パンチガードとレガースを纏い、ポールの処理も両手で倒すテクニックに変わってきています。
少しケガへのリスクがある滑り方です。