クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

情報

スピンドラフ・ムリンに続く北米女子の順位は?

スピンドラフ・ムリンに続く北米女子の順位は。
2022-23シーズンの現在までに、ワールドカップのポイントを獲得した女子は119人いる。そのうち17人が北米出身である。11人がアメリカから、6人がカナダからだ。合わせて、1月までの2022-23シーズン中に得点した女性の14%強を占めています。



2022-23シーズン、現在までにワールドカップのポイントを獲得した女子は119人。そのうち17人が北米出身者だ。11人がアメリカから、6人がカナダからだ。合わせて、1月までの2022-23シーズンに得点を挙げた女子の14%強を占める。

20カ国が少なくとも1人の選手をリストアップしている。オーストリアは23人、スイスは18人、イタリアは16人の女子が得点している。しかし、スイスはイタリアより583点、オーストリアより622点多く、女子のネーションズカップをリードしている。アメリカ女子は現在4位で、1053点差でスイスを引き離しています。

しかし、アメリカ女子が獲得した2486点のうち、ミカエラ・シフリンは1697点の貢献をしている。また、シフリンは個人総合でペトラ・ヴルホヴァを731点リードしている。

アバ・サンシャイン、ゾーイ・ジマーマン、ローレン・マキューガの3人の米国女子は、今シーズン初めてワールドカップでポイントを獲得した。彼女たちは、今シーズン得点した世界のU21女子12人のうちの3人です。アメリカ以外の国で1つ以上あるのはスウェーデンだけで、それも3つある。

北米女子は今シーズン16の表彰台を獲得している。シフリンは14回、キャリア通算では85勝を挙げている。ポーラ・モルツァンは最近、セメリング・スラロームでキャリア初の表彰台を獲得した。さらに、カナダのヴァレリー・グレニアはクラニスカ・ゴラで行なわれたワールドカップGSで優勝し、初の表彰台を獲得した。

シフリンは4種目すべてで得点をあげ、回転、大回転、スーパーGで優勝している。

アメリカのベラ・ライト、ブリージー・ジョンソン、ポーラ・モルツァン、ケイティ・ヘンシアンとカナダのマリー=ミッシェル・ギャニオンは2種目で得点を挙げている。さらに、他の5人のカナダ人と6人のアメリカ人女性が1種目で得点を挙げています。

ワールドカップで1点を獲得することは、間違いなく、これまでほとんど達成されていない快挙である。ワールドカップに出場することは、それほど特別なことではないが、確かにエリートの偉業であり、誇りに思うべきことである。シフリンがやっていることは、極めて稀で輝かしいことだ。しかし、これらの成果はすべて大切にされるべきものである。これらはSki Racing Mediaの意見であり、事実を見て、あなた自身の意見を形成してください。

230201001

230201002

Screenshot-2023-01-31-at-4.30.12-PM-979x1024

シフリンは世界選手権で記録追及からメダルレースへとシフトする

視点 全体像を把握する。成功と失敗の両方に対処する... ミカエラ・シフリン、世界選手権に向け準備中



遠近法。全体像を把握する。成功と失敗の両方に対処すること。

ミカエラ・シフリンは、昨年の北京オリンピックでメダルを獲得できず、5つの個人レースのうち3つを完走できなかった後、大きな期待を背負って大会に参加したが、多くのことを考えさせられた。

彼女の収穫は?

「自分が本当に望んでいるように物事が進まないことがあることを、もう少し受け入れること」と、このアメリカ人スキーヤーは言った。「一生懸命に働いて、一生懸命に努力して、正しいことをすべてやっていると思っていても、うまくいかないこともある。人生とはそういうものだ。失敗することもあれば、成功することもある。その両極端を受け入れることで、より快適になり、一般的なストレスも少しは軽減されたかもしれません」。

そのストレスの少ないアプローチは、ワールドカップで記録的なシーズンを送っているシフリンにとって、うまくいっているようだ。

しかし、シフリンがリンゼイ・ボンを抜いて女子ワールドカップの歴代最多優勝記録を更新し、インゲマル・ステンマルクの持つ通算86勝にあと1勝で並ぶという記録狙いは、シフリンが北京以来の主要大会に出場するという別の挑戦にシフトしているため、今は保留になっている。

アルペンスキー世界選手権は月曜日、フランスのメリベルで開幕する。シフリンは出場する4種目すべてでメダル候補になると予想される。

特にアメリカでは、世界選手権はオリンピックのスキー競技とほぼ同じ形式で行われるため、それほど注目されないかもしれない。

シフリンが贖罪の意欲を燃やすには、絶好の機会ではないだろうか?

"実は......いや、そうでもない "とシフリンは言った。「去年学んだことは、こういう大きな大会は、素晴らしい結果になることもあれば、ひどい結果になることもあって、何があっても生き残るんだということ。だから、なんとなく気にしていないんだ。

さらに、27歳のシフリンは、最近別の日にこう言った。「プレッシャーやレース中のストレスに慣れてきた気がする。だから、その過程を楽しむことができるんだ "と。

世界選手権での勝利はシフリンのワールドカップ通算成績には加算されないが、世界選手権での彼女のほぼ同等の素晴らしいキャリア記録に加えることができる。

オリンピックの次に大きな大会である世界選手権で13戦して、シフリンは6個の金メダルと11個のメダルを獲得している。彼女が最後にメダルを逃したのは、8年前、まだ10代の頃だった。

シフリンのプログラム
シフリンは世界選手権で複合、スーパーG、大回転、回転の4種目にエントリーする可能性が高い。

彼女は最近、ダウンヒルには出場しないと「確信している」と語っている。また、パラレルも背中に負担がかかるので、おそらくエントリーしないでしょう。

2年前にイタリアのコルティナ・ダンペッツォで開催された世界選手権で彼女が制したコンバインドが、月曜日に開幕する。スーパーG1本とスラローム1本のタイムを合算する種目である。

2つの会場
世界選手権は、車で15分ほどの距離にある、ゴンドラとゲレンデで結ばれた2つの会場で開催される。

女子はメリベルで1992年のアルベールビルオリンピックのために作られたロック・ド・フェールのコースで、男子はクールシュヴェルで昨シーズンのワールドカップファイナルでデビューした新しいコース、リエクリプスで競われることになった。

シフリンのボーイフレンド
シフリンがスラロームと大回転の技術系種目に秀でているのに対し、ノルウェー人のボーイフレンド、アレキサンダー・アモット・キルドはダウンヒルとスーパーGのスペシャリストである。

ワールドカップ総合優勝を経験し、北京では複合で銀メダル、スーパーGで銅メダルを獲得したキルデは、怪我のため2021年大会に出場できなかったため、世界選手権での初メダル獲得を目指しているところである。

オリンピック大回転チャンピオンのマルコ・オーダーマットはキルデの主なライバルである。

アメリカのメダルへの期待
北京大会では男女ともメダル1個しか取れなかったアメリカチームだが、今大会ではシフリンのみならず、多くのメダルを期待している。

昨年のオリンピックのスーパーGで銀メダルを獲得したライアン・コクラン=シーグルは、複数の種目でメダルを狙える存在である。また、トラビス・ガノンはお別れのシーズンであるキッツビューエルのダウンヒルで3位入賞を果たしたばかりだ。

女子では、ポーラ・モルツァンが12月にシフリンに次いで2位に入り、アメリカチームにとって1971年以来となるワールドカップ女子スラロームでの1-2フィニッシュを達成した。そして今回、モルツァンはスラロームのトップシード女子7人のグループに入る資格を得た。また、ブリージー・ジョンソンとニーナ・オブライエンは怪我から復帰後、調子を上げ続けている。

「人々はいつも、いくつのメダルを獲得したいかについて話しています。目標は何ですか?目標は何?私たちにとって重要なことは、そこに行って、私たちができる最高のスキーをしようということです」と、北京での残念な結果の後、チームに再雇用された米国アルペンディレクターのパトリック・リムル氏は言いました。

「リムル氏は、「私はプロセスに重点を置いている。そして、メダルを獲得する可能性があると思う」とリムルは付け加えた。「今、私たちがいる場所はとてもいい感じだし、これからどう進んでいくかもわかっている。

クレマン・ノエルがシャモニーでトリプルアクセルに挑戦!アレクシス・ピチュローは出場せず



スラロームのスペシャリストがシャモニーで、クーシュベルとメリベルで行われるアルペンスキー世界選手権前の最後のレースを戦っている。ホームチームは、オリンピック・チャンピオンのクレマン・ノエルが率い、ベテランのアレクシス・パントュローは欠場する予定だ。

ノエルはこのコースを熟知しており、2020年と2021年にここで優勝することができた。シュラドミングでの優勝を糧に、次の課題に臨む。一方、ピントゥローは、スキー世界選手権に向けてトレーニング中だ。2019年のコンバインド世界チャンピオンは、季節のハイライトで最高のパフォーマンスを発揮し、事前に充電しておきたいと考えています。

また、メダルを狙う場合、ゴールランは最も苦手な種目であることも認めている。本人も認めているように、かつてのワールドカップ総合優勝者が「同時に何匹ものウサギを追いかけようとするのは愚かなこと」なのである。だから、彼の焦点は世界スキー選手権に絞られる。

シャモニーのトランスアルパイン・デレゲーションは、ノエル、スティーブン・アミーズ、テオ・レティトル、パコ・ラサットで構成されます。1人、2人の後輩がチャンスを得ることも考えられる。

ペトラ・ヴルホヴァ、自分にプレッシャーをかけずメダルを目指して戦いたい



ペトラ・ヴルホヴァは、世界選手権で優勝し、メダルを争うというプレッシャーはかけたくないと思っている

スロバキアのペトラ・ヴルホヴァはスピンドラフ・ムリンのスラロームをできるだけ早く頭から消し去りたいと考えている。怒りの他に、悔しさ、痛み、疲労感が勝っていた。2レースのうち1レースはトップ10圏外でフィニッシュしている。フランスで開催されるアルペンスキー世界選手権を前に、27歳は休養をとっている。「2日間の自宅でのインターメッツォの後、水曜日にスイスに出発します。現地ではトレーニングキャンプが予定されている。彼女は家で残りのシーズンに向けて新たな力を蓄えようとしているのです」と、父親のイゴール・ヴルハは説明する。

トレーニングでは、アルペンコンバインドにも力を入れたいという。スロバキア人は、この種目でフランスでのシーズンハイライトに出場することも望んでいる。スラロームとジャイアント・スラロームに出場する予定だが、スーパーGについてはまだわからないという。クーシュベル/メリベルで開催される世界スキー選手権は、6回目の出場となる。2013年にシュタイヤーマークでデビューし、その4年後に団体戦で初のメダルを獲得した。続くスウェーデンのオーレ大会では、大回転で金、複合で銀、回転で銅のメダルを完全制覇した。2年前、コルティナ・ダンペッツォにスキーエリートがゲストとして訪れたとき、彼女はスラロームとコンバインドで2つの銀メダルを獲得した。

アスリートはプレッシャーを感じないだけでなく、ポジティブな感情もネガティブな感情も感じない。しかし、ヴルホヴァがもっと貴金属を掘り出し、メダルのコレクションを増やしたいと思っていることは明らかだ。チェコの雪上では理想的な、あるいは精神的な状態ではなかったにせよ、彼女は自分が勝てること、スポーツでは何でも可能であることを知っているのだ。ともあれ、最大の疑問点は、彼女のコンバインでのパフォーマンスだ。この種目では4年間、第2位の選手である。とはいえ、彼女はこのレースに何の期待もしていない。もちろん、自分の力を最大限に発揮して、メダルを目指して戦いたい。この複合は、他のワールドカップレースへの良い準備となるはずだ。

もうすぐ開催されるアルペンスキー世界選手権のタイムテーブルを見ると、女子はアルペン複合からスタートすることになっています。後半はテクニカルレースが予定されています。女子スキーレーサーは、昨年、回転、大回転、団体戦を巻き返した伝説のゲレンデ「ロック・ド・フェール」で競い合う。スピードのスペシャリストが「L'Eclipse」ゲレンデで競い合う。このシーズン、ヴルホヴァは地元のスピードレースで2度15位以内に入り、技術系種目では3位に2度入賞している。傾斜もいい。条件が整えば、このスロバキアは必ずや注目を浴びるだろう。

スウェーデンのスキーレーサー、ハンナ・アロンソン・エルフマンが初の大仕事に挑む



メジャーデビューを目前にして

ワールドカップの技術系種目で常にセンセーションを巻き起こしているスウェーデンのスキーレーサー、ハンナ・アロンソン・エルフマンは、「シニア」カテゴリーでの初めての世界スキー選手権を楽しみにしており、「とてもエキサイティング」と表現している。数日前にザンクト・アントン・アム・アールベルクで開催されたジュニア世界選手権で、20歳は回転と大回転の両方で金メダルを獲得した。

Spindleruv Mlynでのダブルイベントの後、彼女は一時帰国した。自宅のカールスタッドで、数日間、充電したいという。その後、イタリア北部のファッサバレーで行われる世界選手権前の合宿に参加する予定だ。シーズン当初はワールドカップで地位を確立したいと考えていた3冠チームのメンバーは、今年すでに名選手たちのコンサートで回転の4位という結果を残している。種目別ランキングでは、非常に良い成績を収め、9位につけています。

いずれにせよ、彼女はクーシュベル/メリベルでの学習過程として全体を捉え、なおかつ速く滑ることを望んでいるのだ。自分のペースを守れるようになれば、彼女の旅がどこまで続くか、わかるはずです。それに、彼女はまだ長いキャリアの始まりに過ぎないのだ。彼女はそれを楽しみ、アメリカのミカエラ・シフリンと競い合うことを「本当に素晴らしい」と感じている。"世界最高のスラロームスペシャリスト "は、他の選手にも大きな刺激を与えるそうです。彼女についていくのはクールだ」とスカンジナビア人は言ったという。

彼女がフランスで活躍するのは、かなり先のことになりそうだ。彼女は2月16日に大回転に出場し、その2日後に行われる回転競技(ポールの森を回るダンスとも呼ばれる)に参加します。スウェーデンの陽気さがどう出るか、すでに興味津々です。失うものは何もない。その自由奔放さと、いい意味での強靭さゆえに、勝つしかないのだ。

OSV会長のロスウィータ・シュタッドローバーは、ワールドカップで4〜6個のメダルを獲得することを望んでいる



OSV会長のロスウィータ・シュタッドローバーは、次のアルペンスキー世界選手権で、自分の弟子が4〜6個のメダルを獲得することを望んでいます。もちろん、もっとあってもいいんだけどね。この季節のハイライトは、月曜日からフランスで開催されます。金・銀・銅・銅メダルの計13個が争われます。

OSVチームはクーシュベルとメリベルに優勝候補として行くわけではありませんが、すべてのレースで良い結果を出したいと思っています。男子の場合、メダルを獲得できる選手は1種目あたり最低2名。女子では、スピードのスペシャリストが活躍することもある。技術者にとっては、現在のシーズン経過を基準にすれば、メダル獲得はむしろ驚くべきことなのだ。

スタッドローバーによると、ゴールレースでは男子が一番チャンスがあるそうだ。すべてのスターターがベスト3に入る可能性を持っている。一昨年の10月から就任したスポーツ界の高官は、このイベントがいいものであることを知っている。元スキーレーサーの彼は、赤白赤の観点から、世界選手権が「予想以上に良いものになる」と固く信じている。

ジル・ルーランがオルシエールのEC-スーパーGで勝利



オルシエールで開催されていたヨーロッパカップのスピードトリプルは、本日、男子スーパーGで幕を閉じた。スイスのGilles Roulin選手が1.27,29分で優勝しました。72時間以内に3回目のスイススキーの成功を確実にしたスイス人は、100分の88秒差でオーストリアのフェリックス・ハッカーを2位に追いやった。ルーランの同胞、アルノー・ボワセ(+1.26)が3位に振り切った。

前回ワールドカップデビューを果たしたOSVのアンドレアス・プロイヤー選手は4位となり、0.03秒差で表彰台を逃した。テルの弟子であるヨシュア・メトラー(+1.36)は、チームオーストリアのマニュエル・トラニンガー(6位、+1.41)を抑えて5位となった。この日、ビブナンバー1のニルス・アルファン(7位、+1.57)が母国で最高のフランス人選手となった。

トップ10には、ゲーエル・ズラウフ(8位、+1.62)、マルコ・コーラー(9位、+1.67)、クリストフ・トレント(10位、+1.76)のスイス人トリオが名を連ねた。エリック・ワイラー選手はビブナンバー44で21位、2.68秒差でフィニッシュしました。

ドイツ人のルイス・フォクト(26位、+3.03)とヤコブ・シュラム(29位、+3.08)もポイントを獲得し、この二人はスイス人のリビオ・ヒルトブランド(+3.07)を相手に28位というポジションを確保したのです。

次回の男子スーパーGは2023年2月14日、15日に開催され、開催地はガルミッシュ・パルテンキルヒェンである。

FIS公式順位表:オルシエールの男子スーパーG

テッサ・ウォーリーとアレクシス・パントゥローが地元クーシュベル/メリベルで開催される世界スキー選手権でトリコロールをリードしたい



フランススキー連盟は、来る世界スキー選手権大会のスターティングメンバーリストを発表しました。11人の女性が青・白・赤のカラーを代表します。Clara Direz, Doriane Escane, Anouck Errard, Coralie Frasse-Sombet, Laura Gauche, Marie Lamure, Romane Miradoli, Nastasia Noens, Chiara Pogneaux, Karen Smadja Clement そして Tessa Worleyです(五十音順)。

スラロームでは、ラムールとポグノーが経験豊富なノエンスと一緒に滑ることになる。大回転では、フラッセ・ソンベ、ディレス、ミラドリがウォーリーと並んでいる。スーパーGはおそらくミラドリ、ウォーリー、ゴーシュ、スマジャ・クレメントが挑むことになるだろう。ダウンヒルでは、ミラドリ、ゴーシュ、エラールがメダルを狙います。

男子はわずか9名のラインナップ。ニルス・アレグレ、ヨハン・クラレイ、マチュー・フェーヴル、ブレーズ・ジーゼンダナー、クレマン・ノエル、アレクシス・パンチュロー、シプリアン・サラザン、アドリアン・テオ、そして交代でマクサンス・ムザトンが参加しました。ワールドカップのメンバーに選ばれるはずだった多くの候補者が、その準備期間中に怪我をしてしまい、見るに耐えない状態になってしまった。

クレマン・ノエルとピントゥローは回転でシード選手、ピントゥローとフェーヴルは大回転で全力を尽くします。スーパーGでは、ピントゥロー、アレグレ、サラザン、ジーゼンダナーというフランスのカルテットが登場。ダウンヒルでは、42歳のクラリーは大きな打撃を与えたいと考えている。グラン・ナシオンのために、テオ、サラザン、アレグレの3人は、母国の観客を喜ばせたいと考えている。

フェーヴルは2年前にコルティナ・ダンペッツォで開催されたスキー世界選手権のパラレル競技で金メダルを獲得している。パントゥローは、合体した状態で貴金属を掘ることもできる。

第101回全日本スキー選手権猪苗代大会 スーパーG

男子SG

女子SG

マックス・フランツ、。" カムバックへの長い道のりの第一歩を踏み出す "



マックス・フランツは、11月にカッパーマウンテンでのダウンヒルトレーニング中に起こった恐ろしい事故から、カムバックへの長い道のりの第一歩を踏み出している。「"再び自分の足で立ち、一歩を踏み出す "というのは、とても気持ちのいいものです。まだ完全に丸く見えるわけではありませんが、私の頭にとって非常に重要なことです」とコメント。

オーストリアチームの暗雲…

OSVは、2月6日から始まるアルペンスキー世界選手権に女子12名、男子12名を推薦。



OSVアルペンヘッドのヘルベルト・マンドルは、アルペンスキー世界選手権で5〜6個のメダルを獲得できれば満足だろうと考えています。2021年に開催された前回の世界選手権では、オーストリアは8個のメダルを獲得しています。



OSV会長のロスウィータ・シュタッドローバーはハードルを低く設定し、オーストリアのスキーチームを「優勝候補ではない」クーシュベルとメリベルの世界選手権に送り出した。

クーシュベル・メリベルl: アレクシス・パンテュロー、クレメンス・ノエル、テッサ・ウォーリ、 ヨアン・クラレイ... 驚きのないフランスチームのセレクションを読み解く



フランススキー連盟は、2月6日から19日にかけてクーシュベル・メリベルで開催される世界選手権の出場選手選考の第一弾を発表した。数多くの欠席や出演を考えると、本当にサプライズはなく、まだ場数を踏んでいると言えるでしょう。

最終的なリストは、今週土曜日にシャモニーで行われる男子スラロームの後に発表される。すでに19人のスターティングメンバーは決まっており、フランス代表の選考を完了するには、まだ数人、多くて5人のポジションが残っている。フランス・アルペン・スキー連盟とチーム監督のダヴィド・シャスタン氏とリオネル・ペリシエ氏は月曜日、2月6日から19日までクーシュベルとメリベルで行われるアルペンスキー世界選手権でタイトルとメダル獲得を目指す選手たちの2度目のリスト(1月16日に国際連盟に送られた最初の「拡大」選抜後)を承認しました。

意外なところでは、女子の代表が11名と確定しています。テッサ・ウォーリーとロマーヌ・ミラドリの2人がトップ:表彰台の主役です。若いマリー・ラムレ、キアラ・ポグノー、アヌーク・エラード、カレン・スマジャ=クレマンの4人は、初めての世界選手権に臨みました。スプリントでは、怪我から復帰したカミーユ・セルッティがまだ十分な準備ができていない。

男女合わせて最大24名のうち、現時点では8名のスキーヤーが選ばれており、男子はまだリストが完成していない状態です。スラロームのタイトル候補であるクレマン・ノエルを補佐するために、他の男性もパーティーに招待されるはずだ。負傷していなければ、おそらく招集されていたであろう技術者の欠席を補うための技術者。ビクトル・マファット=ジャンデ、ティボー・ファブロ(左膝手術)。

男子スプリントでは、以下のような選択がなされました。

"メダルを取るためだけのミニ・セレクション "はしないんです。(中略)また、熱意を取り戻し、活力を生み出すことも必要です。結果だけでなく、応援してもらえるようなアスリートを提案することが大切です」と、チャスタンは説明します。したがって、シャモニーの後、若いスラローム、ジャイアントスラロームレーサーがこのリストに加わることになる。アデルボーデンのジャイアントで16位に入ったレオ・アングノをはじめ、テオ・レティートル、ディエゴ・オレッキオーニ、ロエバン・パランド、パコ・ラサットは今季のワールドカップに招待されている。

マチュー・バイレ(左ひざも手術)の不在にもかかわらず、「より密度が高い」ため、選択からより多くの圧力があったのは、スピードの方だった。その代償を払っているのは、プラニャールのマクサンス・ムザトン(シーズン初めに背中を痛め、代役)である。

42歳にして今季2度の表彰台を獲得しているヨハン・クラリーは、最後の世界選手権でダウンヒルをリードし、最初の成功を目指す。スーパーGで最高のフランス人選手であるアレクシス・パントュローがもう一人の主役となる。ニルス・アレーグル、ブレーズ・ジーゼンダナー、アドリアン・テオ、そして驚くべきことにシプリアン・サラザン(ダウンヒルで2回、スーパーGで1回トップ10入りを果たしている)と並んでいる。

最大で各種目4人のフランス人が並ぶが、男子ジャイアントとパラレルはディフェンディング・チャンピオンであるマチュー・フェーヴルが自動的にエントリーされることを除いては、である。

クーシュベル・メリベルで開催される世界選手権のフランス代表選考

女子:クララ・ディレ(レ・サイシー)、ドリアン・エスカネ(クールシュヴェル)、アヌーク・エラール(レ・コンタミン)、コラリー・フラッセ・ソンベ(シャンルース)、ローラ・ゴーシェ(ティーニュ)、マリー・ラムレ(クールシュヴェル)、ロマネ・ミラドリ(マグランド)、ナスタシア・ノーンズ(ニース)、キアラ・ポグネオ(セール・シュバリエ)、カレン・スマジャ・クレメント(ニース)、テッサ・ウォーリー(グランボルナンド)

男子:ニルス・アレグレ(セール・シュヴァリエ)、ヨハン・クラレイ(ティーニュ)、マチュー・フェーヴル(イゾラ2000)、ブレーズ・ジーゼンダナー(シャモニー)、クレマン・ノエル(ヴァル・ディゼール)、アレクシス・パンチュロー(クシュヴェル)、シプリアン・サラザン(デボリュー)、アドリアン・テオ(ヴァル・ソランス)、交代要員。マクサンス・ムザトン(ラ・プラーニュ)。

ホームで世界選手権を迎えるフランス:シャモニーをスキップするパントゥローが、ノエル、クラレとともに男子チームを牽引



クーシュベル・メリベルで開催されるトランスアルプスのナショナルチーム。アレクシスは事実上ホームゲレンデで、複合でメダルを獲得し、スーパーGと大回転に再挑戦する予定だ。コルティナでダブルレインボーのタイトルを獲得したフェーヴルも、ミラドリを擁する女子チームの一員であるウォーリーも、大きなヒットを狙っていることだろう。

2009年のヴァル・ディゼールから14年、フランスは再びアルペンスキー世界選手権を開催する。男子スラロームのチームは土曜日にシャモニーで予定されているワールドカップ前の最後のレースの後に完成するが、トランスアルパインチームにおけるクールシュヴェル・メリベルの公式招集がここに行われた。

モンブランの影で、アレクシス・パントュローは、2月7日(火)の世界選手権(彼にとっては、クールシュベル出身なので、まさにホームです)のオープニングとなる複合の準備をすることを選んだので、スタート地点にはいないでしょう、彼はその専門分野でアレ2019のタイトルとコルチナ2021の銀メダルを獲得したのです。フランスの多目的レーサーの中では、スプリンターバージョンのシプリアン・サラザンが最近のレースで非常に好調で、前戦では永遠のヨハン・クラレー(4年前のスーパーGでパリの裏で銀メダルを獲得)、アドリアン・トー、ニルス・アレグレ、ブレーズ・ジゼンダナー、そしてマクサンス・ムザトンが控えとしているところに注意したい。

バイレやマファット・ジャンデのような豪華な負傷者を欠き、エキップ・ド・フランスの男子チームは、コルチナ2021でジャイアントとパラレルで2つの金メダルを獲得したマチュー・フェーヴルによって完成されましたが、この虹色の大会には、身体的、技術的に全く異なる状態で臨むことになります。

一方、クレマン・ノエルはシュラドミングの夜に復活勝利を収め、世界選手権で初のメダルを狙っているスラロームのビーコンとなるであろう。

11人の女性がトランスアルパインスタッフによって選ばれ、すでに2013年と2017年の世界選手権大回転で優勝しているテッサ・ウォーリーは、数年前と同じではないかもしれないが、彼女が生まれ育った場所から数キロの場所で行われ、このレベルでは最後になるであろうイベントで、サヴォワールのスターは「自分の」レースで大きな印象を残すことができる。

大回転ではクララ・ディレズ、コラリー・フラッセ・ソンベ、ドリアーヌ・エスケーン(ミラドリの代わりに大回転ができる)、スラロームではナスタシア・ノエンスが若いマリー・ラムレ、キアラ・ポニョ、エスケーンとともに、スピードではロマネ・ミラドリ、ローラ・ゴーシュ、アヌーク・エラード、カレン・スマジャ・クレメントとともに出場します。

リヒテンシュタインは、2023年のクーシュベル・メリベルに参加する2人の選手の名前も公表した。才能あるシャルロット・リングが昨冬の大怪我からまだ全力で回復していないため、女子代表はいない(2020年に引退するティナ・ヴァイラザーがいない2度目の世界選手権になる)一方で、男子チームには2人のまともなスプリンターがいることになる。キャリア5回目の世界選手権となるマルコ・プフィフナーと、2度目のレインボーアドベンチャーに挑むニコ・ガウアー。

ホームで世界選手権を迎えるフランス:シャモニーをスキップするパントゥローが、ノエル、クラレとともに男子チームを牽引



クーシュベル・メリベルで開催されるトランスアルプスのナショナルチーム。アレクシスは事実上ホームゲレンデで、複合でメダルを獲得し、スーパーGと大回転に再挑戦する予定だ。コルティナでダブルレインボーのタイトルを獲得したフェーヴルも、ミラドリを擁する女子チームの一員であるウォーリーも、大きなヒットを狙っていることだろう。

2009年のヴァル・ディゼールから14年、フランスは再びアルペンスキー世界選手権を開催する。男子スラロームのチームは土曜日にシャモニーで予定されているワールドカップ前の最後のレースの後に完成するが、トランスアルパインチームにおけるクールシュヴェル・メリベルの公式招集がここに行われた。

モンブランの影で、アレクシス・パントュローは、2月7日(火)の世界選手権(彼にとっては、クールシュベル出身なので、まさにホームです)のオープニングとなる複合の準備をすることを選んだので、スタート地点にはいないでしょう、彼はその専門分野でアレ2019のタイトルとコルチナ2021の銀メダルを獲得したのです。フランスの多目的レーサーの中では、スプリンターバージョンのシプリアン・サラザンが最近のレースで非常に好調で、前戦では永遠のヨハン・クラレー(4年前のスーパーGでパリの裏で銀メダルを獲得)、アドリアン・トー、ニルス・アレグレ、ブレーズ・ジゼンダナー、そしてマクサンス・ムザトンが控えとしているところに注意したい。

バイレやマファット・ジャンデのような豪華な負傷者を欠き、エキップ・ド・フランスの男子チームは、コルチナ2021でジャイアントとパラレルで2つの金メダルを獲得したマチュー・フェーヴルによって完成されましたが、この虹色の大会には、身体的、技術的に全く異なる状態で臨むことになります。

一方、クレマン・ノエルはシュラドミングの夜に復活勝利を収め、世界選手権で初のメダルを狙っているスラロームのビーコンとなるであろう。

11人の女性がトランスアルパインスタッフによって選ばれ、すでに2013年と2017年の世界選手権大回転で優勝しているテッサ・ウォーリーは、数年前と同じではないかもしれないが、彼女が生まれ育った場所から数キロの場所で行われ、このレベルでは最後になるであろうイベントで、サヴォワールのスターは「自分の」レースで大きな印象を残すことができる。

大回転ではクララ・ディレズ、コラリー・フラッセ・ソンベ、ドリアーヌ・エスケーン(ミラドリの代わりに大回転ができる)、スラロームではナスタシア・ノエンスが若いマリー・ラムレ、キアラ・ポニョ、エスケーンとともに、スピードではロマネ・ミラドリ、ローラ・ゴーシュ、アヌーク・エラード、カレン・スマジャ・クレメントとともに出場します。

リヒテンシュタインは、2023年のクーシュベル・メリベルに参加する2人の選手の名前も公表した。才能あるシャルロット・リングが昨冬の大怪我からまだ全力で回復していないため、女子代表はいない(2020年に引退するティナ・ヴァイラザーがいない2度目の世界選手権になる)一方で、男子チームには2人のまともなスプリンターがいることになる。キャリア5回目の世界選手権となるマルコ・プフィフナーと、2度目のレインボーアドベンチャーに挑むニコ・ガウアー。

スロベニア、15名の選手で世界選手権(クーシュベル・メリベル)に挑む:StuhecとKranjec、高い志を語る



フランスで驚かせようとするチームを公式に発表した:2017年と2019年に2度虹を浴びたスプリンターは、コルチナで完全に自分自身を見つけた、ジャンパーは保証である。そして、BucikとDvornikに気をつけよう。

2023年にクーシュベル・メリベルで開催される世界選手権に出場するスロベニアの選手団は、多くの若手が虹の大会でデビューする15名です。

イルカ・スチュエックとザン・クラニェックという2人の旗手が、自信に満ちてフランスに到着したのだから、野心に欠けることはない。シーズン初めに十字を骨折したアンドレイヤ・スローカルや、わずか数カ月前に競技スキーを断念することを決めたメタ・フロヴァットなど、決定的に重要な2選手を欠いているものの、女子チームは、前回から4年以上経ってCdMで成功を取り戻した2度の世界チャンピオン(サンクトモリッツ2017、アレ2019のダウンヒルで金)、コルチナの第2ダウンヒルで頼りにする予定だ。

アナ・ブチクもレインボースラロームではトップ7でスタートし、表彰台圏内にはいないようだが、彼女の安定感を考えればこの状況を利用できるだろう。技術系種目での注目は、クロンプラッツ大回転で非常に好調だったネジャ・ドボルニック、数週間前に復帰し、ニカ・トムシッチやアニャ・オプロトニックのように招集に勝ったティナ・ロブニックにも向けられるだろう。

7人の男子がスタート地点に立ち(最後の2本の平行棒のパスを待って、若手のアンゼ・ガートナー、ミハ・オセルバン、アレン・フリベルセク、ジガ・オレスコビッチ・ズパンの中から内部選考)、ザン・クランジェックが明確にポイントとして挙げられます。

大回転の五輪準優勝である彼は、過去2回の世界選手権で5位、6位とメダルを獲得したことがなく、シーズン中に優れた安定性を見出した彼にとって、今回は本当に良い機会となりそうである。彼の脇を固めるのは、スラロームとコンバインドもこなすステファン・ハダリン(Are2019では銀メダリスト)、ティジャン・マローヴト、そしてスプリンターチームとしては、マーティン・ケーター、ミハ・フロバット、ネジック・ナラロクニック、そしてダウンヒルで世界ジュニアタイトルを取ったばかりの2002歳のロク・アズノだ。

クリストファーゼン-ブラッヘン、シャモニーの新決戦:6人のノルウェー人が参戦、ホーガン-ステイン・オルセンが世界を狙う



土曜日は世界選手権前の最後のCdMレース。スカンジナビアのホームレースで、「ピニェイロ」とHK94のレッドビブ争奪戦が始まります。

シャモニーの後、狭い極地の間に2つのレースが予定されているため、特殊な水晶玉の運命にとって非常に重要なレースがもう1つある。

フランスのクールシュベル・メリベルで開催される世界選手権の開幕を2日後に控えた土曜日のスラロームでは、6人のノルウェー人がスタートするが、その全員、あるいはほとんど全員にとって、非常にデリケートな挑戦となるだろう。CdMランキング1位と2位のルーカス・ブラッセンとヘンリック・クリストファーセン。ブラジル出身の22歳は、同胞でトロフィーの保持者(3位のユールは「ピンヘイロ」から-94点)に41点差をつけてリードしており、シュラドミングでの大きな失望から戻ってきたばかりだが、シャモニーでは、15日に始まる世界選手権、現世界王者のセバスチャン・フォス・ソレバークへの道もあるので結果を求めている、彼は2022/23年をとても複雑に経験しているというのに。

WCSLのミッショントップ7は、今年最も重要なレースであるキッツとシュラドミングの間で、少し失敗しすぎたアトレ・リエ・マクグラスのそれを視野に入れており、ティモン・ハウガンとアレキサンダー・スティーン・オルセンはフランスでのワールドカップスラロームのビブをかけて勝負する可能性があります。

マルセル・ヒルシャーの弟子は、時折とても速く見えたが、ほとんど拾わなかった。驚異的な2001年ジュニア世界チャンピオン2022は、シュラドミングの大回転で4位に入り、クールシュベル・メリベルへのチケットを手にしたが、回転のスタート地点にも立つことを望んでいる。

シャモニーでは、クリストファー・ヤコブセン(シュラドミングで7位に入賞し、世界ランキング15位に復帰)と、チームメイトとは異なり世界選手権に招集されていないウィリアム・ハンソンの2人のスウェーデン人がゲートをくぐることになる。

VAN DEER、”継続的な準備とさらなる発展を”

2023年世界選手権:クーシュベル・メリベル大会のフランス代表選手選考について



公式に発表されました。2月6日から19日にかけてクールシュベル・メリベルで開催される世界選手権に出場するフランス人選手のリストが、FFSによって発表されました。負傷者は別として、トップ選手はメダルを目指し、若手選手は経験を積むために参加する。

2月6日から19日までクーシュベル・メリベルで開催されるアルペン世界選手権に参加するフランス人スキーヤーが決定しました。フランススキー連盟は、シャモニーのスラローム終了後の土曜日に完成するのを待ちながら、1月30日(月)に参加者リストを公式に作成したところである。フランスは24名の選手をエントリーすることができます。1種目につき4名の選手がエントリー可能ですが、ジャイアントとパラレルではタイトルホルダーのマチュー・フェーヴル選手が追加枠を獲得しています。

男子では、アレクシス・パントュロー選手はもちろんメダル獲得を目指して参加し、野心的なスピードグループのリーダーであるヨハン・クラリー選手も同行します。

男子
アレグル・ニルス - セーレ・シュバリエ・スキー・クラブ
CLAREY Johan - CLUB DES SPORTS DE TIGNES(クラブ・デ・スポーツ・ドゥ・ティーニュ
FAIVRE Mathieu - クラブ・デ・スポーツ・イソラ2000
GIEZENDANNER Blaise - CLUB DES SPORTS CHAMONIX(シャモニースポーツクラブ
NOEL Clement - CLUB DES SPORTS VAL D'ISERE(クラブ・デ・スポーツ・ヴァル・ディセール
PINTURAULT Alexis - - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クールシュベル
SARRAZIN Cyprien - CS ALPES-PROVENCE - Ski CLUB DEVOLUY
THEAUX Adrien - CLUB OMNISPORTS VAL THORENS (クラブ・オムニスポーツ・ヴァル・トーランス)
サブスティテュート: MUZATON Maxence - CLUB DES SPORTS LA PLAGNE(クラブ・デ・スポーツ・ラ・プラーニュ

選考は、ワールドカップの最終戦、2月4日にシャモニーで行われるスラローム終了後に行われる。

女子では、テッサ・ウォーリーにメダルを期待する声が集まっています。ロマーヌ・ミラドリもまた、ドリアーヌ・エスカネ、マリー・ラムレ、キアラ・ポグノー、アヌーク・エラール、カレン・スマジャ・クレマンにとって、世界選手権が決戦の場となることを意味しています。

女子
DIREZ Clara - CLUB DES SPORTS DES SAISIES(クラブ・デ・スポーツ・デ・サイジー
ESCANE Doriane - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クルシュベル
ERRARD Anouck - S.C. LES CONTAMINES MONTJOIE
FRASSE- SOMBET Coralie - CS DAUPHINE - CHAMROUSSE SKI CLUB
GAUCHE Laura - CLUB DES SPORTS DE TIGNES(ティニュスポーツクラブ
LAMURE Marie - CLUB DES SPORTS COURCHEVEL(クラブ・デ・スポーツ・クールシュベル
MIRADOLI Romane - INTER-CLUB MAGLAND DESERT-BLANC
NOENS Nastasia - INTER CLUB DE NICE(インタークラブ ドゥ ニース
POGNEAUX Chiara - CLUB DE SKI DE SERRE CHEVALIER(スキークラブ・ドゥ・セール・シュヴァリエ
SMADJA CLEMENT カレン - 1- INTER CLUB NICE
WORLEY Tessa - Ski Club GRAND BORNAND

【2023年クーシュベル・メリベル世界選手権のプログラム】
2月6日(月)女子コンバインド 11時、14時30分
2月7日(火)男子コンバインド 11時、14時30分
2月8日(水)女子スーパーG 11時30分
2月9日(木)男子スーパーG 11時30分
2月11日(土)女子ダウンヒル 11時
2月12日(日)男子ダウンヒル 11時
2月14日(火)チームパラレル 12時15分
2月15日(水)個人パラレル、男子、女子 12時
2月16日(木)女子ジャイアントスラローム 午前10時、午後1時30分
2月17日(金)男子ジャイアントスラローム 午前10時、午後1時30分
2月18日(土)女子スラローム 午前10時、午後1時30分
2月19日(日)男子スラローム 午前10時、午後1時30分

シャモニーのスラローム:アレクシス・パンテュローは欠場、クレマン・ノエルに期待!



シャモニーのスラロームは、今週土曜日2月4日に開催され、クールシュベール・メリベル世界選手権(2月6日〜19日)前の最後の大会となる。Clement Noelが率いる、Alexis Pinturaultを欠いたフランスのセレクションを探す。

今週のワールドカップレースはこれだけ。クーシュベル・メリベル世界選手権(2月6日〜19日)前の最後のワールドカップイベント。2月4日(土)、レ・ユーシュのグリーンコースで行われるカンダハーにスラロームレーサーが出場する。

シャモニー大会で2度優勝(2020年、2021年)したクレマン・ノエルは、シュラドミング大会での成功を受けて、フランス選手権のヘッドライナーとして出場します。フランス人は週末中、コースをテストすることができた。

パンテュロー:「カットしなければならない」
一方、自国で開催される世界選手権の前夜、アレクシス・パンテュローはレースをしないことを決めた。"まずは身を削って、世界選手権に向けてトレーニングする必要がある "と、アルペン複合の2019年世界チャンピオンを正当化する。シャモニーに行くことで、自分を分散させたくなかったんです。まだフランスで開催されるワールドカップなので、理想的とは言えません。世界選手権には、最高の状態で、最高の鮮度で到着したい。ビブスを見なかったが(彼はWCSLのトップ15に入っている、編集部注)、スラロームがメダルの可能性として最も弱いことに変わりはない。一度に何匹ものウサギを追いかけようとするのは愚かなことです。今は、世界選手権に集中することが最優先です。

シャモニーのためのフランス選手セレクション
AMIEZ Steven - クシュヴェル(サヴォア県)
LETITRE Theo - Isola 2000 (コート・ダジュール)
NOEL Clement - DOUANE Val d'Isere (サヴォア)
RASSAT Paco - Les Aillons (サヴォア)

2023年アルペンスキー世界選手権大会(クーシュベル/メリベル)のスイス・スキー・セレクションについて



スイスチーム(Swiss-Ski)は、クーシュベル/メリベル(フランス)で開催されるアルペンスキー世界選手権大会の女子および男子チームのメンバーを決定しました。2023年2月6日〜19日に開催されるタイトル大会に出場する選手が以下の通り決定しました。

2023年世界スキー選手権大会のスイススキー女子チーム。ダニオス・アリーヌ、エレンベルガー・アンドレア、フルリー・ジャスミン、ジザン・ミシェル、グート・ベーラミ・ララ、ヘーレン・ヨアナ、ホルデナー・ウェンディ、ヌファー・プリスカ、ラスト・カミル、スーター・コリンヌ。

2023年世界スキー選手権大会のスイススキー男子チーム。カヴィーゼル・ジーノ、ヒンターマン・ニールス、メイヤール・ロイク、モニー・アレクシス、ミュリシエ・ジャスティン、オダーマット・マルコ、ロジェンタン・ステファン、ルラン・ジル、タムラー・トマ。

男子では、2023年02月04日にシャモニーで開催されるスラロームの後に追加選手が選出される予定です。ワールドカップのスイス代表は、女子10名、男子14名の合計24名となり、出場枠を使い切ります。

ワールドカップの個人戦に出場する選手は、担当コーチがその場で決定する。ラインナップは、各大会前にソーシャルメディア上でお知らせします。
第60回全国中学校 スキー大会
zentyu2023



2023年2月7日(火)〜10日(金)
野沢温泉スキー場・カンダハーコース
第72回全国高等学校スキー大会
ih2023

つなぐ思い つかみ取れ勝利
山形の地で燃えよ 冬の勇者たち!

◇開催期間◇
令和5年2月7日(火)〜11日(土)

◇開会式◇
令和5年2月7日(火)
◇競 技◇
令和5年2月8日(水)〜11日(土)

アルペン
赤倉温泉スキー場(最上町)

大会ホームページ URL
https://ih2023ski-yamagata.jp/
第78回国民体育大会冬季大会スキー競技会
hakuginp

特別国民体育大会冬季大会スキー競技会
『いわて八幡平白銀国体』

開始式
令和5年(2023)年2月17日(金曜)

会期
令和5年(2023)年2月17日(金曜)〜20日(月曜)

いわて八幡平白銀国体LINE公式アカウント

kokutai2023

第96回全日本学生スキー選手権大会
秩父宮杯・秩父宮妃杯
第96回全日本学生スキー選手権大会
2023年2月23日(木)〜2月26日(日)
秋田県花輪スキー場


SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan