どのような選手を見逃したかを、基準を通して確認したのです。パティは、USSのデータ&アナリティクス担当シニア・マネージャー、ガス・ケーディングの功績をこう語る。「彼は、私たちが変更したすべての項目を、たゆまぬ努力でチェックし、再確認してくれたのです。

チーム内外のコーチやアスリートの膨大な経験を活かし、それを厳密に検証したデータで裏付けすることで、「全員が納得できる」ノミネート基準を作り上げたとパティは話します。

新機能
ノミネート基準は、コンセプトも表現もシンプルになりました。例えば、以前はBチームの基準は、男女それぞれ1ページを使っていました。世界ジュニアのメダリストからNCAAチャンピオン、NorAmやEuropa Cupのランキング、WCSLやFISのランクなど、あらゆるものが含まれていました。また、年齢別の基準も男子は5種類、女子は6種類ありました。そして今回、ワールドカップに出場する選手に焦点を当て、男女のBチームの基準は、30歳まで、そしてそれ以降の選手も対象とし、合計5つの箇条書きで表現されることになりました。

発表に先立ち、パティは2つのマトリックス(図参照)を使って、アスリートたちにその基準を説明しました。1つはワールドカップのスタートリストと世界ランク、もう1つは大会マーカーです。アスリートは、どちらのマトリックスにあるマーカーを使っても出場資格を得ることができます。それぞれのマトリックスには、生年月日に加えて、ノミネートされる競技シーズン中の選手の年齢が表示されています。

内容
チームの目標。各チームのアスリートに期待される競技レベルやパフォーマンスの簡単な説明です。基準はこれらの目標を反映しています。大まかには

Aチーム -ワールドカップで表彰台を狙える選手。
Bチーム -ワールドカップで好成績を収め、近い将来表彰台に立つ可能性のある選手
Cチーム -国内の様々なサーキットやヨーロッパカップで上位の成績を収め、ワールドカップへの移行を開始することが期待される発展途上選手
Dチーム - FIS(17歳、18歳)1、2年目の地域大会で最も強い技術系スキーヤー、FIS(19歳、20歳)3、4年目の選手でNorAm/国内選手権で強い成績を残し、技術系世界ランクまたはスピード系世界ランクのいずれかに強い選手。

除外事項
複雑な条項。
複数の競技と世界ランクの組み合わせに関わる多くの「and」句がなくなりました。Dチーム(下記の年齢別世界ランクを参照)を除いて、選手は世界ランクか成績のどちらかに基づいて予選を通過することができます。AチームとBチームのレベルでは、順位はワールドカップスタートリスト(WCSL)とワールドカップまたはヨーロッパカップの大会での成績に基づいて決定されます。CおよびDチームレベルでは、ランキングはFIS世界ランク、成績はヨーロッパカップ、ノル・アム、国内選手権、世界ジュニア大会の成績となる。

年齢帯の制限。
Bチームには、29歳から30歳までの選手が含まれるようになりました。Bチームレベルの成績の指標は厳しくなっていますが、世界ランクの基準値は全体的に緩やかになっています。基準は年齢とともに厳しくなりますが、それほど劇的ではありません。例えば、Cチームには24歳まで(21歳から)の選手が含まれます。「これは、本当によくやっているNCAAスキーヤーが、カーニバルで優勝したり、NorAmsやNationalsに行ったりして、入ってこられるところです」と、パティは言います。Cチームは、チーム内を移動する選手や、失速して足場を固める必要のある選手にとって、ダイナミックなゾーンであることを彼女は指摘する。

エイジ・ワールドランク。
若いアスリートのために使われていたこの指標は、今後使われることはないでしょう。若いアスリートにとって、世界ランクだけを基準にすることは、「ポイントを追いかける」ことを助長し、長期的な才能の可能性をしばしば誤認させることになります。その代わりに、若手選手はNorAmや全米選手権のレベルでも際立った成績を残す必要があります。パティは、「私たちは、彼らが直接対決できる大きな大会に出場し、その潜在能力を発揮できるようなインセンティブを与えたいのです」と言う。

NorAmとEuropa Cupのシーズン順位。
選手は、ヨーロッパカップやノルウェーのサーキットで成績を残すことで、サーキット全体を追いかけることなく、出場資格を得ることができます。「競技にかかるコストを考慮したかったのです」とパティは言います。「アスリートがこれらの大会に数回出場して、本当に良い成績を収めれば良いのです。

変更された点
スピードへの回帰。
19歳以上のアスリートのための技術マーカーもなくなりました(以前は21歳まで適用されていました)。パティはこう説明する。"この国にはスピードという遺産がありますが、より若い年齢で並外れた可能性を示したアスリートを引き離すことで、自分たちを少し厳しくしています"。 18歳以下のアスリートには技術マーカーがあり、複数の競技に出場し、技術力を身につけるインセンティブを与えています。しかし、その後非常に早く、速い人はまあ速いという研究結果が出ています。"スピードアスリートを育てるには長い時間がかかる "とパティは指摘する。"すでにある程度の技術を発揮しているのなら、なぜ彼らを連れてこないのか、我々がさらに育てよう "と。

裁量を少なくする。
必要であれば、裁量を与えることはできますが、今回の基準では、それを大幅に減らすことを目的としています。近年は、基準が複雑なため、裁量によるチーム指名が50%に迫ったり、それを超えたりすることがありました。常識に基づき、厳格にテストされたデータ主導のプロセスを用いることで、客観性を高めつつ、候補者の幅を広げることを意図しています。この組織の目標は、USOPCからNGBへのガイダンスに沿ったもので、75%の客観的な選出を目指すものです。

テニュアの調整。
Aチームの選手と、初めて客観的に指名された選手については、2年間の在籍が自動的となります。ケガのプロテクションは、より柔軟に、ケガの程度に応じて設定されます。2月1日以前にシーズン終了の怪我をした選手は、翌年も同じチームに指名されます。重傷でピークパフォーマンスまで回復するのに時間がかかる選手は、2年間のプロテクションを受けることができます。

まとめ
パティは、データに基づいた思慮深いアプローチで基準を設定することで、包括性を高め、米国のスキーヤーが高い目標を持つようになることを望んでいます。「いつでも、速く滑ることができれば、USスキーチームに入るチャンスがあるということを、みんなに知ってもらいたいんです」。



2023-24年 アルパイン基準順位表マトリックス


Slide1-1

Slide2

BBQでグリーンシーズンを締めくくり

来月からスノーシーズンへ気持ちを切り替えです!

PXL_20221030_030719170
PXL_20221030_031825126
PXL_20221030_031829172

『親子鷹』



ジュニアのフィールドで強さを発揮するRomy Ertl。昨シーズンは高学年でも総合ランキングで優勝することができた。もちろん、母親のマルティナ・エルトルは、このことを特に喜んでいる。⛷️

フランス女子ネクストグループ、ヴァル・セナレスでトレーニング継続中



ヴァル・セナレスでトレーニングの様子。
コンディションも良く、女子選手の調子も良い💪
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan