クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年08月

眺めのいい屋外ジムでコンディショニング

ヘンリク・クリストファセンのフリースキー

最高のものに触発されて進歩してください 💪

プロの技を求めて、ユース/ジュニアグループは、アレクシス・パンテュロー氏が指導するフィジカルトレーニングに参加しました。

Audi Sweden🏆⛷👊と風洞で100分の1を追う

マルタ・バッシノのパフォーマンステスト

真夏のグットコンディション











BIRDS of PreyのW杯は12月に復活予定



Xfinity Birds of Prey Audi FIS Ski World Cupが12月3日から5日までビーバー・クリーク・リゾートで開催され、スキーレースファンがスピードを求めているならば、3倍のスピードを得ることができるでしょう。

毎年Xfinity Birds of Preyレースを主催している非営利団体Vail Valley Foundationは、ビーバー・クリーク・ワールドカップの男子のスケジュールを以下のように決定しました。

12月3日(金):スーパーG
12月4日(土):ダウンヒル
12月5日(日):スーパーG

*男子ワールドカップの日程はまだ完全には確定していません。FISは9月に確定する予定です。ビーバークリークのレース時間は未定です。

すべてのイベントは、NBCスポーツのネットワークでストリーミングおよびライブ放送されます。

これらのレースは、アウディFISスキーワールドカップツアーの北米地域での復活の一環として行われます。

11月27日〜28日 11月27-28日:ホームライト・キリングトン・カップ(アメリカ)、女子スラローム、ジャイアント・スラローム

11月27日〜28日 11月27日〜28日:レイク・ルイーズ(カナダ)男子ダウンヒル、スーパーG

12月3日〜5日 カナダ・レイクルイーズ、女子ダウンヒル、スーパーG

世界最高のコースのひとつに戻ってきた」。

ライアン・コクラン-シーグル(アメリカ)は、ビーバー・クリーク・リゾートのバーズ・オブ・プレイ・コースに戻ることを楽しみにしている多くのレーサーの一人です。このコースは、急勾配、高速、厳しいターンで世界的に知られています。

1月にオーストリアのキッツビューエルで開催されたハーネンカムで負傷し、2020-21年シーズンの残りを棒に振るまでは、ダウンヒルで世界ランキング3位につけていたコクラン-シーグルは、「世界最高のコースのひとつであるここホームグラウンドに戻ってくるのが待ちきれない」と語りました。"この日は私のカレンダーに丸をつけてあります。私たちは皆、Birds of Preyが大好きです。コース、人々、ボランティア、環境、そしてビーバー・クリークでの米国スキーチームの成功の歴史など、すべての面で、この地元への帰還を私たちはとても楽しみにしています」と述べています。

この週末のレースは、2022年2月4日〜20日に北京で開催される2022年冬季オリンピックに向けての重要なマイルストーンであり、選手にとっては2022年米国オリンピックスキーチームへのノミネートに向けてポイントや順位を獲得するための予選会としての役割を果たします。

「ベイルバレー財団のマイク・イムホフ理事長は、「ここビーバー・クリークの象徴的なコースであるバーズ・オブ・プレイに、再び世界の人々を迎え入れることができ、これ以上の喜びはありません。

注目すべきアスリート

土曜日のダウンヒルで注目すべきレーサーの中には、2020年ワールドカップのダウンヒル総合チャンプであり、怪我をする前の今シーズンはダウンヒルランキングで首位、総合ランキングで2位だったアレクサンダー・アーモット・キルデ(NOR)がいると思われます。彼は、マティアス・マイヤー(AUT)とドミニク・パリス(ITA)を抑えて、改正された2020年シーズンのワールドカップ・ダウンヒルの総合タイトルを獲得したビート・フォイツ(SUI)をかわさなければなりません。

ヴィンセント・クリシュマイヤー(AUT)は、スーパーGのクリスタルグローブで総合優勝、ダウンヒルカップでは総合4位となり、金曜日と日曜日に行われるスーパーGでは先頭を走ることが予想されます。金曜日と日曜日のスーパーGでは、アメリカのトップレーサーであるコクラン・シーグルとトラビス・ガノン、そしてキルデ、マルコ・オデルマット(SUI)、マティアス・マイヤー(AUT)、マウロ・カヴィーゼル(SUI)などの挑戦者たちをかわしていくことになるでしょう。

「ビーバー・クリーク・リゾートCOOのナディア・ゲリエロは、「ビーバー・クリーク・リゾートは、バーズ・オブ・プレイを開催できることを誇りに思っています。また、ワールドクラスの急峻な地形と他にはないホスピタリティを紹介できることを楽しみにしています。「このイベントは、2022年の冬季オリンピックに向けて旅立つ世界最高のアスリートたちを、当リゾートとコミュニティが迎える特別な機会となります」。

Xfinity Birds of Prey、そしてAudi FIS Ski World Cupツアーの北米全域は、COVID-19のパンデミックにより2020年に中止されました。例年、ビーバークリークでの週末は、日曜日に大回転レースが行われるのが一般的でしたが、今年のAudi FIS Ski World Cupのカレンダーは、現場での参加者を減らすことで、COVID-19ウイルスにさらされる可能性を最小限に抑えるように設計されています。そのため、スピード系イベントと技術系イベントのグループができるだけ混在しないようにしています。

イムホフは、「ウイルスが初めて出現してから約2年が経過し、健全な手順とプロトコルを開発する時間ができました」と述べています。"私たちは、FIS、U.S. Ski & Snowboard、Vail Resorts、Beaver Creek Resort、Eagle County Public Health、その他すべての素晴らしいパートナーと密接に協力して、このような愛すべきレースを開催し、選手、ファン、パートナー、メディア、ボランティアの皆さんが、可能な限り安全で快適な方法でイベントを楽しみ、参加できるようにしています。"

獲物のビール」を提供

ベイルバレー財団によると、レースの週末を通して、音楽、景品、スポンサーの活動、ビーバー・クリーク・ビレッジでの「Birds of Prey Way」、そして大人気の試飲イベント「Beers of Prey」を含む幅広い祝賀付帯イベントを計画しています。詳細は今秋発表予定です。

健康と安全に関するポリシーが実施されます

ビーバークリークとベイルバレー財団は、「Audi FIS Ski World Cup」の開催に向けて、海外からの渡航を制限していますが、引き続き関係者と協力していきます。主催者によると、ゲスト、スタッフ、アスリートの健康と安全は最優先事項であり、スキーレース界が国際的なイベントの開催を再開するのに伴い、Xfinity Birds of Prey Audi FIS Ski World Cupの開催期間中は、必要に応じて健康と安全に関するプロトコルが強化される予定です。イベントのプロトコルは、FISが義務付けているものに加え、地域の健康・安全対策に準拠しており、進化する基準、公衆衛生、政府の指示に基づいて変更される可能性があります。






プロスポーツ選手の資金調達方法

近年、米国スキーチームの資金不足は解消されましたが、ほとんどのプロレーサーは依然として資金を調達する必要があります。



成功の要因を考察することで有名なマルコム・グラッドウェルは、「達成とは、才能に準備を加えたものである」と書いています。しかし、アルペンスキーレースというスポーツでは、その方程式に「プラス資金調達」を加えることができます。

オリンピックに3度出場したミーガン・マクジェームス選手、オリンピックに2度出場したアンドリュー・ワイブレヒト選手、独立系のライラ・ラパンヤ選手、ギリシャ系アメリカ人レーサーのAJ・ギニス選手、そして現在の米国スキーチームの選手であるブリージー・ジョンソン選手、ライアン・コクラン・シーグル選手、ニーナ・オブライエン選手、これらの選手の共通点は何でしょうか?それぞれのアスリートは、寄付者、資金提供者、支援団体のサポートにより、スポーツのトップへと加速していく多くの人々の一人です。

資金調達は必要性に基づいて行われます。その資金ニーズは、人によって、チームによって、そして目標によって進化します。また、アメリカのスキーレース界で最も成功した選手たちにとっても、資金調達は必要不可欠な要素となっています。しかし、なぜアメリカではこれほどまでに資金調達が必要なのか、そしてアスリートたちはどのようにして資金調達を行っているのか。

ギャップを見極める
今から約16年前、ペンシルバニア州で成功したビジネスマンであり、U.S. Skiingのサポーターでもあるトム・カラムは、アメリカや世界でプロのレーサーとして生計を立てることができるのは、最高のスキーヤーだけであることを知りました。T2基金の初期の活動は、2008年に米国スキーチームが多くの選手に多額のチーム費を課すことになったことをきっかけに、発展していきました。

2003年には、ワールドカップスキーヤーのブライアン・フリードマンとエリック・シュロピーがワールドカップ・ドリームズ・ファンデーション(WCDF)を立ち上げ、当時は怪我をして収入を得られなくなったアスリートのための保険を提供していました。2008年にアメリカのスキーチームが使用料を徴収したことで、T2の活動が変化し、WCDFも変化しました。

「当時、スキーチームはBチームまで15,000ドルのチーム費を要求していましたが、当時は世界ランキング30位以内の選手が対象でした。「当時は、世界ランキング30位以内の選手が対象でした。

当時、アメリカのスキーチームに所属していた人たちは、チーム費が経済的な負担となり、チーム文化を阻害していたことを思い出します。6年間在籍したライラ・ラパンヤの場合、2011年から2017年の間にチーム費と旅費で年間平均5万ドルを自己負担したと振り返っています。一方、彼女のチームメイトであるニーナ・オブライエンは、自分の夢を追いかけるために費用を負担してD and Cチームに足を踏み入れていました。

オブライエンは、アメリカのスキーチームに入る前からT2のサポートを受け、成長の過程でヨーロッパに行く機会を得ていたと振り返ります。大きな目標を持っていた当時のFIS選手にとって、正直なところ自分の力だけではトップに立つことはできなかったため、彼女は長年のスポンサーを頼りにしていました。

「私たちスキーヤーの誰もが直面している、とても現実的な問題です」とオブライエンは言う。「でも、このスポーツにどれだけお金がかかるかということは、誰もがよく知っていることだと思います。ありがたいことに、私を助けてくれる人たちがいて、私の肩の荷を下ろしてくれました。自分の夢に向かって全力を尽くすことができるというのは、とても自由な感覚だと思います」と語っています。

オブライエンのキャリアを振り返ってみると、米国スキーチームは、チーム費を廃止して選手への資金提供に重点を移し、選手への「完全な資金提供」を行うようになりました。

そして、議論は転換しました。アスリートに資金が提供されたとして、次は何をするのか?"Funded "という言葉を定義します。チーム費はもはやアスリートの責任ではありませんが、ビーズマイヤーによると、世界ランキング25位以内に入っているアスリートの中には、およそ1万8,000ドルの収入がある人もいます。では、18,000ドルで全米トップランクのスキーヤーは生活できるのでしょうか?

資金調達の必要性

全米選手権で8回優勝し、GS世界ランキング15位のオブライエンは、まだ生活費が必要だと指摘します。

「私は23歳で、年をとっていますが、生活費はまだあります。」とオブライエンは表現しています。「今年はチームの活動費がありませんが、私は自分自身を支えなければならない時期に来ており、家賃、食費、ガソリン代、ジムの会員費、保険料などを支払わなければなりません。家賃、食費、ガソリン代、ジムの会員費、保険料など、"現実の生活 "に必要な費用をすべて支払わなければなりません」。

旅を始めたばかりの頃、オブライエンはコスト削減のために無名のフライトパターンを購入していました。そして、それは彼女だけではありませんでした。彼女のチームは全員、コスト削減のためにマイルを使ったり、乗り継ぎ時間を増やしたりしていました。資金調達の必要性は進化していますが、オブライエンさんは、ワールドカップの舞台で活躍するために、これまでの旅で築いたネットワークを今後も頼りにしていきたいと考えています。

「オブライエンは、「自分が本当に良い成績を残し始めたとき、スポンサーからお金をもらえるようになったとき、あるいは、自分が優勝して賞金をもらったとき、というようなポイントがあると思うんです。「その時に、資金調達の必要性から自活できるようになるのかもしれません。テッド・リゲティ、リンゼイ・ボン、ミカエラ・シフリン、彼らは資金調達の必要がなく、とてもうまくやっています。率直に言って、頂点に立たない限り、このスポーツには大金はありません。だからこそ、Aチームのアスリートたちはいまだに助けを必要としているのです」。

ワールドカップ・ドリームスに登録されているナショナルチームの選手(全33名中14名が米国スキーチームの選手)にとって、ビーゼマイヤーは、米国スキーチームの本拠地であり、センター・オブ・エクセレンスでもあるパークシティに夏の間住んでトレーニングをすることが、大きな出費になると指摘しています。パークシティは、ユタ州で最も物価が高い場所として常にランキングされており、全米平均よりも164%も高いのです。

また、2022年のオリンピック出場を目指すアメリカ人のライラ・ラパンジャ選手のように、単独でレースに参加している選手もいます。ラパンジャ選手は、全額出資の選手とワールドカップで戦うために、すべての費用を負担しています。スキー技術者、コーチ、ストレングス&コンディショニングトレーニング、理学療法士、航空券、手荷物料金、宿泊費、食事代、交通費など、ワールドカップでのレースを成功させるためには、膨大な費用がかかります。さらに、レーン使用料やリフト券、ゲートやフィットネス用品などの装備品の費用も加わります。

「ワールドカップレベルの選手をトレーニングして準備するための年間基本経費は、少なくとも15万ドルです」とラパンジャは語ります。「私はナショナルチームからサポートを受けていないので、競争力を維持するために必要なリソースを得るために、スキートレーニングを探して整理するなど、追加のギャップを埋めなければなりません」。

ラパンジャ選手に加えて、スラロームのナショナルチャンピオンであるAJ・ギニス選手は、元米国スキーチームのメンバーであり、二重国籍のため、ギリシャのスキー連盟での初シーズンを終えたばかりです。ギニスは、T2チームに参加したのと同じ2012年に米国スキーチームに参加し、それ以来、資金援助を受けてきました。在籍期間中、ギニスにはチームフィーが支払われていました。現在、ギリシャのレースに出場していますが、ワールドカップに出場するためには、さらなる支援が必要です。

「ギリシャのレースに参加していても、私はアメリカの市民です。「ギリシャ連盟から資金援助を受けていますが、ワールドカップのフルタイムチームをサポートするには十分ではありません」と語りました。
助けを求める

オフシーズンのスキー、トレーニング、準備は、オブライエン、ラパンヤ、ギニスのようなアスリートにとって、フルタイムで取り組まなければなりません。オブライエン選手にとって、ワールドカップで活躍するために必要なトレーニングの時間を確保しながら、自己負担分を支払うために、仕事をして追加の収入源を確保することは難しいことです。彼女の生活費とシーズンをサポートするためには、助けを求めることが必要でした。

「助けを求めるのは難しいことです」とオブライエンは言います。「経済的な助けを求めるのは本当に難しいことです。助けを求めるのは難しいことです」とオブライエンは言います。「金銭的な助けを求めるのは、本当に難しいことです。

多くのアスリートは、T2やWCDFを主な支援先としています。また、オブライエン選手のように、個人で寄付をしてくださる方にも支援をお願いしています。それぞれのアスリートには、その必要性を示す独自の予算があります。ビーズマイヤー氏によると、キャリアを向上させるための外部リソースは、正当な費用であるという。ラパンジャ選手の場合は、パーソナルトレーナー、トレーニング機器、そして最近では、COVID-19テストの旅費も含まれています。6年間の米国スキーチームのメンバーから独立した後、彼女の財政的な要求は3倍になりました。

ラパンジャは、「アルペンのワールドカップレーサーとして、現在、年齢に基づく基準により米国スキーチームからの資金援助を受けていませんが、スポンサーやパートナー、資金調達の機会を得ることで、私の夢を実現しています」と述べています。「特にワールドカップのエリートレベルでは、経済的なライフラインがあるからこそ、レースを続けることができるのです」。

自分の物語を書くのはアスリート次第だという議論もあります。ビーゼマイヤーのようなアスリートにとって、彼は自分のストーリーをしっかりと語ることができました。そして今、彼はすべてのアスリートが語るべき良いストーリーを持っていると言います。彼は、WCDFがアスリートにストーリーを伝えるプラットフォームを提供し、税金控除の対象となる寄付金を受け取りながら、より良い資金調達者になることを望んでいます。

「スキーレースのユニークなところは、選手がどこにいようと、どのレベルにいようと、語るべきストーリーを持っていることだと思います。「夢を追いかけている子供たちの姿を見て、人々は寄付をしてよかったと感じるのだと思いますが、それは人生においてそれほど一般的ではありません。私たちはそれを利用して、アスリートが成功するための経済的支援を行うことができると思うのです」。

T2とWCDFは、募金活動を効率化するために、資金調達の観点からも協力し合う機会を得ました。アスリートに直接資金援助を行う2つの大きな組織は、今年合併して、その影響力を高めました。

ビーゼマイヤーは、資金調達が多すぎるのではないか、あるいは欲が出てアスリートが多くを求めすぎているのではないか、と疑問を投げかけています。自分のキャリアの中で助けを求めてきたアスリートであり、現在はWCDFゴールドチームのメンバーに直接資金を提供している彼は、資金を求めることが難しいことを知っています。2つの組織を統合することで、資金調達の市場を狭めることなく、より多くのアスリートを支援できると考えています。


ロスターのサポート

"私は幸運にも、キャリアを通じてT2とワールドカップ・ドリームの両方をサポートしてもらいました。浮き沈み、怪我、勝利など、私の背中を押してくれ、目標に集中することができました。彼らがいなければ、私はこれほどまでに成功していたかどうかわかりません。彼らのサポートとインスピレーションにとても感謝しています。"
-アンナ・マルノ、米国スキーチーム卒業生

"WCDとT2は、私が必要とする資金のギャップを埋めてくれます。"
-AJ Ginnis, U.S. スキーチーム卒業生, ギリシャのワールドカップレーサー

"彼らのサポートにはとても感謝しています。スポーツのあらゆるレベルのアスリートを支援する彼らの活動が大好きです。"
-アリス・メリーウェザー、米国スキーBチームメンバー

「ワールドカップ・ドリームズ・ファンデーションは、寄付者や後援者が税金控除の対象となる寄付を通じて私の旅を支援するために、よく整理されたプロフェッショナルなポータルを提供してくれます。私はWCDFの情熱的な使命を尊重し、年齢に関係なく、スポーツを続ける余裕がなかったために、早々にスポーツから離れなければならないアスリートがいてはならないと信じています。"
-ライラ・ラパンヤ(米国スキーチームOB、チームUSAワールドカップレーサー

"スキーチームに参加する余裕があったかどうかは、本当にわかりません。彼ら(T2、現在のWCDF)がいなければ不可能だったと言っても過言ではありません。
-ニーナ・オブライエン、米国スキーチームAチームメンバー

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

アダム・ザンパ、スタビリティーとコアトレーニング⛷♻️

ソフィア・ゴッジア、オフにマッターホルン周辺をツーリング

マッターホルン周辺 💯
チャービニアからツェルマットまで自転車で🚲。
忘れられない一日になりました❤️。


巷の噂では、このメンバーがサースフェーでスピードを出して滑っているそうです

ビッグリゾートクラブはいかにして最大の効果を発揮するか



私たちは、大きなプログラムや大きな山があると、それだけで値段が高くなったり、牧場のような体験をしなければならないと考えがちです。しかし、そうではありません。大きなプログラムでは、山に付随するスキーの利点に加えて、公的・私的なリソースの充実はもちろんのこと、リゾート従業員への割引や下取りなどのサービスを提供することができます。それぞれのクラブには、他とは一線を画す秘密のソースがありますが、ほとんどのビッグクラブは、スモールクラブと同様に、コストを抑え、質を高め、楽しい雰囲気を維持することを意図しています。Team SummitのCB Bechtel氏はこう言います。「フルタイムのスキーパトロール隊員は、自分が働いている場所の競技プログラムに自分の子供を参加させることができるはずです。そのような人たちを惹きつけるためにできることは、このスポーツにとって重要です。もし中間層をすべて追い出してしまったら、ファンベースを制限することになります」。

スコーバレー。チームの中のチーム
スコーバレーの山の大きさと範囲は、常にその最大の魅力であり、またその魅力は継続しています。スコーバレー・アルパイン・メドウズ(SVAM)のスノースポーツプログラムは、ベイエリアの家族連れやタホ/トラッキーへの移住者の爆発的な増加によって支えられており、1,600人ものアスリートを擁しています。その中には、U-12以上のフルタイムのスキーレーサーが175人もいます。

スキーチームのディレクターであるビル・ハドソンは、理想的なプログラムとは、選手とコーチの間に密接な関係を築くことであり、また、お互いに刺激し合う子供たちと一緒にスキーをすることで得られる仲間意識やペースを提供することであると説明します。「このような大規模なプログラムでは、その両方を実現する方法を考えなければなりません」とハドソン氏は言います。SVAMでは、子供たちのニーズに応じて多くのグループに分ける「チーム・オブ・チーム」というアプローチを採用しています。「4〜5人のグループに、適切な育成とトレーニングの機会を提供することができます」とハドソンは言います。そのため、地元の若いアスリートがフルタイムでボリュームのあるトレーニングやチャレンジを楽しむことができる一方で、週末のみのU-12やU-14は、友達と一緒に適切なレベルのトレーニングを適切な会場で、遅れを感じずに参加することができます。

SVAMのフルタイムFISプログラムは5,535ドルで、週5日のオンヒルトレーニング、施設内のジムでの年間を通してのコンディショニング、Tahoe Forest Sports medicineとの提携による栄養カウンセリング、セミナー、クリニック、アスレチックトレーナー、スポーツ心理学者へのアクセスなどが含まれており、非常に価値のあるプログラムとなっています。また、Far West Masters、Squaw Valley Alpine Foundation、Lake Tahoe Ski Club Foundationなどの奨学金制度も充実しています。

スコーバレーは、アスリートが公立学校に通うことが可能な地域のひとつであり、これは経済的に余裕があることの重要な特徴です。ノースタホ高校のスキーアカデミーでは、選手は正午にバスに乗ってスクーに行き、午後からトレーニングを受けることができます。スコーにあるクリークサイド・チャーター・スクール(K-8)では、200人の生徒のうち半分以上がSVAMのスノースポーツプログラムに参加しています。

マイティマイトからFISまでのアスリートが5月までプログラムやキャンプを行うことができるのも、シエラの積雪量のおかげです。マンモスやフッド山に近いということは、飛行機に乗らなくてもオフシーズンに多くのトレーニングを行うことができるということです。

もちろん、年齢に関係なく、高速で急な斜面を自由に滑ることができます。また、コーチの後ろでは、コーチを捕まえるのが難しいほどです。例えば、アメリカのDH選手であるマルコ・サリバンは、U16を担当しています。サリバンと一緒の日は、「何があってもKTで5本滑る」とハドソンは言う。

スチームボート。マルチディシプリンなアプローチ
スチームボートが「スキータウンUSA」と呼ばれるのには理由がある。街中にあるハウエルソン・ヒルの施設では、アルペン、クロカン、ジャンプなど、すべての種目のスキーを誰でも気軽に楽しめるようにしています。スキルアップのために、U10プログラムにはモーグル、フリースキー、ジャンプが含まれており、クラブではギアを購入するよりも、コンビのオールマウンテンスキーをレンタルすることを推奨しています。

U-12であっても、週5日のプログラムには、ノルディックとジャンプの「スキーマイスター」を1日ずつ組み込んでいます。「これにより、子供たちは多様なスキルを身につけることができ、アルペン競技の発展にもつながります」とアソシエイト・エグゼクティブ・ディレクターのジョン・ノルティングは言います。また、子供たちが自分に合ったものを見つけるための時間も与えられますし、保護者の方々には、単にゲートを増やすだけでなく、幅広いスキルを身につけることの長期的な価値を伝えることもできます。

スティムボートでは、11月初旬にハウエルソン・ヒルのスキー場を開放し、地元のスキー場を最大限に活用しています。シーズン初めも終わりも、選手たちはコロラドのスキー場を最大限に利用し、オフシーズンの旅行の必要性を最小限に抑えています。

FISレベルでは、ステムボートのホームヒルであるハウエルソンヒルやステムボートリゾートのスティーブンスファミリーアルパイン会場に、FISや大学のトップアスリートを招待することができます。また、公立学校との協力関係も長く続いており、高校や幼稚園から高校までの私立スティームボート・マウンテン・スクールとの学業やスポーツの調整を行うクラブ・リエゾンもいます。

SSWSCは、ワールドクラスの施設やスキー文化の根付いた町の公立学校を利用できるとはいえ、スキーレースは決して安いものではないと認識しています。これは、低所得者とは言えない家庭でも同じです。アスリートに提供される7種類の奨学金のうち、EZスカラシップ(他の奨学金との併用も可能)は、年収16万ドルまでの地元家庭を対象に、プログラム費用を10〜40%相殺します。ノルティングが説明するように、"奨学金の申請にはスティグマがある "のです。枠をクリックするだけの簡単な手続きで、「このスポーツを続けることを簡単に決められるようにしたい」とノルティングは願っています。

20回の冬季大会の間に95人のオリンピック選手が16個のメダルを持ち帰ったことで、スチームボートはスキーの歴史にその名を刻むことができました。今後、SSWSCは、幅広い基盤を築くことで、このスポーツが健全で長期的に持続可能であることを期待しています。

ベイル 雪が降っているときに滑る
コロラド州のハイカントリーの中心部に位置する利点のひとつは、10月から6月まで雪にアクセスできることです。これは、標高が高く好条件であるだけでなく、過去15年間にベイルのゴールデンピーク、カッパーマウンテン、ラブランド、キーストーンのインフラが改善されたおかげです。その結果、数年前のSki & Snowboard Club Vailのスタッフは、周りを見渡して "家にいよう "と言ったそうです。

COVIDの流行により、一時的にこの戦略を変更せざるを得なくなりましたが、エグゼクティブ・ディレクターのジョン・ヘイルは、今後のシーズンでは、コロラド州のみでの準備期間に戻り、エイジクラスの選手(U14以下)が最初のレースに出場する前に、ヴェイルバレーから車で1日以内の場所で65日間のトレーニングを行うことを期待しています。州外に出れば1日300ドル以上かかるところを、自宅で行うことで、SSCVは1日50ドル以下でハイレベルなトレーニングを提供しています。

「SSCVでは、雪が降っているときには雪を活用することに心血を注いでいます」とヘイルは言います。「この戦略により、家族の準備期間の費用をできる限り抑えることができます。さらに、選手が他のスポーツを楽しむことができ、オフシーズンには "子供が子供であるための時間 "を提供し、思春期の重要な時期に体を休めることができます」と述べています。

この滞在型戦略を後押ししたのが、ベイルのゴールデンピーク拡張プロジェクトです。このプロジェクトは、クラブ会費ではなく、すべて個人の寄付によって賄われました。このプロジェクトは、クラブ会費ではなく、すべて個人の寄付によって行われました。この拡張プロジェクトでは、約30エーカーのトレイルスペースが追加され、新しいリフトが導入され、雪作りのインフラも改善されました。これらの拡張により、アルペン会場に600垂直フィートが追加され、フルレングスのスピードに対応できる1,700垂直フィート以上のレース用テレインが実現しました。このプロジェクトでは、2つの新しいアルペンコースと、既存の大回転のスタート地点につながるコネクターが作られました。しかし、おそらく最も重要なことは、このプロジェクトがより高い標高へのアクセスを提供することで、地元のアスリートがシーズンの早い時期や遅い時期に自宅でトレーニングできるようになることです。

Dan Leever氏による2016年の調査を含む研究では、ワールドカップを含むスポーツのエリートレベルに到達して活躍するためには、幼少期のトレーニング量が重要であると結論づけられています。このようなアスリートを育成するためには、スポーツの通常の競技シーズン以外にかなりの日数のトレーニングを行うことが不可欠です。また、Leever氏の研究では、夏の間、雪を追って遠方に出かけるのではなく、「雪が積もっているときのスキー日」を利用することの重要性が強調されていますが、これはもちろんお金の節約にもなります。

さらにSSCVでは、レッドサンドストーン小学校との提携により、フルタイムでスキーレースに参加する小学3年生、4年生、5年生のスケジュールに合わせてカスタマイズされたアカデミックプログラムを提供することで、コスト削減を図っています。米国初の公立スキー・スノーボードアカデミーとして人気の高いVail Ski & Snowboard AcademyをモデルとしたRed Sandstoneとの提携により、公立学校の選択肢が増え、より多くの家族にとってスキーレースのライフスタイルが身近なものになりました。

スノーバード。見せるためではなく、スピードのために作られた
ブリジャー・コールがスノーバード・スキー教育財団の責任者に就任したとき、前任者のスティーブ・ボウナスは30年前に就任していました。スノーバードのプログラムは長年にわたって極めて安定しており、クラブの「スキーが第一」という文化も同様です。

つまり、楽しさやフリースキーを重視し、道具や旅行などの過剰なものはあまり好まないということです。「私たちは常にコストを考えています」とコール氏は言い、スノーバードは常に責任を持って効率的に運営されていると述べています。スノーバードではコーチの定着率が高いのですが、これはコーチがソルトレイクシティで自分の人生を切り開くことができるからです。ソルトレイクシティはキャリアや教育の機会が豊富で、不動産価格もリゾート地より手頃です。

Snowbirdのソフトキャップは300人で、品質とコンテンツの構築に重点を置いています。特にコール氏の目標は、奨学金を継続的な支援に発展させることです。

装備については、選手たちは社内で装備を交換してコストを抑えており、スピードスキーはU16まで回されています。「スキーにはお金がかかりますが、何よりも大切なのは旅行です」とコールは言います。U14までのスノーバードの選手は毎晩自分のベッドで寝ることができ、U16からはチームでの旅行が始まるのです。シーズン初めには人混みを避け、地元のチームと協力して人混みの少ない会場を探し、費用を最小限に抑えます。また、雪が降らないので、週に2日、ユタ・オリンピック・パークでの練習も行っています(有料)。

ソルトレークに近いスノーバードには、数十の公立学校から選手が集まり、それぞれのスケジュールを調整しています。「遠くまで行ってアカデミーに通う必要はありません」とコールは言います。地元のコミュニティは、お互いに助け合い、非常に機知に富んでいることでも知られています。例えば、世界ジュニア選手権で活躍し、ビッグマウンテンのスターとなったエンジェル・コリンソンは、スノーバードの従業員寮で育ちました。「家族と仕事を交換したり、アスリートを夏場に働かせて学費を捻出したりと、できる範囲での協力をしています」とコールは説明します。

スノーバードの最大の強みはスピードです。「最大の強みは早朝のトレーニングです」とコールは言います。シーズン中には、早朝の高速GSを50回以上、U14からは広いビッグエマでスーパーGを行うこともあります。「また、シーズンが長いのも特徴です」とコールは言います。また、私たちのシーズンは長いのです」とコールは言います。彼らは通常、メモリアルデーまでスキーをし、子供たちには夏に他のスポーツをすることを奨励しています。

チーム・サミット。低オーバーヘッドと地元への働きかけ
A-Basin、Breckenridge、Copper Mountain、Keystoneへのアクセスを持つチーム・サミットは、コロラド州サミット郡の子供たち、そしてそれ以外の地域の子供たちにもアクセスしやすい機会を提供しています。アルパインアビリティのディレクターであるアルド・ラダマスは、「青少年団体としての使命とビジョンを実現し、競技力を向上させながら、アクセス性を向上させるために努力しています」と語ります。

その鍵は?それは、無駄のないフラットで効率的な組織構造と、パートナーとの連携です。エグゼクティブ・ディレクターのCB・ベクテルは、3人の管理チームが、520人のアスリート(110人のフルタイム)に対する501c3の300万ドルの予算を管理していると説明しています。また、イベントや開発スタッフの仕事は、それぞれのポジションで賄われています。会計事務所と提携して管理業務をアウトソースし、効率化することで、チームサミットは、高額な役職に就くことなく、高度なスキルを持つ人材や、効率的で統合されたクラウドベースのサービスを利用できるようになりました。

その他の重要なパートナーシップは、各スポーツのエントリーレベルとデボレベルのプログラムを提供している各リゾートとのものです。それぞれのリゾートでは、各スポーツのエントリーレベル、デボレベルのプログラムを提供していますが、各種目において、他に類を見ない多様性と、正統なワールドクラスの施設を提供しています。コッパーではFISレベルのアルペントレーニング、キーストーンでは夜間トレーニングと年齢別クラス、アベージーンとブリッケンリッジではビッグマウンテン、そしてテレインパークが至る所にあります。

FISレベルの高い大会に出場するまでは、「ほとんどの大会から日帰りで行くことができます」とベクテルは言います。チーム・サミットの大きな利点は、シーズンが長いことです。アルペンの選手は、10月から6月まで地元の雪の上で活動することができ、飛行機、宿泊、高価な食事を必要としません。

サミットのアカデミーコーディネーターは、サミット郡の公立学校とスノーイーピークスの予備校の教育システムについて、家族が交渉できるようにサポートしています。サミット高校スキーチームとの提携により、選手は土曜日にジュニアコーチングプログラムで働く代わりに、給料、パス、マスターズプログラムのトレーニングを受けることができます。「これにより、小さな子供たちに教えることのできる強いスキーヤーが集まり、高校のスキーチームも強化されました」。

サミットカップシリーズは、各スポーツの各山で1つの大会が開催され、U16の誰もが無料で参加でき、スポーツに参加する人を増やしています。ベクテルは、「一番クールなのは、フリスコ・アドベンチャー・パークで行われる月曜夜のバブルガム・レースだ」と言います。子供たちは午後4時から5時まで2つのコースを走り、5時からレースを行います。その際、町の人たちはホットココアとクッキーを用意してくれます。「想像以上に幸せな雪上の時間ですよ」とベクテルは言う。

アリエスカ・スキークラブ(Alyeska Ski Club)。パートナーとボランティア
アリエスカ・スキークラブは、アラスカが州として成立して以来、地元の人々にスキーを教えてきました。600人の会員のうち、350人がレースやオールマウンテンスキーの入門プログラムを低料金で楽しんでいます。会員のうち600人のうち、350人が低価格の入門用レーシングプログラムとオールマウンテンスキープログラムを利用しており、一度ハマるとジュニアレーシング、フリースキー、アルパインXのプログラムに進むことができます。


「そのため、家族連れが多いのが特徴です」とエグゼクティブ・ディレクターのLara Hildrethは言います。「私たちは、より少ない費用でより多くのことを行うという長年の哲学を持っています」。

3人の管理スタッフが110人の従業員を統括していますが、そのうち約1/3は有給のプログラムディレクター、ヘッドコーチ、ジュニアとフリーライドのスタッフです。残りはボランティアで、その半数以上はこのプログラムで育った人たちです。フルタイムの選手は、アンカレッジとガードウッドから来ており、週に6日トレーニングを行っています。「確保できる限りのスペースを毎日活用しています」とHildrethは言います。

つまり、午前9時30分から午後8時まで、さまざまなグループのトレーニングを行っているのです。週のトレーニング日数に応じて料金を徴収することで、選手とコーチの比率を6:1に保ちながら、効率的にプログラムを実施することができます。

クラブは、フルタイムのアスリートのためのレースプログラムを助成するために、100社以上のスポンサーと財団の助成金に頼っています。意外と知られていないのですが、「競技プログラムの最大の課題は旅費です」とヒルドレスは言います。U14からスタートすると、最低でも年に2回、FISの選手であれば年に6〜7回は州外に出なければなりません。

ASCでは、国内の他のクラブとの関係を利用して、遠征時のバンや機材、選手の代理コーチなど、あらゆる面でコストを最小限に抑え、最大限の露出を図っています。

また、アラスカ航空のクレジットカードを利用することで、経費を年間100万マイル近くにし、コーチの移動やオークションパッケージに利用しています。ASCとアラスカ大学アンカレッジ校が協力して、UAAのスポーツ施設で毎年大規模なスキースワップを開催し、UAAの選手は自分のギア(とFISポイント)をASCの選手に譲渡し、卒業後もコーチとして残ることもあります。旅行と同様に、コーチを見つける作業もアラスカでの課題です。Hildreth社では、生活に困らない賃金、忙しい冬、そして夏には大自然を探索するための多くの時間を提供し、自分たちが働く場所を愛しています。"年々、定着率が上がっているので、採用数は減っています。"

マウント・ワシントン・バレー 3つの山とハードワークの遺産
ニューイングランドの厳しい山々の中心に位置するマウント・ワシントン・バレーは、アッティタッシュ、ワイルドキャット、クランモアの3つの山と、多くの熱心なスキーヤー、そしてスキーレースの遺産をつなぐ、荒々しい草の根の活動を行っています。

マウント・ワシントン・バレー・スキーチームのエグゼクティブ・ディレクターであるマイク・ルブランとプログラム・ディレクターのリアン・スミスは、ニューハンプシャー州の公立高校でスキーレースをしながら育ち、UNHのNCAAレースにも参加していました。

スキーレースを労働者階級の人々にも身近なものにするために、彼らは大きな支出の流れを変えるという使命を担っています。「標準的な方法では、大きな反感を買います。「私たちはその流れを断ち切ろうとしているのですが、それには絶好の場所にいます」。

地元のヒーローであるスミスは、史上最も成功した米国女子スピードチームで10年を過ごし、「ここでスキーレースをする多くの人々には、素晴らしい機会があります」と語ります。挑戦的で変化に富んだフリースキーの地形を提供し、FISレベルのレースを開催できる3つの山、幼稚園児から6年生までのすべての子供たちが無料でスキーを楽しめる地元プログラム(イースタンスロープ・スキークラブ)、地元の学校との協力関係、熱心で知識豊富なトレーナーがいる中央に位置するジム、楽しさと競争を提供する子供たちの年間を通しての強力なコミュニティ、世界クラスのマルチスポーツ環境などです。

これらは、「子供は早くから専門的な知識を身につけるべきではない」という彼らの基本的な哲学を表しています。「と、ケネット・パブリック高校で3種目のスポーツ選手として活躍したスミスは言います。MWVSTは、公立学校だけでなく、地元のチャータースクールや近隣の公立・私立のFryeburg Academyとも密接に連携しています。

この3つの地域とそれ以外の地域(マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州)の子供向けプログラムの子供たちは、U16で地域のMWVSTに参加します。彼らは3つの山で、フルタイムまたは週末にトレーニングを受けることができます。

クランモアはスクールバスで10分ほどの距離にあり、週に一度のトレーニングに参加できます。スキーアカデミーに通うよりもはるかに安い費用で、あらゆるリソースを活用するには、努力を惜しまず、コミュニケーションをとり、組織的に行動することが大切です。「私たちが伝えようとしているのは、このメッセージです」とスミスは言います。「私たちが伝えたいのは、適切なコーチやプログラムを受ければ素晴らしいスキーヤーになれるという期待ではなく、個人が成長できる環境を作りたいということなのです」とスミスは言います。

グールド・アカデミー。自分のコーチングを育てる
タオ・スミスは率直にこう言います。"コストは、トップアスリートを擁するための最大の障害です。" Gould Academyの学校長であるタオ・スミスは、UVMでレースに出場した後、キリングトン・マウンテン・スクールで19年間指導にあたりました。彼は、スキーレースの歴史と現在の課題に精通しており、コストに関する話を、アクセスと価格、長期的なスポーツ選手の育成、そして質の高いコーチングという3つの側面から捉えています。

「若い優秀な人材を獲得し、コーチングを継続させることは、常に課題となっています」とスミスは言います。"若い才能を失うのは時間の問題です。" これは、Gouldのように(アカデミーとSunday Riverの両方で)優れた施設と会場を持ちながら、さらに人里離れた場所にあるプログラムでは、特に大きな問題となります。しかし、経験やトレーニング、そして陸上競技やデータ管理、ビジネスに関連した分野の大学院での学位取得を約束することで、若い人たちに3年間の約束をさせることができるとしたらどうでしょう?

これがスミス氏の構想する「グールド・フェローシップ・プログラム」です。このプログラムは、スキー選手としてのキャリアを終えたばかりの若いアスリートたちに、コーチングやその他の市場性のあるスキルのトレーニングを受けさせることを目的としたユニークなプログラムです。このプログラムは、スキーキャリアを終えようとしている若いアスリートたちに、コーチングやその他の市場性のあるスキルを身につけてもらうことを目的としています。コーチングとティーチングのカリキュラムに加えて、人間開発、心理学、青年期の発達、生理学、技術トレーニングと分析、子供や親を管理するためのコミュニケーションスキルなどのトレーニングを受けることになります。「それが一番難しいことで、そのためのトレーニングはありません」とスミスは言います。「ただ知っているだけなのです」。将来的には、常時6人から9人のコーチを配置し、継続性と新しいエネルギーの継続的な流入を図るとともに、離職によるストレスやプレッシャーを軽減することを目指しています。

「コーチングを受けてみたいと思う若者の数を増やし続けることができれば、プロのコーチとして活躍したいと思う人の数も増えるでしょう」とスミスは言います。このプログラムを実施するには、大規模なクラブや学校のインフラが必要となりますが(住居やチームベースの管理が鍵となります)、適切なプログラムであれば、スタッフを増やし、活力を高めるための費用対効果の高い方法であるとスミスは考えています。「このようなシステムとプログラムを開発することができれば、国内のどのプログラムでも再現することができます。このようなシステムやプログラムを開発することができれば、全国のどのプログラムでも再現することができます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

100日後にクールシュヴェルのトラックで会いましょう!!

マウロ・カビエツェル、冬に向けて準備万端

冬はスキー、夏はオートバイ⛷️🏍️。
頭部に重傷を負ったマウロ・カヴィーゼルは、オートバイだけでなくスキーでも、すぐに全開で走りたいと考えています⛷️🏍️。


W杯レヴィまで85日

ガルミッシュ・パルテンキルヘン2027年「世界スキー選手権を開催できる」



このような自己認識のもと、ドイツスキー協会、ガルミッシュ・スキークラブ、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのマーケットタウンが作成した2027年世界スキー選手権大会の公式招致コンセプトである「ワールドカップ・ビッドブック」は、2021年9月1日の期限に間に合うように国際スキー連盟(FIS)に手渡されました。

50年以上にわたり、ここガルミッシュ・パルテンキルヘンでは、あらゆる種目のトップクラスのスキーレースが開催されてきました」。この分野では抜群のノウハウを持っていると自負しています。毎年開催されるアルペン・ワールドカップに加え、最近では2011年に開催されたスキー世界選手権でも、このことを印象的に示すことができました」と、第1代市長のエリザベート・コッホは熱く語っています。

組織委員会は、DSV(ボードスポークスマンのフーベルト・シュヴァルツ)、ガルミッシュ・スキークラブ(ワールドカップコミッショナーのペーター・フィッシャー)、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのマーケットタウン(第1代市長のエリザベート・コッホ)を代表として、この「雪の祭典」をガルミッシュ・パルテンキルヘンで3回目の開催に向けて準備を進めています。ガルミッシュ・パルテンキルヘン市は、世界スキー選手権大会をきっかけに、将来の世代のために町の生活の質を向上させることを目的に、競合他社に比べて前例のないアプローチをとっています。この持続可能性という側面は、競合他社に対する大きな切り札です。そして何よりも、3人のパートナーは、スキーには、スポーツに対する共通の熱意を通じて、人々を互いに尊重しながら結びつける力があると固く信じています。

ガルミッシュ・パルテンキルヘンが2027年の世界スキー選手権の会場になるかどうかは、FIS理事会が契約を授与する2022年5月にならないとはっきりしません。

ララ・グート‐ベラーミとペトラ・ブルホバは、2つ目の大きなクリスタル・グローブを夢見ている



スイスのスキーレーサーLara Gut-Behramiは、昨冬、夢のようなシーズンを過ごしました。もし、シーズン最終戦のレンツェルハイドで、2つのスピードレースが悪天候に見舞われていなければ、大きなクリスタルグローブをめぐる戦いは、さらに接近し、よりドラマチックなものになっていたでしょう。このように、スロバキアのペトラ・ヴロヴァーは、比較的簡単なゲームで悲願のトロフィーを手にすることができました。

また、スイス人はオリンピックの金メダルを夢見ている。30歳のティチーノ出身の彼女と4歳年下の対戦相手は、この夏、スペインで休暇を過ごしました。グットベーラミがコーチのアレホ・エルバスの故郷であるグラナダで休暇を過ごし、フィットネスをしたり、アルハンブラ宮殿を訪れたりする一方で、スロバキア人もイベリア半島で楽しんでいました。

昨冬のワールドカップで、グートベーラミ選手に111ポイントの差をつけて総合優勝を果たしたペトラ・ヴロヴァー選手も、冬季オリンピックを目玉とする来シーズンが特別なものであることを知っています。4年に1度、最高のスキーエースたちが金・銀・銅を競い合う。このスイス人スキーヤーを知る人は、彼女が自分のトロフィーキャビネットに2つ目の大きなクリスタルグローブを加えることをとても喜んでいることを知っています。狩りが始まります。

どちらの選手も、成功するためには優れた身体的・技術的条件を満たさなければならないことを知っています。あとは健康であれば、結果は自ずとついてきます。この対決は、10月末にゾルデンで開催される新冬の最初のレース、大回転から始まると言っても過言ではありません。グート-ベーラミとヴロヴァーは十分な準備ができており、シーズン開始時にすでにワールドカップの総合優勝に一歩近づいている者を最初のイベントで示すことができるでしょう。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ソフィア・ゴッジアがダウンヒルのスラットを再び装着した



蒼穹の精鋭たちと多目的グループの会合が終わりを告げた。サービニアとツェルマットでトレーニングを行いました。ララ・デッラ・メアの復帰を待ち、デビッド・サルバドーリがコーチを務めるスラロームのスペシャリストたちは、金曜日までステルヴィオで作業を続けている。Marta Bassino、Federica Brignone、Sofia Goggiaの3人が頑張っています。マッターホルンのスイス側では、ジョバンニ・フェルトリン監督を中心とした多目的グループが活躍していました。

昨日、ソフィア・ゴッジアは長いダウンヒル用のスキーを久しぶりに履いて、ほっとしました。昨年12月にソルダで負傷して以来、長らく活動を休止していたヴァルガルデナのニコル・デラゴも同様に活動しました。

バシーノとゴッジアに話を戻すと、2人はオリガテ・オロナのマペイ・スポーツ・サービスでスポーツテストを受けることになる。8月27日には、Roberta MelesiとElena Curtoniが登場します。8月29日と30日には、デラーゴ姉妹のニコルとナディアが登場しますが、ルカ・スカリアンの監督のもと、カロリン・ピヒラー、ラウラ・ピロバーノ、フランチェスカ・マルサリアも欠かすことができません。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ヘンリク・クリストファセンもトレーニングに参加



5月初めに左足を負傷したノルウェーのスキーレーサー、Henrik Kristoffersenが再び元気になりました。数週間の休みの後、彼はジムでハードなトレーニングを再開しました。極北のヨーロッパからザルツブルグに戻ってきた彼は、運動面でも大いに自分を鍛えた。そこで彼は、自転車で何度もトレーニングを重ねました。今、彼はスキーを履いている。

大回転とスラロームのスペシャリストが、ツェルマットで活躍しています。最初のフリースキーの練習を楽しんでいる様子がうかがえた。ゾルデンでのシーズン開始までに最高の状態にするという計画はうまくいっているようです。レッテンバッハファーナーで滑るのはあまり好きではないが、2019年の大回転世界チャンピオンは新シーズンをきちんとスタートさせたいと考えている。すべてが計画通り、いわば正しい方向に進んでいることを、27歳の彼はソーシャルメディアで発表しました。

ミカエラ・シフリンのほか、サースフェーでは多くのアスリートがトレーニングを行っている



アメリカのスキーレーサー、ミカエラ・シフリンは、ヨーロッパの自宅での長いトレーニングを終え、スキーを履いています。一方、イタリアのスラロームのスペシャリストであるジュリアーノ・ラッツォーリは、サースフェーでの個人セッションで成果を上げています。

つまり、Saas Feeは現在、スキーの世界を象徴していると言えます。多くのナショナルチームが、来るべきオリンピックシーズンに向けて全力で準備するためにスイスに出発しました。フランスのAlexis Pinturaultは見逃せません。ノルウェーのAleksander Aamodt Kildeも、ベテランのチームメイトであるKjetil Jansrudや、復帰した若いスターのLucas BraathenやAtle McGrathと一緒に行動しています。

シフリンは、ヨーロッパに戻れることを喜んでいます。父ジェフを亡くして長い間苦しみ、ほとんどアメリカでしか練習できなかった昨冬とは異なる準備をしています。彼女は、コルチナ・ダンペッツォでのワールドカップ大回転でセンセーショナルなメダルにあと一歩のところまで迫り、昨冬大きな進歩を遂げた同僚のニーナ・オブライエンと一緒にスイスの雪上に立つことになります。

シフリンは主に大回転で活躍しています。ゾルデンの新しい冬は、このような規律の中で始まるのです。あと2ヶ月ですべてが決まる。1995年生まれのこのスキーレーサーは、昨冬、腰を痛めてレースをスキップしなければならず、まだ最高レベルでは戦えなかったことを思い出した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan