『伊東、高梨らA指定は4人(SAJ)』

 全日本スキー連盟の古川年正競技本部長は25日、2012〜13年シーズンの強化指定選手のうち、遠征費が全額免除されるA指定の認定が4人にとどまることを明らかにした。ノルディック・ジャンプ男子の伊東大貴(雪印メグミルク)、同女子の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)、フリースタイル・モーグル女子の伊藤みき(同)が指定される。7月の理事会で正式に決定する。
 11〜12年シーズンは全種目でA指定が11人いたが、今年1月に強化指定選手の選考基準が改定されて厳しくなったため、大幅に減った。 また、10年バンクーバー五輪まで3大会連続出場したアルペン男子の佐々木明(エムシ)は指定選手から外れる。 (時事)