『一番暑かったのは北海道』 (朝日新聞)
富良野と名寄33.7度
 北海道内は30日、高気圧に覆われて強い日差しが照りつけた。日本気象協会北海道支社によると、午後3時までの最高気温は富良野と名寄で33.7度となり、鹿児島県名瀬と並んで全国一の暑さを記録。音威子府で33.6度(全国4位)、中頓別でも33.1度(同5位)まで上がり、いずれも6月としては観測史上最高だった。札幌市でも30度に達するなど、道内173の観測地点のうち4分の1近い43地点で真夏日になった。


北米でも猛暑を記録しているそうです。
 偏西風の蛇行の影響でしょうか?
 北極圏の氷が解けている影響でしょうか?
 エルニーニョの影響でしょうか?

異常気象であることは間違いなさそうです。

北海道の暑さ対策は、冬の雪を有効利用したいものですね。