クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

大会

W杯男子スーパーG ビーバークリーク

【スタートリスト】

191206SGM

W杯女子ダウンヒル レイクルイーズ

【スタートリスト】

191206DHW

FEC 万龍



オーストリア男子高速系チーム、W杯ビーバークリーク SGスタートビブ



この投稿をInstagramで見る

@bcworldcup is ready. Starting with 13 today ⛷

Matthias Mayer(@matthiasmayer_)がシェアした投稿 -

USレディース、レイクルイーズ ダウンヒル開幕戦

US SUPER―G STARTERS‼️、地の利を活かせ!

World Racing Academy(WRA)、FECへの参戦

浮き沈みのあるFECスラロームが2つありますが、すべてが完全にポジティブです! いくつかの本当に速い走りと最高の時間で私たちの男たちのためにかなりいい点! いくつかの間違いはまだ本当に良いパフォーマンスを妨げていますが、方向は間違いなく正しいものです!

Europacup Super G Kvitfjell





ヨーロッパカップKvitfjell、フェストを祝います。 アルバーノとチッラーラはスーパーGで5位

ナディーンフェストは、クヴィットフィエルのノルウェーの雪で行われたヨーロッパカップスーパーGの最初の速いレースで勝ちます。 オーストリア人は11セント離れたスウェーデンのIda Dannewitzに先行し、表彰台の最下段には58のSwiss Linda Etzenspergerがいます。4番目はSwiss Lisa Grillです。 ここで5位に位置するのは、2人の青いGiulia Albano(最高のキャリア結果)とValentina Cillara Rossiです。これらは、スカンジナビアの雪で1.04でのコンチネンタルサーキットシーズンの最初の速いレースを終えます。

(Google翻訳)

Talon Crew、”One Team 12−5−2019”

自然との闘い・・・」
裏方の懸命の努力があり、大会は成立する。




W杯女子ダウンヒル レイクルイーズ トレーニングラン(5日)



最後のテストでのレイクルイーズ、ニコルデラゴ7位

レイクルイーズでの女子ワールドカップダウンヒルの2回目と最終タイムトライアルの最初の9回でオーストリア人6人が分類されましたが、ベストタイムは前日、アメリカのアリスマッケニスとのエクイコでした、ノルウェーのKajsa Vickhoff Lie。 2番目、3番目、4番目はWunderteamの最初の3つの指数、15セントのTamara Tippler、29歳の芸術家Nina Ortliebの娘、33歳のスペシャルカップNicole Schmidhoferのホルダーです。

5〜34セントのチェコエステルレデッカ、6、8、9番目の3頭のワシ、ラモーナジーベンホーファー、ステファニーヴェニエ、エリザベスライジンガーは、30と31のリーとレデッカの直後にビブ32で落ちました。リヒテンシュタインの担い手、ティナ・ウィアザー、スイスで12番目、ミシェル・ギシン、13番目の優れたリターン、スロベニアのイルカ・ストゥエック、スイスの14番目のコリン・スーター、15番目のアメリカのミカエラ・シフリン、16番目のドイツ人ヴィクトリア・レーベンスバーグ。

さらに後ろには、スイスのララグート、22秒、マッケニスは27位にランクされました。本場イタリアでは、7位のニコル・デラゴと、比較的楽しみながらも10位、21位のフランチェスカ・マルサリア、29位のエレナ・クルトーニ、37位のフェデリカ・ブリノーネ、37位のナディア・デラゴを獲得したソフィア・ゴッギアが出場しました。明日はカナダのアルバータ州の2つの下り坂のうちの最初の下り坂です。

「ゼルデンの守備隊の後、ビブ番号54から始まるバーモントでの配置により、自信が持てるようになりました-fisi.orgのGoggia氏は説明します。私は正しい方法で働いたことを知っていました、そして、銅は良い速度の訓練をしました。 11位は2番目のレースで7位になりました。キリングトンではイタリア人は常に良くなり、バッシーノとブリニョーネはとても良かったです。私はマルタを祝福し、最終的に彼女はマークを残しました、彼女はそれに値しました。今、私はここで私の最高のパフォーマンスを求めてレイクルイーズにいます。トレーニングの最初の日にコースを非常に詳細に研究しています。コンピューター上で最高のラインを研究し、レースの観点からまだ改善できると感じました。」

(Google翻訳)




レイク・ルイーズ:カシャ・ヴィッコフ・リーは2回/テスト、7回/ニコル・デラゴ、10回/ソフィア・ゴッジャで繰り返す

ノルウェーは、カナダのレイクルイーズでのダブルウィメンズダウンヒルレースに有効な第2回/時限試験でまだノルウェーです。ニコルデラゴの7回目、10 / aはソフィアゴッジャです。

金曜日と土曜日に予定されているレイクルイーズのダブルダウンヒルランに有効な2回目のトライアルで最速だったのは、昨日と同じくノルウェーのKasja Vikhoff-Lieでした。昨日のトレーニングでアメリカのアリス・マッケニスと最初のポジションを共有したノルウェー人は、今回は1分51秒54の時間で、その日のランキングのトップでソロを上げました

彼の後ろには、タマラ・ティップラー、ニーナ・オルトリエブ、ニコール・シュミットホーファーで構成されるオーストリアのトリオがおり、15〜33セントの遅れがありました。 2人のトップ10フィニッシュ:ニコールデラゴは61セントで7位、ソフィアゴッジャは89セントで10位でした。

風のなかで他のイタリア人:フランチェスカ・マルサリア21位、エレナ・クルトーニ29位、フェデリカ・ブリノーネ33シマ、ナディア・デラゴ37位。彼は昨日のテストに参加していませんでした。日曜日のスーパーGを考慮して、男子オリンピックトラックを試す機会でした。彼はカレンダーの2つの下り坂をレースしないからです。

(Google翻訳)

W杯女子ダウンヒル レイクルイーズ トレーニングラン(5日)

191205DHW






ビーバークリークの2019 Xfinity Birds of Preyへようこそ!

W杯男子ダウンヒル ビーバークリーク トレーニングラン(5日)

雨でキャンセル!

この投稿をInstagramで見る

News: 2. Abfahrtstraining ist abgesagt! @bcworldcup @fisalpine

Ski Austria Alpin Herren(@ski_austria_alpin_herren)がシェアした投稿 -

チャーリー・ゲスト、ヨーロッパカップ Funaesdalen SL3位



ドイツチーム、今週末のW杯出場メンバーを発表






W杯男子ダウンヒル ビーバークリーク トレーニングラン(5日)



ビーバークリーク降下の第2ラウンドのドミニクパリビブ番号1

上部の青は、予想される降雪による危険にさらされている最後のBirds of Preyトレーニングのスタートリストを開きます。

ドミニクパリは、ビーバークリークの下り坂を考慮して、2回目と最後のトレーニングセッションを開始し、金曜日のスーパーgの24時間後に土曜日の夕方に開催され、コロラドでの長い週末を開きます。

ただし、今夜の猛禽類では、昨日(キルデとマイヤーでのコクランシーグルのベストタイム)の後、15〜20 cmの新雪があり、リスクを避けたい。決定はアメリカの朝に届きます。

ビブ番号1の「Domme」の後、ナイマンとヤンスルード、次にドレスデン(最初のテストで4番目)、5番目にマウロカヴィーゼル、7番目にオーストリアのトリオ、フランツクリーヒマイヤーライシェルト、そしてカップルスイス・フーズ・ジャンカ(11歳と12歳)とキルデ(13歳から)、マイヤー(15歳)、そしてますます成長しているエマヌエーレ・ブッツィとビブ16番。

7スタートのアズーリ、マティアカッセ(昨日は練習で最高、6位)は21、マルサグリアは31、フィル(昨日は良い)32、トネッティは58、最後にシモニは71。 Alexis Pinturault、彼は既に超gの観点で良いテストを行っています。

完全なスタートリストはこちらをクリックしてください

メンズディセント-ビーバークリーク
スタートリスト2回目のテスト:1パリ、2ナイマン、3ヤンスルード、4フェルストル、5ドレッセン、6シュリーディンガー、7カヴィーゼルM.、8フランツ、9クリーヒマイヤー、10ライシェルト、11フェズ、12ジャンカ、13キルデ、14トムセン、15 Mayer、16 Buzzi、17 Bennett、18 Ganong、19 Clarey、20 Theaux、21 Casse、31 Marsaglia、32 Fill、58 Tonetti、71 Simoni。

(Google翻訳)

FIS Rennen in Solden

W杯男子ダウンヒル ビーバークリーク トレーニングラン(4日)

ビーバークリーク:ライアン・コクラン・シーグルが最速、ニルス・アレグレが17番手

アメリカのライアン・コクラン・シーグルは、ビーバークリークのバード・オブ・プレイで最初のトレーニングセッションの最速タイムを設定しました。 NilsAllegreはセッションの最高のブルーです。

米国のビーバークリークの大きな週になります。 Birds of Preyの最初のダウンヒルトレーニングは、水曜日の夜のプログラムでした。アメリカのライアン・コクラン・シーグルは、ソルデンの巨人(11位)を見て、レイク・ルイーズ(30度の下り坂と21位のスーパーG)で目立たず、最速でした。 1'41''37では、彼はノルウェーのAleksander Aamodt Kildeを24分の1、オーストリアのMatthias Mayer(ワールドカップの新しいリーダー)を30分の1ずつ上回っていました。

ニルスアレグレベストブルー
ブルースは撤退中です。すでにレイクルイーズの自宅にいるニルスアレグロは、16回(1分28秒)を達成するために道を歩み続け、土曜日のセレクションのポイントを獲得します。 1分35秒)、ニコラスラフォール(1分37秒19日)、エイドリアントー(1分54秒21日)

アレクシスピントゥローは彼のマークを取ります
金曜日のスーパーGで彼のマークを取りに来て、アレクシスピントゥローは2''09でのセッションで34位を獲得し、Maxence Muzaton(35thから2''13)のすぐ前にいます。背後には、ビクターシュラー(38 '2'19' ')、ヨハンクラリー(46' 2位47 ')、ブレーズギーゼンダナー(54位3'30)、マチューベイレット(65' 4位40 'ドアを逃した))とロイ・ピカール(4''81で71番)。

(Google翻訳)






W杯男子ダウンヒル ビーバークリーク トレーニングラン(4日)





W杯男子ダウンヒル ビーバークリーク トレーニングラン(4日)

ビーバークリークトライアルでクレート6位

驚くべきことに、ビーバークリークでの男子ダウンヒルワールドカップの最初のタイムトライアルで最速タイムを記録したのはライアン・コクラン・シーグルだった。

テストの完全な結果と分析を読むには、ここをクリックしてください!

27歳のアメリカ人は、土曜日の大人気の4つに4つ続けて続きました:2位は24セントでノルウェーのアレクサンダー・アーモット・キルデに、3位は30セントで、4位は39のオーストリアのマティアス・マイヤーとドイツのトーマスに行きました先週のスーパーGとレイクルイーズ降下の優勝者であるドレッセンは、オーストリアのビンセント・クリーヒマイヤーの39セントで5位だった。

最高のブルーは、59セントで6位のマティアキャセでした。ピエモンテ出身の29歳は、カナダの町のスーパーGで5番目の日曜日にランクされました。 7番目と8番目はノルウェー人エイドリアン・スミス・セジャーステッド、9番目はアメリカ人のスティーブン・ナイマンで、9番目はコロラド州の猛禽類で非常に良い成績を収めています。 10位、11位、44位のドイツ人ドミニクシュワイガーであるピーターフィルでさえ、イタリアの家で非常によくやった。

これらは他のお気に入りのいくつかの配置です:12番目のスイス人マウロカヴィーゼル、19番目の同胞ビートフェウズ、最後の2つのスペシャルカップの優勝者、21番目のフランス人エイドリアンテオー、31番目のスイス人のカルロヤンカ、32番目のオーストリアのベテランHannes Reichelt 、このトラックのもう1人の専門家、43番目がオーストリア人のマックスフランツ、46番目がフランス人のヨハンクラリーです。

フランス人のアレクシス・ピントゥローもコースにおり、金曜日にスーパーGを、そして日曜日に34位で終わった巨人は、最後から2番目に分類されたスイス・マーク・ギシン、兄弟の4年半後にほぼ12秒かかったオリンピックチャンピオンのドミニクとミシェルは、昨年、ヴァルガルデーナのサスロングオブザキャメルオブザキャメルハンプオブザキャメルハンプトンオブザキャメルオーバートラックに戻った理由を率直に理解できません。

もう一つのアズーリ:第十四エマヌエーレブッツィ、第十七ドミニクパリ、第六十一リカルドトネッティ、第六十四リターンマッテオマルサリア、第七十フェデリコシモーニ。明日の3日間のレースを考慮した最後のタイムトライアル。

(Google翻訳)

FISアルペンスキーワールドカップ2020湯沢苗場大会
第57回全国中学校 スキー大会
全中ポスタ


2020年2月5日(水)〜8日(土)
アルペン競技 野沢温泉スキー場・カンダハー東コース
第69回全国高等学校スキー大会
ポスター



『飛べ!はね馬のように、妙高の白き大地をかけぬけろ』

アルペン会場:赤倉観光リゾートスキー場
2020年2月3日(月) 〜 2月7日(金)

第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会
logo



会場:たいらスキー場
日程:2020年2月16日(日)〜19日(水)


ゴールドウイン FIS ユース ジャパンカップ 2020


2020年2月27日(木)〜3月1日(日) 苗場スキー場2016ワールドカップアルペンコース

FIS ユース ジャパンカップ2020 特設WEBサイト
ALGE
SAJ 大会カレンダー

SAJ 競技データバンク
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報