セシウム汚染の帯・・・北関東や首都圏に

 文部科学省は29日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、薄まりながら首都圏まで広がっていることが示された。
汚染マップ1汚染マップ

 群馬県(8月23日〜9月8日)、そして、埼玉県と千葉県(9月8日〜12日)の上空をヘリコプターで測った最新情報をマッピングしている。放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137の蓄積量の測定結果では、汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていた。文科省によると、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるという。

 群馬県で最も蓄積が多かったのは県北部。原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、1平方メートルあたり10万〜30万ベクレルにのぼった。250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた。
 千葉県では柏や松戸、我孫子、流山市などの県北部。1平方メートルあたり3万〜6万ベクレルにのぼった。他は木更津市の一部を除きほぼ1万ベクレル以下だった。 文科省によると、千葉県では、原発から放出された放射性物質を含んだ雲がいったん太平洋に流れ、再び茨城県の霞ケ浦付近を通り、埼玉県境まで広がったと推測できるという。
 埼玉県では、原発から250キロ離れた秩父市の山間部の一部で3万〜6万ベクレルにのぼった。放射性物質を含んだ雲が原発から南西方向に流れ、群馬を過ぎて、埼玉県に回り込み、地上に沈着したようだ。
 千葉、埼玉の両県とも蓄積量の多い地点では、放射線量が毎時0.2〜0.5マイクロシーベルトで、このほかの多くは0.1マイクロシーベルト以下だった。学校において、校庭の除染を行う目安は1マイクロシーベルト以上とされている。

 チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされている。 ただし、強制避難の基準は55万ベクレル以上。

 文科省は東日本全域で航空機による測定をしている。測定を終えた県の汚染マップを順次ウェブサイトで公表している。


今回のセシウムの汚染状況は、NHKなどで報道されている日々の放射線情報とは裏腹に、実は今まで知られていないエリアへも拡散している様子が伺える。(比較的、影響が少ないと思われていた群馬県北部の山岳地域が高いのには驚いた!)
今後、更に測定エリアが拡大していくにつれて、新たな汚染地域が判明することだろう。
東京・多摩エリアも、その脅威が潜在しているのかも知れない・・・
未だに何の情報を頼りに判断していけば良いか?