robo

ロボットも動きが巧妙になってきました!
転んでも自分で立ち上がれるんですから・・・
スキーロボットは難しいんでしょうね。
ロボットがスイスイとポールをなぎ倒して滑れるようになると脅威です。
スケートの方が滑り易いかもしれません。


ふと、気付いたのですが、
ロボットの基本姿勢は膝を少し曲げた状態です。
これは、きっと次の行動を起こすための中間姿勢なのだと思います。

と、言うことは、このポジションは受け(静)の状態からのポジションとも言えます。
つまり、アルペン競技の場合は常に能動的な運動を求められますから、このポジションだと受動的な動きとなるとも言えます。アクティブにスキーをたわませる運動を行なう場合は、高いポジションが基本ポジションという平沢岳さんのコメントを思い出しました。

基礎スキー(技術選ではなく、一般スキー)の場合は、いわゆる自然落下の中で、外力を効率よく利用してバランスをとった滑りを基本としますから、よく「中間ポジションを取りなさい」というと、この膝を少し曲げた状態のこのポジションを取ることが多いのだと思います。