女子ワールドカップの開幕を告げるジャイアント・スラロームまで3週間あまり、ジャイアント・スラロームのビッグネームたちは、多少なりとも全力で取り組んでいる。バシーノ、ブリグノーネ、ゴッジアがテッサ・ウォーリーのようにサースフェーに戻ってきたことで。

10月23日(土)にレッテンバッハで開催されるシーズン開幕戦の女子大回転は、この種目が最近のシーズンで素晴らしい成果を上げてきただけに、広い扉の間での巨大な挑戦となることがすでに予想されている。

この種目の過去2回のクリスタルボールはフェデリカ・ブリニョーネとマルタ・バシーノが獲得したが、彼らはまさに昨年のオーツタールのオープニングを(立場を逆転させて)支配した。この大本命たちは、どのようにしてゼルデンに到着し、正しいスタートを切るために何をしているのでしょうか?

イタリアの女子選手はほとんどがサースフェーで活動しています。バッシーノとゴッジアは今週、コーチのルルフィと共にアラリン氷河に戻ってきました。一方、ブリグノーネは同じスイスのリゾート地にいますが、夏の間ずっとそうしてきたように、今回は男子大回転チームと一緒に別々にトレーニングしています。

アルゼンチンでのスキーが不可能であるにもかかわらず、十二分な準備であり(スピードの観点から問題となる要素ですが、すべての人に当てはまります)、また、2018年にすでに優勝しているテッサ・ウォーリーのレースへの自信にもつながっています。先週の金曜日からサースフェーに戻ってきてすぐの彼女が、2度の大回転世界チャンピオンが、スキークロノにそのことを語ってくれました。"レースのヒートをシミュレートして、トレーニングセッションの強度を高めました。これまでの成果には満足しています」。

そして、スイスの3人のスパイクです。ウェンディ・ホルデナーはスラロームを得意としているが、9月初めのトレーニングで腓骨頭を骨折した1年前に比べれば、最大限の力を発揮できるようになり、ツェルマットでは広いゲートの間でも質の高いトレーニングを行った。マッターホルンの影では、ミッシェル・ジサンが単核球症のために数週間休んだ後、明らかにベストな状態ではないが、数日前からスキーに戻ってきた。また、ララ・グートベーラミはどうでしょうか?2016年、ソエルデンで開催された最後のジャイアントカップレースで、シフリンやバシノを抑えて優勝した現役の世界チャンピオンは、隠れていて口数も少ないが、スイス・スキー界からの情報によると、とても元気だという。

ヴルホヴァ、シフリン、ロビンソンがついに登場!(他にもフロヴァットやリエンツベルガーにも注目):ワールドカップ総合優勝者が夏のトレーニングの拠点であるステルヴィオに戻った代わりに、ミカエラは1週間ほど前からコロラドに戻り、特にサースフェーではスーパーGやダウンヒルのセッションを数多くこなしていました。アメリカのスター選手は弟の結婚式に出席し、現在はエイボンでウェイトトレーニングと陸上競技の合間にトレーニングを行っており、間もなくヒンタートゥクスのトレーニングキャンプのためにヨーロッパに戻ってきます。2020年にスキップしたオープニング以来、彼女は怖いもの知らずに戻ることになります。

ニュージーランドのスターレットは、順番に、優れた夏から戻ってきています:コロネットピークでのターゲットトレーニング、また、スピードに専念し、今、彼女は2019年にCdMの彼女の最初のために勝利したSoeldenにできるだけ近づくためにアルプスに到着する予定です。そして最後の巨人、レンツァーハイデでの3月のファイナルでは、彼女自身が優勝しました....