皆さんも感じ初めていると思うが、ガソリンの値上がり幅が広がっている。

 石油情報センターが24日発表した21日時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均)は前週比0.9円高い1リットル143.6円と2週連続で上昇した。原油高による石油会社の値上げが波及し、1か月半ぶりの高値となった。

 東京や大阪など41都道府県で上昇した。東京都内の販売激戦区でも1リットル137〜142円と、140円台の看板が出始めた。10月中旬に比べると4〜5円高い。

 同センターがまとめたハイオクガソリンの店頭価格は1リットル154.4円と前週比0.8円上昇。軽油は同124.1円と0.9円高い。灯油は1缶(18リットル)1600円と13円上昇した。


来月から師走。
物流、年末の帰省とガソリン需要は増す傾向であるが、その需要の価格対応に応えられるだけの元売りと小売店の対応力があるのだろうか?