フランスのナショナルスキーチームは今週、スイスで活動しています。スピードのスペシャリストであるローラ・ゴーシェもツェルマットでスキーを履いています。しばらく前、彼女とチームメイトのティファニー・ゴーティエは一人で行動していました。2020年12月に大けがをしたロマーヌ・ミラドーリが復帰し、カミーユ・セルッティが加入したことで、ラインナップは100%増えました。ティーニュ出身のゴーシェは、「モチベーションは高く、チームの雰囲気はとても良い」と強調する。

レ・ドゥ・ザルプでの3回のセッションを終えたシザルピンのスピードスペシャリストたちは、木曜日と金曜日のスーパーGトレーニングの前に、火曜日と水曜日にツェルマットでダウンヒルを滑ることができました。

昨年のブルースは、信じられないような夏を過ごしました。今年は天候に恵まれなかったこともあり、例年とは異なる結果となりました。ツェルマットでは、天気が良い。すべてが素晴らしい。ゴーシェが言うように、氷河の雪の状態は最高だ。この選手は、スイスの女性と一緒に仕事をすることが良い条件であることを知っています。コースはよく整備されていて、ララ・グートベーラミやコリンヌ・スーターのタイムにはまだ及ばないにしても、進歩は目に見えています。フランス人女性にとって、これからの数週間は、ますます自信と自己肯定感を高めるためのものです。

4日間の休暇の後、Equipe Tricoloreは来週の土曜日からツェルマットに戻り、9月末にはサースフェーに向かいます。すべてが計画通りに進めば、2021/22年のスピードシーズンは、2021年12月3日から5日にかけて、カナダのレイクルイーズでのレースで開幕する予定です。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。