クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年03月

JOCジュニアオリンピックカップ2021 全日本ジュニアスキー選手権大会(27日)

K1男子 GS
210327GSm001
210327GSm002


K1女子 GS

210327GSw001
210327GSw002

出所:sports-event-is.com

210327002


210327001


210327003

JOCジュニアオリンピックカップ2021 全日本ジュニアスキー選手権大会(27日)

アレクシス・パンテュローの夢が叶った



アレクシス・パンテュロー選手の夢が叶いました。
2021年のスキーワールドカップで総合優勝を果たしたフランスのアレクシス・パンテュロー選手。
努力、回復力、そしてこのスポーツへの情熱。
おめでとうございます!
アレクシスと、彼と一緒に舞台裏で・・・

FEC ロシア GS第3戦

20210326GSm101


20210326GSw101

JOCジュニアオリンピックカップ2021 全日本ジュニアスキー選手権大会(26日)

K2男子 GS
20210326GSm001
20210326GSm002
20210326GSm003


K2女子 GS

20210326GSw001
20210326GSw002

出所:sports-event-is.com
続きを読む

JOCジュニアオリンピックカップ2021 全日本ジュニアスキー選手権大会(26日)

フッ素フリーWax



21-22...

HOLMENKOL JAPANさんの投稿 2021年3月25日木曜日

FEC ロシア SL第4戦

210325SLm001


210325SLw001


続きを読む

FEC ロシア SL第3戦

210324SLm001


210324SLw001



ペトラ・ブルホバ、”その夢が叶った”

私のスロバキア人のためだけでなく, 皆さんのためにこれができたことは非常に光栄です. スロバキアの新たな歴史が書かれている🇸🇰言葉は不要だと思う... ただ十分...

”A Few Good Turns”

"そんなことができるとは誰も思っていなかったと思います"💪👇。



"Das hat uns, glaube ich, keiner zugetraut" 💪👇

#teamAUT

Olympic Team Austriaさんの投稿 2021年3月23日火曜日


オーストリアのスキー選手たちは、シーズン終了後にポジティブな評価をしている。ワールドカップで8勝、種目別で2勝、ワールドカップで5個のメダルを獲得し、上昇傾向を確認した。

4人のOSV選手が、2020/21年に合計8回のシーズン優勝を果たしました。28回の表彰台(8/8/12)は、コロナウイルスの大流行で早々に打ち切られた前シーズン(6/4/7)に比べて大幅に増加しました。

OSV男子のレーシングディレクターであるアンドレアス・プエラッハーは、冬の間に自分たちの力を発揮して成長したチームを「誇りに思う」と語りました。オーストリアはすべての種目で再び競争力を持ち、さらに、弾丸のないシーズンの後、クリスタルはマルコ・シュワルツ(スラローム)とヴィンセント・クリークマイヤー(スーパーG)が2回優勝した。
最強のW杯チーム

プエラッハーは、シーズンレビューの中で、コルティナ・ダンペッツォで開催された世界選手権を取り上げ、滑降とスーパーGでクリシュマイヤー、複合でシュワルツが3つの金メダルを獲得したほか、スラロームでアドリアン・ペールトルが銀メダル、大回転でシュワルツが銅メダルを獲得した。

"そんなことができるとは誰も思っていなかったと思います。我々は最も強いチームだった」とプエラッハーは語った。"もちろん、スラロームだけでなく、スピードセクションでも良い成績を残せたことを嬉しく思います。そして大回転では、最後に強く追いつきました。それは私たちにとって、将来に向けての幸せなことです」。
大回転の上昇傾向

ステファン・ブレンシュタイナーは、シーズン最後の4レースで3位2回、4位1回、5位1回と熱戦を繰り広げ、種目別ランキングでは6位となった。"大回転では、スタート時の人数が非常に多く、不利な状況でスタートしました。しかし、私たちは追いつくことができました。ステファンは注目すべき存在で、彼は最後まで非常によく滑っていました。私たちは、大回転で再び表彰台を目指すための正しい道を歩んでいます」とプエラッハーは確信しています。
シュワルツは総合3位

スラロームチームは、シュワルツとマニュエル・フェラーが初優勝を飾り、レンツァーハイデでの決勝でも4位に入賞したのである。"6人の選手で決勝に臨み、15人の中に5人の選手がいる場合、おそらくすべてのことがうまくいったのだと思います。マルコ・ファイファー監督のチームを称賛した。

また、クリスタルボールを手にしたシュワルツは、シーズン最終戦で6位に入り、ワールドカップ総合ランキングでもフランスのアレクシス・パンテュロー、スイスのマルコ・オーデルマットに次ぐ3位を獲得しました。
2012年以来、初のスピード・クリスタル・グローブ

13のスピードレースでは、4人のスキーヤーが15回の表彰台を獲得し、クリシュマイヤー(スーパーG2回、ダウンヒル1回)とマティアス・マイヤー(ダウンヒル1回)が4勝を分け合った。これは、他のどのスピードスキーヤーよりも多くの回数です。滑降ではスイスのビート・フォイツに次ぐ2位、スーパーGではクリシュマイヤーとオーデマットに次ぐ3位となり、最終的には両種目で表彰台に上りました。

"今シーズンはスピードチームにとって一貫して良いシーズンだったので、私たちは厚く、そして速く戻ってきました。ついにオーストリアにもう一つのスピードグローブがもたらされたことを嬉しく思いますし、それはとても意味のあることです」とプエラッハーは語っています。"私たちは強力なダウンヒルチームと強力なスーパーGチームを持っていますが、来シーズンはみんながもう一歩踏み出すことができれば嬉しいです。もしかしたら、またなんとかスピード弾が出るかもしれません。下り坂の弾丸は、もちろん本当に強いものになります。" 今年のスーパーGでは2008年以来、ダウンヒルでは2012年以来の世界選手権となりました。
分析に要する時間

厳格な衛生と安全のコンセプトのために「組織的にも大変だった」が、オーストリアの男性陣には大きな怪我もなく無事に終わったシーズンを終え、分析の時間が始まっている。"すべてが正しかったのか、それともまだ改善の余地があるのか、多くの批判的な精査が行われます。私たちにはまだ可能性があるので、それを引き出して、選手たちが大会でさらに強くなるようにしなければなりません」とプエラッハーは語った。"選手たちは十分な休暇を取った後、新鮮な気持ちでゲレンデやコンディショニングルームに戻ってくるでしょう」。

今季、活躍したリンスバーガー選手



Sie hat die Slalom-Welt auf den Kopf gestellt 🤸‍♀️👇

#teamAUT

Olympic Team Austriaさんの投稿 2021年3月22日月曜日


今シーズン、オーストリアの女子スキーヤーは怪我に悩まされ、ジェットコースターのような日々を送っていました。少なくとも、リンスバーガーの成功は希望の光となった。

スラロームのスペシャリストであるカタリーナ・リンスベルガーは、ワールドカップで唯一の2勝を挙げ、種目別ランキングでも優勝、8回の表彰台を獲得し、ダブルワールドチャンピオンに輝いた。

スピード面ではタマラ・ティップラーが活躍しましたが、それ以外の面では、レースディレクターのクリスチャン・ミッター氏が言うように、怪我やコビット-19の影響で「非常に厳しいシーズン」でした。

コロナウイルスは、11月にはすでにスピードチームを弱体化させていました。ティップラー、ニコル・シュミッドホーファー、ステファニー・ヴェニア、ニーナ・オルトリーブなどのランナーが感染し、時には重篤な症状のためにトレーニングを休まなければなりませんでした。

"共通の負傷はない"

さらに、シーズンを通して負傷者が続出するという不運に見舞われたOSVレディース。シュミッドホーファー、オルトリーブ、そして後に競技スキーから引退したベルナデット・シルトは、深刻な膝の水ぶくれに悩まされた。リカルダ・ハーザーは椎間板ヘルニア、カタリーナ・トルッペは筋肉系の問題、ステファニー・ブルナーは足首の怪我のために完走できませんでした。

"ありきたりの怪我ではありませんでした」とミッターは言う。"1月には、『体調を整えた人は、2週間後には8〜9ヶ月の休みに入っている』ということが多かったんです。それは大変でしたね。でも、それを乗り越えて、他の競技でも接戦を展開していかなければなりません」。

3人のランナーが12回の表彰台に上る

ティップラーはザンクト・アントンのダウンヒルで2位、さらにスーパーGで2位(クラン・モンタナ)と3位(ガルミッシュ・パルテンキルヘン)を獲得しました。ラモーナ・シーベンホーファーは、ヴァル・ディ・ファッサのダウンヒルで2位を獲得しました。この結果、2人のシュタイヤーとLiensbergerは、冬のワールドカップでOSVの12の表彰台を獲得した。来シーズンは、この記録をさらに伸ばし、より多くの女性スキーヤーをトップに送り出すことを目指します。大回転ではオーストリア勢が最も離れていた。

スラロームの世界がひっくり返る

パターンはLiensbergerの道を歩むべきだ。フォアアルルベルグ出身の彼は、今シーズン、スラローム界をひっくり返した。少し前まで、ライアンスバーガーはスラロームのライバルであるミカエラ・シフリンとペトラ・ヴルホヴァをロールモデルと呼んでいましたが、シーズンの終わりや世界選手権では、彼らの袖の上でレースをしていました。"OSV会長を退任するPeter Schrocksnadel氏は、「彼女は私たちと一緒にいることで自信をつけました」と語っています。

他の選手は水でしか沸騰させない。このことは、シーズンを重ねるごとに、リンスベルガーの中に浸透していった。"2年前にすでにわかっていたことだが、彼女は実質的に引き継ぐことができる人になるだろう」とチロリアンは語った。"心を決めれば成功する"

ミッターも同じホーンを持っていた。"信じなければならないし、常に努力しなければならない。また、当時の私は、マルセル・ヒルシャーでさえ、その最大の時期には負けることはないし、アルベルト・トンバにも勝てると言っていた。最初からチャンスがないと言えば、とりあえず家にいられる」と強調していた。Liensberger選手は、「来シーズンの開幕に向けて、自分の力を発揮してほしい」と話しています。"これでまた来年に向けて弾みがつくといいですね。"

ミカエラ・シフリン、”夢にも思わなかった...。”

私にとって今シーズンがどれほど特別なものであったか、言葉にするのは難しいです。応援してくれた家族、チーム、スポンサー、ファンの皆さん、特に自分を信じられなかった瞬間に私を信じてくれた皆さんに感謝しています。疲れを知らない母とチームの皆さん、アメリカのスキー&スノーボードチーム
とFISアルペンワールドカップツアー
不可能と思われたこと(パンデミックの中でワールドカップのシーズンを最初から最後までやり遂げたこと)を実現してくれた母と私のチーム、そして常に刺激的なスキーを提供してくれたチームメイトとライバルたちに感謝します。そういえば、アリス・ロビンソン
- 昨日の2本目は🔥だったね。そしておめでと
マルタ・バッシーノ
のGS世界選手権優勝おめでとう 🙃
さてさて、今シーズンも無事に終わりましたが... そろそろ次のシーズンが始まる頃かな?🤩🤪




Beyond my wildest dreams...
it’s hard to put into words how special this season was to me. Thank you to my family, team,...

Mikaela Shiffrinさんの投稿 2021年3月22日月曜日

グランジの引退に伴うフランスの守備範囲の変更

ジャン・バティスト・グランジは、週末にレンツァーハイドで開催されたワールドカップ・ファイナルで、見事な最期を遂げました。このフランス人選手のキャリアには、2009年のスラロームのクリスタルグローブと、3つの世界選手権のメダルが含まれていました。その中でも最も記憶に残っているのは、2015年のビーバークリークでの大雪の中、マルセル・ヒルシャーのストラドルの後に獲得したものでしょう。



Jean-Baptiste Grange went out in style at World Cup Finals in Lenzerheide over the weekend. The Frenchman's career...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2021年3月22日月曜日


ビーバー・クリークのレッドテール・フィニッシュエリアの表彰台には雪が降り積もっていました。枕のような巨大な雪の塊がカメラを覆い隠し、2015年FISアルペンスキー世界選手権は幕を閉じました。ロッキー山脈の吹雪の中、一人の男が堂々と立っていました。あらゆる困難に立ち向かい、再び世界チャンピオンの座に堂々とついた、思いがけない勝利者です。

フランス人のジャン・バティスト・グランジは、2015年の回転競技で、2011年にガルミッシュ・パルテンキルヘンで獲得したタイトルに続く金メダルを獲得しましたが、これは彼のキャリアにおける最後の勝利でした。2000年代後半にスラロームで圧倒的な強さを誇っていたグランジの運命は、怪我のために困難な方向に向かいました。2000年後半にスラロームで圧倒的な強さを誇ったグランジは、怪我の影響で厳しい状況に置かれていました。

世界選手権で3つのメダルを獲得し、2009年のスラローム・クリスタルグローブを獲得したグランジは、3月21日(日)、レンツェルハイドで開催されたワールドカップ・ファイナルで最後のレースに臨みました。彼にとって197回目のワールドカップ出場となり、9回の優勝と18回の表彰台を獲得しました。

彼は2本目のウィニングラップでコーチと抱き合い、フランスのコーチやスタッフの間をすり抜けてゴールし、チームメイトの肩に乗って最後の凱旋を果たしました。スタジアムのビデオボードには、母、父、そして家族全員が、ヴァロワールの家業から見守っていました。

"レンザーハイドは感情がとても強かった "とレースの翌朝に語っていた。"1本目が終わったときにはもう足が動かなくなっていたので、2本目は静かにやろうとスタッフと決めていました。スタート地点に着いたとき、スキーヤーやコーチがみんなで拍手してくれて、とても感動しました。そして、たくさんの人が私を祝福し、今後の幸運を祈ってくれました。とても感動しました」。

同胞であるアレクシス・ピンタローが、1996-97年のルック・アルファン以来、フランス人として初めてクリスタルグローブの総合優勝を果たしたこともあり、彼にとっては別れを惜しむにふさわしい日となりました。

"17年間続いたワールドカップを終えて、人生のこの美しい章を閉じ、スキーを手放す時が来ました」とグランジは語りました。"私は自分の人生をこのスポーツに捧げ、このスポーツは私に忘れられない瞬間を与えてくれました」。

グランジは、1月のシュラドミング大会で引退したフランス人のチームメイト、ジュリアン・リゼルーとともにスラロームで強大な力を発揮していました。その後、同郷のピントゥローが加わり、現在は新星のクレマン・ノエルが日曜日のスラロームの表彰台に立っています。

"フランスのスラロームの歴史は、美しい物語で構成されています」とグランジはSki Racing Mediaに語りました。"私が来たときには、(セバスチャン・)アミーズ、(ジャン・ピエール・)ヴィダル、(ピエリック・)ブルジアがいました。私が来たときには、(セバスチャン・アミーズ)、(ジャン=ピエール・ヴィダル)、(ピエリック・ブルジア)がいました。ジュリアンのときには、その物語を続けてきましたが、クレマンは明らかに素晴らしい続編です。自分の経験を少しでも伝えられることを誇りに思いますが、誰もが自分の道を切り開き、自分の道具を使って前進しなければならないので、常に謙虚でありたいと思っています」。

グランジは、フランスのサヴォワ地方の中心部、ツール・ド・フランスで有名な伝説のコル・デュ・ガリビエをはじめとするそびえ立つ高山に囲まれたサンジャン・ド・モーリエンヌの村で生まれ育ちました。両親、叔母、叔父がフランスのスキーチームに所属していたこともあり、彼にはスキーレースの血が流れていました。彼は幼い頃からスキークラブ・ヴァロワールでスキーを楽しんでいました。

1992年、彼がまだ7歳のとき、彼の住む地域にオリンピックがやってきました。サヴォア地方の何千人もの子供たちと同様、この大会は若者に特別な精神を植え付けました。8歳の兄、フランソワ・シリルがアルベールビルのスタジアムでオリンピックの火を灯すのを見たとき、ジャン・バティストにとってそれは身近なことでした。

子供時代を振り返ったグランジは、家族から受けたサポートについて強く感じていました。彼の両親は、そのような経歴にもかかわらず、彼にスキーレースを押し付けることはありませんでした。しかし、彼はヴァロワールの自宅でスポーツに没頭していました。そして10歳のとき、坐骨神経痛と2つの腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。医師は当初、二度とスキーはできないだろうと言っていました。しかし、3ヶ月間のギプス固定と1年半のコルセット着用を経て、スキーレースに復帰しました。

その間、ヴァロワールでは毎年12月にヨーロッパカップの大回転が開催されていました。1996年1月には、オーストリアのハンス・クナウスが優勝したスーパーGを、世界最高のスキーレーサーたちが滑るという、白いサーカスがやってきた。若きスキーレーサーだった彼にとって、この露出はスポーツを続けるモチベーションの鍵となりました。

2001年に17歳でヨーロッパカップにデビューしたグランジは、2003年と2004年に2度のジュニアワールドチームに参加し、2004年にはワールドカップに初出場しました。2シーズン後にはワールドカップに本格的に参戦し、主にスラロームと複合に力を注ぎ、キッツビュールのスラロームでは、優勝した同国人のジャン-ピエール・ヴィダルに次ぐ10位に入賞した。同年11月のビーバー・クリーク大会では複合で7位、アルタ・バディア大会では回転で8位となった。2006-07シーズンのワールドカップ・スラロームでは10位となった。

2007-08シーズンは、ビーバー・クリークのスーパー・コンバインドで2位を獲得し、ワールドカップ初の表彰台に立ってブレイクした。その後、アルタ・バディアではスラロームで優勝、ウェンゲンではスラロームとスーパー・コンバインドで優勝、キッツビュールではスラロームで優勝、シュラドミングでは2位と大活躍しました。

ボルミオで開催されたワールドカップファイナルでは、イタリアのマンフレッド・モエルグに21点のリードをつけて臨んだ。1本目はモエルグがリードし、グランジは4位だった。グランジは2位でゴールすれば、10年以上ぶりにフランスのスラロームタイトルを獲得できると思っていたが、ラインに近づくにつれて失速し、ポイントを獲得できず、モエルグがあっさりと優勝してクリスタルグローブを手にした。

翌年、グランジはレヴィで開催されたスラロームの開幕戦で優勝した。その2週間後、バルディゼールの複合で2位になった。アルタ・バディアのスラロームでも2位だった。1月初旬、ザグレブのライトアップされた会場で、2本目で後方から追い上げ、クロアチアの人気者イヴィッツァ・コステリッチを倒し、わずか100分の5秒差で雪の女王トロフィーを獲得した。

1月下旬、キッツビュールで開催されたハーネンカムのスラロームでは、グランジとリゼルーがチームを組み、これまでで最も緊張感のあるレースを展開しました。1本目はグランジがラインフリート・ヘルプストに次ぐ2位、リゼルーは7位だった。2本目では、グランジに0.08秒差をつけてリゼローが優勝し、オーストリアのスター、マルセル・ヒルシャーが表彰台から姿を消した。フランスにとって1982年以来のスラロームのワンツーフィニッシュとなりました。

しかし、世界選手権がバルディゼールで開催されたこの年は、グランジにとってほろ苦い年となりました。スラロームの1本目で3位につけていたが、2本目で転倒し、リゼルーが順位を上げて銀メダルを獲得した。同じく複合でも、グランジはダウンヒルを終えて4位につけており、金メダルを目指していた。スラロームでは2.93秒差でリゼルーがテッド・リゲティのように前進したため、銀メダルを獲得した。グランジの唯一の入賞は大回転での7位でした。

バルディゼールから1ヵ月後、グランジはオーレで開催されたワールドカップ・ファイナルで再びクリスタル・グローブを手にすることができた。この時は、オーストリアのマリオ・マットとリゼルーに続く3位でフィニッシュし、クリスタルを獲得した。

しかし、ツアーのトップスラロームスキーヤーの一人として急成長した彼は、オリンピックシーズンが始まると、一転して苦境に立たされます。ビーバー・クリークで行われた大回転に出場したグランジは、1本目を完走したものの、膝を痛めてしまったのです。本人はACLとMCLに異常はないと主張していましたが、それでも手術を選択し、2010年のウィスラー・オリンピックを欠場しました。

2010-11シーズン、グランジは技術的にはフル稼働で臨み、リーバイでスラロームの優勝を果たしました。その後の6週間は調子が上がらなかったが、ウェンゲンで表彰台に上がり、翌週のキッツビュール、シュラドミングでも優勝した。スラロームで3勝したものの、クリスタルグローブ争奪戦ではコステリッチに96点差の2位に甘んじていた。

ガルミッシュ・パルテンキルヘンで開催された世界選手権では、彼はすべてのシリンダーに火をつけていた。1本目でモエルグに0.22の差をつけ、金メダルを獲得したのです。フランスのスラローム世界選手権では、1970年にバルガルデナで行われたジャン=ノエル・オージェールとパトリック・ラッセルの金・銀メダル以来のタイトルとなりました。

金メダルを手にしたグランジは、スラロームのグローブをかけてコステリッチにアタックをかけた。バンスコでは、クロアチア人のコステリッチが3位に入賞し、グランジとの差は96から36に縮まりました。クランスカ・ゴラでは、アメリカのノーラン・キャスパーが2位になったレースで、グランジとコステリッチは、レンツァーハイデで開催されるワールドカップ・ファイナルでの勝負をかけていた。しかし、この対決は実現せず、グランジは1本目で敗退し、コステリッチがスラロームと総合優勝を果たした。

2011年2月、バンスコでの表彰台はひとつの節目となった。彼がワールドカップでトップ3に入ることができたのは、2017年にアスペンで開催されたチームイベントを除けば、これが最後となりました。彼は、膝、肩、腰の怪我に悩まされ、しばしば大きな痛みを伴って滑っていました。彼は自分の将来について考えました。しかし、彼は我慢しました。2012年のシーズン終了後、ロシニョール一筋だった彼は、フィッシャーに乗り換え(5年後にはロシニョールに復帰)、またしても手術を受けた。しかし、同じレベルの結果は得られませんでした。しかし、同じレベルでの結果は得られず、フィーリングを取り戻すためにヨーロッパカップに参加することになった。ヨーロッパカップでは圧倒的な強さを発揮したが、それをワールドカップで発揮することはできなかった。

そして、ビーバークリークで開催された2015年の世界選手権にたどり着いたのです。

グランジの2015年シーズンは、数回のトップ10とトップ30のブレンドでした。アデルボーデンのスラロームで6位に入ったのが精一杯でした。そのため、世界選手権のフランスチームへの参加権を獲得したものの、人気者とは言い難い状況でした。1年前のソチ五輪では、1本目で5位に入り、そのまま棄権してしまったのだ。

ビーバー・クリークにはグランジの思い出が詰まっている。初めて表彰台に立った場所でもある。しかし、ここは彼が膝を負傷し、2010年のオリンピックを欠場した場所でもあります。

"ここビーバー・クリークでは、悪いことも良いことも含めて、大きな感情がありました」とグランジはニューヨーク・タイムズ紙に語った。"ここビーバークリークでは、悪い意味でも良い意味でも大きな感動がありました。

フランスはスーパーGでアドリアン・テーオーが銅メダルを獲得して開幕しました。しかし、その後は表彰台を逃していた。グランジはスラロームを14位でスタートし、1本目でヒルシャーに0.88秒差の5位に滑り込んだ。滑り出しは14位で、1本目はヒルシャーに0.88秒差の5位。まずまずの成績で、メダル獲得を視野に入れていた。しかし、競技場では彼を金メダル候補と見る人はほとんどいなかった。

1本目と2本目の間に雪が降ってきました。雪が降ってきた。視界が悪くなり、路面の状態が悪くなった。天候が悪化する中、グランジはトップに立ってスタートを待ち、イェンス・ビグマルク、パトリック・ターラー、ピントゥロー、ステファノ・グロスが滑り出すのを見守っていました。ドイツのフェリックス・ノイロイターは、フィニッシュで頭を振りながら、どうにか雪をかき分けてトップに立った。チームメイトのフリッツ・ドップファーも彼のタイムを上回るタイムで続いた。

そして最後はグランジに託された。

それは時代を超えた戦いだった。失うものは何もないので、彼は痛みを抑えて吹雪の中に突入しました。53.21秒で精密なスラロームを滑った。1本目のリードは0.05秒でしたが、その後もリードを広げ、一時は0.35秒の差をつけてゴールしました。

フランスで放映されたユーロスポーツのフランス語による生中継では、解説者のアレクサンドル・パスツール氏と2002年オリンピック回転競技のチャンピオンであるジャン=ピエール・ヴィダル氏が放送ブースで興奮して叫んでいました。伝説のスキーヤー、ジャン・バティスト・グランジ選手にとって、これは本当に金メダルとなる滑りだったのでしょうか?

グランジ選手は、フィニッシュラインを回りながら、天を仰ぎ、拳を突き上げていました。メダルはまだ首にかかっていないが、彼はワールドカップで9勝したような滑りをしたのだ。しかし、今の彼にはリーダーズボックスに座って待つことしかできなかった。

続いてスウェーデンのマティアス・ハーギンが登場したが、うまくいかず5位に後退した。チームメイトのアンドレ・ミューラーも6位に落ちた。これでグランジは最低でも銅メダルを獲得した。続いてロシアのアレクサンダー・ホルソシロフが8位に転落しました。グランジと金メダルの間には、オーストリアのマルセル・ヒルシャーがいました。

ヒルシャーがスタート地点に滑り込んでくると、NBCはスクリーンにトリビア的なポイントを表示した。2002年以降、オリンピックや世界選手権の回転競技では、1本目のトップがすべて優勝している。ヒルシャーがコースに出たときには、雪の量が急激に増えていた。

ヒルシャーはトップに立ったものの、第1中間地点でのリードは0.88と10分の2近くになってしまっていた。しかし、第1中間点では88秒のリードを失っていた。リードは0.45まで落ちてしまった。後手に回った彼は、さらに0.06というわずかな差にまで落ち込んでしまった。危機感を持った彼は、さらにプッシュし、突然ゲートをまたぎ、ゴールを目の前にして滑り出した。

2015年の世界選手権で初めてラ・マルセイエーズが流れたとき、グランジは自分がここまで来れたことへの満足感を胸に抱いていた。

"世界選手権やオリンピックのような大きなイベントでは、常に大きなストレスやプレッシャーがかかり、気分が優れないこともあります」とグランジはレース後にSki Racingに語った。"しかし、自分を信じなければならない。でも、自分を信じるしかありません。今日は僕の日だったんだ。"

日曜日のスイスでのフィナーレの後、グランジは自分のキャリアを振り返りました。"すべての勝利は素晴らしい思い出ですが、ビーバー・クリークでの2度目のタイトルは、怪我の後の最強のタイトルのひとつです」と語りました。"ビーバー・クリークでは、非常にプロフェッショナルな組織があり、とてもよく受け入れられました。ビーバークリークでは、非常にプロフェッショナルな組織として受け入れられましたが、ボランティアや一般の方々のチームに対する熱意も感じられました。私にとって最高の世界選手権でした」。

6年後の今日、36歳の時にホワイトサーカスの歴史に幕を閉じる時が来ました。2019年の膝の怪我で、彼は引退するだろうと多くの人が思っていた。しかし、彼は次のシーズンに戻ってきました。

生後6カ月の娘を持つフランスのチャンピオンにとって、人生は別の意味を持つようになった。彼は今年、リゼルーやテッド・リゲティといった他の友人やチームメイトが引退するのを見ていた。彼の時代がやってきたのだ。

"あなたは素晴らしい人です。あなたは素晴らしい人でした。あの世へようこそ」と、1984年生まれのYOBリゲティがInstagramに書き込んでいます。

"グランジは、「なんて長い道のり、なんて幸せなんだろう」と書いています。"最も美しい瞬間も、最も困難な瞬間も、私に付き合ってくれた愛好家の皆さんには感謝してもしきれません。スキーは私の人生であり、私の情熱であり、これからもそうであり続けるでしょう!"

スキーレーサーの生活は厳しいものです。毎年夏から秋にかけて3〜4ヶ月間のトレーニングを行い、10月から3月までの半年間のツアーに参加します。先輩たちのように、今度は自分が休む番です。

"自分と家族のために、荷物を置いて、ハイレベルなアスリートだった頃には怪我を恐れたり、時間がなかったりしてできなかったことを楽しむために、今は時間を取りたいと思っています。Valloireのファミリーストアが私のモチベーションになっています。"

しかし、彼がスキーレースから遠ざかることはないでしょう。"しかし、彼がスキーレースから遠ざかることはないでしょう。

"しかし、私は自分にストレスをかけたくありません。でも、自分にストレスをかけたくないし、少しだけ息抜きをしたい。私は本当に最後までやり遂げたと思っているので、一息つきたいのです。"

さようなら、JB。素晴らしいキャリアですね!

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

アルペンスキーW杯の賞金ランキングで3人の女子選手がトップに

Lara Gut-Behrami選手は、通常45,000スイスフラン(48,600ドル)が支払われるレースに6回勝利したことを含め、税引前で合計485,000スイスフラン(523,000ドル)を獲得し、最高の賞金を手にしました。



Lara Gut-Behrami was the highest prize earner with a total of 485,000 Swiss francs ($523,000) before taxes, including six race wins that typically each pay 45,000 Swiss francs ($48,600).

Ski Racing Mediaさんの投稿 2021年3月22日月曜日


国際スキー連盟が月曜日に発表したところによると、今シーズンのアルペンスキーのワールドカップでは、女性がトップ3の賞金を獲得しました。

ララ・グートベーラミは、通常45,000スイスフラン(48,600ドル)が支払われる6つのレースでの優勝を含め、税引前で総額485,000スイスフラン(523,000ドル)の賞金を獲得し、最も高い賞金額を得ました。

土曜日にグートベーラミを抑えて女子総合優勝を果たしたペトラ・ヴルホワは、女子31種目のうち2種目を除くすべてのレースに出場し、44万4,000スイスフラン(47万9,000ドル)を獲得しました。

ミカエラ・シフリンは、最も価値のある女子レースである、オーストリアのフラッハウで行われたナイトスラロームで優勝し、約63,000スイスフラン(約68,000円)を獲得し、合計で約411,000スイスフラン(約444,000円)を手にしました。

アレクシス・パンテュローは、ワールドカップの男子総合優勝者であり、最高額の賞金を獲得しました。賞金総額は37万9千スイスフラン(40万9千ドル)で、全35大会中5大会で優勝したことになります。

ワールドカップで最も価値のあるレースは、オーストリアのキッツビュールで開催される恐怖のハーネンカム男子ダウンヒルで、優勝したビート・フォイツに約8万7,500スイスフラン(9万4,500ドル)が支払われました。

レースのキャンセルを考慮する前に、男女のイベントで合計900万スイスフラン(970万ドル)が提供されました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

W杯20/21シーズン終了



Die alpine Skiweltcup-Saison 2020/2021 ist Geschichte. Wir gratulieren allen Kugel-GewinnerInnen und bedanken uns bei...

ORF Sportさんの投稿 2021年3月22日月曜日




Saison 20/21 ✅
WM Cortina🥇🥉✅
Slalom-Kugel 🔮✅
Gesamtweltcup 3.✅
Danke furs Daumen drucken und mitfiebern 😘🤙🏻 #whataseason #weareskiing #ski4uniqa #austriapowerteam

Marco Schwarzさんの投稿 2021年3月21日日曜日




And now to the OVERALL... #2nd
Well I guess we can say it was a huge battle till the very end.
Alexis thanks for the...

Marco Odermattさんの投稿 2021年3月21日日曜日




20/21 - A season with many ups and downs. My goal at the beginning of the season was to get back into the top 10... but...

Stefan Luitzさんの投稿 2021年3月22日月曜日




Wow.. what a fight it’s been for me to get back to the top.. so happy with my skiing today.. second run I gave it all...

Alice Robinsonさんの投稿 2021年3月21日日曜日




Erstmals seit 1994/95 gewinnt die Frauen-Equipe des Swiss Alpine Ski Team die Nationenwertung. Damals waren es vor allem...

SRF Sportさんの投稿 2021年3月21日日曜日




What about the Finals of FIS Alpine World Cup Tour? Everything was GREAT!
Well done Lenzerheide and all the staff, see...

SPM Sports Equipmentさんの投稿 2021年3月22日月曜日




Cheers to Sunday at FIS Alpine World Cup Tour in Lenzerheide

Marta Bassino could celebrate picking up the discipline...

Cortina 2021さんの投稿 2021年3月21日日曜日






This year‘s World Cup season is finished! We say thank you to all our LEKI athletes for a very special but amazing...

LEKIさんの投稿 2021年3月22日月曜日

ジャン・バティスト・グランジュ 引退





UN DOUBLE & DES ADIEUX 🥈🥉🙌
Nouveau double tricolore sur un podium de Coupe du Monde cette saison avec Clement Noel 2e et...

Equipe de France de Ski Alpinさんの投稿 2021年3月21日日曜日




JB Grange si lascia alle spalle 17 stagioni in Coppa del Mondo, una vita intera.
Campione del mondo due volte, a...

Race Ski Magazineさんの投稿 2021年3月21日日曜日



17年間のワールドカップの後, 私の人生のこの美しい章を閉じ, シーズン終了のスキーを掛けなければならない時が来た.
それは, 私がいつも献身と裁量をもって, 以来ずっと頼りになるスキーヤーの一家がトラックに立てた, ヴァロア村の若い頃から始まった素晴らしい冒険でした.
2歳で11枚のディスクヘルニアに続いて突然止まっていたかもしれない冒険. 競争スキーに対するこのクレイジーな情熱に触発され, 36歳まで子供の頃の夢を実現させ, スキーで生きようと闘った!
なんて旅なんだ, なんて幸せなんだ! 最も美しい瞬間と最も困難な時に私を同行させてくれた情熱的な人々に感謝しきれません! 自分の分野の人全員が貢献しました: コーチ, 技術者, フィジカルトレーナー, メンタルトレーナー, 医師, 外科医, 別グループの′′友達′′, 私の家族, 友人, サポーター, ファンクラブ, 私のスポンサー, エクスコフィー兄弟, my station Valloire, Rossignol, my differents.... 忘れてしまう...,. 私たちを取り巻く全ての豊かな人間を作ってくれた全ての人たち,. ビフォーアフターからスタート!
何もできない連盟を忘れないで, バロアクラブから地区と委員会を通してワールドカップグループへ!
私は人生をこのスポーツに捧げてきた, 細かいところまで. 忘れられない瞬間を与えてくれた!
今日は引っ越し準備ができている, 6ヶ月の小さな少女のお父さん, 将来の課題に動機付けられている! 私のスポーツを最大限に生きる機会を与えられ, それ以上のものをはるかに生きたことに誇りを感じています!
スキーは私の人生, 私の情熱, そしてそれは残る!
長年にわたってたくさんの応援ありがとうございました.



W杯最終戦 レンツァーハイデ(21日)



Weil's so schon war, hier unser Best of Kugel-Parade 🔮😘

📷c️ GEPA-pictures.com

Olympic Team Austriaさんの投稿 2021年3月22日月曜日




LENZERHEIDE, SWITZERLAND - MARCH 21: Audi FIS Alpine Ski World Cup Men's Slalom on March 21, 2021 in Lenzerheide, Switzerland. (Photo by Alain Grosclaude & Christophe Pallot/Agence Zoom)

Agence Zoomさんの投稿 2021年3月21日日曜日




【 20|21 FIS World Cup Final...

Salomon Ski Japanさんの投稿 2021年3月22日月曜日







Da schliessen wir uns voll und ganz an und sagen:
DANKE! 👏
Bis zum nachsten Mal in Lenzerheide ⛷🏆

#lenzerheide...

Lenzerheideさんの投稿 2021年3月21日日曜日




Merci a tous pour cette saison ! 🇫🇷🏆

Federation Francaise de Ski - FFS - Colmar Sport - Audi France - Caisse d'Epargne...

Equipe de France de Ski Alpinさんの投稿 2021年3月22日月曜日

FEC ロシア SL第2戦

210322SLm001


210322SLw001
続きを読む
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan