6月4日に部分月食

 5月21日に太陽を隠して「金環日食」を起こした月は、満月となる2週間後の6月4日に今度は地球に太陽の光をさえぎられて「部分月食」が見られる。

img_20120604 今回の部分月食は、日本各地で見ることが出来る。東京では月の昇り始めの午後6時59分に始まり、欠けが最大になるのは南東方向、午後8時3分で食分は0.38。終了は午後9時過ぎ。月の位置はあまり高くないので、南東の空が開けている所での観測がベストポイント。


 今回は日食、月食と、地球(特に日本付近)を挟んで月と太陽が直線で結ばる現象が続く。