クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

大会

フィンランドチーム、19/20シーズンメンバー発表



2019-2020シーズンに選ばれたアルペンとフリースタイルのスキー代表チーム

フィンランドのアルペンスキーとフリースタイルスキーの総合的な組織であるSki Sport Finlandは、2019年から2020年のシーズンに向けてナショナルチームアスリートを任命しました。 最初の代表チーム代表は4月の国際大会終了後すぐに選ばれました。 今チームは未来の多くの約束によって補完されます。

来シーズンのナショナルチームに選ばれる選手の主な目標は、国際的なレベルで成功することです。 AcademyおよびChallenge Groupsに選ばれた選手の目的は、国際大会で成功することです。

(Google翻訳)

2019/2020 SNOW JAPAN強化指定選手を発表

ワールドカップ2020 にいがた湯沢苗場大会 実行委員会





2025年クランモンタナ世界選手権の実現に向けた組織委員会発足

ヘンリク・クリストファーセンは、技術分野に注目



Henrik Kristoffersenは、技術分野に注目しています。

ノルウェーのスキーレーサー、Henrik Kristoffersenは、フランスのインターネットポータルSki Chronoとのインタビューで、平均3、4回ではなく2回の競技になると報告しています。彼は今週フランスに滞在し、彼の装い手のRossignolも訪問していました。

バイキングは彼の最後の冬がうまくいったと言ったが、彼はいくつかの浮き沈みを経なければならなかった。アルタバディアで彼はトップ10で終わらなかった。スラロームを見ると、彼はシーズン全体で勝利を収めていなかったので、それは少しがっかりさせました。来る冬に、北ヨーロッパ人はトルラフで自分自身を改善して提示したいと思っています。

ジャイアントスラロームでワールドカップ金メダルを獲得した後、彼はそれについて考えるか、または成功を楽しむ時間がほとんどありませんでした。これからの季節に、彼はこの成果に加わりたいと思います。彼が巨大なスラロームで彼の姿を取り戻し、そして冬をうまく始めたとき、あなたは弾丸について考え始めることができます。

来季は冬季オリンピックや世界選手権は開催されませんが、この状況にも利点があります。 「特別な」クライマックスがなければ、あらゆる人種が重要です。 Soldenから冬の終わりにCortina d'Ampezzoで水晶のために戦うのは良い立場です。

Kristoffersenは、ゴールラインを越えた後にスコアボードに緑色が表示されることを期待しています。競争に関係なく、勝利は世界で最高の気分です。

ノルウェー人がこのコンビネーションを演じたブルガリアのバンスコでの彼のSuper-G出演について尋ねられた、Kristoffersenは少しがっかりした。彼は現在スラロームと巨大スラロームに集中しています。彼の意見では、Super-Gの半分を競ってポイントを稼ぐだけではなく、技術分野で8レースを勝ち取るほうが得策です。

(Google翻訳)



この投稿をInstagramで見る

Yesterday at the @rossignolracing factory😉 #anotherbestday #bandofheroes

Henrik Kristoffersenさん(@h_kristoffersen)がシェアした投稿 -

FIS理事会でW杯規則の変更を確認



FIS Council Confirms Changes to Alpine World Cup Rules

The FIS Calendar Conference took place in the resort town of Cavtat-Dubrovnik, Croatia, last week where FIS delegates engaged in a productive conference of meetings and important discussions for the future of alpine skiing and the World Cup Tour.

After a debrief and a look back at the past season, which culminated with the successful World Cup Finals in Soldeu, Andorra, it was time to look towards the future with potential developments and introductions to the current Alpine World Cup Tour. The Alpine Committee proposed the following changes, which were approved by the FIS Council on Sunday, June 2, for the coming season.

Start Field Reduction

To keep building on the start field reduction process that was initiated last year for the Men’s Alpine World Cup events, stricter criteria has been set for athletes to be able to be on the start list of a World Cup race. It will not be sufficient anymore to have a maximum of 80 FIS points.

Each National Ski Association will be able to enter one competitor for FIS World Cup races as long as he is ranked within the first 150 athletes of the valid FIS-point list of the event taking place or within the first 30 of the World Cup Starting List (WCSL).

To be able to start in the parallel events, athletes will need to have no more than 140 FIS points in one of the five alpine events (slalom, giant slalom, super-G, downhill, and alpine combined). These changes will result in an average reduction of 10 athletes per race. These changes will only be applied to the men’s competitions.

Parallel Format

The new Parallel (PAR) — formerly known as City Event or Team Event — has been revised in an effort to produce a format that is fair for athletes and interesting for fans at the same time. The format will feature a single qualification run for the best 30 competitors according to the actual Parallel World Seeding List (PWSL). The first 16 ranked athletes from the qualification run will qualify to the round of sixteen. All heats will have a “run and re-run” format to ensure fairness and integrity.

With these major proposals approved by the FIS Council, alpine skiing set the foundation for another great season. The traditional fall meetings will take place beginning of October in Zurich, Switzerland, where the last details will be discussed before the winter.


FIS理事会、アルパインワールドカップ規則の変更を確認

FISカレンダー会議は先週クロアチアのCavtat-Dubrovnikのリゾートタウンで開催され、そこでFISの代表者達は生産性の高い会議と将来のアルペンスキーとワールドカップツアーのための重要な議論に参加しました。

アンドラのソルデュで開催されたワールドカップ決勝戦で最高潮に達した昨シーズンの報告と振り返りの後、現在のアルパインワールドカップツアーの可能性のある発展と紹介で未来を見つめる時が来ました。アルパイン委員会は次の変更を提案しました。それは来シーズンに向けて6月2日日曜日にFIS理事会によって承認されました。

フィールド削減の開始

男子アルペンワールドカップイベントで昨年開始されたスタートフィールドの減少プロセスを継続して構築するために、アスリートがワールドカップレースのスタートリストに入れることができるように、厳しい基準が設定されました。最大80 FISポイントを獲得するだけではもう不十分です。

各スキー連盟は、開催される大会の有効なFISポイントリストの最初の150選手またはワールドカップ開始リストの最初の30選手以内にランク付けされている限り、FISワールドカップレースに1名の選手を入れることができます。 (WCSL)

パラレルイベントでスタートできるようにするには、アスリートは5つのアルペンイベント(スラローム、ジャイアントスラローム、スーパーG、ダウンヒル、アルパインの組み合わせ)のいずれかで140 FISポイント以下にする必要があります。これらの変更により、1レースにつき平均10人の競技者が削減されます。これらの変更は男子大会にのみ適用されます。

並列フォーマット

以前はCity EventまたはTeam Eventとして知られていた新しいParallel(PAR)は、選手にとって公平でファンにとって興味深い形式を同時に作成するために改訂されました。フォーマットは、実際のP​​arallel World Seeding List(PWSL)によると、最高の30人の競争者のための単一の認定ランを特徴とします。予選ランからの最初の16のランク付けされた運動選手は16のラウンドに資格を与えるでしょう。公平性と完全性を保証するために、すべてのヒートは「実行および再実行」フォーマットを持ちます。

FIS評議会によって承認されたこれらの主要な提案により、アルペンスキーは別の素晴らしいシーズンの基礎を築きました。伝統的な秋の集会は10月上旬にスイスのチューリッヒで開催され、冬の前に最後の詳細が議論されます。

(Google翻訳)

日本人選手(特に男子選手)にとっては、より狭き門となってきています。

グラススキーW杯 レッテンバッハ

Fis World Cup Calendars for 2019/20 season released




Fis World Cup Calendars for 2019/20 season released





The Fis World Cup Calendars for the upcoming season were released and approved by the Technical Committees.
次のシーズンのFisワールドカップカレンダーが公開され、技術委員会によって承認されました。

The Alpine Combined is coming back with a stronger program into the upcoming calendars, the FIS council in February 2019 decided to maintain and promote this discipline to make it more attractive. More races have been added to both calendar due the implementation of the Alpine Combined: 43 races on the Ladies Side with 4 AC and 46 races on the man’s side with 3 AC.
2019年2月のFIS評議会は、Alpine Combinedが今後のカレンダーにもっと強力なプログラムを組み込んで戻ってきたことを、より魅力的なものにするために維持し促進することを決定しました。 Alpine Combinedの導入により、両方のカレンダーにさらに4つのレースが追加されました。4つのACを持つ女性側の43のレースと3つのACを持つ男性側の46のレースです。

The World Championship in Cortina maintain the Alpine Combined on the program along with the introduction of the individual parallel event.
コルチナでの世界選手権は、個々のパラレルイベントの紹介とともに、プログラムでアルパインコンバインドを開催します。

The Audi FIS Alpine Ski World Cup is going to China for the men’s tour for the first time ever. Yanquing (CHN) ‘s project is impressive and incredible constructive work are going on to host Men’s superG and Downhill as a test event for the next Olympic Games in Beijing.
アウディFISアルペンスキーワールドカップはこれまでにない男子ツアーのために中国に行きます。 Yanquing(CHN)のプロジェクトは印象的で、次の北京オリンピックのテストイベントとしてMen's superGとDownhillを開催するための素晴らしい建設的な作業が進行中です。

Here the Audi Fis Alpine Ski World Cup ladies’ calendar

Here the Audi Fis Alpine Ski World Cup men’s calendar

(Google翻訳)



2019-20 World Cup Calendars Approved by FIS

The FIS has officially approved the 2019-20 WC calendars after their spring conference concluded last week in Croatia. In total, the women’s tour stops at 22 resorts across 13 different countries for a total of 42 competitions if all goes according to plan. The men’s circuit touches down at 23 various resorts across 14 countries for a total of 46 events in the 2019/20 season.

The men’s Tour kicks off with the traditional Soelden opening giant slalom on October 27 before taking almost a month break before returning to Levi, Finland, for the opening slalom race of the season on November 24. The speed season kicks off the following weekend with downhill and super-G races in Lake Louise, Canada, before heading south for the now-famous Birds of Prey races in Beaver Creek, Colorado, December 6-8.

After the Tour’s North American swing, racing returns to Europe on December 14-15 in Val d’Isere, France and looks not unlike many of the past seasons through the rest of 2019 and into 2020. The usual suspects of Val Gardena, Alta Badia, Bormio, Zagreb, Madonna di Campiglio, Adelboden, Wengen, Kitzbuehel, and Schladming all make appearances on the calendar. Worth noting, however, is the night slalom in Madonna scheduled to take place in between the races in Zagreb and Adelboden on January 8 and not in December like in seasons past.

Turn your calendar to February and things get a little more interesting for the men. After the traditional stop for downhill and GS racing in Garmisch-Partenkirchen, Germany, the men return to Chamonix, France, for the first time since the 2016 season for slalom and parallel races February 8-9. The Tour then packs its bags and heads back to Asia for the Olympic test downhill and super-G races in Yanqing, China, February 15-16. The tech racers will be in Yuzawa Naeba, Japan, for slalom and GS racing on February 22-23.

After the Asian stops on the Tour, racing returns to Europe for the remainder of the season, with stops in Hinterstoder, Austria, Kvitfjell, Norway, Stockholm, Sweden, and Kranjska Gora, Slovenia, highlighted by World Cup Finals in Cortina d’Ampezzo, Italy, March 18-22 as the Italian venue continues their preparations to host the World Championships in 2021.

To view the complete men’s calendar, click here.

The women kick off the season in Soelden a day prior to the men, competing in the giant slalom on October 26. Next, they also head to Levi for the slalom season opener to be held on November 23. Thanksgiving weekend, the women’s Tour will return once again to Killington, Vermont, for slalom and GS racing. The Eastern resort has booked the Tour through 2020 and hopes to continue its streak as the largest spectator stop on the women’s side. Last year, the event capped out at 39,000 people who made the trip to cheer on international and domestic competitors alike across the span of three days.

From Killington, the women trade off with the men to kick off the speed season in Lake Louise from December 6-8, followed by a super-G and parallel event held in St. Moritz, Switzerland, the following weekend. Next up on the December docket is Courchevel, France, on Tuesday the 17th for a GS event. The women’s series in Val d’Isere is bumped back a weekend, a slight change up from the 2018-19 schedule. A downhill race is to be held on the 21st, followed by an alpine combined race on the 22nd. The December stretch of the tour ends for the women in Lienz, Austria, with a post-holiday tech series on the 28-29.

January jump starts in Zagreb, Croatia, with a slalom race on the 4th, followed by a speed series in Zauchensee, Austria on the 11-12. Next, the women compete in the first night event of the season, the slalom in Flachau, Austria. From there a GS and parallel event are to be held in Sestriere, Italy, a stop that did not make an appearance on the tour in the 2018-19 season. January wraps for the ladies in Bansko, Bulgaria, with a downhill on the 25th and a super-G on the 26th.

Rounding the corner into February, the 1st and 2nd will see another speed series in Rosa Khutor, Russia, then yet another speed series on the challenging Kandahar run in Garmisch-Partenkirchen, that saw many top athletes succumb to injury this past season. The tech series in Maribor, Slovenia, is up next on the 15th and 16th of February, followed by Crans-Montana, Switzerland, where a downhill event will take place on the 22nd, followed by an alpine combined on the 23rd. On the 29th, La Thuile, Italy, will host a super-G, followed by the fourth and final alpine combined event on the 1st of March.

In early March, the women will stop in Ofterschwang, Germany, for a tech series before heading to Stockholm for a parallel event on the 10th. The 13th and 14th of the month, Are, Sweden, home to last year’s World Championship competitions, hosts a GS night event alongside a slalom. Finally, the women’s tour also wraps in Cortina d’Ampezzo for World Finals, where the top 25 ladies in each discipline will compete for the final time for crystal globes in the 2019-20 season.

2019-20年ワールドカップカレンダーがFISに承認

先週クロアチアで春季大会が終了した後、FISは2019-20年のWCカレンダーを正式に承認しました。計画通りに行けば、女性ツアーは13カ国22カ所のリゾートで合計42回開催されます。男子サーキットは、14カ国23のさまざまなリゾートで開催され、2019/20シーズンには合計46のイベントが開催されます。

男子ツアーは10月27日にフィンランドのレヴィに戻るまでのほぼ1ヶ月の休憩を取る前に、伝統的なゼルデンの開幕戦の大きなスラロームで始まり、11月24日の開幕戦のスラロームレースは次の週末に始まります。 12月6日から8日にかけて、コロラド州ビーバークリークで有名なBirds of Preyレースへと南に向かう前の、スーパーGレース。

ツアーの北米スイングの後、レースはフランスのヴァルディゼールで12月14日から15日にヨーロッパに戻り、2019年の残りから2020年までの過去のシーズンの多くと違って見えません。 Bormio、Zagreb、Madonna di Campiglio、Adelboden、Wengen、Kitzbuehel、Schladmingはすべてカレンダーに登場します。しかし注目に値するのは、マドンナの夜のスラロームが1月8日にザグレブとアデルボーデンのレースの間に行われる予定で、過去の季節のように12月に行われるのではないということです。

カレンダーを2月に変えると、男性にとっては物事がもう少し面白くなります。ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンでの下り坂とGSレースのための伝統的なストップの後、スラロームとパラレルレース2月8日から9日のために、男性は2016年のシーズン以来初めてフランスのシャモニーに戻ります。ツアーはそれから2月15-16日、中国の延慶でオリンピックテストの下り坂とスーパーGレースのためにその袋を詰めてそしてアジアに戻ります。ハイテクレーサーは2月22-23日にスラロームとGSレースのために日本の湯沢苗場で行われます。

アジアがツアーを停止した後、レースはシーズンの残りの間ヨーロッパに戻ります。オーストリアのヒンターストーダー、スウェーデンのストックホルム、スロベニアのクランスカゴーラ、そしてコルティナダンペッツォのワールドカップ決勝でハイライトされます。 、イタリア、3月18-22日、イタリアの会場として、2021年に世界選手権を主催する準備を続けています。

男性用カレンダー全体を見るには、ここをクリックしてください。

女性は男性の前日にゼルデンでシーズンを開幕し、10月26日に巨大スラロームに出場します。次に、彼らは11月23日にスラロームシーズン開幕戦を開催するためにレヴィに向かいます。感謝祭の週末、女性のツアーはスラロームとGSレースのために、再びバーモント州キリングトンに戻る。イースタンリゾートは2020年までツアーを予約しており、最大の観客が女性の側に立ち寄っているようにストリークを続けたいと思っています。昨年のイベントでは、3日間で、国内外の競合他社を応援するために39,000人が参加しました。

キリングトンから、女性は男性とトレードオフし、12月6日から8日にかけてレイクルイーズでスピードシーズンをスタートさせ、続いて次の週末にスイスのサンモリッツでスーパーGとパラレルイベントが開催されました。 12月の次の日には、17日の火曜日にフランスでクールシュヴェルが開催されます。ヴァルディゼールの女子シリーズは週末に打ち上げられ、2018年から19年のスケジュールからわずかに変更されています。 21日には下り坂のレースが行われ、22日にはアルペンコンバインのレースが行われます。ツアーの12月のストレッチは28-29にポストホリデー技術シリーズで、オーストリアのLienzで終わります。

1月のジャンプは4日のスラロームレースでクロアチアのザグレブで始まり、続いてオーストリアのザウチェンゼーで11-12のスピードシリーズが続きます。次に、女性たちは今シーズンの最初の夜のイベント、オーストリアのフラッハウでのスラロームで競い合います。そこから、GSとパラレルイベントがイタリアのセストリエレで開催され、2018-19シーズンのツアーには登場しませんでした。 1月は、ブルガリアのバンスコで、25日に下り坂、26日にスーパーGで、女性を締めくくる。

2月に角を曲がると、1日と2日はロシアのRosa Khutorで別のスピードシリーズが登場し、さらにガルミッシュパルテンキルヘンで行われる挑戦的なKandaharの別のスピードシリーズがこの過去のシーズンで負傷しました。スロベニアのマリボルで開催されるハイテクシリーズは、2月15日と16日に開催され、続いてスイスのクランモンタナで開催され、22日には下り坂イベントが開催され、23日には高山が開催されます。 29日には、イタリアのラトゥイールでスーパーGが開催され、続いて3月1日に4回目と最後の高山複合イベントが開催されます。

3月上旬には、女性たちは10日に並行して行われるイベントのためにストックホルムに向かう前に、ハイテクシリーズのためにドイツのOfterschwangで止まるでしょう。 13日と14日には、昨年の世界選手権大会の開催地であるスウェーデンのAreが、スラロームと共にGSナイトイベントを開催します。最後に、女子ツアーは、ワールドファイナルのコルチナダンペッツォでも開催されます。

(Google翻訳)

キリントン、2020女子W杯会場が決定





Peter Gerdol氏がFIS 女子チーフレーシングディレクターに就任



ピーターGerdolは女性のワールドカップレースディレクターとしてAtle Skaardalを引き継ぎます

レディースアルパインワールドカップツアーは、Atle Skaardalが14年ぶりにレースディレクターを退任し、将来に向けて大きな変化を遂げています。

スーパーGの2度の世界チャンピオンは、北京2022年冬季オリンピックやFISアルペンワールドスキーチャンピオンシップの候補者のような大きなプロジェクトのためのFISアルペンテクニカルエキスパートになるでしょう。もう一つの大きな課題は、傷害監視システムのプロジェクトです。

Skaardalは、元FISコンチネンタルカップコーディネーターのPeter Gerdolにボールを渡しました。

Gerdolは、次のように述べています。「Atle Skaardalのチーフレディースレースディレクターとしての地位を引き継ぐことは大きな課題ですが、私は非常に嬉しく思います。 「高品質のAlteとチームが過去15年間に渡って構築されていくことに非常に意欲的です。」

「夏の検査に参加することが私の最初のステップになるので、私はまだ知らない主催者全員と連絡を取り合い、できるだけ次のシーズンに向けての道筋を準備します」と彼は続けました。 「私の最初の目標の1つは、レースディレクターのワールドカップレディーススピードイベントレースディレクターのJean-Philippe Vulliet、テクニカルカップレースディレクターのMarkus Mayr、テクニカルオペレーションマネージャーのAndreasKronner、そして新しいレディースで構成される将来のチームとの統合です。 'アルパインメディアジュリアカンディアゴ。

「私は、レディースワールドカップに長期的な価値を創造する目的で、市場と利害関係者が何を求めているのかを聞き、観察します」とGerdolは述べています。

(Google翻訳)




Peter GerdolがFISレーシングディレクターAtle Skaardalから笏を引き継ぎます

ドゥブロヴニク - 14年後、ノルウェーのAtle Skaardalは、FISレーシングディレクターの役職から女性のFISレーシングディレクターの地位を引退しました。複数の世界選手権メダル獲得者はピーターGerdolのための場所を空けます。オーストリアに住んでいるバイキングは、中国での2022年冬季オリンピックのような主要なプロジェクトのための技術的なFIS専門家になります。もう1つの主要な活動分野は、傷害監視システムの分野におけるプロジェクトです。

Skaardalが元FISヨーロピアンカップのコーディネーターPeter Gerdolにボールを渡します。後者は、世界スキー協会に彼の能力を信じさせ、そして彼に彼のキャリアの中で大きな一歩を踏み出す機会を与えることを光栄に思います。ノルウェー人が14年間にわたって最大限の努力を払って行ったこの仕事の引き継ぎは、新たな挑戦です。 Gerdolは非常にやる気があり、もちろんチームの周りにいることを望んでいます。

夏の検査に参加することが彼の第一歩になるでしょう。それでGerdolはまだ彼に知られていないすべての主催者と連絡を取り合い、来シーズンに向けて可能な限り最高の進歩を遂げることができます。彼の最初の目標の1つは、将来のチームへの統合です。 Jean-Philipp Vulliet(レースディレクター、レディースワールドカップスピード)、Markus Mayr(レースディレクター、レディースワールドカップ、テクノロジー)、AndreasKronner(テクニカルオペレーションマネージャー)、Giulia Candiagoです。後者はニューメディアのコーディネーターとして働いています。

Gerdolは、利害関係者と市場の両方が求めるものを聞いて見たいと考えています。それから彼は取り組みたいです。そのため、もう1つの目標は、女子ワールドカップに長期的な付加価値を生み出すことです。

(Google翻訳)

Atle Skaardal氏がFIS 女子チーフレーシングディレクターを退任



レディースアルパインワールドカップツアーは、Atle Skaardalが14年ぶりにレースディレクターを退任、将来の大きな変化を遂げています。

superGでの2度の世界チャンピオンは、北京2022年オリンピック冬季競技大会とFis Alpine世界スキー選手権候補として大きなプロジェクトのためのFis Alpine技術エキスパートになるでしょう。もう一つの大きな課題は、傷害監視システムのプロジェクトです。

Atle Skaardalは、2014年から元のFis Continental Cup Coordinatorにボールを渡しました。「Fisが自分のスキルを信じ、大きな進歩を遂げる機会を与えてくれたことをとても嬉しく思い、光栄に思います」とGerdolは言います。 Atle SkaardalがChief Ladies Race Directorとしての地位を超えていることは大きな課題ですが、高品質のAlteとチームを15年以上前から築き続けることを強く望んでいます。

夏の検査に参加することが私の最初のステップとなるので、私はまだ知らないすべての主催者と連絡を取り合い、せいぜい次のシーズンへの道を準備します。私の最初の目標の1つは、ワールドカップレディーススピードイベントのJean-Philippe Vullietレースディレクター、ワールドカップレディースのテクニカルイベントディレクター、AndreasKronnerのテクニカルオペレーションマネージャー、Alpine Ladies、そして新しいメディアコーディネーターのGiuliaによって構成される私の将来のチームとの融合です。 Candiago

私は、レディースワールドカップに長期的な価値を生み出すことを目的として、市場と利害関係者が何を求めているのかを聞いて観察します。

(Google翻訳)



Atle Skaardalが女子FISワールドカップレースディレクターの役職を放棄

ドゥブロヴニク - 今日もFISはクロアチアのドゥブロヴニクで出会った。元ヨーロッパカップのコーディネーターが、アルペン女性のためのワールドカップレースディレクターの職を引き継ぎます。 14年間在職していたAtle Skaardalが、協会の技術エキスパートとして働きます。今後は、元ヨーロッパカップのコーディネーターであるPeter Gerdolがノルウェーのポストを引き継ぎます。

Atle Skaardalはオーストリアに住んでおり、元OSVのスキーレーサーKarinKollererと結婚しており、3人の子供がいます。 53歳のバイキングは、1996年にシエラネバダで開催された世界スキー選手権とイタリアのセストリエレで開催された1997年の両方で、スーパーGの世界チャンピオンになりました。極端な気象条件によって特徴付けられた盛岡でのワールドタイトルファイトで、彼は彼がスイスからセンセーショナルな世界チャンピオンUrs Lehmannの後ろに勝った銀メダルについて幸せでした。

1990年から1995年の間に、1990年のノルウェーのスポーツマンは7回のワールドカップレースで勝利を収めました。スキー冬1995/96に彼は小さなスーパーGクリスタルボールを手に入れました。 2000年から2005年にかけて、女性のFISレースディレクターとして就任する前は、ノルウェーのナショナルスキーチームのコーチでした。 2005年3月、彼はオーストリアのスポーツオフィシャルKurt Hochに代わってFISワールドカップレーシングディレクターを務めました。

(Google翻訳)

FIS Calendar Conference



ワールドカッププログラムで強化された高山複合イベント
絶滅の危機に瀕しているアルパインスキーイベントは、アルペンスキーワールドカップのプログラムで強化されるでしょう。国際スキー連盟は、クロアチアで先週開催されたカレンダー会議の枠組みの中でそれを発表しました。

来シーズンが終わるとすぐに、ワールドカッププログラムでアルパインの組み合わせが強化されると、国際スキー連盟(FIS)は昨日、そのカレンダー大会の終わりの一部として発表しました。昨シーズンの2シーズンに対して、女子サーキットでは4回のイベントが開催されますが、男性は3回開催され、以前より1回多く開催されます。

携帯電話は新しいフォーマットで競争するでしょう:スラロームは最初の足で起こります。それから最初の30人は、スーパーGまたは降順の前進Der Standardに分類された順に始まります。

絶滅の危機に瀕していたFISは、昨年2月にアルパインコンバインを推進し、2021年にコルティナで開催される世界選手権のプログラムに参加することを決定しました。

(Google翻訳)



FIS Calendar Conference







Now that’s ski racing!





FIS Calendar Conference

12月から3月までスイスアルプスでの素晴らしい感動のために提供されたワールドカップイベント!

W杯セルデン開幕戦まで あと156日

過酷なSUPER Slalom

レヴィ、来季のW杯への準備完了

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報