クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

情報

待ったなし! 自信に満ちてバーを切るだけ















アーマンド・マーチャント、雪上後のコントレ

エイドリアン・テオー、”新しい季節=新しい服”

アレクシス・パンテュロー、”1月は自分のペースを保ちたい”

アルペンスキーのシーズンが始まる前に、大きなクリスタルグローブを持つ彼は、オリンピックを数ヶ月後に控え、自分の目標と特別な準備を振り返っています。



キャリア初の大きなクリスタル・グローブを獲得してから7ヶ月、彼は自身の後継者候補の一人となっているようです。10月24日(日)、ソルデン(オーストリア)のゲレンデで、アレクシス・パンテュロー(30歳)がアルペンスキーのシーズンをスタートさせます。と言っていました。「それは、世界的に見ても素晴らしいことだと思います。

Franceinfo: sport: ワールドカップをどのように見ていますか?すべてのイベントをこなすのか、それともプログラムを軽くするのか。

アレクシス・パンテュロー:これまでと同じように、基本的には大回転とスラローム、そしてスーパーGは点線で、自分の都合のいいとき、カレンダーの中で比較的簡単なものがあるときに行うことになるでしょう。

自分を保つために1月のレースをスキップすることはないと思います。今シーズンは我々にとって非常に重要な時期であり、常にパフォーマンスを発揮したいと考えています。今年のカレンダーは、10日ほど前のシュラドミング(オルティシュ)と最初のオリンピック大会との間で、とても良いものになっています。これにより、中国に行く時間、時差に慣れる時間、休む時間、そして、ちょっとした休息の時間を確保することができます。

イベント開始前の心境は、準備の面ではいかがでしょうか。

すぐにできます(笑)。昨年と同じように、非常に緻密なプログラムを行いましたが、次のレースに集中したかったので、第1レースには100%の準備ができていないかもしれません。しかし、ゾルデンでは、全体的にすべてが順調に進んでいる。

まず、大量のトレーニング負荷をかけ、技術的な反復練習を行う期間からスタートしました。そして、それを減らしていきました。今までやってきたことを定着させるために、短時間で集中的にトレーニングを行い、ハイレベルなセットをしっかりとリハーサルしています。

大きな地球儀を見て、自分の世界が変わりましたか?

個人的には、私の宇宙を変えることはありませんでした。しかし、それは私の名前を別の次元に推進しました、はい。私は、自分の野心が結果的に変わることがあるので、物事を少し違って見ています。ビッググローブは、私のキャリアの中で重要な目標でした。だから、今は他のこと、特にオリンピックに集中しやすくなっています。

今年のカレンダーには、スピードイベントと同じくらい多くのテクニカルイベントが予定されていますが、大きなグローブを獲得するのはより難しくなるのでしょうか?

イエスでもありノーでもある。キャンセルが出ることもあります。スピードイベントとテクニカルイベントの数が常に一致しない年があります。そして、18の技術系種目と18のスピード系種目の話になりますが、ジャイアント、スーパーG、スラローム、ダウンヒルなど、すべての種目に平等性はありません。このプログラムは複雑で、必ずしも私に有利なものではありません。

リヴァー・ラダムスは集中しており、セルデンのスタートに向けて軌道に乗っている



2019-20年の終わりに、リヴァー・ラダムスは自分のスキーレースキャリアの軌道に疑問を持ちました。当時22歳だったワールドカップスキーヤーは、4つの競技に出場していたが、そのシーズンではパラレルGSで1本しかポイントを獲得できず、GSでは100分の1秒差で複数の2本目の予選に落ちていた。

負けて自責の念に駆られたラダマスは、精神的にも肉体的にも苦しく、最低の状態に陥っていました。2020-21年のシーズンに向けて、ラダマスは自分自身を理解しなければならないという焦りに包まれていました。そうでなければ、もうこれ以上スキーレースを続けることはできないでしょう。スポーツ心理学者や栄養士と協力して一から勉強し、これまで以上にジムに通うようになったラダマスは、可能性を無駄にすることへの不安から、最高のアスリート、最高のスキーレーサーになりたいという思いを募らせていきました。その結果、彼のワールドカップキャリアの中で最高のシーズンとなりました。

ラダマスは昨シーズン、これまで以上に自信を持って臨みました。開幕戦では、GSで27位の成績を収めました。彼の中では大きな結果ではありませんでしたが、肩の荷が下りたことで、シーズンのスタートを切ることができました。

2021年1月初旬のアデルボーデンでは、両日ともにGSで得点を獲得した後、ラダマスは、師匠であるライアン・コクラン-シーグル、テッド・リゲティ、トミー・フォードが怪我でツアーを去るという奇妙な時期を迎えました。ラダマスは、GSチームの4番目の選手だったのが、世界選手権のGSで唯一の選手になったのだ。師匠を失ったラダマスは、チーム内の新進気鋭の選手たちのリーダーシップをとる責任を負うことになった。出場できなかったチームメイトのために全力を尽くしたいと考えたラダマスは、最高の結果を2つ残した。パラレルでは10位、GSでは11位。ラダムスは飛躍し、ようやく自分の居場所ができたと感じました。

「昨シーズンの経験から、自分の体や心、必要なものをこれまで以上に理解できるようになりました」とラダマスは言う。「去年の夏に自分自身を見つめ直したことで、今年の攻撃計画を立てるのがより簡単になり、自分の弱点をより客観的に見ることができるようになりました」。

焦った夏は結果的にラダミュにとってプラスのステップとなったが、それによって彼の視点は変わった。昨シーズン、ひと夏の危機を乗り越えてすべてを達成できたとしたら、今の自分には何ができるだろう?今年のラダマスは、発見した弱点を生かすために、ジムでのアプローチ、メンタル面でのアプローチ、雪上での時間に磨きをかけた。

ゲームプラン
ラダマスは、自分がジムで一番のアスリートだと思ったことはありませんし、今でもそう思っていません。上半身と体幹が苦手で、過去には腰痛を引き起こし、リハビリのために雪山を休まなければなりませんでした。今年のラダマス選手は、スタートタイムを向上させ、体のパフォーマンスを維持するために、背中、体幹、上半身の強化にこれまで以上に力を入れました。

メンタル面では、昨シーズンは2本目のパフォーマンスが課題だったと語ります。2本目の出場権を獲得しなければならないという焦りから、2本目に入ると無意識に力が入ってしまったそうです。

「意識していたわけではありませんが、前のランと同じレベルで実行することができませんでした」とラダマスは言います。意識していたわけではありませんが、前の滑りと同じレベルの滑りができませんでした」とラダマスは言います。「時間が経てば自然にできるようになると思いますし、あのポジションでの経験だけでなく、雪上でのトレーニングやジムでのトレーニングで、あのような状況や強度を作り出す方法を見つけることで、より慣れて、より快適に、よりパフォーマンスを発揮できるようになると思います」。

スキーの面では、この夏はラダマスが取り組みたいと思っていたことができませんでした。夏は気温が高く、雪上での時間が限られていたため、ラダマスは冬のようなコンディションを望んでいました。しかし、春にマンモスでキャンプを行い、夏の間にマウントフッドで1週間過ごした後、ヨーロッパの雪上に戻ったラダマスは、自分のスキーがしっかりしていて、自然にできていると感じていた。

「努力しなくても、スキーとつながっているような気がして、もっと楽な感じがしました」とラダマスは言います。「そして、その多くは、夏の間に行ったコンディショニングのおかげだと思います。今までで一番強くなった気がするので、それが大いに役立ったと思います」。

ラダムスはゼルデンに向けて、自分のスキーに自信を持ち、ラインをまっすぐに押し出すための基礎体力をつけた。また、雪上できれいに滑るために、より強い力を発揮したいと考えています。ラダムスは、過去数年間パワー不足だったのは、自分の力に自信がなかったからだと考えています。今はコンディショニングに自信があるので、ターンでの力強さとアタックの緊迫感の両方を持っています。彼は、自分の能力を証明する準備ができています。

「目標は、ランキングを上げ、15位以内に入り、オリンピックに出場し、昨年よりも高いレベルのパフォーマンスをすることですが、自分ではコントロールできない部分もあることを認識する必要があります」とラダムスは言います。「しかし、それは自分の力ではどうにもならないことだと認識する必要があります。より重要なことは、自分ができる限りの準備をし、自分ができる限りのことを実行できる状態にすることです。それができていれば、何も残せていないので、どんな順位であっても、自分の努力を誇りに思って受け入れられるでしょう」。

今シーズン、ラダマスがトップ30に入るのは初めてのことで、ただ参加するだけではなく、実行するためにゼルデンにいるという精神状態になります。もちろん、ラダマス選手の視野には、今年、準備期間を高め、シーズンに向けての心構えを変える、オリンピックという大きな舞台があります。

「オリンピックに行くことを夢見ない子供はいない」とラダマスは語りました。「私にとって大きな目標ではないと言えば嘘になります。でも、それに集中しすぎて、もっと大きな目標やそこに至るまでの道のりを見失いたくないんです」。

シーズンイン前日

総合チャンプのペトラ・ブルホバ、W杯のスケジュールを減らして五輪に専念

ブルホバ選手は、2020-21年の女子ワールドカップで全31種目に出場した唯一のスキーヤーでしたが、彼女とマウロ・ピニ新ヘッドコーチ率いるチームは、オリンピックイヤーにこのような過酷なスケジュールに固執することを断念しました。



アルペンスキー界のスター、ペトラ・ブルホバは、昨年の総合優勝に貢献した戦略をやめ、今シーズンのワールドカップのいくつかのレースをスキップする予定です。

ブルホバは、2020-21年の女子ワールドカップで全31大会に出場した唯一のスキーヤーでしたが、彼女とマウロ・ピニ新ヘッドコーチ率いるチームは、オリンピックイヤーにそのような過酷なスケジュールに固執することを断念しました。

オーストリア・アルプスのレッテンバッハ氷河で行われる大回転でワールドカップ・シーズンが始まる2日前の木曜日、ブルホバは「私たちは量よりも質を追求します」と語りました。


2月に開催される北京オリンピックを含む2021-22シーズンは、テクニカルレースとスピードレースを均等に分けた36のワールドカップレースと、1つのパラレルイベントで構成されます。

ヴルホワ選手は、主力種目であるスラロームとGSにさらに注力し、スーパーGやダウンヒルのレースに出場するかどうかは、その都度決めることにしているそうです。

「どこにでも行くけど、スピードを求めて行くのか、それともGSやスラロームに集中するのか、レース前に決めます」と彼女は語った。"もちろん、私はスピードが好きだし、ダウンヒルやスーパーGのレースも好きだけど、これからはGSとスラロームが中心になるわ"


ブルホバ選手は、2018年の平昌オリンピックでは個人種目5つにエントリーしたものの、表彰台に上がれなかったため、スロバキア出身のスキーヤーとして初めてオリンピックのメダルを獲得することを目指しています。

「昨シーズンは総合優勝が目標でしたが、今年はオリンピックが最大の目標です」と語るヴルホワ選手は、2度目のオリンピックに向けて、「より静かに、より良い準備をしていきたい」と計画しています。

ブルホバ選手は昨シーズン、総合優勝したララ・グートベーラミ選手に111点差をつけて、スロバキア出身者として初の総合優勝を果たしました。

しかし、2月にイタリアのコルティナ・ダンペッツォで開催された世界選手権では金メダルを獲得することができず、翌月にはスラロームのシーズンタイトルを、オーストリアやアメリカの名選手ミカエラ・シフリンとの接戦の末、カタリーナ・リエンスベルガーに奪われてしまいました。

ブルホバ選手は、長年コーチを務めてきたリヴィオ・マゴーニ氏がイタリアの新聞のインタビューでブルホバ選手のスキースタイルについて不愉快な発言をしたことをきっかけに、同氏と別れた1ヵ月後の5月にスイス人コーチのピニ氏との共同作業を開始しました。

グートベーラミの元コーチであるピニ氏との協力関係により、ブルホバは安心してタイトル防衛のシーズンに臨むことができました。

「プレッシャーは感じていません。私は自分のスキーに集中するようにしていますが、それ以上のことはありません。落ち着いて、静かにしていようと思っています」と語りました。

ワールドカップのゲレンデは完璧なコンディション⛷



イエティ、日本最速OPEN!

2021/22年 男子W杯シーズンの展望



2021/22年のシーズンは、もうすぐそこまで来ています。フランス人のアレクシス・パンテュロー(愛称:Pintu)は、ディフェンディング・チャンピオンとしてアルペンスキー・ワールドカップ・ウィンターに臨みます。長いシーズンを終えてトップに立ち、再び大きなクリスタル・グローブを手にすることができるかどうか、注目されます。

4つの種目のレース数がバランスよくなったことで、競争が激しくなったのでしょう。私たちSkiweltcup.TVは、現在の最高のスキーレーサーについて、いくつかの事実と数字を紹介したいと思います(かつてのスキー界の名選手との比較も含めて)。まずはBleusの一員である30歳の選手から見てみましょう。

Alexis Pinturault

アレクシス・パンテュロー選手は、2020/21シーズンに初めて大きなクリスタルグローブを獲得しました。過去5回のシーズンでは、いずれも総合的にトップ3に入りました。

ピントゥローは、ジャン・クロード・キリー(1966/67、1967/68)、リュック・アルファン(1996/97)に続き、フランス人として3人目の受賞者となりました。

2000年に入ってから、3人の男子スキーヤーがワールドカップの総合優勝を果たしました。ヘルマン・マイヤー(1999/2000-2000/01)、ステファン・エバーハーター(2001/02-2002/03)、マルセル・ヒルシャー(2011/12-2018/19の8回連続)。

また、ピントゥロー選手は、2020/21年ワールドカップシーズンのジャイアント・スラローム・クリスタルグローブを獲得し、キリー選手(1966/67、1967/68)、パトリック・ラッセル選手(1970/71共同優勝)、フレデリック・コビリ選手(2001/02)に続く、フランス人4人目の受賞者となりました。

ピントゥローはワールドカップで34勝を挙げ、男子の歴代最高位である9位につけています。アクセル・ルンド・スビンダルとベンジャミン・ライヒ(各36勝)は7位を分け合い、Equipe Tricoloreのメンバーとの差を縮めています。

ピントゥローは、アルベルト・トンバ(1987/88〜1997/98)に続き、11シーズン連続でワールドカップレースに勝利した2人目の男子スキーヤーになる可能性があります。

ビート・フォウズ

ビート・フォイツは、過去4回のワールドカップシーズンにおいて、ダウンヒルのクリスタルグローブを獲得しています。男性スキーヤーとしては、フランツ・クラマー(1974/75〜1977/78)に次いで2人目の快挙です。

マルセル・ヒルシャー(ワールドカップ総合8位、大回転5位)、インゲマル・ステンマルク(大回転7位、回転7位)に続き、フォイツは少なくとも5シーズン連続でクリスタルグローブを獲得した3人目の男になることができます。

男子のダウンヒルでフォイツ(4)と同じ回数優勝しているのはクラマー(5)とディディエ・キュシュ(4)だけ。

フォイツ(40歳)は、あと1回トップ3に入れば、クラマーとペーター・ミュラー(ともに41歳)が持つ男子ダウンヒルのワールドカップ最多表彰台記録を更新することができます。

アレクサンダー・アーモット・キルデ

アレクサンダー・アーモット・キルデは、2015/16年のスーパーGと2019/20年の総合の2つのクリスタルグローブを獲得している。 2021年1月のトレーニングで膝を痛め、2020/21年のワールドカップシーズンを断念せざるを得なかった。

キルデは、ラッセ・キウス(1995/96、1998/99)、アクセル・ルンド・スビンダル(2006/07、2008/09)と並んで、ノルウェー人でワールドカップの総合優勝を複数回果たした唯一の人物となる可能性がある。スビンダルは、ワールドカップでの2度の総合優勝の間、深刻な転倒によりシーズンの大半を棒に振った。

キルデはワールドカップで6勝しており、スーパーGで3勝、ダウンヒルで3勝している。

他のレーサー

マルコ・オーデルマットは、2020/21年のワールドカップで、総合、スーパーG、大回転の3種目で2位となり、シーズン中のランキングでは自己最高の成績を収めました。

ペーター・リュッシャー(1978/79年)、ピルミン・ズルブリッゲン(1983/84、1986/87、1987/88、1989/90年)、ポール・アコラ(1991/92年)、カルロ・ヤンカ(2009/10年)と並んで、スイスの男子総合優勝者となる可能性があります。

スイスのスキー選手は、男子大回転で11回優勝しており、オーストリア(15回)に次いでいます。2008/09年に大回転で優勝したスイス人は、ディディエ・キュシュだけだった。

ドミニク・パリスは、ピーター・フィル(2015/16、2016/17)に続くイタリア人2人目のダウンヒル・クリスタルグローブ獲得を目指します。パリは2018/19にSuper-Gのクリスタルグローブをすでに獲得しています。

ワールドカップのダウンヒルで15勝を挙げているパリは、フランツ・ハインザーとヘルマン・マイヤー(共に15勝)と並ぶ4位タイの選手です。Stephan Eberharter(18)が3位に入っています。

ヴィンセント・クリシュマイヤーは、過去3シーズンのいずれもこの種目のランキングで2位になった後、2020/21年のワールドカップでスーパーGのクリスタルグローブを獲得しました。

クリシュマイヤーは、スーパーGのクリスタルグローブを1シーズンで獲得したオーストリア人としては、マイヤー(1997/98-2000/01の4連覇)、エバーハーター(2001/02-2002/03)に次いで3人目となる。

2021年の世界選手権(コルチナ・ダンペッツォ)では、クリシュマイヤーがスピード・ダブルを完璧にした。男性スキーヤーとしては、マイヤー(1999年)、ボード・ミラー(2005年)に次いで3人目の快挙です。

マルコ・シュワルツは、2020/21年ワールドカップのスラローム・クリスタルグローブを獲得しました。 このグローブでのオーストリアの勝利は、記録的な16回目で、過去10年間で7回目(ヒルシャーが6回)となりました。

ヒルシャー以外でスラローム・グローブの防衛に成功したのは、1996/97年と1997/98年のトーマス・サイコラ。

ヘンリック・クリストファーセンは、アレクシス・パンテュロー(過去10年)、パリス(過去9年)とともに、過去8シーズンでそれぞれ1回以上ワールドカップを制している3人のスキーレーサーのうちの1人です。

2021/22年 女子W杯シーズンの展望



土曜日になると、またこの時期がやってきます。2021/22シーズンのスキーワールドカップの開幕は、土曜日の午前10時、ゾルデンのレッテンバッハファーナーで行われます。プログラムの最初のイベントは、女子大回転です。1本目は午前10時から、女子ベスト30の決勝は午後1時15分以降に上演されます。その1日後には、男子大回転(10.00/13.30時間)がシーズン最初のレースとして行われます。以下に、国際スキー連盟(FIS)の「プレビュー」を掲載します。

Petra Vlhova

- ペトラ・ヴルホヴァーは、2020/21年のスキーワールドカップ総合ランキングで優勝し、スロバキア出身のスキーヤーとして初めて、女子と男子の両方の総合ランキングで優勝しました。

- 2000年代に入ってから(1999/2000年)、4人の女性が連続してワールドカップの総合優勝を果たしました。アニャ・パーソン(2003/04-2004/05)、リンゼイ・ボン(2007/08-2009/10)、アナ・ヴェイス(2013/14-2014/15)、ミカエラ・シフリン(2016/17-2018/19)。

- ヴルホヴァは、これまでスラローム(2019/20)とパラレル(2019/20、2020/21)のランキングでもトップに立っていました。

- コルティナ・ダンペッツォで開催された2021年の世界選手権では、ヴルホヴァーはスラロームとアルペン複合で銀メダルを獲得しました。

- Vlhova選手は、シフリン選手(過去9年間)、フェデリカ・ブリニョーネ選手(過去5年間)と並んで、過去5シーズンでそれぞれ少なくとも1回のワールドカップ優勝を果たした3人の女性の一人です。

Mikaela Shiffrin

- ミカエラ・シフリンはワールドカップランキングで11回優勝していますが、ここ2シーズンは1回も優勝していません。ワールドカップではスラロームで6勝、総合で3勝、スーパーGで1勝、大回転で1勝しています。

- ワールドカップのランキング(アルペン複合を含む)で11回以上優勝したスキーヤーは、リンゼイ・ボン(20)、アンネマリー・モーザー・プレル(16)、ヴレーニ・シュナイダー(14)の3人だけです。

- シフリン(3)は、モーザー・プレル(6)とボン(4)に続き、クリスタルグローブを4回以上獲得した唯一の女性となる可能性があります。

- シフリンは、女子スラロームのクリスタルグローブの最多記録をシュナイダーと共有しています(ともに6個)。男子では、インゲマル・ステンマルク(8歳)だけがスラロームのクラスで何度も優勝しています。

- ボン(滑降8回)とモーザー・プレル(滑降7回)は、ワールドカップの種目別で6回以上優勝している唯一の女性です。

- シフリンはワールドカップで69勝を挙げており、インゲマル・ステンマルク(86勝)、リンゼイ・ボン(82勝)に次ぐ第3位となっています。

- このワールドカップ69勝のうち、シフリンはスラロームで45勝しています。1つの種目でこれほど多くのワールドカップ優勝を果たしているのは、ステンマルク(大回転で46勝)だけです。

- コルティナ・ダンペッツォで開催された2021年の世界選手権で、シフリンは4つのメダルを獲得しました。アルペン複合で金メダル、大回転で銀メダル、スーパーGと回転で銅メダルを獲得しました。

Lara Gut-Behrami

- 昨シーズンのワールドカップでスーパーGのクリスタルグローブを獲得したララ・グートベーラミ選手。また、総合2位、ダウンヒルの分類では3位となりました。

- Super-Gでの勝利は、2013/14年と2015/16年のSuper-Gクラス、2015/16年の総合クラスでの勝利に続き、グートベーラミにとって4つ目のクリスタルグローブとなりました。

- 女子スーパーGでグットベーラミ(3回)よりも多く優勝しているのは、カーチャ・サイジンガー(5回)、リンゼイ・ボン(5回)、キャロル・メルル(4回)だけです。

- グートベーラミはワールドカップで32回優勝しており、そのうち16回はスーパーGで優勝しています。女子ワールドカップでスーパーGの優勝回数が多いのは、ボン(28回)、レナート・ゲッチュル(17回)、サイジンガー(16回)の3人だけ。

- グットベーラミ(32歳)はあと1勝で、女子ワールドカップの歴代最多勝利記録で9位につけているハンニ・ヴェンツェル(33歳)と並ぶことができます。Seizinger(36)は8位につけています。

- 2021年の世界選手権(コルティナ・ダンペッツォ)では3つのメダルを獲得したグット・ベーラミ。スーパーGと大回転で優勝、滑降では3位となりました。

その他

- イタリア女子は、2020/21シーズンにワールドカップで9回の優勝を果たしました。イタリア人が1つのシーズンでより多くのワールドカップ優勝を果たしたのは、1996/97シーズン(10回)だけです。

- フェデリカ・ブリニョーネ選手(16歳)は、デボラ・コンパニョーニ選手(同じく16歳)が持っていた女子ワールドカップのイタリア最多優勝記録を更新しました。

- 昨シーズン、ソフィア・ゴッジアは、2017/18年にすでにこの分類で優勝しており、2度目のダウンヒル・クリスタルグローブを獲得しました。このトロフィーを連続して獲得した最後の女性は、2014/15と2015/16のリンゼイ・ボンでした。

- ゴッジアは、特定のクリスタル・グローブを2回以上獲得した初のイタリア人女性となる可能性があります。

- 昨シーズンの大回転でクリスタルグローブを獲得したマルタ・バシノは、2013/14年と2014/15年のアナ・ヴェイス以来、初めてクリスタルグローブの防衛に成功した女性となる可能性があります。

- テッサ・ウォーリーは、女子ワールドカップ大回転の最多勝ランキングで、アニタ・ワハター、ティナ・マセ、ヴィクトリア・レベンスブルク、リス・マリー・モレロド(いずれも14勝)と3位を分け合っています。Vreni Schneider(20)とAnnemarie Moser-Proll(16)がトップコンビを組んでいます。

- カタリーナ・リンスベルガー選手は、2020/21シーズンのスラローム・クリスタルグローブと-世界選手権のタイトルを獲得しました。彼女は、マルリース・シルド(2006/07-2007/08、2010/11-2011/12)に続き、オーストリア人として2人目のスラローム・ワールドカップ・ランキング連覇を達成する可能性があります。

W杯セルデン開幕戦、主要国スターティングメンバーが決定



今シーズン最初のWold Cupを目前に控え、海外チームのキックアウトメンバーが明らかになってきました。ヨーロッパのいくつかの国がゼルデンのスターティングメンバーを発表しましたが、その規模は様々ですが、それぞれの国に少なくとも2、3人の注目すべき選手がいます。

オーストリア
男子:シュテファン・ブレンシュタイナー、マニュエル・フェラー、マクシミリアン・ラーンシュタイナー、マティアス・マイヤー、ローランド・ライティンガー、ドミニク・ラシュナー、マルコ・シュヴァルツ、パトリック・フォイヤースタイン、ルーカス・フォイヤースタイン、ラファエル・ハーサー
女性 ステファニー・ブルナー、フランツィスカ・グリッチ、リカルダ・ハーザー、カタリーナ・リエンスベルガー、エリサ・モルツィンガー、ラモーナ・シーベンホーファー、カタリーナ・トゥルッペ、カタリーナ・フーバー、ステファニー・レッシュ

フランス
男子:マチュー・フェーヴル、ティボー・ファヴロ、ヴィクトル・ミュファ=ジャンデ、クレメント・ノエル、シプリアン・サラザン、アレクシス・パンテュロー
女子 カミーユ・セルッティ、クララ・ディレズ、ドリアン・エスカン、コラリー・フラッセ=ソンベ、テッサ・ウォーリー

ドイツ
男子:シュテファン・ルイッツ、アレクサンダー・シュミット、ジュリアン・ラウフース
女子 アンドレア・フィルサー、マレーネ・シュモッツ

ノルウェー
男子:ルーカス・ブラセン、アトレ・リー・マクグラス、レイフ・クリスティアン・ネストボルド・ハウゲン、アレクサンダー・アーモット・キルデ、ヘンリック・クリストファーセン、ラスマス・ウィンディングスタッド、ファビアン・ウィルケンス・ソルハイム、アレクサンダー・ステーン・オルセン、ティモン・ハウガン
女性 Ragnhild Mowinckel、Mina Furst Holtmann、Kristin Lysdahl、Thea Stjernesund、Maria Tviberg、Marte Monsen

スロベニア
男子:Zan Kranjec、Stefan Hadalin
女子 Andreja Slokar、Ana Bucik、Tina Robnik、Meta Hrovat、Neja Dvornik

スウェーデン
男子:マティアス・ロンングレン、トビアス・ウィンディングスタ
女子 サラ・ヘクター、エステル・アルファンド、ヒルマ・レヴブロム、ハンナ・アロンソン-エルフマン

スイス
男子:マルコ・オーデルマット、ロイック・メイヤール、ジャスティン・ムリジエ、ジーノ・カヴィーゼル、ダニエレ・セッテ、セドリック・ノジェ、ダニエル・ユール、タンギー・ネフ
女性 ミッシェル・ジザン、ララ・グット・ベヘラミ、シモーネ・ワイルド、メラニー・メイヤール、アンドレア・エレンバーガー、カミーユ・ラスト、ヴァネッサ・カスパー、ヴィヴィアン・ハーリ、ヤスミナ・スーター、プリスカ・ヌファー

オーストリアチーム、セルデン出場選手を発表



米国チーム、セルデン出場選手を発表

イタリアチーム、シーズンキックオフ






Here we go!




















2021/22年シーズンがスタートします!

待ちに待った、伝統的なスキーワールドカップの開幕戦がゾルデン(AUT)で開催されます。2021年10月23日と24日に開催される2021/22年アウディFISアルペンワールドカップシーズンの開幕に向けて、驚異的なレッテンバッハファーナーが準備されています。

レッテンバッハファーナーで公開再開!

昨シーズンはファンのいないレースが続いていましたが、チロルの保健規則に従い、主催者はようやくワールドカップレースに観客を迎えることができます。ゾルデン委員会は、土曜日のレース(女子)のチケットを7,000枚、日曜日のレース(男子)のチケットを9,000枚まで販売することを決定しました。チケットはオンラインでのみ購入することができ、価格はわずかです。

巨大スラロームの女王たち

マルタ・バシーノ(イタリア)は、オーストリアの開幕戦で最も期待されているスキーヤーであり、最もテクニカルな種目の女王であり、昨シーズンのジャイアント・スラローム・ワールドカップでの優勝という夢を叶えた選手であることは間違いありません。ゾルデンでのライドを開始し、オープニングでは自身初の優勝を果たしました。

Lara Gut-Behrami(SUI)は、彼女の最大のライバルの一人となるでしょう。世界選手権のジャイアント・スラロームで金メダルを獲得し、総合成績でも2位となったスイスは、これまで以上に気合を入れて戦います。

また、ベテランのミカエラ・シフリン(アメリカ)とペトラ・ヴロヴァ(ロシア)も忘れてはならない存在です。米国のアメリカ人は、静かに始まったシーズンを世界選手権で4つのメダルを獲得して終えたところで、スロバキア人は大きなクリスタルグローブを獲得して他の人たちを驚かせ、国民的ヒーローになりました。

ベテランもいれば、アリス・ロビンソン(ニュージーランド)のような若いスターもいます。彼女は2年前のゾルデンでワールドカップ初優勝を果たしましたが、輝きと不屈の精神の典型であり、何でも期待できます。

ジャイアントスラロームの王者たち

アレクシス・パンテュロー(フランス)は、今シーズン、間違いなく注目すべきスキーヤーの一人です。昨年のジャイアントスラロームのクリスタルグローブで優勝し、スキーワールドカップの総合ランキングでも1位を獲得したピンタローは、今シーズンに照準を合わせています。2020/2021年のジャイアント・スラローム・シーズンで5回のトップ3フィニッシュを果たしたピンタローは、今シーズンもエキサイティングなレースを見せてくれることでしょう。

PinturaultのチームメイトであるMathieu Faivreは、今シーズン、リーダーから大きく離れることはなさそうです。2021年のFISアルペンスキー世界選手権で金メダルを獲得したフランス人であるフェーヴルは、世界チャンピオンとして、初めての大回転であるゾルデンでも、大回転のコースで自分の力を発揮したいという意欲と願望を持っているに違いありません。

また、マルコ・オダーマット(SUI)は、今シーズンのトロフィー獲得を目指しています。スキーワールドカップの総合ランキングでは2位、ジャイアントスラロームの種目別ランキングでは3位のスイス人選手が、トップを目指して全力を尽くします。

もちろん、昨年の開幕戦ゾルデンで優勝したルーカス・ブラセン(NOR)も忘れてはなりません。残念ながら、昨シーズンのアデルボーデンのレースで前十字靭帯を断裂してしまい、残りのスキーシーズンを棒に振ってしまいました。彼が戻ってきたことで、新しいシーズンも積極的にレースに参加してくれることでしょう。

スウェーデンチーム、臨戦体制で準備万端

マルコ・オーデルマット、”セルデンでは強いスイスチームをリードしたい”



最後の冬のスキーで、スイスの男子選手は11本のジャイアントスラロームに出場しました。10回も表彰台に上ったのだ。ワールドカップレースである第11戦のみ、マルコ・オーデマットらはメダルを獲得できずに終わった。シーズン最終戦のレンツェルハイドで11位に入賞したことで、フランス人スキーヤーのアレクシス・パンテュロー選手が小さなクリスタルグローブを持ち上げることができました。

しかし、スイスは2021/22年の冬のオリンピックでは、さらに上を目指しています。昨年は、ノルウェーのルーカス・ブラセンが優勝したときも、5人の選手がトップ20に入りました。 オダーマットとジーノ・カヴィーゼルは表彰台を笑い飛ばし、ロイック・メイラードは惜しくも5位、ジャスティン・ミュリジエは11位でトップ10を逃し、ダニエレ・セッテは20位でした。

スイスの男子大回転チームは、北京オリンピックでのメダル獲得を目指して戦いに挑んでいます。また、オーデマットは、小さな(そしておそらく大きな)クリスタル・グローブの面でもピントゥローに立ち向かい、スポーツ・ライフを困難にしたいと考えている。4種目とも同じ数のレースが開催されているので、ワールドカップ総合優勝争いの相手が小さくなることはありません。

スイスのスキー選手は、その一貫性と独自のグループダイナミクスで納得させてくれます。どちらかが少しでも順位が下がれば、次の方がステップアップする。チームは集中して仕事をしており、チーム内の雰囲気も良い。Odermatt、Meillard、Murisier、Caviezelはおそらく中国で出場するでしょう。しかし、シーズンは長く、いろいろなことが起こります。Odermattはオリンピックのメダルの夢を叶えたいと思っています。強いチームは、ネイションズカップを制した証でもある。いずれにしても、ゾルデンに限らず、エキサイティングでエモーショナルなレースを期待しています。

ラモーナ・シーベンホーファー、"自分の直感に耳を傾けることが大切です!"



オーストリアのスキーワールドカップレーサーであるラモーナ・シーベンホーファーは、ダウンヒル、スーパーG、大回転に出場しています。北京で開催される冬季オリンピックでの複合的なスタートも、彼女の選択肢の一つになるかもしれません。そのため、彼女は今度の土曜日、レッテンバッハファーナーにも出場します。7月末に30歳を迎えたシュタイヤーは、Skiweltcup.TVのインタビューで、必ずしもうまくいかなかった昨冬のことや、自分の性格などについて語っています。

ラモーナ、あなたの今シーズンを一言で表すと?また、今回のように冬季オリンピックが目前に迫っている場合には、基本的に異なる準備をするのでしょうか。

昨シーズンは、浮き沈みの激しいシーズンでした。大回転では安定した成績を残すことができましたが、スピード系の種目では計画通りにはいきませんでした。

レースから離れ、目標を定めてトレーニングを行った結果、世界選手権では5位を3回獲得し、ダウンヒルでは再び表彰台を逃してしまいました。去年と同じように、冷静に落ち着いて準備をすることを学びました。

オリンピックは間違いなくシーズンのハイライトですが、私は2月のこの2週間だけに焦点を当てたくありません。

とても地に足のついたキャラクターですね。自分の理想や自分自身に忠実であること、感謝と謙虚さを忘れないこと、自分がどこから来たのか、何を達成したいのかを知ることが常に重要であるのは、どのような理由からでしょうか。

それが重要かどうかを判断することはできませんし、判断したくもありませんが、私が旅の中で受け継いできた価値観であり、私も伝えていきたいと思っています。偽りのない、ありのままの自分でいたいと思っています。

私にとって、競技スポーツを職業とし、多くの特権を享受することは、当たり前のことではありません。だからこそ、私はすべてのサポートに感謝していますし、私たちの仕事も成功という形で実を結ぶことが当たり前だとは思っていません。

昨冬は、大回転でも満足のいく結果を残しましたね。ゾルデンで開催されるシーズンオープニングの参加者リストには、すでにあなたの名前が入っています。

多くの努力と好成績により、大回転ではスターティングリストに入ることができ、ゾルデンでは第2グループでスタートすることになりました。もちろん、私は大回転をずっと続けています。

プロのスポーツ選手としてのキャリアをスタートさせる決断をしようとしている若い女の子に、どのようなアドバイスをしますか?

試しに 忍耐力、向上心、一貫性があれば、多くのことを達成できます。若いアスリートだった私は、プロのキャリアに関わるすべてのことを意識していませんでした。また、良かれと思ってやっていることと、聞いてはいけないアドバイスをする人を見分けることも大切です。

私が長年にわたって学んできた最も重要なことのひとつは、アドバイスを受けながらも、慎重に判断し、そして何よりも自分の直感に耳を傾けることです。

マルセル・ヒルシャ―、”今季の最初のターンは最高!”

頭のてっぺんからつま先まで、新しいセットアップを披露できることを嬉しく思います。


第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)


ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan