気象庁は25日、2月〜4月の3カ月予報を発表した。
 太平洋東部熱帯域の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」が続いている影響などで、全国的に平年より低温の傾向で、北日本の日本海側では降雪量が多くなり、春の訪れは遅くなりそうだ。

 2月は、日本付近に流れ込んでいる強い寒気の影響と冬型の気圧配置が続き、前半まで厳しい寒さが続く見通し。日本海側は、平年に比べ曇りや雪または雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い見込み。
 3月、4月とも、偏西風が徐々に北上する影響で、低気圧と高気圧が交互に通過し、天気は周期的に変化。4月は低気圧や前線の影響が弱く、雨が少ないと予想している。