イタリアで14人の死者を出したケーブルカーのブレーキを解除した容疑者3名を逮捕

長い尋問の後、彼らは、異常を解決するために緊急ブレーキの1つが意図的に解除されたことを認識していたが、「ケーブルが切断されることはない」と確信していたことを「認めた」のである。
北イタリア・ピエモンテ州のストレーザ-モッタローネ間を走るケーブルカーが転落し、14名の死者と未成年者1名の重傷者を出した事件で、ヴェルバーニアのカラビニエリの州司令部は、3名を拘留所に送りました。

早朝に逮捕された3人は、異常事態を解決するために緊急ブレーキの1つをわざと解除したことを認識していたことを「認めた」という。

逮捕されたのは、モッタローネ鉄道のオーナーであるバベノ(ヴェルバーニア)出身のルイジ・ネリーニ(56歳)、同事業のマネージャーであるエンリコ・ペロッキオ、サービスマネージャーのガブリエレ・タディーニ。これは、ヴェルバーニアのカラビニエリの州司令官、アルベルト・チコニャーニ中佐の報告である。"ブレーキが自発的に作動しなかったのか?そうだ、そうだ、彼らはそれを認めたんだ」と、この警官は『ライ・トレ』に掲載された『ボンジョルノ・レジョネ』のマイクに語った。

"ケーブルカーに不具合があり、メンテナンスを依頼したが、問題は解決しなかったか、部分的にしか解決しなかった。これ以上のサービス停止を避けるために、緊急ブレーキの作動を防ぐ「フォーク」を解除したままにすることを選択した。"

逮捕はヴェルバーニア共和国のオリンピア・ボッシ検事が命じたもので、ローラ・カレラ検事とともに、墜落した機内の分析や取り調べを経て、カラビニエリの捜査をコーディネートしました。火曜日の午後、ストレーザにあるアルマの兵舎に召集された工場の従業員と技術者に対する12時間以上に及ぶ尋問が行われた。

拘束された3人は、複数の故意の殺人、過失災害、作業中の事故防止のための道具の廃棄などの罪に問われている。

最初の検査の時から、ブレーキシステムに手が加えられていたようで、緊急ブレーキの1つのフォークが操作されて無効にされており、それが問題となってケーブルカーが継続的にブロックされていました。徹底した分析の結果、「事故機の機内には、緊急ブレーキシステムが改ざんされていた」ことが判明した。

そのため、先週の日曜日にスチールケーブルが切れたときには、ブレーキシステムが作動しなかった。

モッタローネのケーブルカーでは、断線した牽引ケーブルが「悲劇の引き金」となっていますが、そこには「安全よりもお金を優先した人々の意識的で不穏な行動」があります。

逮捕に至るまでの取り調べで、「数週間前から」ケーブルカーが危険だと警告していた人物がいたことが判明した。しかし、「非常に不可解な」決定は、おそらくウィジェットの長期閉鎖につながるであろうブレーキシステムの適切な修理を避けるために行われました。

"イタリアのメディアは、「実際、5月3日には介入があったが、その後、4月26日の再開以降に行われた他の修正作業の前では目をつぶっている。

しかし、ケーブルが切断されて事故が発生し、死者14名、生存者は5歳のエイタン・ビラン君ただ一人という、すでに知られている結果となってしまった。昏睡状態から目を覚まし、積極的な反応を示し始めていますが、依然として危機的な状況にあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。