『瀬女、鳥越のスキー場運営終了』
 石川県白山市は25日、市議会全員協議会で、白山瀬女高原スキー場と鳥越大日スポーツ施設(旧スキー場)のスキー場運営を今年度限りで終了し、リフトなどの施設を撤去する計画を示した。白山麓のスキー場再編の一環で、新年度以降に運営を続ける白山麓旧5村のスキー場は、白山一里野温泉と白山千丈(せんじょう)温泉セイモアの両スキー場のみとなる。
 白山市側は、2007(平成19)年から休止中の中宮温泉スキー場のリフトなどの設備のほか、競技専用の白峰アルペン競技場と獅子(しし)吼(く)高原スキー場で既に休止している一部設備も撤去するとした。

 計画では、各施設の撤去は新年度から14年間で実施する。費用総額はリフトなどの基礎を残した場合は約8億5450万円、基礎を撤去すれば約11億3210万円と試算した。このほか、駐車場撤去や跡地でのほ場整備、植林を行った場合、最大約8億9800万円の費用が見込まれるが、市側は「跡地の整備は地権者や地元との協議になる」としている。

 鳥越スキー場は1970(昭和45)年に開設され、07年から白山市が「体育施設」と位置付けて鳥越大日スポーツ施設に転換した。市によると、同施設はスキー場運営は終了するが、地元NPO法人が自然体験など夏季の施設活用を検討している。

 91年オープンの瀬女高原スキー場は07年からスノーエリアマネジメント(SAM)白山が運営している。全員協議会で市側は、スキー場用地について「土地所有者に返還するため、市が借地契約に基づき施設を撤去し原状復旧したい」と説明した。

 白山市はスキー人口の減少や市町村合併に伴い、スキー場再編を進めてきた。今年度は公共施設264施設を対象に廃止や統合、運営見直し案の策定を行っており、この中でセイモア、一里野温泉両スキー場の運営について「指定管理期間ごとに(運営を)判断する」との方針を示している。各スキー施設の撤去費用見込みは次の通り。

 ▽中宮温泉スキー場 2億2410万円〜2億7550万円▽瀬女高原スキー場 4億2270万円〜5億7050万円▽白峰アルペン競技場(一部) 9860万円〜1億4900万円▽鳥越大日スポーツ施設 7820万円〜1億340万円▽獅子吼高原スキー場(一部) 3090万円〜3370万円