クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2012年05月

日食と地震

 21日は、日本を始め環太平洋の各地で日食となった。特に日本の関東から西日本にかけての太平洋側では金環日食が観測され、世紀の天体ショーとなった。

 この日食、地震との関係が無視できない。月と太陽の引力が地球に大きく作用することは科学的に証明されており、独立行政法人「防災科学技術研究所」は、「地殻のひずみが十分にたまったときに、月や太陽の引力が地震発生の最後の引き金になると考えられる」と発表している。
 それを証明するかのように、前日の20日午前4時ごろ(現地時間)にイタリア北部でマグニチュード(M)6.0の地震があった。また、24日午前0時(日本時間)にも、青森県東方沖でマグニチュード(M)6.0の地震が起きている。 過去の例でも、1999年8月11日にヨーロッパで皆既日食が観測され、その6日後の17日、死者約1万7000人を出したイズミット地震(トルコ)が起きている。その後もヨーロッパなどで皆既日食が見られた2006年3月29日には、2日後の31日に日食帯付近のイラン西部で死傷者1000人を超える大地震が発生している。

 さて、今回(21日)の金環日食が観測できた地域は、房総半島、東海・東南海・南海地震の発生予想域と帯状に重なっている。日食になると太陽から放射されるニュートリノが月のレンズ効果で増幅され、地球の核に影響。その核に引っ張られた圧力波が地表に伝わるという。ニュートリノが集中して降り注ぐのが、日食が見られる地域の軌道上ということになる。
102ss
 このブログでは、予言者でも専門の学者でもないので、何となくの勘でつぶやいているに過ぎない。 何も起きないことに越したことはない。


 でも、常日頃から防災意識をもち、イザとなっても、少なくとも各自の範囲で減災できるように、心がけられるキッカケになればと思うだけである。

原油価格続落

『ドバイ原油・24日午後、続落』 (日経新聞)
 原油でアジア市場の指標となる中東産ドバイ原油のスポット(随時取引)価格は24日午後、続落した。取引中心の7月渡しは前日から1.60ドル安の1バレル103.20ドルとなり、年初来安値を更新した。欧州債務問題への警戒感からロンドン先物相場の北海ブレント原油が、同日の時間外取引で1バレル105ドル台と約5カ月半ぶりの安値をつけた流れを映した。

『NY原油、6カ月半ぶり90ドル割る』 (朝日新聞)
 ニューヨーク商業取引所の原油市場で23日、国際指標となる米国産WTI原油の先物価格の終値が前日より1.95ドル安い1バレル=89.90ドルまで値下がりした。90ドルを割り込むのは昨年11月上旬以来約6カ月半ぶり。 欧州の政府債務(借金)危機などで世界の景気が冷え込み、原油需要が減るのではないかという見方が強まったため。


『原油価格の値下がり=ガソリン価格の値下げ』については大歓迎であるが、世界的な景気低迷への波及へと繋がると、これはまた困ったものとなる・・・。
手放しで喜べるのか?微妙である。

6〜8月予報、ほぼ平年並み

西日本では平年より暑くなることも・・・

 気象庁は24日、6〜8月の3カ月予報を発表した。気温の傾向は、東日本(関東甲信、北陸、東海)は3カ月間を通じて平年並み。北日本(北海道、東北)は6〜7月は平年並み、8月は太平洋高気圧の張り出しが弱いくなり、平年より低くなる見込み。
 西日本では、2010年ほどの猛暑にはならないものの、平年より暑い夏となると予想している。

全般3か月予報(6月〜8月)解説資料 (気象庁)

「やまがた樹氷国体」に決まる 14年開催のスキー競技会

「やまがた樹氷国体」に決まる 14年本県開催のスキー競技会 (山形新聞)

 山形県は21日、2014年2月に蔵王温泉スキー場(山形市)と坊平高原(上山市)で開かれる第69回国民体育大会冬季スキー競技会のテーマを「やまがた樹氷国体」、スローガンを「樹氷輝き 人つどい 未来につなげ 君の元気」に決めたと発表した。厳しい自然の中で育つ樹氷に、復興への願いも込めた。

 テーマは山本まり子さん(山形市)、スローガンは木村幸子さん(天童市)の案が選ばれた。「厳しい自然の中で力強く成長する樹氷のように夢や希望が膨らむ大会に」「大会で生まれた絆が希望に満ちた未来への活力になってほしい」という思いが込められている。1月16日からの2カ月間で、県内外合わせて約2200点の応募があった。

 吉村県知事は、同日の定例会見で「困難な状況の中、前に進む東北の姿を樹氷に重ね、復興への思いも込めた」と述べた。テーマの決定を受け、県は「やまがた樹氷国体」を象徴するシンボルマークの募集を始めた。

コーチングの極意2

選手の「心の底」をつかむには……
競泳日本代表ヘッドコーチ 平井伯昌

■どうしても「北島というレンズ」を通して
やっぱり僕は「北島康介のコーチ」だったなとつくづく思いました。そのコーチが他の選手らを教えても、うまくいくわけがないですよね。
この1年半くらいで、ようやく他の寺川・加藤・上田のコーチになった気がします。
自分のなかでは頭を整理し、新しい選手にチャレンジしていたと思っていましたが、やっぱり残っているんです。
「コーチングとはこういうものだ」という残像が頭の中に……。
どうしても「北島というレンズ」「中村というレンズ」を通して選手を眺めてしまっていました。
寺川に対してなら、「礼子だったらこうだったよな」といった具合に。
そうしたところから本当の意味で頭を切り替えるのに、2年くらいかかりましたね。

■「こうしろ」と言っても…
最初のころの加藤は「こうしろ」と僕が言っても「できません」でやり取りがおしまい。
「そんな選手、教えられるか」と内心で感じたこともあります。
でも、それはコーチとしての信義則に反しますし、「こう直した方がいい」と感じたのなら何とかしてきちんとした形で選手に伝えるべきだと……。

■映像を用いて具体的に説明
そう思って、夜中にビデオ映像をジーッと見て、翌朝にその映像を用いて具体的に加藤にアドバイスしてみました。
すると加藤本人も変わってきて、加藤の僕に対する信頼のようなものも芽生えていったと思うんです。
私自身が、加藤のようなタイプの選手へのチャレンジが足りなかったと思います。

■緊張の理由は…
4月の代表選考会では、加藤とはこんなやり取りをしたことがありました。
みると相当に緊張しています。客観的に考えるとレースで負けることは考えにくい状況です。
なのに本人は緊張でガチガチなんです。
「ゆか、何をそんなに緊張してんの?」と尋ねると、「自分自身にです」と答えます。
だから「自分自身の、何に?」とさらに聞いたんです。
「いま、何に自分が緊張しているのか、考えるチャンスだぞ。
ちゃんと考えてみなさい」と。
「えー……何かな……」。加藤の答えはスラスラとは出てきません。
「期待かな」
「それは何の期待? 自分はもっとできる、という期待か?」
「目標と……」
「じゃあ、目標と現実とのギャップ?」
「そうかもしれない……」。
自分の目標はもっと高いところにあるのに泳いでみたらギャップがあった。そのギャップのために自分はダメなんじゃないかと加藤は感じていたらしいです。

■質問しないと、選手の心の底は見えてこない
質問して答えを待つ、また質問して答えを待つ。そんなふうに選手とやり取りして、選手の気持ちを把握するようにしています。
どんどん質問していかないと選手の心の底は見えてきません。
それを繰り返し、「そうか、加藤は“自分に期待しすぎる”人間なんだな」といった具合につかんでいきます。
「なぜダメだったんだ」「緊張です」。
そこで分析や探求をやめても構わないのですが、緊張にもいろんな種類があるわけです。
ライバルに対するもの、記録に対する重圧、自分自身に対するプレッシャー。
より細かく、深く分かるようになれば、それだけコーチングの選択肢も増えてくるんです。

■康介は僕らを本気に
競泳は持久的な要素があるので、努力しないと記録は伸びません。
さぼると、それが跳ね返ってくる。だから選手は正直者でないと伸びません。自分に酔っているような選手ではダメです。
重要なのは選手本人が、本当に僕らコーチを必要としているのかどうか。
僕は頼まれれば、一生懸命、全力でやります。逆にいえば、我々コーチが寝ても覚めてもコーチングのことを考えるだけの価値がある選手なのかどうか。
康介は僕らを本気にさせるところがありました。「あいつのためだったら何だってやる」「任された以上は俺の責任だ」と思わせる何かがあったんです。
ですが、コーチに一部分しか任せなくて「ここの部分だけ、助言をください」というような選手がいたとしたらどうでしょう。
こちらも「なんだよ……」と思ってしまいます。
やるからにはこっちも真剣にやりたいですから。

■選手の殻を壊すのには時間
 ちょっと煮詰まっているなと感じた選手がいたらアドバイスしますし、記録が思ったより伸び悩んでいる選手には話をしていかなきゃいけないと考えています。
 「自分の殻」が強い選手もいることでしょう。アドバイスが選手の本質まで届かないケースも出てくるかもしれません。そう考えると、なかなか大変です。
 選手の殻を壊すのには時間がかかるものなんです。

■掲げる目標と現実にギャップ
試合の前に言っていることと、試合でのパフォーマンスが食い違う。
「こうやる」と言っているのに、レースではそうなっていない。掲げる目標と現実にギャップがあります。
達成できる目標なのだけれど、達成できない要因があるのか。
それとも目標自体が高すぎ、本来はもっと一歩一歩確実に進むべきなのか。
そのあたりをよく見つめ直さないといけないと感じています。

■「戦術眼」と「戦略眼」は違う
「このレースは、このタイムで泳げる」という発言と実際のレースがずれてしまっているときがあります。
個々のレースに対する意識が希薄になって、レースで「こうしよう」という表現方法が乏しくなってしまうときがあるのかもしれません。
様々なトレーニングを取り入れてタイムは伸びていきますが、色々な情報を自分の内で「消化」しきれていないこともあります。
泳ぎに関する様々な「いいところ」を外からたくさん集めているのだけれど、まだ戦術の束の状態であって、戦略的にグッとまとまっているところまでは達していない。
「戦術眼」と「戦略眼」は違いますから。五輪で結果を出すには「戦略眼」が必要です。

コーチングの極意1

日経新聞に載っていたので紹介します。

「選手に限界破らせる法」 競泳日本代表ヘッドコーチ 平井伯昌

競泳の北島康介を五輪2大会2種目連覇に導いた名伯楽、平井伯昌氏がロンドン五輪に向けて新たな挑戦を楽しんでいる。
選手を伸ばし、能力を引き上げてきたコーチングの要諦はどこにあるのだろうか。

■目標を達成するための「式」を作る
コーチングとは、「選手の夢を現実にさせてあげるための作業」と言ったらいいでしょうか。
「君はこれをこう直せば速くなる」と必ず一つの手順に落とし込み、課題の克服方法なるものを提示してあげる。
それをもとに選手は自分の課題を確認し、それを自覚しながら泳ぐ。そして直していく。そんな一連の過程が「練習」なんです。
選手たちの目標に対する「答え」を求めるための「式(方程式)」を一緒になって見つけてあげるのがコーチングではないかと思っています。

■選手自身が「気づく」ように
「式」を作ったら、それを具体的な「作業」に落とし込まないといけません。
「どうしたら速くなると思う?」と選手に問いかけたり、ビデオを見せたりして、徐々に選手が自分自身で「気づく」ようにしていきます。
難しい言葉などではなく、簡単なものに落とし込んだ方がいいですね。そして、練習でそれを「普通」にこなせるようにすることが大切です。
正しい式は選手ごとに違うし、それは毎年変わるかもしれない。その時点で一番正しい式、方法論を模索していきます。

■選手が気づかない本質を見抜く
コーチングで究極の目標の1つは、選手が気づかない本質を見抜いていくことでしょう。
本人の可能性やキャパシティーを広げることと、「見抜く必要がある状況」にコーチ自身が身を置いているか?だと思います。

■遅咲きの選手への見立て
ある選手の性格をみていて、中学生のころから「お前は大学生を卒業してからの方が絶対に速くなるよ」と言い続けてきました。
人間関係や水泳以外の見聞を広げてから、もう一回、水泳だけに集中したときに伸びるはずと確信があったからです。
選手の成長をどこまで予測できるかもコーチングに含まれるものです。

■常識をうのみにせず、限界に目を向けるのではなく…
選手たちを伸ばせたのは、コーチである自分自身が変な「常識」や「限界」を作らないように努力してきたからなのかもしれません。
本人も気づかぬ才能を見抜いていき、掘り起こし、意識させる。
「なんだ、俺ってこういうタイプだったのか」、「あれ、私ってもっとできるんだ」……。そういう風に気づかせてあげるのも我々の役目です。
指導の限界を作らずに選手の良さを伸ばすという面だけをみようとすると結構楽しく指導できるものなんですよ。
コーチが限界を考えてしまうと、コーチングはストップしてしまいます。挑戦がなくなりますから。

■目標を狭めてフォーカスするのではなく
僕は自分の考え方を広げようと考えています。目標を狭めたのではなく、広げたことで様々な個性の選手、それぞれに対する対応能力が向上したのではないかと思っています。

■コーチもチャレンジする状況に
いつも周囲からみれば大変だろうなというときに限って、僕は指導する人数を増やしているんです。
自分でも「なんであのときこんなことしてるのかな」と思うことはありますが、自分のなかで「こういうときこそ逆に自分のチャンスだ」と感じているふしがあるんです。
選択のある場面で「大変だから絞ろう」と思うのか、「いや、ここでこそ挑戦だ」という方を進むのか。
コーチである自分がもっとチャレンジ精神を持たないと行き詰まっている選手らを伸ばすこともできないと思います。やはり人間、刺激が薄くなると成長が止まるような気がします。

■コーチが選手を変えようと思うと変わらない
選手が自然と変わるような練習やプログラムをいかに考えるか。
「この練習をやったら君はこうなる」「この練習をすれば自然に変わる」と。ドリルとは、その最たるものでしょう。
選手にいろいろと説明を尽くし、変わるように仕向ける。コーチがやったではなく、選手が自然と変わるのが理想ですね。
たとえば「この道具を使えば君はこう変わる」と…。その方が選手も成長するし、再現性もあります。

■原点に返りつつ、応用にも挑む
頭ごなしで何かをさせても、選手は納得しないのでコーチングは本当に難しいです。
本に出ていることを教えても仕方ないし、思いつきでやっても選手に見破られるだけです。
でも、選手を変えるように仕向ける引き出しの「幅」なら広がってきたと思います。
コーチングの原点に返りつつ、応用にも挑む。コーチとして頭を使う状況に自分を置いているのかもしれません。

来季への目標設定

毎年なんだけど、この時期になると記事にしていることがある・・・。

 目標設定(ゴールのイメージ)

やはり、これを明確にしておかないとプロセスのイメージが湧かないし、目標に対する意欲にも繋がらない。
そして、目標に向かって継続して取り組むことが成長につながってくる。

何か目標を達成しようとしたとき、具体化してイメージがより鮮明な時ほど、早く達成出来てくるものである。

具体化としては、
「長期の目標」「中期の目標」「短期の目標」そして「1日の目標」へと、細かく設定していくのが良い。
細分化するほど、行動としてリアルに現れてくる。

今まで連載した「アントレプレナー」に共通する部分であるが、それを踏まえて是非、考えてほしい。

【目標設定のポイント】
1.目標には達成する期限を設ける。
 期限のない目標は、夢で終わる。「何を何時までに」と具体的に書く。

2.目標を短期〜長期まで描いて設定する。(SETP by STEP)
 【長期目標】大きな夢、3年後、5年後の目標
 【中期目標】半年〜1年後、2年以内の目標
 【短期目標】努力で実現可能な目標

3.結果の目標だけを書かない。
 必ず、プロセスの目標(努力の過程、どんな努力、行動をするか)を書く。抽象的な目標を書かない。
 何をどう変えたら、どんな行動を取ったら「今の自分」 と 「こうなりたいと思う自分」との差が埋るのかを考える。
 行動に結びついた言葉で書く。

4.今の自分を受け入れる。
 目標が達成できなかった場合でも、その自分を否定せずに受け入れ、努力の過程をきちんと評価する。
 結果だけで一喜一憂するのではなく、目標に対する軌道修正も受け入れながら考える。

5.目標と行動が伴うこと。
 毎日の行動に自信を持つこと。目標に対する行動を日々チェックし、その行動が目指す方向へと繋がるものなのかを確認できるものでなければならない。


さて、
君たちアルペンレーサーにとっては、
中学生なら、全中、ジュニオリの出場だったり、その上位入賞。
高校生なら、インハイ、国体の出場だったり、その上位入賞。そして、FIS、SAJポイントの更新とその延長での高校選抜出場だったり全日本選手権出場。
そんな内容が目標となってくるのだと思う。
その先には、ワールドカップやオリンピックへの出場もある・・・

国内の選手では、これらのステップを踏みながら上へと目標を上げている。

個々の選手で、そのステップの刻み方は違ってくる。

最初の一歩、
先ずは、SAJ-B級大会(中学生はチルドレン大会)への出場権を得て、地道にポイントを更新して行くところからが、入口になる選手がほとんど。
先を急ぎ、大会ばかり出てポイントを追っていても、結果はそんなに良くならない。(時にはラッキーレースもあるが・・・)

限られた大会で最大限に発揮できるようにしなければならない。

一喜一憂せず、冷静な判断の下、結果を分析して、そのフィードバックをトレーニングに活かして、次の大会とを上手く組み合わせないと効果が出てこないもの。
一年一年の積み重ねを計画的にトレーニングと大会のバランスと取りながら挑む必要がある。

時には、捨て大会も必要かも知れない。(意図した捨て方が必要)

どの大会にエントリーするかは?結構難しい部分があり、経験も必要になってくる。
選手本人とコーチ、そして、学校との関わり、その他いろいろな情報を集めて、そのシーズン全体をデザインをする必要がある。

シーズン前半、中盤、後半。それぞれの自分の勝ちパターンをイメージしてほしい。

昨シーズンを振り返り、来シーズンに向けて計画しよう!
さぁ、これを読んだ今日からがスタート。

日食グラス、6月にも使えます

 今回の金環日食の観察に使った日食グラスは、捨てずに持っていてください。6月6日に「金星の太陽面通過」をみることができます。全国各地で、朝から午後にかけて金星の黒い影が太陽の前をゆっくり横切っていくのが見える。これを見逃せば次回は105年後。
金星

月の影

 天候が危ぶまれましたが、日本列島各地で金環日食や部分日食が観測されたようです。
 気象衛星の写真をみると、月の影が7時ごろから金環日食の観測エリアを中心に、ぼやっと丸い影となって北東方向へ移動しているのが写っています。
 金環食の最大前後は、やはり周りが少し暗くなっていましたが、空からみても、その様子がわかります。(わかるかな?雲があるところで、雲の白さが部分的に丸く薄ぼんやりと黒くなっているのが・・・)

201205210615-00
201205210700-00
201205210715-00
201205210800-00
201205210815-00
201205210900-00
201205211000-00


201205210700-01
201205210715-01
201205210800-01
201205210815-01
201205210900-01


12052100

金環日食

多摩地方でも見ることができました!
P5211170
P5211174
P5211175

時折、雲に隠れることもありましたが、しっかりリングを見ることができました。
DSC_2961
DSC_2963

金環日食、いよいよ明日

『金環日食 予報は曇りや雨の地域多く』 (NHK)

 太陽に月が重なり、指輪のような形に見える「金環日食」がいよいよ21日に迫りました。
予報では、金環日食が見られるとされる地域の多くでは曇りや雨のところが多く、関東北部の内陸や長野県南部などでは、晴れる可能性が高いとみられています。

無題1 「金環日食」は、太陽と、月、そして地球が、一直線上に並んだ時に太陽が指輪のようなリング状に見える現象で、21日の朝、全国の広い範囲で観測されます。
 国内で観測されるのは、昭和62年の沖縄県以来、25年ぶりで、東京を含む首都圏では173年ぶり、3大都市圏を同時に含むような広い範囲での観測は、実に932年ぶりという世紀の天体ショーです。
 今回、観測できる太平洋側の帯状の地域では、帯の中心線に近いほど金環日食を長く見ることができ、中心線のほぼ真上にある静岡市や東京などでは、およそ5分間見られる一方、帯の端に当たる地域では数秒間しか観測できません。
 ただ、今回は、たとえ帯の地域から外れても、北海道から沖縄まで全国すべての場所で部分日食を見ることができ、太陽の80%から90%が隠れるということです。
 世紀の天体ショーを一目見ようと、各地で観測会や、飛行機による空からの観測、船によるクルージングなどが予定されているほか、小学校などでは登校を早めて全校児童で観測するところなどもあります。
 最新の天気予報では、金環日食が見られるとされる地域の多くでは、曇りや雨のところが多く、関東北部の内陸や長野県南部などでは晴れる可能性が高いとみられています。
 やや厳しい条件ですが、曇りの地域でも、観測できる時間帯に雲の切れ間から太陽が見えたり、雲が薄くなって見えたりする可能性はあります。
無題japan_near_small


金環日食観測の注意点
 「金環日食」だけでなく「部分日食」であっても、太陽のまぶしさはふだんとあまり変わらないため、僅かな時間でも肉眼で見ると目を痛めるおそれがあり注意が必要です。
 日本眼科学会などによりますと、日食の太陽を見つめると、網膜が傷つく「日食網膜症」になるおそれがあり、ものがゆがんで見えるほか、深刻なケースでは視力が落ちて元に戻らなくなるということです。
 過去には、1912年にドイツで観測された日食の際に3000人以上が症状を訴えたという記録があります。
 「日食網膜症」の場合、特に注意が必要なのはすぐに症状が現れないことで、有効な治療法もないことから、国立天文台や眼科学会では、専用の日食グラスなどを使うか、日食グラスがない場合は、直接、太陽を見ずに木漏れ日などを観測するよう呼びかけています。

次のような方法は非常に危険ですので、絶対にやめてください。
 ▽肉眼で直接太陽を見ること。
 ▽専用のフィルターをつけていない望遠鏡や双眼鏡。
 ▽色つきの下敷きや、CD=コンパクトディスク。
 ▽写真用のフィルム。
 ▽すすをつけたガラス。
 ▽サングラスやゴーグルでの観測です。

 今回、多くの地域で曇りの予報となっていますが、国立天文台では、曇りの場合、より注意が必要だとしています。
 曇りだからといって、日食グラスを使わずに安易に太陽の方向を見ていると、雲の切れ間から突然、強い日差しが差し込んだり、雲が薄くなって目に届く太陽の光が強くなったりして目を痛めるおそれがあるからです。
 さらに今回の日食は、通勤や通学の時間帯と重なることから、交通事故への注意も必要で、歩行者やドライバーは太陽に気を取られないよう、運転しながらの観測はもちろんのこと、歩行者も歩きながら太陽を見るようなことは絶対にしないでください。

全国各地の観測時間は
 今回の金環日食は、九州南部から四国、近畿、東海、関東、そして福島県までの、太平洋側の28の都府県の帯状に示された地域で見られます。
 まず、午前6時すぎから太陽が徐々に欠ける部分日食が各地で始まり、最初に鹿児島県の離島、三島村や十島村の島々で、午前7時16分ごろから金環日食になります。
 その後、西から東の地域にリレーをするように金環日食の見える場所が移っていきます。
国立天文台が公開している計算方法で割り出した金環日食が見られる時間です。
九州
 ▽鹿児島市が午前7時20分から4分間。
 ▽宮崎市が午前7時20分から5分間。
 ▽熊本県水俣市が午前7時22分から2分間。
 ▽大分県佐伯市が午前7時24分から2分間となっています。
四国です。
 ▽愛媛県宇和島市が午前7時24分から2分半。
 ▽高知市が午前7時25分から3分間。
 ▽徳島市が午前7時26分から3分間。
 ▽香川県東かがわ市が午前7時27分から1分半となっています。
関西
 ▽和歌山県の潮岬が、午前7時25分から5分間。
 ▽和歌山市が午前7時27分から3分半。
 ▽神戸市が午前7時28分から1分半。
 ▽大阪市が午前7時28分から2分半。
 ▽奈良市が午前7時28分から3分間。
 ▽京都市が午前7時29分から1分間。
 ▽大津市が午前7時29分から1分半、それぞれ観測されます。
東海
 ▽三重県志摩市が午前7時27分から5分間。
 ▽津市が午前7時28分から4分間。
 ▽岐阜市が午前7時30分から2分間。
 ▽名古屋市が午前7時29分から3分半。
 ▽静岡市が午前7時29分から5分間となっています。
large関東甲信
 ▽長野県塩尻市が午前7時33分から1分半。
 ▽甲府市が午前7時31分から4分半。
 ▽横浜市が午前7時31分から5分間。
 ▽東京の都心が午前7時32分から5分間。
 ▽千葉市が午前7時32分から5分間。
 ▽千葉県銚子市が午前7時33分から4分半。
 ▽さいたま市が午前7時32分から5分間。
 ▽前橋市が午前7時33分から3分間。
 ▽宇都宮市が午前7時34分から4分間。
 ▽水戸市が午前7時33分から5分間、
それぞれ観測されます。
そして、福島県では、
 ▽いわき市が午前7時35分から4分間。
 ▽郡山市が午前7時37分から30秒間となっています。

金環日食の継続時間は、同じ市内であっても場所が少しずれるだけで変わるため、いずれも目安の時刻です。


天候に左右される天体ショウゆえ、気持ちをおさえていましたが、見える可能性は五分五分と予測しました。
我が家からは高台で東方が斜面で開けているので絶好の観測地点です。
あとは雲から透けて見えることを期待して、その日を迎えることにしましょう!

アクティブなオフ日

20120519 土日は地元の少年サッカーに参加しました。
 土曜日は4年生、日曜日は5年生と一緒に練習しました。夏休みには朝練を担当するので、各学年の選手の名前、レベル、性格を少しずつ情報をインプットしています。
 実は名前を覚えるのが苦手なのです。だから、冬季に参加していない分、今から選手と接してコミュニケーションをはかっています。
 今日は、卒業した中学生たちが遊びに来てくれました!そこで、コーチ達とのデスマッチ?の試合をしました。
 さすがに中学生。小学生とは技術、体力が違います。知恵もついてきています。コーチ陣は人数不足で小学生も助っ人に入れ善戦しましたが、最終的には負けてしまいました。
 次はリベンジですね!まだ、勝ち筋はあります。でも、確実に上達しているプレーを目の当たりすると嬉しいし、こう言うプレーを一緒に出来ると楽しいです。(スキーでも同じですね)
 明朝は筋肉痛かな?

「念ずれば花開く」

半月ほど前・・・

ラジオ番組で、あるスポーツ選手のインタビューについて話題に挙げ、その選手の好きな言葉として
「念ずれば花開く」
と言うことを紹介した。

この選手の話題を今日は紹介しよう。



平井美鈴さん(フリーダイビング競技選手)
2003年よりフリーダイビング競技を始め、2006年コンスタントウェイト・ウィズフィンで初めて日本記録を樹立。
その後、毎年日本記録を更新し続け、2010年世界大会団体戦にて日本初の金メダル獲得。
海洋種目2種目でのアジア記録・日本記録保持者(2011年2月)。
幼少の頃から水泳が苦手で、海にも興味がなく、プールやビーチでは遊ぶのみだったとか・・・
そんな人が、なにをきっかけに変えていったのか?


●もともと泳ぎは得意でなかったという平井さんがフリーダイビングを始めたきっかけは何ですか?
平井
1999年小笠原に旅行に行った時です。それまではライフジャケットがないと海には怖くて入れないくらいのカナヅチ。でも島の女の子が野生のイルカと遊んでいるのを見てとても憧れました。その後フリーダイビングの日本代表の方にお会いする機会があり、スポーツとしてのフリーダイビングが憧れへの近道と知り、始めることにしました。

●怖くなかったのですか?
平井
怖かったですね。当初は絶対沈まないようにウェットスーツとライフジャケットをつけていました。ところが体験してみると、どのくらい潜れるかが5メートル、10メートルという具合に数値として出てくる。カナヅチでもこれだけ潜れるんだということにまず感動し、ではいったい自分はどのくらいまで潜れるんだろう?という好奇心で、いつのまにかフリーダイビングという競技に魅了されていました。

●30歳を目前にして、OLからフリーダイバーへのシフトは一大決心が必要だったのでは?
平井
実はそうでもなく、しばらくは並行してやっていたのですが、気づいたら競技1本になっていたという感じでしたね。その途中で、ダイビングをやめたいと思ったことはありますが、それは競技自体が原因というより、周囲のトラブルなどが壁となって、そこから逃げたくなったというような事でした。でも今ではそういう壁に見えるものが新しい目標というか、それを乗り越えたところに可能性がある、スポーツマンとして成長させてくれるものとして考えられるようになりました。

●今の目標は何ですか?
平井
11月にバハマで国際大会があります。ここにブルーホールという深さ200メートルくらいの、世界一深いと言われる穴があるんですがそこに潜る予定です。目標は90メートル台超えです。

●いったい水深90メートルに潜るってどんな感じなんでしょう?
平井
別に苦痛だらけという事はないんですが、とにかくものすごい水圧で、柔らかいところがどんどんつぶれていきますから、お腹もぺちゃんこになりますし、 鼓膜が押されるからか、汽笛のようなボーという音も聞こえます。光も違いますね。特にこのブルーホールは真っ暗で、水面に持って帰る札が見えるようにライトが灯っていますが、まるで宇宙ステーションのように見える。そこに降り立っていくのは宇宙飛行士になった気分です。

●そのためのトレーニングはどんな事をするのですか?
平井
冬の間にプールで大きな魚のようなひれをつけて必要な筋肉を鍛え、柔軟性をつける。メンタルコントロールの練習もします。フリーダイビングというのは息を止めて水の中を泳いで行くので、頭の中で色々考えてしまうと必要な酸素を使ってしまったり、集中が乱れて記録にひびくメンタルなスポーツなんです。
それもずっと気持ちが安定しているわけではありません。特に帰りは酸素がもつかどうかという時に、気持ちが折れたら失神してしまいそうなので、それこそもう気合いですね。行きは安定させ、帰りはどのゾーンで上げて行くかという「心のだんどり」でスイッチの入れ替えもポイントです。「行きは瞑想帰りは気合い」という感じですね。

●平井さんが心の糧としている「本」や、「言葉」があったら教えてください。
平井
詩人の坂村臣民さんの 「念ずれば花ひらく」という言葉。
これは昔から心のどこかに必ず置いていて、つらいときに思い出しますね。
大変な時、壁を乗り越えている最中は自分の目的が見えなくなりがち。そんな時にこの言葉を思い出すと、自分の芯を確認できるというか、ブレがあったら元にもどしてくれる、とても大事にしている言葉です。
本でしたら小池竜之介さんの作品ですね。
フリーダイビングに必要な心の安定を保ち、静かに心を収める方法のヒントがつまっているんです。つらい時によく見ていますし、言葉をメモって持ち歩いたりしています。

(TOKYO FM みらいナビより)

目に見えない汚染の不安

『利根川支流で有害物質、利根川水系の浄水場で断水』

無題 関東地方の浄水場の水道水から水質基準を超える有害物質ホルムアルデヒドが検出され、群馬県と千葉県は19日までに、計2カ所の浄水場で取水を停止した。千葉県内では、柏市など5市で計約33万世帯が断水した。
 埼玉県によると、群馬県高崎市の利根川支流の烏川で18日、濃度が比較的高いホルムアルデヒドを検出。両県は烏川上流で採水し汚染源を絞り込むとともに、事業所への聞き取りも進めた。
 烏川上流には塩素と結び付くとホルムアルデヒドになる「ヘキサメチレンテトラミン」という物質を扱う事業所が複数ある。樹脂や合成ゴムを製造する際に使われる。



無題 千葉県は18日に上花輪(野田市)北千葉(流山市)の2浄水場で取水を停止。19日未明、栗山浄水場(松戸市)も基準を超える恐れがあるとして取水を止めた。うち2カ所で取水停止が継続。
 埼玉、群馬県では19日までに取水が再開。埼玉県は行田浄水場(行田市)の取水堰で18日午前に採取した水から基準(1リットル当たり0.08ミリグラム)の2.5倍のホルムアルデヒドを検出。19日早朝、基準を安定的に下回ったとして取水と給水を再開した。
 群馬県は18日夜、千代田町の東部地域水道浄水場で取水を停止。18日に採取した利根川の水を塩素処理した結果、基準を超える0.098ミリグラムを検出した。浄水処理後は0.04ミリグラムで基準を下回ったが、通常より高いため安全性を考慮した。


 東京都水道局も江戸川、荒川両水系の浄水場3カ所で水質検査。基準を超える数値は出ておらず取水制限はしていない。 (共同)



水質汚染で首都圏では、また混乱をまねいている。
都の水道系は、今のところ影響がなさそうであるが、早急な事態収拾と原因究明を願うばかりである。
報道の範囲では、国の動きが遅い気がする・・・

アントレプレナー17

第17回目、
『決意』

 決意とは、できるまでやるとあらかじめ決めることである

 決意は、どのような立場、環境からでもできる

 決意は、すべてを受け入れることからはじまる

 決意は、習慣を嫌い、常識を超える

 決意は、問題を欲し、中傷をアドバイスに変える

 決意は、迷いと不安を消し去る

 決意は、強い自発性をもたらす

 決意は、他人を同じ行動にかりたてる

 決意は、毎日確認するものである

 決意をした人は、行動に無理がなくなり、自分らしく自然体である



アントレプレナー特集は、今回が最終回です。
約1ヶ月間にわたり、電車の中、昼休み中、その他貴重な自由時間に読んでいただき、ありがとうございました。

共感いただけた方は、
「思い」が「行動」に変え、夢が「実現」していくのだと思います。
そして、
そのためには『決意』。


右の写真にも、それぞれの思いが映ってみえませんか?
当時の気持ち・・・
どんなことを描いていたんでしょうか?
「思い」に向かってがんばっている姿が、そこにあるんじゃないかな・・・。


アルペンレーサーの君たちへ
来シーズンは、すでに始まっています。
さあ、
これから「思い」を決めて、「思い」続けて、「行動」に移し、描いている「夢」に向かっていってください。
きっと、
それは叶っていくはずです。

SAJ・FIS競技者登録申込受付について (都連)

2012/2013 SAJ・FIS競技者登録申込受付について

 東京都スキー連盟所属の選手は、都連で取りまとめての手続きを要するため、下記のとおりとなります。

 書類の記入方法等は、コチラを参照して、注意事項、各受付期間等を厳守の上、申し込みください。

 受付期間 2012年 7月31日(火)午後3時まで
 FIS ポイントリスト1 に掲載を希望する場合は、受付期間 2012年 5月31日(木)午後3時まで
 【注記】期間外(8月1日(水)以降)も受付けますが、登録料金が期間外料金となります。

 SAJ競技者登録料(新規・更新) 2,000円 (期間外は 4,000円)
 FIS競技者登録料(新規・更新) 5,000円 (期間外は 15,000円)

詳しくは、
 「SAJデータバンク」→「登録・申請」→「競技者登録とは」をご確認ください。

アントレプレナー16

第16回目
『思い』を実現していく第5ステップ、『実現』


そして、最後に「思い」は現実化する。
始めるときには「できる」という根拠のなかったものでも、あきらめずにやっているといつかできていることに気がつくだろう。
「思い」が足りずに自分があきらめたときにのみ、目的は達成されなくなる。
たとえ、一時的にどんなに窮地に立とうとも、強い「思い」を持って臨めば、いつか必ず道は開ける。
「思い」のあるところに必要なものが吸引され続け、いつの日か実現していることだろう。
その「いつの日」も「思い」が強ければ強いほど早くなる。

しかし、どれほど強い「思い」を持ったとしても、思ったときにすぐに現実化するわけではなく、時間的な猶予、つまりタイム・スパンが必ずある。
つまり、今思っているレベル、内容に応じて2、3日後に実現することもあれば、半年、1年さらに何年もあとになって実現することもあるということだ。
逆に言えば、今の自分の状態は過去に自分が思ったレベルになっているということもできるだろう。
私たちは、過去の自分の思ったところにいるのである。

そして一方、私たちはこれからの人生を今、決めているとも言える。
これまでの人生がどれほど寂しく惨めなものであったとしても、これからも同じような人生であるとは限らない。
これからの人生がどうなっていくかは、今私たちがどのような「思い」を持つかによって決まるものであり、自分以外の誰もそれを阻止したりコントロールしたりすることはできない。
私たちはこれからの自分の人生を自分の意志で自由に変えることができるのである。

「思い」の強さによって、どこまでのことができるかはあらかじめ決まっている。
強い「思い」を持てばどんなことだって可能になる。
私たち人類の歴史はどのような分野においても、不可能を可能にすることによってつくられてきた。
また、これからも、人類は新たな挑戦に挑み続ける強い「思い」を持った人々によって、今では考えられないようなことを可能にしていくに違いない。



次回に続く・・・

スキー場のグリーンシーズン

news5『歌志内で初耐久乗馬大会 アルペンスキーコースの新緑駆ける』
 道内のアルペンスキー競技の拠点の一つ、神威岳で13日、初の乗馬耐久レースが開かれ、新緑の特設コースにひづめの音を響かせた。
 レースは「かもい岳2012ソメスサドル杯エンデュランス馬術大会」。かもい岳温泉ホテルなどでつくる実行委が「自然豊かな神威岳の魅力を夏も楽しんでもらおう」と企画した。道エンデュランス協会と道乗馬連盟の協力で、道内8乗馬クラブ所属の馬20頭と愛好家たちが集まった。
 かもい岳国際スキー場の麓を出発し、林道を縫って標高467メートルの山頂に至った後に下る特設コースで、60、40、20キロの3部門に分かれた。




news1『ノルンみなかみのフラワーガーデンではスイセンが見ごろ』
 みなかみ町寺間のノルンみなかみフラワーガーデン(ノルン水上スキー場)で、スイセンが見頃を迎えている。5日夜には「みなかみ春の星の観賞会&キャンドルナイト」が行われ、来場者は明かりに浮かび上がる一面の花畑を楽しんだ。
 星の観賞会は、天体望遠鏡で金星や土星などを観察した。約1200個のろうそくで「norn」の文字を作ったり、スイセンやチューリップの花畑を照らして幻想的な風景を作りだした。
 フラワーガーデンはスキーシーズン終了後もゲレンデに足を運んでもらおうと2007年から植栽し、ことしは70種100万株に増やした。20日まで営業している。

news4『金谷山のボブスレーが営業開始』
 上越市大貫の金谷山スキー場にあるスーパーボブスレー場が4月28日、今季の営業を始めた。大型連休初日とあって多くの親子連れが訪れ、快晴の下で気持ちよさそうにコースを滑降した。
 市によると、豪雪に見舞われた今年は、ボブスレー場に4月中旬まで1メートル近い残雪があり、係員数人が20日ごろまで除雪作業に追われた。営業は10月末まで。月曜定休だが、大型連休中と夏季は無休。







news2『びわ湖バレイでスイセンが見ごろ』
 大津市のスキー場「びわ湖バレイ」でスイセンが見頃を迎えている。約30万本の花が黄色いじゅうたんのように斜面いっぱいに広がっている。 約2万平方メートルの斜面にマウントフットやマリークなど4種類が植えられている。 昨年は芽の3分の1ほどがシカに食べられたが、今年は例年よりも早く4月上旬に電気柵を設置。その結果、シカの食害に遭うことなく開花を迎えることができた。見頃は5月中旬まで。



news3『恐羅漢スノーパーク(広島県)の春』
 広島県内最高峰の安芸太田町の恐羅漢山(1346メートル)で1日、春の山開きがあった。残雪が消えたスキー場のゲレンデではスイセンが咲き始めており、訪れた登山者たちが新緑との競演を楽しんだ。
 山開きは、スキー場「恐羅漢スノーパーク」の運営会社、恐羅漢(安芸太田町)が主催し約30人が参加。神事をして、シーズン中の安全を祈願した。
 登山ルートの一つにあるスキー場北東側のゲレンデでは、12万株のスイセンの半分程度が開花。黄や白の花が爽やかな風に揺れる。
 スイセンは同社などが4年前から植えている。満開は10日ごろという。同社は27日まで「すいせん祭り」として、キャンプ場管理棟で山菜の天ぷらや地元食材を使ったピザを販売する。






各スキーでは、グリーンシーズンの客入りに向けて、お花畑や斜面を利用したアトラクションを運営しています。
このほかにも
たんばらのラベンダー園、岩鞍のユリ園なども知られています。

丸沼高原やガーラ湯沢などは、サマーゲレンデもあり、通年スキー場としても有名。

体育指導者は大変!

『中学体育の先生、授業必修化でダンスに奮闘中』 (朝日新聞)

 今年度から中学校の保健体育でダンスが必修になった。全国の6割超の学校がヒップホップなど現代ダンスを選択し、戸惑っている教員も少なくない。その不安を解消しようと、民間のダンス教室や自治体の講習などが盛んになっている。

 「ヒップホップなんてやったことがない。技術を高めないと授業にならない」
 「生徒の中には、スクールに通う子が多く、指導に自信がない」

120517 若者がひしめく東京・原宿。4月末、ダンススクール「エイベックス・アーティストアカデミー」のスタジオに集まった中学の体育教諭らは次々に不安を口にした。 この日は日本ストリートダンス協会(東京都港区)が主催した教員向けの無料ダンス講習会。約50人が参加していた。

 「はい、キックステップ。速くっ!」
 ダボダボのパンツ姿の女性インストラクターが、テンポの速い洋楽に合わせ、笑顔でステップを踏む。

 保健体育の教諭で、専門はバスケットボール。ヒップホップは初体験。ダンス教室に通う生徒が1クラスに3、4人いて「私よりうまい」。必修化に先立ち、昨年にヒップホップの授業を始めたが、やはり上手な生徒にお手本役を任せてしのいだという。


体育の先生と言っても、元は学生時代に専門の競技をやっていて、その流れで教職につく先生が多いと思う。
ある程度、教育過程でいろいろなスポーツを勉強しているのだろうが、それにしても「ヒップホップ」は無かったろうに・・・

ダンスの楽しさの環境提供を通じて、生徒たちとの距離感をつめた指導をしていくんでしょうね。

スキー競技を専門で大学に進学し、その後、体育の先生を目指す選手は、ココロしてオールマイティーな指導者を目指してくださいネ。(スキー選手は、球技系が苦手な人もいますから・・・)

ご健闘をお祈り申しあげます


居眠り運転防止グッズが品薄に

 自動車の居眠り運転による死亡事故が相次ぐ4月以降、居眠り防止用の補聴器型アラーム「ナップ・ヴァイーブ・プラス2」(2500円)が販売数8000個を超える爆発的ヒットを飛ばしている。開発者の居眠り研究家・佐溝浩三さん(54)は「12時間熟睡しても居眠りは起きます。自分だけは大丈夫だ、と思う人こそ危険なんです」と警鐘を鳴らしている。
111 アラームを耳に掛けてウトウト…と頭を下に傾けた瞬間、鋭い警告音が「ピー!!」と鼓膜を襲った。国内唯一の居眠り研究家は「これなら目が覚めますよね」と自信の表情を見せる。
 全国で相次ぐ居眠り運転による事故。惨劇の様子が連日報道される影響からか、皮肉にも「ナップ・ヴァイーブ・プラス2」の売り上げは京都・亀岡の暴走死傷事故後に急上昇。1か月弱で8000個を突破し、品薄状態が続いている。
 耳に掛けたアラームを下に傾けると、内部センサーが反応して音を鳴らし(もしくは振動し)居眠りをしかけたドライバーを叩き起こす同商品。販売元のタカノハ(横浜市)の代表取締役で、商品開発者の佐溝さんは「事故によって注目されるというのは複雑な気持ちです。ただ、いつ誰の身にも起こり得るのが居眠り運転。自分は大丈夫だ、と思っている人こそ危険なんです」と神妙に語る。
112 ファイナンシャルプランナーが本業の佐溝さんだが、自らの事故を発端に居眠り研究の道に進んだ。「自分が居眠り運転をするなんて全く考えていなかったんですけど」。2002年春、事務所からの帰路、居眠りしながらハンドルを握っていると、路上に停車中の無人車に衝突。鎖骨にひびが入り、車は全損に。ふと恐怖に襲われた。「もし横断歩道に人がいたら、もし相手にけがをさせていたらと思うと、人ごとに思えなくなりました」
 翌年、全くの専門外だった居眠り防止グッズの開発に着手。テレビで紹介されると事務所の電話がパンクするほどの人気を呼んだ。100を超える企業から注文があり、海外18か国からも受注。コメディー番組「ミスター・ビーン」で知られる英俳優ローワン・アトキンソンの手にも渡り、後に届いた手紙には「実に面白い」と賛辞の言葉が。商品の改良が続けられ、現在のモデルで4代目。この1か月間はいわば“第2のブーム”だ。
 「ゲップやオナラと同じ。12時間熟睡しても居眠りは起きるんです」という佐溝さん。「密閉されていて二酸化炭素の濃度が高く、微振動のある車の中は、もともと居眠りが起きやすい環境なんです」と解説する。自分、家族、第三者の命を守る第一歩は、危険を自覚することなのかもしれない。(スポーツ報知)
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan