東京電力は26日、今夏の節電効果の分析を発表した。今夏と昨夏の需要ピークを比べたところ、大工場やオフィスビルなど大口利用者の電力需要は29%、小口は19%それぞれ減ったが、家庭は6%減にとどまったという。

 今夏の需要ピークは8月18日の4922万キロワットで、昨夏7月23日の5999万キロワットより18%低かった。最高気温は今年の方が0.4度高かった。

 8月に使われた電気の量全体を表す電力販売量でみると、家庭も前年同月より17%も減っており、節電した人は多かったとみられる。ただ、需要がピークとなる午後2〜3時は、もともと家にいる人が少ないため、電力需要の減少幅が工場などよりも小さくなった。

 今冬の電力需給見通しについては「現在詰めている段階」と言及を避けたが、今夏に比べれば需給環境は改善する見通しだ。ただ、稼働中の柏崎刈羽原発の2基が来年3月までに定期検査で停止し、管内の全17基が停止する可能性もある。

 停止中の原発の再稼働ができなければ、来夏の供給力は今夏よりも約500万キロワット減少する見通し。東電は被災した火力発電所の復旧などで供給力を300万キキロワット程度積み増す方針だが、計算上は200万キロワット程度供給力が減少する。


ちなみに我が家は、
 8月度 対前年同月比 34%減
 9月度 対前年同月比 27%減

冷蔵庫とテレビを省エネタイプに買い替えたのが効果があったのかな?