This was so cool. A very happy Thanksgiving to Paula Moltzan, who earned a career-first podium on the World Cup, less...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年11月26日木曜日


パラレルレースデビュー戦ではモルトザンが2位、ヴロホバが3連勝を飾った。

ペトラ・ヴロホワは、6日間で3度目のワールドカップを制した。

先週末のフィンランドでスラロームで2連勝したヴロワは、決勝の1本目でモルトザンに0.21秒差をつけて勝利した。アメリカ人選手は、より速いブルーコースでの決勝ランでその差を埋めようとしていたが、4つのゲートで転倒してしまった。

"すべてのランが決勝のようだった。彼女たちは本当に速い。でも、私はここにいて優勝した。私にとっては驚くべきことです」とヴロホバは言いました。

モルトザンは、オーストリアで行われた開幕戦の大回転で初のトップ10入りを果たしてから6週間も経たないうちに、ワールドカップでキャリア初の表彰台を獲得した。

"今日は30位以内に入りたいと思っていた。

彼女のアメリカ人チームメイトであるミカエラ・シフリンは、先週末のフィンランドで2位と5位の成績を収め、10ヶ月間のレースから復帰したが、このイベントを欠場した。

3度の総合優勝経験を持つ彼女は、今後のスーパーGレースやジャイアントスラロームに向けてのトレーニングを優先していた。パンデミックと背中の怪我で選択肢が限られていたシフリンは、最近はスラロームのトレーニングしかしていなかった。

元総合チャンピオンのララ・グット・ベフラミは、木曜日の予選で最速だったが、スモールファイナルでサラ・ヘクターを破り3位に終わった。

ヴロホバは総合順位でのリードを広げた。スロバキア出身のスラロームチャンピオンは、10月の開幕戦ジャイアントスラロームで3位に入賞し、これまでの4レースすべてで表彰台に上がっていた。

しかし、彼女はアドリアナ・ジェリンコバとのラウンドオブ16で恐怖を克服しなければなりませんでした。

ヴロホワはチェコ出身のオランダ人選手との第1レグで0.16秒差で敗れ、第2レグでは0.20秒差で勝利した。

次のラウンドでは、7位に終わったイタリアのワールドカップ総合優勝者フェデリカ・ブリニョーネに1本目で敗れたため、ヴロホワはまたも後方からの追い上げを余儀なくされました。

"1本1本にずっと集中していました。先のことはあまり考えていませんでした。"最終的には勝利なので、良い日になりました」と話していました。

66回のワールドカップ優勝経験を持つシフリンの不在の中、モルトザンは初優勝に近づいた。

モルトザンはミネソタで育ち、10年前に引退したリンゼイ・ボンと同じバックヒルでトレーニングをしていた。

モルトザンは2015年に初のワールドカップポイントを獲得したが、後にチームから降ろされた。彼女は2017年にバーモント大学に進学したが、2年ぶりに2018-19年のワールドカップに再参加した。

予選を5位で終えたモルトザンは、先月の開幕戦を制したマルタ・バッシーノを準々決勝で0.08、準決勝でグットベフラミを0.28の差で下した。

木曜日のイベントはノックアウト方式で、2人の選手が同じコースを23秒強の短縮されたジャイアントスラロームコースで並んでレースを行った。

すべてのラウンドは2本の脚で争われ、各コースで1本ずつ滑走し、最も短い総合タイムで勝者が決定された。

テレビに映りやすい時間帯にイベントを収めるために、16人のスターターのみが出場することが許された。

ウェンディ・ホールデナー、アリス・ロビンソン、ソフィア・ゴッジア、テッサ・ウォーリーなど、レース前の人気者の中には、68名の出場者を減らすために予選の早い段階で敗退した選手もいた。

クリスティーナ・リス=ヨハネセンは予選1本目で最速タイムを記録したが、2位には届かなかった。

総合ランキングでヴロバに次ぐ2位だったミシェル・ジシンは、トレーニングに集中するためにレースを欠場し、次は母国スイスのサンモリッツで開催される2つのスーパーGレースに臨むことになった。

米国のスターターは、モルトザン、ケイティ・ヘンシエン、AJハート、ライラ・ラパンジャ、ニーナ・オブライエン、そしてワールドカップデビューを果たしたアリー・レズニックだった。ハートは25位でワールドカップ初ポイントを獲得した。

"やっとポイントを獲得できたし、もう一人のチームメイトのワールドカップ初表彰台と同じ日にポイントを獲得できたのは最高の気分だ」とハルトは語った。"チーム全員にとって、スキーシーズンのスタートを切るには最高の方法だ」と語った。

ヘンシエンは47位、ラパンジャは57位でフィニッシュした。レスニックは予選2本目でリタイアを喫したが、有望なスピードを見せた。オブライエンもDNFだった。

キャンディス・クロフォードは37位。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

201126002




What a crazy day!😅 It was long and though competition today...It costed me so much power, but I’m happy I could prove to...

Petra Vlhovaさんの投稿 2020年11月26日木曜日


今日はなんというクレイジーな一日だったんだろう!😅 今日は長くて競技とはいえ...すごくパワーを消耗したけど、私を含めて皆さんに「CAN DO IT」を証明できたので良かったです 本当に疲れたし、寝るのが待ち遠しいけど、同時に信じられない気持ちでいっぱいです♥️...パラレルスラローム、頑張れ!😉💪




LECH, AUSTRIA - NOVEMBER 26: Petra Vlhova of Slovakia takes 1st place during the Audi FIS Alpine Ski World Cup Women's...

Agence Zoomさんの投稿 2020年11月26日木曜日