クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

独り言

遠出や年末年始に注意が必要な「給油」

テッド・リゲティ、”ザールバッハで追われる立場へと変貌する”

パラレルスラロームレース、今後 盛り上がる可能性

湯浅直樹 選手、アルファロメオとオフィシャルサポート契約

イルカ・シュテューヘク、今週はここから

サブリナ・シマデル、ヴァル・ガルデーナ戦で今季初のW杯DH出場へ

ミカエラ・シフリン、ヴァル ガルデーナ戦をスキップ



Mikaela ShiffrinがVal Gardenaでレースを拒否

あなたがたくさんする場合、あなたは特別な休日をする必要があります。 9月末にミカエラ・シフリンは、シーズン中、彼女の電池を充電し、彼女の頭の中で自由になるために時折休憩を取ると発表しました。エピソードで3勝を挙げ、ワールドカップ全体ではっきりとリードした後、時間が割れた。

Shiffrinは、彼女が最後の2つのスーパーGレースで優勝し、その分野の赤いジャージーを保持していますが、Val Gardenaで競うことはありません。

Facebookで彼女は彼女に多くのファンに語った: "私はヴァルガルデーナでレースを見て、女の子のために応援します。しかし、私と私のチームはスタートしません。私たちは最後の6週間の疲れの後、休憩と休憩が必要です。しかし、女性のための新しいトラックで女の子を見ることは確かにエキサイティングです。

火曜日と水曜日のヴァルガルデーナでは、雪が欠けているヴァルディゼールのレースが追加されています。火曜日は出発、水曜日はスーパーGが出ます。

Mikaela Shiffrinの短いクリスマス前の休憩は短命になるでしょう。クールシュヴェルのテクノロジーレースでは、アメリカ系アメリカ人が再びスタートします。 12月21日、フランスでは巨大なスラロームが開催され、1日後にはスラロームが開催されます。

(Google翻訳)

リンゼイ・ボン、1月のレース復帰をめざす



Lindsey Vonn hopes to return to racing in January, U.S. coach says
Lindsey Vonnは1月にレースに復帰することを望んでいます。

American taking rehab 'day by day,' has not resumed on-snow training
アメリカ人は毎日リハビリを取っているが、雪上トレーニングを再開していない

American skier Lindsey Vonn is eyeing a January return to competition as she sits just five wins away from from breaking the all-time World Cup wins record. (Christophe Ena, File/Associated Press)
アメリカのスキーヤー、リンゼイ・フォンは、1月のワールドカップ(W杯)の勝利記録を破ることからわずか5勝で、1月の大会への復帰を目指している。 (Christophe Ena、File / Associated Press)

Lindsey Vonn is hoping to return from injury next month and resume her pursuit of the all-time World Cup wins record, according to the U.S. Ski Team's head coach.
Lindsey Vonnは、来月の負傷から復帰し、ワールドカップ(W杯)のワールドカップ(W杯)優勝を再開することを望んでいると、米国スキーチームのヘッドコーチは述べている。

"That's what we're hopeful for. That's the plan," Paul Kristofic told The Associated Press on Sunday.
Paul Kristoficは、「これは私たちが期待していることだ。それが計画だ」と、AP通信に日曜日に語った。

Vonn hyperextended and sprained a ligament in her knee during a training crash on Nov. 19. She also suffered a bone bruise in the crash, in which she fell on a turn, did the splits and went into the protective fence.
ボンは11月19日の訓練事故で膝の靭帯に過度の靭帯を捻挫させた。彼女はまた墜落事故で骨の傷を負った。彼女は転倒して分割し、保護柵に入った。

Lindsey Vonn postpones retirement to return to Lake Louise next season
リンジー・フォンは、来シーズンにレイク・ルイーズに戻るために引退を延期する

The 34-year-old Vonn was planning to retire at the end of this season but the injury prompted her to announce recently that she plans to come back for one more series of speed races in Lake Louise, Alta., next season.
34歳のボンは今シーズンの終わりに退職する予定だったが、その負傷により、来シーズン、アルタのレイク・ルイーズでさらにスピードレースを行う予定であることが最近発表された。

Watch Vonn explain her decision to postpone retirement:
2018-19 was meant to be Lindsey Vonn's last season competing. But an injury's causing her to miss her favourite stop at Lake Louise, which throws a wrench into her plans.
Vonnが退職を延期するという彼女の決定について説明してください:
2018-19はLindsey Vonnの最後の季節になることを意図していました。しかし、怪我が原因で彼女は彼女の計画にレンチを投げつけるレイクルイーズでの彼女の好きなストップを見逃してしまった。

January would be an opportune time for Vonn to return, since there are three consecutive weekends of speed races, downhill and super-G — which are Vonn's specialties.
1月はVonnが帰国するのに適しているでしょう。Vonnの専門分野であるスピードレース、ダウンヒル、スーパーGの3つの週末が連続しているからです。

The series opens Jan. 12-13 in St. Anton, Austria, followed by stops in Cortina d'Ampezzo, Italy, and Garmisch-Partenkirchen, Germany. A win or two in that stretch would move Vonn closer to the mark of 86 victories set by Swedish great Ingemar Stenmark.
このシリーズは、オーストリアのサン・アントンで1月12日〜13日に開かれ、イタリアのコルティナ・ダンペッツォ、ドイツのガルミッシュ・パルテンキルヒェンで停止する。そのストレッチで勝利した2人は、ヴォンをスウェーデンの偉大なIngemar Stenmarkが設定した86勝のマークに近づけるでしょう。

Vonn has 82 wins.
Vonnは82勝をあげている。

However, Vonn has not returned to on-snow training yet.
しかし、ボンはまだ雪上のトレーニングに戻っていない。


"She's just doing rehab and strength and conditioning," Kristofic said, adding that there is no precise date set for her return to ski training. "It really depends on how things go when she's not on snow. It's sort of day-by-day."
クリストフィックは、「リハビリと強さとコンディショニングをやっているだけだ」と述べ、スキートレーニングに復帰するための正確な日付はないと付け加えた。 「雪でなくても、物事がどのように進むかによって、日々のように変わる」

Kristofic also said Vonn is also expected to compete in one more final major event — the world championships in Are, Sweden, in February.
クリストフィック氏によると、フォン氏はさらに2回の最終的な大会、すなわちスウェーデンの世界選手権で2月に競争する予定であると述べた。

"It's in the plans to do it," he said.
Olympic champ Goggia eyes return

「それはそれを行う予定だ」と彼は語った。
オリンピックのチャンピオンゴッギアの目のリターン

Meanwhile, Olympic downhill champion Sofia Goggia is also hoping to return from injury in January.
一方、オリンピックのダウンヒルチャンピオンのソフィア・ゴッギアも、1月の負傷から復帰することを望んでいる。

Goggia broke a bone in her right ankle during a fall in giant slalom training in Hintertux, Austria, in October.
ゴッギアは、10月にオーストリアのヒンタートゥクスで行われた巨大なスラロームトレーニングの秋に、右足の骨を骨折した。

"She has a doctor's appointment on or about Dec. 21 and hopefully she'll be cleared for on-snow training before the end of this month," Italy coach Giovanni Feltrin said.
「彼女は12月21日またはその約12月に予定されている医師の診察を受けており、今月末までに雪上トレーニングを受けられるようになるだろう」とイタリアのジョバンニ・フェルトリン監督は語った。

"The idea is for her to return in January," Feltrin added. "The exact date I don't know but it would be great if it's in Cortina."
「この考えは、彼女が1月に復帰することだ」とフェルトリン氏は付け加えた。 「私が知らない正確な日付だが、それがコルティナにあれば素晴らしいだろう」

Both Goggia and Vonn won downhills in Cortina last season.
昨シーズン、コッティーナでゴッギアとボンの両方がダウンヒルを奪った。

Mikaela Shiffrin will also be missing from speed races Tuesday and Wednesday in Val Gardena. The overall World Cup leader is resting after winning her last three races and with a big set of events coming up in her specialties of slalom and giant slalom.
Mikaela Shiffrinはまた、Val Gardenaでスピードレースから火曜日と水曜日に行方不明になるでしょう。ワールドカップの総合指導者は、最後の3回のレースで優勝し、スラロームと巨大なスラロームの専門分野で大きなイベントが繰り広げられて休んでいます。

The next downhill on Shiffrin's schedule is in Cortina on Jan. 19, Kristofic said.
Shiffrinのスケジュールの次の下り坂は1月19日のCortinaにある、とKristoficは言った。

With Breezy Johnson, Jacqueline Wiles, Alice McKennis also out injured, that leaves only Laurenne Ross and Alice Merryweather to represent the U.S. team in Val Gardena.
ジャック・ワイルズのブリーズ・ジョンソンと、アリス・マケニスも負傷し、ローレン・ロスとアリス・メリーウェザーだけがヴァル・ガーデナの米国チームを代表している。

The Gardena races were originally scheduled for Val d'Isere, France, this weekend but were moved due to a lack of snow in the French resort.
ガーデナのレースはもともとフランスのヴァル・ディゼールに予定されていましたが、フランスのリゾートでは雪が降っていないため移動しました。

While the U.S. has plenty of starting spots available in Gardena, Kristofic said that the team's younger athletes "are not ready to race World Cup downhill, especially on a men's track."
クリスタフィックは、ガーデナのスタート地点にはたくさんのスタート地点があるが、若手選手は「ワールドカップのダウンヒル、特に男子路面でレースを行う準備ができていない」と語った。

It's the first time that the Saslong course will host women's World Cup races, having been a classic stop on the men's circuit for a half-century.
Saslongコースでは、半世紀にわたる男性サーキットで古典的な立ち止まりとなった女性のワールドカップレースが開催されるのは初めてです。

(Google翻訳)



マーク・ギジン、”肋骨骨折と肺への損傷みられるも深刻な容体でない”



Swiss Ski Provides Update on Marc Gisin
スイススキー、Marc Gisinに関する最新情報を提供

Swiss speed skier Marc Gisin fell heavily in the World Cup downhill in Val Gardena, Italy, on Saturday. Gisin came down after a roll just before the iconic Camel Jumps and was thrown in the air and hit the icy track incredibly hard on his head and abdomen.
スイスのスピードスキー選手Marc Gisinは、土曜日にイタリアのヴァルガルデーナで行われたワールドカップのダウンヒルで大きく落ちた。 Gisinは、象徴的なCamel Jumpsの直前でロールを終えて降りてきて、空中に投げ込まれ、頭と腹部で信じられないほど激しい氷の軌道を襲った。

Gisin was flown by helicopter to the hospital in Bolzano after first aid was administered on the slope. His condition was deemed stable enough that on Saturday evening he could be flown back to Switzerland for further evaluations.
ギザンは、最初の援助が斜面に施された後、ボルツァーノの病院にヘリコプターで飛行した。彼の状態は十分に安定していると考えられ、土曜日の夕方、彼はさらなる評価のためにスイスに帰国することができた。

The examinations in Lucerne Cantonal Hospital on Saturday evening and Sunday morning showed that Gisin’s general condition continues to stabilize. He communicates directly with the doctors and close relatives, but is currently still intubated. Fortunately, both MRI and CT scans on the skull showed no serious injury. However, Gisin did suffer several very painful rib fractures on the right side, which have also injured the lungs. Except for a slightly dented acetabulum, the pelvis is uninjured. Fortunately, his back escaped serious injury except for a few, non-serious fractures on the spine.
土曜日の夕方と日曜日の朝、Lucerne Cantonal Hospitalの検査では、Gisinの一般的な状態が安定していることが示されました。彼は医師や近親者と直接コミュニケーションを取っていますが、現在挿管中です。幸いにも、頭蓋骨上のMRIスキャンとCTスキャンの両方が重大な傷害を示さなかった。しかし、Gisinは右側にいくつかの非常に痛みを伴う肋骨骨折を患っており、これもまた肺を傷つけました。わずかに窪んだ寛骨臼を除いて、骨盤は無傷である。幸運なことに、彼の背中は、脊柱の重大ではない骨折を除いて、重傷を免れました。

Gisin was wearing a back protector but not an airbag vest at the time of his crash.
ギシンは背中のプロテクターを着用していたが、クラッシュ時にはエアバッグのベストを着ていなかった。

For optimal monitoring and care, Gisin will remain hospitalized for the time being in the intensive care unit at the Lucerne Cantonal Hospital.
最適なモニタリングとケアのために、Gisinは当面はLucerne Cantonal Hospitalの集中治療室に入院します。

(Google翻訳)




ヴァルガーデナでの彼のひどい落下の後、マーク・ギシンはまだ安定した状態です

この土曜日のVal Gardenaの下降中の非常に重い秋の犠牲者Marc Gisinはまだ安定した状態です。彼はこの土曜日の夜、スイスに送還された。

ボルツァーノ病院へのヘリコプターによる墜落後、30歳のスイス人が夕方スイスに送還され、健康状態が安定した。

スイスのスキー連盟は日曜日、ベルリンのルツェルン病院で、土曜日と日曜日の午前中に特別検査を受け、スキーヤーの状態が安定していることを確認した。スキーヤーが通信できるようになったら、彼はまだ挿管されています。 「頭蓋骨の検査で重傷を負うことはなかった」とスイスのスキーは語る。しかし、彼はいくつかの肋骨骨折および肺損傷に苦しんでいる。

脊柱のいくつかの「軽微な」骨折を除いて、スキーヤーの背中は損傷を受けていなかった。

最適なモニタリングとケアのために、Marc Gisinはルツェルン病院の集中治療室にとどまります。

ゼッケン番号18を残し、2016年と2018年に下り坂伝説のキッツビュールの5位を取ったスイスは、ちょうどキャメルの入り口を区切るジャンプする前に「ラクダのこぶを」小さなミスをしました、サスロンの最も困難な地域の一つと考えられています。彼のスキーは交差し、ギシンは文字通り数十メートル以上滑り込む前に、飛び降りる前に飛んでいった。

降下は約30分中断されたが、ヘルパーはObwaldenに忙しかった。

(Google翻訳)




スイスのスキーヤーが頭蓋骨に重傷を負い、下り坂でクラッシュする

マルク・ギシンは骨折、脊柱、骨盤の痛み、ヴァル・ガーデニャ・トラックの肺損傷
スイスのチームは、土曜日のワールドカップのダウンヒルでの劇的なクラッシュの後、マーク・ギシンに「頭蓋骨スキャンは重大な傷害を負わなかった」と述べているが、スキーヤーは体のどこかに骨折している。
日曜日に行われたチームの声明によると、ギシンは右手にいくつかの肋骨を骨折させ、右肺も負傷し、骨盤はわずかにくぼんでいたし、さらに脊柱には重大ではない骨折がほとんどないとチームの声明は述べている。

恐ろしい下り坂のクラッシュの後にMarc Gisinが病院に空輸した
ギシンはスイスのルツェルン・カントン病院の集中治療室に入院し続ける。
30歳のジシンは、途中で飛び降りる前にコントロールを失って、空中に飛び込んで、サスロンの有名なラクダのバンプの真ん中で、彼の側と背中に不自然に上陸した。彼はその後、再び空気にぶつかり、頭の後ろが2回目の衝撃で雪に当たった。
彼は医者やトレーナーが助けに来る前に、コースで動かずに横たわっていた。

2015年のクラッシュで脳震盪に苦しんだ
救助ヘリコプターが雪上に着陸し、近くのボルツァーノにある病院で、約30分の治療を受けた騎乗隊員とともに機内に飛び出しました。ジシンはその後土曜日の夕方にルツェルンに空輸された。
ギシンは、2015年にオーストリアのキッツビューエルでの事故ですでに脳震盪を起こしていた。

彼の最高のキャリア結果は、昨シーズンと2016年のダウンヒルのKitzbuehelでの5位フィニッシュです。
ギシンの姉妹は両方とも非常に成功したスキーヤーです。
ドミニク・ギシンは2014年のソチオリンピックで下り坂で金を獲得し、ミシェル・ギシンは2月に韓国の平昌で開催された冬季競技会で勝利しました。

(Google翻訳)

山ノ内町 VR冬バージョン

ミカエラ・シフリン、休む間もない年末のハードスケジュール

ヴァル ガルデーナ戦のスキップを示唆

鹿角インターハイ、”応援のぼり”づくり



キッツビュール ハーネンカムコース、プロの仕事

プロフェッショナルの仕事

ニルス・マーニー、ヴァル・ガルデーナのダウンヒル攻略を語る

ゴールドウィン、サム・メイズとのサポート契約を締結

皆川賢太郎 氏のスキー産業拡大戦略

Each one of us is strong, but together we are stronger

Making of Felix Neureuther - SAME DIFFERENCE

雪国上越でもチェーン持っていない人が9割以上

第97回 全日本スキー選手権大会アルペン競技会 技術系
181224
大会日程
12/25(火)開会式
12/26(水)男子GS
12/27(木)女子GS GS表彰式
12/28(金)男女SL 表彰式

https://www.snowmap-japan.jp/report-column/965/
東京都スキー連盟 キッズイベント
野沢ポスター
第56回全国中学校 スキー大会
『無限の力ここに 越後の舞台で光輝け』

poster

大会ホームページ

2019年2月4日(月)〜7日(木)
アルペン競技 苗場スキー場
第68回全国高等学校スキー大会
poster

『躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って』

アルペン会場:花輪スキー場ジャイアントコース
2019年2月8日(金) 〜 2月12日(火)

大会ホームページ
第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報