クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2016年04月

志賀高原は全滅

残念ですがスキー場の尽力も自然には勝てず・・・

今季の長野県内スキー場利用者数は過去最低

 長野県内主要23スキー場の2015年度の利用者数は前年度比10・1%減の458万5千人となり、過去最低を更新したことが27日、長野経済研究所のまとめで分かった。暖冬による雪不足や北佐久郡軽井沢町で1月に起きたスキーツアーバス転落事故が影響したとみられる。利用者数が増えたのは4スキー場だけで、多くのスキー場で大幅減の厳しい状況となった。

 前年度を下回るのは、東日本大震災があった10年度(471万2千人)以来、5年ぶり。月別で、12月は降雪が遅れた影響で前年同月比11・4%減、バス転落事故が発生した1月は5・1%減、雪不足が続いた2月は9・2%減。前倒しで営業を終了するスキー場もあった3月は17・2%減と大きく落ち込んだ。

 減少率の最大は佐久スキーガーデンパラダの40・6%減。白馬岩岳が34・5%減、鹿島槍スポーツヴィレッジが31・9%減だった。

 一方、積雪に恵まれた白馬五竜・47は前年度比26・0%増だった。御嶽山噴火の影響で前年度のオープンが遅れたおんたけ2240は3・7倍に増加。黒姫高原スノーパークと栂池高原スキー場も増えた。


『雪不足の影響で利用者数は大幅に減少するも、インバウンドは引き続き好調』


◇2015年度の県内主要23ヶ所のスキー場利用者数は、前年度を10.1%下回り、延べ4,585千人となった。近年は5,000千人程度とほぼ横ばいで推移していたが、当研究所の調査開始以来、過去最低を更新した。

◇シーズンを通じて暖冬による雪不足の影響を受けた。オープンが遅れたり、前倒しで営業を終了するなど営業期間が短くなったスキー場が多くあった。また、2016年1月に起きた軽井沢スキーバス転落事故の影響により、若年層を中心としたツアーバスの団体客が減少したスキー場もあった。

◇前年度と比較して利用者が増加したスキー場は、4か所(「黒姫高原スノーパーク」「白馬五竜・47」「栂池高原」「おんたけ2240」)のみで、シーズンを通じてほとんどのスキー場で利用者が減少した。

◇こうした中、外国人利用者はオーストラリアやアジア諸国を中心に引き続き好調であり、前年度よりもさらに利用者数を伸ばしたスキー場もあった。

◇北信地域では、新幹線飯山駅開業に伴い飯山駅からの二次交通を整備したことで、新幹線による利用者が増加したスキー場もみられた。

160428901

160428902

160428903

ハイクアップのスキーは可能か?

横手山・渋峠スキー場、4月中のCLOSEは開場以来初めて

鹿沢で異例の4月下旬の造雪作業



言ってもいいですか?
その気になれば、『雪』 造れるじゃないですか!

SAJ会員および競技者の登録料値上げの増収効果

先に伝えた通り、2016/17シーズンからSAJ会員登録料とSAJ競技者登録料が値上がりする。

会員登録が高校生で500円アップ。大学生以上が1000円アップ。
競技者登録は高校生以上が1000円アップ。

気になるSAJの増収額は、今季登録者ベース(他競技重複は考慮せず)の推定で

 アルペン 942万円
 ジャンプ 87万円
 クロスカントリー 267万円
 フリーススタイル 104万円
 スノーボード 62万円

となり、総額で1460万円規模。

これは一般競技者登録だけの話しで、マスターズや教育本部関係の増収は含んでいない。


SAJ160428002
AL:アルペン、JP:ジャンプ、CC:クロスカントリー、FS:フリースタイル、SB:スノーボード

さて、
この増収分は今季の湯沢苗場W杯や、来季の冬季アジア札幌大会のコスト穴埋めに回ってしまうのか?

登録料値上げによる増収分を各競技別など、カテゴリ毎に適性に配賦していただくことを願いたい。

だったら値上げも仕方なく受け入れたいと思う次第である。


SAJ160428001

熊の湯、5月1日で営業終了

渋峠、今季の営業を終了

ガソリン価格は再び値上がりへ

究極のスプラッシュマウンテン!

誘惑に負けず、己を磨いて貫け

テッサ・ウォーリ、仲間と楽しいスキーでシーズン締めくくり

image

クリストファセン、モトクロスのシーズンへ

image

究極のスパイクタイヤ

スノボ選手の大麻問題、SAJ会員登録無期限停止に

 臨時理事会で2人の処分が決まったのを受け、全日本スキー連盟(SAJ)の古川年正専務理事らは27日午後、東京都内で記者会見を開き、「2人の大麻使用の事実を重く受け止めている」と重い口調で語った。

 バドミントン選手による違法賭博問題などスポーツ界の不祥事が続く中、古川専務理事は「不祥事が起こったのはわれわれの(選手教育の)仕組みの問題でもある。反省している」と陳謝した。

 古川氏らによると、2人のうち1人は使用を認めたものの、もう1人は使用を否定し、説明も拒否したという。古川氏は「将来ある選手を導くのも連盟の役割」と、この選手を強く説得して個人的に面会したが、「僕は吸っていません」と強く否定したという。

 連盟によると、会員登録無期限停止は最も重い処分。開幕まで2年を切っている2018年平昌五輪への2選手の出場について古川氏は、「将来ある選手の道を閉ざしたくはない」と苦渋の表情を浮かべ、「選手が更生したなら道を開くことも視野に入っている」としながらも、「(処分は)無期限なので、ここで可能性のある、ないは判断できない」と言葉を濁した。

 さらに選手強化に専念するあまり、倫理的な教育が置き去りにされているとの批判について、古川氏は「真摯(しんし)に受け止めている。(スポーツ界に)決していい影響を与える話ではない」と述べた。その上で、「世界一になれば何でもいいとは思っていない。ただ、選手を365日管理することはできない」と、連盟の置かれた立場に悩ましい表情を見せた。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によると、大麻を意図的に吸引していなくとも副流煙などの影響で成分が検出される可能性があるという。「人が大麻を吸っているような場所にアスリートは近づかないことだ」と注意を促している。


スポーツの価値を傷つける相次ぐ不祥事

 バドミントンの違法カジノ賭博に続き、スノーボードの大麻使用が明らかになった。相次ぐ強化指定選手の不祥事はスポーツやアスリートの社会的価値を傷つけている。

 スノボのスロープスタイル(SS)は2014年ソチ五輪から採用された。若者のスポーツ離れを危惧する国際オリンピック委員会(IOC)は、SSなど新種目を取り込むことで五輪とスポーツの魅力を広く発信しようとする中で、その競技者から問題が噴出する事態となった。

 スノボでは、10年バンクーバー五輪でハーフパイプ男子代表の国母和宏が公式ウエアを着崩して物議を醸した。その反省から全日本スキー連盟(SAJ)は選手に対する服装や礼儀の指導に心血を注いできた。大多数の真摯な選手やスタッフたちが積み上げた月日は大麻の2文字の前に、かき消されてしまうかもしれない。

 処分を受けた選手の1人には、大麻使用の複数の目撃証言があったというが、遠征に帯同するコーチは気付けなかった。SAJの古川年正専務理事は「365日、選手を管理することはできない」という。練習外の時間に目を光らせるのは限界がある。

 だからこそ、指導者は選手に対して、どんな期待と責任、影響力があるのか、なぜ強化資金は出るのか−を伝えねばならない。指導する側の「スポーツ観」も問われている。


JOC、全競技の強化選手に教育プログラムの受講義務づけへ

 スポーツ選手による相次ぐ不祥事を受け、日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子選手強化本部長は27日、JOC加盟団体の全競技の日本代表クラスの選手を対象に、コンプライアンスなどに関する教育プログラムの受講を義務づける意向を明らかにした。受講後にレポート提出などを課す方針で、修了できなければ強化指定を外すという。

 これまではコーチやスタッフらを対象にしてきたが、リオ五輪代表選手にもスマートフォン向けアプリで受講させる。橋本本部長は「本部長として甘かった。深く反省している。平昌五輪、東京五輪へ向けて、二度と問題を起こしてはならない」と厳しい表情で語った。
続きを読む

お笑いクロスカントリースキー

学校部活の顧問は「やらされ感」では、選手もかわいそう

先生も気の毒だ!

先生が出来ないなら、外部コーチを雇って、体制を作るべき・・・

先生は本来の専門とする教育に専念すべき。
部活動の内容にも、先生の専門性が活かせるなら、それはいいが、
専門でない分野の顧問の担当は、まさにブラックです。


大麻使用のスノボ2選手への処分決定

 強化指定を受ける未成年のスノーボードの2選手が大麻を使用が発覚した全日本スキー連盟は27日、都内で臨時理事会を開き、2選手に対し、実質的な「除名」処分を下した。また、2選手はスロープスタイル部門の選手であることも発表された。

 記者会見を行った古川年正専務理事は、2選手に対して(1)無期限の連盟会員登録の停止、(2)無期限の競技者登録の停止、(3)連盟強化指定選手の取り消し、(4)JOC五輪強化指定選手の解除という4つの処分を下したことを発表した。弁護士でもある高山崇彦理事は「(会員登録の停止は)規定にある中では最も重い処分。実質的には除名にあたる」と、説明した。

 また、未成年のため、氏名などは公表しないとした。

 連盟では今年に入り入手した情報をもとに、調査チームを立ち上げ、調べを進めてきた。選手1人は昨冬の米コロラド州での遠征中に参加した知人のパーティーで外国人から大麻を渡され、使用。もう1人の選手は、調査チームのヒアリングを2度拒否。その後、任意の話し合いには応じ、大麻の使用は否定したが、毛髪鑑定の結果、大麻の成分が検出されたという。

 今回の処分により、全日本連盟、世界連盟が主催する大会には出場できないが、海外のプロ大会などには出場できるという。


ララ・グート、25歳の誕生日を迎える

13076877_10153612778147337_4526323173778079960_n

W杯選手もシーズン滑り収めの時季・・・

SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan