クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

大会

令和4年度 東京都高等学校春季スキー大会

男子SL選考会

女子SL選考会

男子SL本大会

女子SL本大会

令和4年度 東京都高等学校春季スキー大会のリザルト

男子GS選考会

女子GS選考会

男子GS本大会

女子GS本大会

2022 FIS野沢温泉カップ

【13日 SL】

男子リザルト

女子リザルト

【14日 SL】

男子リザルト

女子リザルト

2022 FIS野沢温泉カップ

【11日 GS】

男子リザルト

女子リザルト

【12日 GS】

男子リザルト

女子リザルト

ノルウェー選手権



ナルヴィクでNMアウト! 素晴らしい一日のために🏆。
ノルウェーチャンピオン Ragnhild Mowinckel🥇 2位 Inni Holm Wembstad🥈 3位 Carmen Sofie Nielssen🥉。
ノルウェーチャンピオン Henrik Roa!🥇2位 Aleksander Kilde🥈3位 Markus Fossland🥉です。
明日は大回転 - NRK😎

全英選手権



イギリス国内選手権表彰台 🇬 🇧 .
スーパーG 男子
🥇 @_owenvinter
🥈 @guigonnet_ed
🥉 @huuudddsssooonnn
スーパーG女子
ジゼルレゴールリンゲスキー(1F947)
🥈 @lois_jackson
🥉 @daisidaniels
ダウンヒル 男子
🥇 @roy.steudle
🥈 @_owenvinter
🥉 @max.laughland
ダウンヒル女子
ジェサンダーソン98
シャーロット・ホームズ 🥈 スキー
ロイス 🥉 ジャクソン
ジャイアントスラローム 男子
シャリエアポソ
🥈 @guigonnet_ed
🥉 @george.blackk
ジャイアントスラローム女子
ジェサンダーソン98
🥈 @daisidaniels
🥉 @abibruce__.
スラローム 男子
ロバート・ポス
🥈 @robertholmes24
🥉 @_owenvinter
スラローム女子
チャーリーグースティ
🥈 @vicipalla
🥉 @lois_jackson
コンバインド男子
🥇 @guigonnet_ed
🥈 @_owenvinter
🥉 @toby_jennings_ski
コンバインドウィメンズ
ジェサンダーソン98
ロイス 🥈 @lois_jackson
🥉 @daisidaniels
ティニュの厳しいコンディションの中、全ての選手が素晴らしい滑りを見せてくれた!本当におめでとう。
また、イギリスのアルペンの将来を担うクラブやアカデミーの皆さん、ありがとうございました。
また、我々の世話をしてくれた@tignesofficielとスポンサーの@redrowhomes, @fusalp, @quinn_estates, @snowandrockofficial and @crystalholidaysに感謝します。
NJC最終戦とチルドレンズウィークを迎えよう👏。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



雪が降った🇬🇧 英国アルペン選手権の締めくくりは、なんと言っても🇬🇧です。
ロブ・ホルムズ24は非常に難しいコンディションの中、2本ともしっかりと滑り、英国シニア選手権のスラロームで優勝し、妹のシャルロット・ホルムズ・スキーは女子GSでU18トロフィー🏆を獲得した。
この日の最大の歓声は@lois_jacksonで、シニア選手権のDH、SG、SLで表彰台に上がり、英国選手権総合優勝(@jessanderson98と共有)を果たし、素晴らしいシーズンを締めくくることができた。
英国選手権100周年記念のトロフィーに名前を刻み、ACLの負傷で昨シーズンを棒に振った@emma.carrickanderson、@chemyski、@alextilleyskiらと共に、英国総合優勝を果たしたことは、さらに素晴らしいシーズンとなった。
エボリューション・プログラムに参加して6年になりますが、ロイスが成し遂げたことだけではなく、彼女がどのように仕事に打ち込んできたかについても、これ以上ないほど誇らしく思っています。
来シーズンは、ロイスがこのタイトルを守れるかどうかが見ものだ。

ブルガリア選手権



アルベルト・ポポフがバンスコで開催されたブルガリア・スラローム選手権で優勝、アルベルトにとって国内タイトル4個目となりました。
おめでとうございます。

全英選手権









フランス選手権



🏆
ダウンヒルではマチュー・バイレ、シプリアン・サラザンを抑え、マクサンス・ムザトンがタイトルを獲得した。
このダウンヒルで、フランス選手権(オーロンでのトロフェ・ケースデパーニュ)、ニース・コート・ダジュールのリゾート、イゾラ2000の公式ページが終了しました。
参加者の皆さん、ブラボー👏👏👏

全米選手権

水曜日、シュガーローフで行われた全米選手権男子GSは、美しい一日となった。グローバルレーシングチームは、1位、2位、4位を独占し、表彰台を逃したが、質の高いコンディションを利用した。



グローバル・レーシング、全米選手権GSで表彰台独占を逃す

シュガーローフで行われた全米選手権男子GSは、快晴に恵まれました。グローバル・レーシング・チームは、質の高いコンディションを生かし、1位、2位、4位となり、表彰台独占を逃した。

元USST選手でダートマス大学の学生でもあるジョージ・ステフィーは、2分8秒29というタイムで表彰台のトップに立ちました。彼のグローバル・レーシングのチームメイトで、同じくダートマス大学の学生であるブライアン・マクラフリンは、彼に0.33秒差で2位となりました。3位にはワールド・レーシング・アカデミーに所属するトビアス・コグラーが入り、UNH出身のパトリック・ケニーとグローバル・レーシングのチームメイトを引き離した。

ステフィーは、グローバル・レーシングのチームメイトと表彰台を共有できたことに興奮していた。「シュガーローフでは、コンディション、観客のエネルギー、天候に恵まれ、素晴らしい1日となった。これ以上望むものはない。グローバル・レーシングのチームメイトと一緒に表彰台に上れたことは素晴らしいことだ」とステフィーは語った。

ブライアン・マクラフリンも「グローバル・レーシングにとって素晴らしい一日だった、1、2、4位を獲得できた。ナローゲージは、これまで何度もレースをしてきたコースで、この斜面には慣れている。今朝のコンディションを見たとき、きっとうまく滑れるだろうと思った。冬の間、ヨーロッパで生活し、競技に参加した後、アメリカでレースができるのはエキサイティングなことだ」。

ダートマス出身の彼は、少し感傷的な気分にもなった。「ダートマスのコーチであるピーター・ドッジが引退する前に設定する最後のコースで表彰台に上れたことは特別なことだった。ダッジと私は一緒に多くの成功を収めた」と語った。

デンバー大学4年のトビアス・コーグラーさんは、笑顔でこの日を後にした。「全米選手権で競争するのはエキサイティングだった。いい滑りができた」と語った。「ワールド・レース・アカデミーの代表として、グローバル・レーシングの表彰台独占を阻止できたことも嬉しい。今日は天候にも恵まれ、このコンディションでは格別なGSゲレンデだった」 と語った。

パトリック・ケニーは表彰台からわずか0.5秒差でゴールした。「チームメイトと僕にとって良い一日だった。ジョージとブライアンと一緒に表彰台に上がり、グローバルな表彰台独占をしたかったが、トビーがあまりにもうまく滑ってしまった。とはいえ、シュガーローフは僕にとって良いシリーズだった。これらのレースを可能にするために働いてくれたすべての人に感謝する" と語った。

女子は木曜日にGSのレースがあり、これが2022年全米選手権の最終種目となる。

リザルト

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


カナダのブリット・リチャードソンは、米国アルペン選手権の最終種目でトップでフィニッシュした。オリンピアンのポーラ・モルツァンが2位となり、アメリカをリードした。



リチャードソンが全米アルペン選手権GSで優勝、モルツァンは2位

あらゆる天候に見舞われたトヨタアメリカアルペン選手権は、木曜日、メイン州シュガーローフの女子大回転で幕を閉じた。カナダのブリット・リチャードソンが優勝し、オリンピック選手のポーラ・モルツァンが2位となり、アメリカ勢をリードした。

トヨタ米国アルペン選手権の最終戦となるこの大会は、厳しい天候が続き、女子は凍結したコンディションに見舞われた。18歳のリチャードソンは2本とも2分01秒89で優勝し、モルツァンは0.15秒差で彼女のすぐ後ろにつけていた。チームメイトのAJハルトは1.91秒差の3位で表彰台に上がった。ケイティ・ヘンシェンは1本目を終えて3位につけていましたが、ハルトに2.31秒差の4位でフィニッシュしました。

モルツァン、リチャードソン、ハルト。Photo: ジェイミー・ウォルター / U.S. スキーチーム
「このレースで優勝できて本当に興奮している」と、この日のジュニアのトップでもあったリチャードソンはコメントした。「このレースで優勝できて本当にうれしい。

「コンディションは少しソフトで、特に2本目は...でも、できることをしようとしただけ。2本目は少しバンピーなコースになるとわかっていたので、それを頭に入れ、自分のできることをしようとした」 とリチャードソンは語った。「ポーラとAJもおめでとう。次は、リチャードソンはカナダのパノラマに戻り、春のシリーズ戦に臨む。

月曜日のスラロームでキャリア初のナショナルタイトルを獲得したモルツァンは、木曜日のジャイアント・スラロームで競争し、プッシュできたことに満足している。「楽しかった...確かにチャレンジングな一日の始まりだった」 とモルツァンは振り返った。「昨晩は少し凍っていた。ブレットもそうだし、私たちの後ろにいる女子選手もそうだ」。

リチャードソンに続くジュニアの表彰台は、2位にスチームボートスプリングスウインタースポーツクラブのテイタム・グロスディディエ、3位にアメリカスキーチームのアリー・レスニックが入った。

モルツァンは、大会期間中、ボランティアやコース整備に尽力した人々に大きな賞賛を送った。「何時間も何時間も、時間と労力と愛情をかけて丘を整備してくれて、本当にありがとう。アメリカスキーチームのスタッフ、選手たちから本当に感謝されていることを伝えたい」と語った。

トヨタアメリカアルペン選手権の成績から地域のトップを決める2022年トム・ガーナー・リージョンズカップでは、西部地域が1,068ポイントを獲得して優勝した。東部地域が923ポイントで続き、ロッキー/中部地域は750ポイントでした。

リザルト

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

W-GS-US-Nat-1200x970



ドイツ選手権



エマ・アイヒャーが複合種目でも優勝

ガルミッシュ・パルテンキルヘン-本日水曜日、今年のドイツスキー選手権の複合競技が行われた。女子はエマ・アイヒャーが1.49,69分のタイムで優勝しました。キム・マルシェール(2位、+2.71)、ルイザ・クラプロット(3位、+2.96)を抑えての圧勝でした。

カトリン・ヒルトル=シュタンガシンガー(+3.28)は4位でコンマ3秒強の差で表彰台を逃した。トップ5は、ソフィア・エクスタイン(+3.79)が占めた。レースはガルミッシュ・パルテンキルヒェンで開催されました。

男子はペピ・フェルストルが転倒したため、判定が取り消された。ゲレンデが柔らかすぎるため、フェアで安全なレースができなかったのだ。

FIS公式最終順位表:ドイツ選手権 女子コンバインド

モルツァンとシーモアが全米選手権でスラロームを制す

ポーラ・モルツァンとジェット・シーモアは全米選手権で優勝し、アレックス・リーバーはその素晴らしいキャリアの最後を祝いました。



全米アルペン選手権が火曜日、男女のスラロームレースで始まった。このレースは、月曜日に行われたノルアムファイナルの男女スラロームの直後にシュガーローフマウンテンで開催された。多くの選手は、レースとレースの間に休養日を設けず、両日とも競技に参加した。

女子
ポーラ・モルツァンは、火曜日のナショナルチャンピオンシップ回転競技で、1分35秒09のタイムで優勝した。彼女のUSSTのチームメイトであるKatie HensienとAJ Hurtは、それぞれMoltzanから2.81秒と2.85秒差で2位と3位に入り、表彰台に上った。
注目すべきは、アメリカのカリッサ・キャシディ選手が、ビブ21を着用していたシード圏外から6位に浮上したことです。彼女はトップ15に入った選手の中で最年少でした。
カナダ人スキーヤーのキャシディ・グレイもビブ42からトップ10に0.29秒差と、ビブより大幅に良い成績でゴールしました。彼女は1本目15位でフリップの真ん中に入り、その勢いで2本目を8位で終え、総合11位となった。

リザルト
女子



男子
男子は、ジェット・シーモア選手が1分28秒18で0.53秒差で優勝しました。2位はベン・リッチー選手、3位はジョージ・ステフィー選手で、0.80秒差でシーモア選手が入賞しました。3人ともアメリカ人ですが、USSTに所属しているのはリッチーだけです。彼らのチームメイトであるジェイ・ポルターは、ビブ39から9位に浮上した。
今シーズンの大半をUSSTで過ごし、ヨーロッパでレースをしていたルーク・ウィンタースは、表彰台からわずかに外れて4位でフィニッシュした。ウィンタースは今シーズン、ワールドカップ11レース(うち10レースはスラローム)に出場し、ワールドカップトップ10に3回入賞している。
アレックス・リーバーにとって、これがプロ選手としての最後のレースとなった。チームメイトのウィンタースと同様、リーバーもシーズンの大半をヨーロッパで過ごし、ワールドカップとヨーロッパカップのサーキットで競い合った。彼はビブ1を着用してそのキャリアを終えた。

リザルト

男子




モルツァンとシーモアが全米スラローム選手権で初優勝

ポーラ・モルツァン トヨタ米国アルペン選手権大会
オリンピアンのポーラ・モルツァンは、メイン州シュガーローフで開催された全米アルペン選手権の女子スラロームで、2本ともリードし、圧倒的な強さを見せつけた。(Jay Riley-U.S. Ski Team)
オリンピアンのポーラ・モルツァンは、メイン州シュガーローフで開催された全米アルペン選手権の女子スラロームで2本ともトップを走り、圧倒的な強さを見せつけた。27歳のモルツァンは、1本目の4位から2位に順位を上げたデンバー大学のパイオニア、ケイティ・ヘンシアンに2.81秒差をつけて、1分32秒28という素晴らしいタイムでフィニッシュしたのである。

モルツァン選手は、天候に悩まされながらも、シーズン終盤のレースがどのようなものかを語ってくれました。「友人や家族と一緒にここシュガーローフにいるのは楽しい。コンディションは確かに厳しいし、簡単なものではない。「とモルツァンは言った。「アメリカに戻って、シーズンのこの時期に競技ができるのはいいことだ。

米国スキーチームメンバーのAJハートは、カナダのアメリア・スマートとノルウェーのクリスティアン・ベッケスタッドを抑え、1分35秒13の総合タイムで3位となった。1本目を終えて5位につけていたアリー・レスニック(ベイル)は、この日2本目のスラローム滑走を終えることができなかった。

風が強く、寒く、耕された氷のコンディションの中で行われたレースには80人の女性がスタートした。10人の選手が2本目を完走しなかった。同じくNarrow Gauge Trailで開催された男子スラロームでは、この日スタートした89人のうち55人が完走した。

男子回転では、スチームボートスプリングス出身の米国スキーチームメンバーで2019年NCAA回転チャンピオン、ジェット・シーモア(23)が、1本目を終えて0.16秒リードしたチームメイトで2位のベン・リッチーを抑え、優勝した。

シーモアは、今日のスラロームでトップになったこと、そして彼にとってコースとコンディションがどうであったかについて意見を述べた。"素晴らしい気分だ。ちょっと厳しい年だったので、ポジティブな形で終われたのは良かった。"とシーモアは語った。"路面は素晴らしく、コースはとても楽しかった。"

ジョージ・ステフィーは、この日の2本目で最速を記録し、1本目を8位で終えた後、3位でフィニッシュした。24歳のステフィーは、ストラットン・マウンテン・スクールの卒業生で、1分28秒98の合計タイムを記録した。

代表歴4年で2022年北京五輪代表のルーク・ウィンタースは4位、カナダのジャスティン・アルキエは5位となった。アスペン出身のブリドガー・ガイルは、ステフィと同じく2本目で10位から6位へと大きくジャンプアップを果たした。

不安定な天候は、トヨタ米国アルペン選手権のスケジュールに大きな影響を与え、大回転は水曜日と木曜日に、総合競技は1日短縮されることになった。シュガーローフが全米アルペン選手権の会場となるのは、史上8回目である。

競技結果
女子スラローム
男子スラローム

ドイツ選手権



スーパーGでアンドレアス・サンダーが勝利

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン - アンドレアス・サンダーは幸せになれる。2021/22年のスキーワールドカップの冬はやや困難だったが、ガルミッシュ・パルテンキルヘンでドイツ・スーパーGチャンピオンに輝いた。成功のためには、1.05,04分というタイムが必要だった。最終的にコンマ2秒遅れの2位で振り切ったのはS・ヨッハー。ロメッド・バウマン選手(+0.43)はカンダハールで3位となり、銅メダルを獲得した。サンダーにとって今日の成功は、スーパーGで2011年、2012年、2014年、2015年に続く5つ目のドイツ選手権タイトルであり、通算8つ目のタイトルとなった。

アンドレアス・サンダー:「今日のスーパーGでは、もう一度、本当に "パフォーマンス "をしたかったんだ。もちろん、次のシーズンに向けてのトレーニングや素材テストもすでに前面に出ていた。でも、今日はいいレースができたことも重要だった。非常に厳しい急勾配のコースを完璧に走れたわけではありませんが、非常に満足しています。この結果で夏休みに入ることができ、うれしいです。"

J・フェルスツルは4位に留まり、チームメイトから1.18秒遅れていた。マキシミリアン・シュワルツ(+1,44)がベスト5に入りました。

公式順位表:ドイツ選手権 男子スーパーG



エマ・アイヒャー、スーパーG優勝を喜ぶ

ガルミッシュ・パルテンキルヘン - スラロームの後、若いエマ・アイヒャーはスーパーGのタイトルも獲得した。今日、彼女はドイツ選手権のスーパーGで1.07,89分というタイムで優勝した。2位にはKatrin Hirtl-Stangasinger(+1.30)が振り切った。ルイザ・クラプロット(+1.61)が3位となった。

ナディーン・カプファー(+1.87)とロザリー・コッツ(+2.18)は4位と5位に入りました。ランクインしたのは16名のみ。外国人ワールドカップスキーヤーが大会を盛り上げただけでなく、先発の6人が完走できなかったのは不思議なことであった。アイチャーは気にしない、彼女はキラ・ワイドルの後継者としてふさわしい。

フランス選手権



シプリアン・サラザン選手がフランス選手権(トロフェ・ケースデパーニュ、オーロン、ニース・コートダジュール)でDOUBLEを達成! 🇫🇷
フランス人はスーパーGで優勝し、アルペンコンバインドでも優勝しました🏆🏆。
スーパーG
🥈 マチュー・バイレ
🥉ニルス・アレグレ
コンバイン
🥈 レオ・デュクロス
アドリアン・フレスケ



テッサ・ウォーリー
晴天、笑顔、ユーモア、そして良いスキー:フランス選手権の成功のための完璧なレシピ
この度はお迎えありがとうございました🙏🏻🤩🤩

2022ジュニアオリンピックカップ(29日)

【最終日 パラレルレース結果速報】

K2男子
K2m


K2女子
K2w


K1男子
K1m


K1女子
K1w


(出所:SEIKO SPORTSLINK)

スロベニア選手権



2021/2022年の大回転の新ナショナルチャンピオンは、ジヤン・クラニェツさんです 2位はAnže Gartner、3位はMiha Hrobatでした。⛷



2021/2022年シーズンの大回転ナショナルチャンピオンはティナ・ロブニックに決定! 2位はAndreja Slokarさん、3位はAna Bucikさんでした。⛷

オーストリア選手権



オーストリア選手権:カタリーナ・リーンスベルガーが誕生日直前にスラロームのタイトルをプレゼント

月曜日、今年の国内選手権の女子スラロームのメダルが授与されました。カタリーナ・リーンスベルガーは1.31,72分のタイムで優勝しました。ハーフタイムでリードを奪われたものの、フランツィスカ・グリッチュ(+0.10)が2位をキープした。表彰台は、大回転で先行したカタリーナ・トラッペ(+0.55)が獲得した。

カタリーナ・リーンスベルガー:「今日はゲレンデも天候も完璧で、これ以上ないほど良かった。予定していたことができたので、満足しています。シーズン最後のレースで州選手権のタイトルを獲得できたことは、本当に素晴らしい仕上がりです。"

グリッチュの後方では、同胞のステファニー・ブルナー(+1.18)が4位でフィニッシュした。トップ5にはニーナ・アストナー(+1.83)が入り、雪上で7番目の好タイムをマークした。彼女より速かったのは、出場していないスイス人スキーヤーのアライン・ヘプフリとニコル・グッドだけである。

過去2021/22シーズンのスキーワールドカップでは、オーレで優勝したもののゴールレースで小さなクリスタルグローブを守ることができなかったリーンスベルガーにとって、25歳の誕生日を数日後に控えた今日の優勝は嬉しい成功であり、同時に嬉しいプレゼントとなった。

FIS公式順位表:オーストリア選手権 女子スラローム




カタリーナ・リーンスベルガー
シーズンの最後を飾るにふさわしい、熱狂的な観客に囲まれた母国でのレースは特に素晴らしい!☀️😊⛷🙌 スラロームのオーストリア国内チャンピオンのタイトルは嬉しいね🥇。
kathi_truppeさん、@franziskagritschさんもおめでとうございます!!!! 今シーズンもたくさんの素敵な時間をご一緒させていただきありがとうございました👏🙌

2022ジュニアオリンピックカップ(29日)



K1男子PGSトーナメント表

K1女子PGSトーナメント表

K2男子PGSトーナメント表

K2女子PGSトーナメント表

フランス選手権



フランス選手権:クレマン・ノエルがスラロームでタイトルを獲得

今年のフランスのスラロームチャンピオンはクレマン・ノエルです。新たにオリンピックチャンピオンになった彼は、今日の成功のために1.39,00分ちょうどのタイムを必要としたのです。2位にはすでに1.92秒差でスティーブン・アミーズがつけていた。ヒューゴ・デスグリプス選手(+2.19)が3位となりました。

レオ・アンジュノ(+2.40)は、メダルを獲得できるはずの表彰台をコンマ2秒差で逃した。ゲートランのトップ5は、アルバン・エレジ・カンナフェリーナ(+3.97)で完了しました。ノエルは、オリンピックでの金メダルと国内タイトルの獲得に満足しているが、ワールドカップの種目別ランキングで3回連続2位となり、成功を収めながらも、失敗も目立ったシーズンであった。

FIS公式順位表:フランス選手権 男子スラローム




フランス選手権。ナスタシア・ノエンスが2022年スラロームチャンピオンに決定

フランスのワールドカップスキーヤー、ナスタシア・ノエンスは、フランス・スキー選手権大会の回転競技で1分45秒02のタイムを出し金メダルを獲得した。この1988年生まれの選手の後方では、中間地点で僅差でリードしていたマリー・ラムール選手(+0.62)が2位に振り分けました。表彰台はケイトリン・マクファーレン選手(+0.72)が獲得しました。

4位に入ったノエンズのドリアーヌ・エスカネは1.09秒差だった。第1ラウンドを終えて7位だった若いマリオン・シェブリエ(+1.30)は、決勝で3番目に良いタイムを出したために少し改善し、5位でこの日の仕事を終えました。ニース出身の33歳の優勝者にとって、スラロームでは2010年、2012年、2014年、2018年、2019年に続き6度目の国内選手権タイトルとなった。こうして、彼女は半ダースを完成させた。

FIS公式順位表: フランス選手権 女子スラローム




🏆 フランス選手権
トロフェ・ケス・デパーニュはオーロンのスロープで - ニース・コート・ダジュール駅ではスラロームが開催されました。
ホームグラウンドでは、ナスタシア・ノエンスがマリー・ラムレ、ケイトリン・マクファーレンの前に勝利を収めた。男子では、オリンピック・チャンピオンのクレマン・ノエル選手が、スティーブン・アミーズ選手、ヒューゴ・デグリップス選手を抑えて優勝しました。👏 👏



2022ジュニアオリンピックカップ(28日)

【公式リザルト】

K2男子回転

K2女子回転
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan