『平年より高めの予想、西日本は残暑厳しく』

 気象庁は25日、7〜9月の3カ月予報を発表した。西日本(近畿、中国、四国、九州)では、太平洋高気圧に覆われて平年より暑い夏となる見込み。
 7〜9月の気温は西日本で平年より高め。東日本は平年よりやや高い。北日本は平年並みと予測している。降水量は東日本、北日本で平年並み。西日本で平年よりやや少雨になる見込み。

 エルニーニョの監視海域(中部〜東部太平洋赤道域)では、海面水温が平年より高い状態を示しており、エルニーニョ現象時の特徴も出てきているため、今後の動きにも注目したい。
 また、フィリピンの東では平年より対流活動が活発なことから、西日本から南では太平洋高気圧の張り出しは平年より強いとみている。一方、北日本では偏西風の蛇行があり、気圧の尾根となる状況もあるため、予想が難しいとしたうえで、天気の周期的変化があるものの平年並みとした。


<7月>
 北日本と東日本日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多い。
 東日本太平洋側と西日本では、前半は平年と同様に曇りや雨の日が多い。後半は平年と同様に晴れの日が多い見込み。
<8月>
 北日本では、天気は数日の周期で変わる。
 東・西日本では、平年と同様に晴れの日が多い見込み。
<9月>
 北・東日本と西日本日本海側では、天気は数日の周期で変わる。
 西日本太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多い見込み。

 7月〜9月 3か月予報(気象庁)