寒気の影響で30日朝は厳しい冷え込みとなり、日本海側などでは雪が降っている。
31日以降、さらに強い寒気が南下するため、今週は厳しい寒さが続き、日本海側を中心に大雪になるおそれがある。

気象庁によると、日本付近は冬型の気圧配置が続き、強い寒気に覆われているため、30日朝は各地で厳しい冷え込みとなった。
盛岡市の玉山藪川では午前3時すぎに氷点下25度8分まで気温が下がり、北海道以外でも氷点下25度を下回る寒さになり、岩手県紫波町は同16・4度、秋田空港は同13・0度と、それぞれ観測史上最低記録を更新した。長野県南牧村でも氷点下23・2度を記録している。
各地の最低気温は、北海道旭川市で氷点下15度1分、宮城県石巻市で氷点下8度3分、名古屋市で氷点下1度7分、東京の都心で1度2分など。
また、日本海側などでは断続的に雪が降り、長野県北部の信濃町では30日朝早くに積雪が1メートル64センチに達して、気象庁が統計を取り始めてから最も多くなったほか、北海道から山陰にかけての各地で積雪が平年の2倍から3倍となっている。
30日午前11時までの最深積雪は青森・酸ヶ湯で405センチ、山形・大蔵村肘折で317センチとなっている。

31日からさらに強い寒気が南下するため今週は厳しい寒さが続き、木曜日の来月2日にかけて北日本から西日本の広い範囲で雪が降る見込みで、日本海側を中心に大雪になるおそれがある。
東海や西日本の太平洋側でも、ところによって雪が降る見込み。気象庁は、雪崩や除雪作業中の事故などに十分注意し、雪や凍結による交通への影響にも注意するよう呼びかけている。
weathermap24weathermap48weathermap72



今週は全中、インターハイのスキー競技が行われる。
悪天候でコンディションが悪いことも予想されるが、善戦することを願っている。
サポート、応援に行かれる方も道中、気を付けてください。