クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

大会

2026冬季五輪に向け、ボルミオに男子アルペンの選手村を建設



2026年オリンピック:リヴィーニョはボルミオのオリンピック村、アルペンスキー競技場を建設する

2019年6月25日、Sondrio - 2026年のオリンピックの開催において、Valtellinaが中心的役割を果たし、BormioとLivignoが、すでに存在する完璧に機能するトラックで、男子アルペンスキーとスノーボードとフリースタイルの競技をそれぞれ開催します。

男子アルペンスキー競技のシナリオでは、下り坂であるオリンピックの「レース」並みの卓越性は、満場一致で認識される伝説のステルヴィオトラックとなるでしょう。 1985年と2005年にマグニフィセントランドで開催された2つのワールドカップの機会に、それがすでに主要なイベントを主催することができることを示しています。クリスマス休暇中は毎年、それは大きな仕事を必要としないトラック、それは下り坂とワールドカップSuperGをホストしています。

リヴィーニョではなく、スノーボード大会が開催されます。 Tagliedeスロープでは、Parallel Giant Slalom、Ski Cross、Snowboard Crossのトライアルが行われ、Mottolinoトラックでは、Ski Halfpipe、Ski Slopestyle、Ski Big Air、Snowboard Halfpipe、Snowboard Slopestyle、Big Air Snowsが行われます。最後に、Carosello 3000 TrackでAerialsとMogulのテストが行​​われます。リヴィーニョとボルミオでは、イベントのアプローチで斜面と設備の何らかの修正が行われるかもしれません。新築された唯一の建造物はAquagranda地域にあるOlympic Villageを主催するもので、その後、高地でのトレーニングのためにリヴィーニョまで行くチームや選手、そして季節労働者のための宿泊施設として使用されます。

(Google翻訳)

「GOLDWIN FIS YOUTH JAPAN CUP 〜U14・U16ユースアルペンスキー世界大会〜」 2020年2月 新潟県苗場スキー場で開催

2026年冬季五輪はミラノ・コルティナダンペッツォに決定











この投稿をInstagramで見る

@milanocortina2026 @cortina2021 💪💪

mannyさん(@manfredmoelgg)がシェアした投稿 -





















2026年冬季五輪はミラノ・コルティナダンペッツォに決定

IOCは24日、スイスのローザンヌで総会を開き、2026年冬季五輪の開催都市にミラノ・コルティナダンペッツォを選んだ。イタリアでの開催は、1956年コルティナダンペッツォ、2006年トリノに続き20年ぶり3度目の冬季大会で、ミラノは初めて。IOC委員の投票で、初の冬季五輪開催を目指したスウェーデンのストックホルム・オーレに勝利した。
事前の現地調査でイタリアは、開催支持率、輸送などの計画でスウェーデンより高い評価を得ていた。





















21年度スキーインターハイ、八幡平市開催で調整中

FIS EUROPEAN CUP 2019/20 Kronplatz

W杯選手の用具メーカーの変更



Equipment brand changes in the Alpine Skiing World Cup

The World Cup finals are a faraway chapter for the teams, athletes and insiders of the Alpine Ski World Cup. The winter has been busy, and now it is definitely time to think forward to the next season.
ワールドカップ決勝戦は、アルペンスキーワールドカップのチーム、スポーツ選手、そしてインサイダーのための遠い章です。冬は忙しかった、そして今、それは間違いなく次のシーズンを楽しみにする時が来た。

Spring provides the ski racers time to breathe and reflect on what went wrong, what went right, what to improve and what to change to improve next winter.
春はスキーレーサーに、呼吸して何がうまくいかなかったのか、何がうまくいったのか、何を改善するのか、そして来年の冬を改善するために何を変更するのかについて考える時間を提供します。

Testing is one of the most important parts of this sport, and every year many athletes want to compare new equipment with their current brand to see if there is a better option to suit their skiing characteristics.
テストはこのスポーツの最も重要な部分の1つです、そして、毎年多くのアスリートは彼らのスキーの特性に合うより良い選択肢があるかどうかを確かめるために彼らの現在のブランドと新しい装置を比較したいです。

Aleksander Aamodt Kilde has come back to basics, returning with Atomic Skis after 2 years with Head.
Aleksander Aamodt Kildeは基本に戻り、Headで2年後にAtomic Skisで戻ってきました。



Blaise Giezendanner has made the same choice as the Norwegian. After 7 years with Head, he has decided to change brands. In addition to the two speed specialists, Eva Maria Brem (AUT) and Simon Maurberger (ITA) are also joining Atomic Team.
Blaise Giezendannerはノルウェー人と同じ選択をしました。ヘッドとの7年後、彼はブランドを変えることにしました。 2人のスピードスペシャリストに加えて、Eva Maria Brem(AUT)とSimon Maurberger(ITA)もAtomic Teamに参加しています。



Fischer seems to have built up a strong team with the Italians Matteo Marsaglia and Roberto Nani and the Swiss Stefan Rogentin.
Fischerは、イタリア人のMatteo MarsagliaとRoberto Nani、そしてスイスのStefan Rogentinと強力なチームを結成したようです。



The Band of Heroes is welcoming Cyprien Sarazzin and Giovanni Borsotti into the Rossignol Family.
Band of HeroesはCyprien SarazzinとGiovanni BorsottiをRossignol Familyに迎え入れています。

(Google翻訳)

15歳の日本代表 〜全日本アルペンスキーU16チームの挑戦〜



グラススキー W杯レッテンバッハ

SUPER Slalom 2019

FIS Alpine ANC 2019

インドアスキーレース

World Pro Ski Tour

FIS、公式用語で「女性」の呼び名を”Ladies”から”Women”に替える



New FIS terminology sees 'women' replace 'ladies'

At its recently concluded Meeting in Cavtat-Dubrovnik (CRO), the FIS Council approved a joint proposal of the Gender Equity Working Group, the Sub-Committees for Ladies´ Cross-Country and Alpine Skiing, as well as the Athletes Commission to change the official FIS terminology from “Ladies” to “Women” - only in the English language - in all applicable places, i.e. documents, titles, web site, technical materials, official communications etc.
最近終了したCavtat-Dubrovnik(CRO)での会議で、FIS理事会は、男女共同参画作業部会、女性のクロスカントリーおよびアルペンスキーのための小委員会ならびに運動選手委員会の共同提案を承認した。 「女性」から「女性」までのFIS公式用語集 - 英語のみ - 適用可能なすべての場所(文書、タイトル、Webサイト、技術資料、公式の通信など)

FIS realises that the implementation of this change will have a transition period and cannot be replaced everywhere immediately. Nevertheless, the National Ski Associations and all stakeholders are requested to please start to use the new terminology of “women” when communicating in English, in day-to-day business and on any new materials produced.
FISは、この変更の実施には移行期間があり、すぐにどこにでも置き換えることはできないことを認識しています。それにもかかわらず、各国スキー連盟およびすべての利害関係者は、英語で、日々のビジネスにおいて、そして新たに作成された資料に関して、コミュニケーションをとるときには「女性」という新しい用語を使い始めてください。


This change does not apply for French or German, where the previous FIS terminology will continued to be used, mirroring the terminology of the IOC using: “Women, Dames, Damen”.
この変更は、以前のFIS用語が引き続き使用されるフランス語またはドイツ語には適用されず、「Women、Dames、Damen」を使用してIOCの用語を反映しています。

(Google翻訳)

SAJ 2019-20シーズン強化指定選手



https://www.snowmap-japan.jp/video/








ヴェレーナ・ストゥッファーとダニエル・ユール、FIS選手代表に選出



Verena Stuffer and Daniel Yule Elected new FIS Athlete Representatives
Verena StufferとDaniel Yuleが新しいFIS選手代表を選出

Being a FIS Athlete Representative means representing the voice and interests of the athletes by engaging in the decision-making processes within the FIS organization and empowering athletes through the communication of information.
FIS選手であること代表者とは、FIS組織内で意思決定プロセスに携わり、情報伝達を通じて選手に力を与えることによって、選手の声と関心を表すことを意味します。

Italy’s Verena Stuffer and Switzerland’s Daniel Yule have been elected the alpine skiing representatives by the athletes who participated in the last FIS World Championship in Are, Sweden. Stuffer and Yule take over the roles from Italy’s Daniela Merighetti and Austria’s Hannes Reichelt, respectively.
イタリアのVerena StufferとスイスのDaniel Yuleが、スウェーデンのAreで行われた前回のFIS世界選手権に参加した選手によって、アルペンスキーの代表に選ばれました。 StufferとYuleは、それぞれイタリアのDaniela MerighettiとオーストリアのHannes Reicheltの役割を引き継ぎます。

Stuffer is a former alpine ski racer after retiring from racing following the 2018-19 season. Throughout her career she competed in 148 World Cup races and also took part at the 2014 Sochi Olympics and attended three World Championships in Val d’Isere, France, Garmisch-Partenkirchen, Germany, and St. Moritz, Switzerland.
Stufferは、2018年から19年のシーズンに続いてレースから引退した後の元高山スキーレーサーです。彼女はキャリアを通して、148回のワールドカップレースに出場し、2014年のソチオリンピックにも参加し、フランスのヴァルディゼール、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘン、スイスのサンモリッツの3つの世界選手権に参加しました。

On the men’s side, Yule is still active in alpine skiing and boasts a number of successes like Olympic Gold from PyeongChang 2018 in the Team Event, a World Championship Gold from in Are in the team event, 5 World Cup podiums, and one victory.
男子側では、ユールはまだアルペンスキーで活躍しており、チームイベントでPyeongChang 2018からのオリンピックゴールド、チームイベントでのinからのワールドチャンピオンシップゴールド、5ワールドカップの表彰台、そして1回の勝利を誇っています。

FIS sat down with the two newly-elected representatives at the recent FIS Calendar Conference in Croatia and got their thoughts on their first week on the job.
FISは、クロアチアで行われた最近のFISカレンダー会議で2人の新しく選出された代表と座り、仕事の最初の週に考えを持ちました。


You participated in your first FIS Congress that took place in Dubrovnik. What is your first reaction afterwards?
あなたはドゥブロヴニクで開催された最初のFIS会議に参加しました。その後のあなたの最初の反応は何ですか?

Verena Stuffer: It was my first experience and it was a good one. As a former athlete I didn’t expect that behind the scenes, behind the races, there is such a big organization and so many different interests.
Verena Stuffer:それは私にとって最初の経験であり、それは良い経験でした。元アスリートとして、舞台裏、レースの背後には、そのような大きな組織とそれほど多くの異なる興味があるとは思っていませんでした。

Daniel Yule: It’s a positive reaction. Obviously FIS is a very large organization and there are many political interests and it takes patience to make changes however I found that most people were interested in hearing the athlete’s opinion.
Daniel Yule:それは良い反応です。明らかに、FISは非常に大きな組織であり、多くの政治的利益があり、変更を加えるには忍耐が必要ですが、私はほとんどの人がアスリートの意見を聞くことに興味を持っていたことを知りました。

What did you expect before it?
あなたはそれ以前に何を期待しましたか?

VS: I didn’t expect anything special, because you have to be inside to understand the dynamics, the working groups, the committees.
VS:あなたは力学、ワーキンググループ、委員会を理解するためにあなたが中にいなければならないので、私は特別な何かを期待しませんでした。

DY: I honestly didn’t expect much. I had heard various things about it before going but I tried to go there with an open mind in order to decide for myself what things are like.
DY:私はあまり期待していませんでした。行く前にいろいろなことを聞​​いたことがありましたが、自分のために何かを決めるために、心を開いてそこに行こうとしました。

Why did you decide to pursue this role?
なぜあなたはこの役割を追求することにしたのですか?

VS: I decided to pursue this role because I would like to be involved in proceedings that help voice athlete’s opinions, wishes, and requests to people who work for them and to increase the value and credibility of our sport.
VS:この役割を追求することにしたのは、私が声を出している選手の意見、願い、そして彼らのために働く人々への要望に応え、私たちのスポーツの価値と信頼性を高める手助けをしたいからです。

DY: I think some things in ski racing could be done differently. I decided that instead of just complaining about it, it would be much better to be part of the conversation and to actually put some effort into changing things.
DY:スキーレースでは、いくつか違うことができると思います。ただ文句を言うのではなく、会話に参加して実際に物事を変えるためにいくらかの努力を払うほうがはるかに良いと思いました。

Did you expect to be nominated by the other athletes?
他のアスリートからノミネートされることを期待しましたか?

VS: I put my name forward as a candidate because I was asked to do so from my federation. I didn’t think too much about if athletes would elect me or not. If yes, I thought I would do my best for them.
VS:私は連盟からそうするように頼まれたので、候補として自分の名前を推薦しました。アスリートが私を選出するかどうかについて、私はあまり考えませんでした。もしそうなら、私は彼らのために最善を尽くすと思いました。

DY: I wouldn’t have presented myself if I didn’t think that I would get nominated. I never take things for granted and I really appreciate that the other athletes chose me to represent them.
DY:指名されるとは思わなかったら、私は自分自身を発表しなかったでしょう。当然のことと思いますが、他のアスリートが私を代表して選んだことを本当に感謝しています。

What does this role look like?
この役割はどのようなものですか?

VS: I had the feeling that this role is welcomed by the FIS and people from different roles want to hear the athlete’s opinions. In the athlete’s commission the representatives work in good harmony with each other and I felt that a lot of things have improved in the last decade so that our role increase its value.
VS:私はこの役割がFISに歓迎されていること、そしてさまざまな役割を持つ人々がアスリートの意見を聞きたいと思っていることを感じました。アスリートのコミッションでは、代表者は互いによく調和して働いています、そして私は私たちの役割がその価値を高めるように過去10年間で多くのことが改善されたと感じました。

DY: The work has only just started so it’s hard to say what is exactly involved so far. I think the most important part of the role is to transmit information. This goes both ways. It’s important to gather information about what the athletes think and pass it on to the people who work at FIS but it is also very important to inform the athletes as to the decisions the FIS take and the reasons behind these decisions.
DY:作業はまだ始まったばかりなので、これまでのところ正確には関係していません。私は役割の最も重要な部分は情報を伝達することであると思います。これは双方向です。アスリートがどう思うかについての情報を収集し、それをFISで働く人々に伝えることは重要ですが、FISが下す決定とその理由についてアスリートに知らせることも非常に重要です。

Have you already started to cooperate with the other athletes as athletes representative?
あなたはすでに選手の代表として他の選手と協力し始めましたか?

VS: Before coming to the congress me and Daniel already sent out two surveys to involve as much as possible the athletes and we had a very good response. We try to be in touch with concrete issues.
VS:大会に来る前に、私とダニエルはすでに2人の調査員をできるだけ多く参加させるために調査を送りました、そして我々は非常に良い反応を示しました。私たちは具体的な問題に触れようとしています。

DY: Verena and I sent out a survey before the spring meetings to get a better idea of what the athletes want but the real work with the athletes will start now.
DY:Verenaと私は、春のミーティングの前に、アスリートが何を望んでいるのかをもっとよく理解するためにアンケートを送りましたが、アスリートとの実際の仕事はこれから始まります。

How do you collect the feedback?
どうやってフィードバックを集めますか?

VS: We have a mailing list of about 150 athletes and keep in touch by e-mail. If needed, we also contact them through WhatsApp.
VS:私たちは約150人の運動選手のメーリングリストを持っていて、電子メールで連絡を取り合います。必要に応じて、我々はまたWhatsAppを通じてそれらに連絡します。

DY: We collect feedback mostly through surveys. Personal interaction with athletes is also very important, however, it is our role to represent all athletes. Surveys are the easiest way to gather feedback from a large number of people.
DY:私たちは主に調査を通してフィードバックを集めます。アスリートとの個人的な交流も非常に重要ですが、すべてのアスリートを代表することが私たちの役割です。調査は、多数の人々からのフィードバックを集めるための最も簡単な方法です。

In general, do the athletes come to an agreement easily or are the opinions diverging?
一般に、運動選手は容易に合意にたどり着くのか、それとも意見が分かれるのか?

VS: I felt that on some topics, lot of athletes have the same opinions, but on many topics views are very different and therefore it is difficult to find the best solution for everyone.
VS:いくつかのトピックでは、多くのアスリートが同じ意見を持っていると感じましたが、多くのトピックでは見解が大きく異なるため、すべての人に最適なソリューションを見つけるのは困難です。

DY: It depends on the subject. When they easily come to an agreement it certainly makes our job a lot easier. In any case, it’s impossible to please everybody and we have to respect what the majority decides.
DY:それは主題次第です。彼らが容易に合意に達するとき、それは確かに私たちの仕事をずっと簡単にします。いずれにせよ、すべての人を喜ばせることは不可能であり、私たちは大多数が決めることを尊重しなければなりません。

Do you have the feeling that the committees listen to the athletes and understand your situation?
あなたは委員会が運動選手に耳を傾け、あなたの状況を理解していると感じますか?

VS: I felt that committees are very interested in listening to the athletes if they come with good justifications and solutions not just with complaints.
VS:委員会は、単に苦情だけではなく、正当な理由や解決策があれば、その選手の話を聞くことに非常に興味を持っていると感じました。

DY: I do feel like the committees listen to the athletes. Sometimes it’s not possible to implement what the athletes want because of TV rights or the interests of other stakeholders in the sport however the general feeling is that the feedback from the athletes is taken onboard.
DY:委員会がアスリートに耳を傾けるような気がします。テレビの権利やスポーツにおける他の利害関係者の利益のために、アスリートが望むものを実行することが不可能な場合がありますが、一般的な感覚は、アスリートからのフィードバックが船上で行われるということです。

There are many different interests in the World Cup, how do you handle all this?
ワールドカップにはさまざまな興味がありますが、どのようにしてこれを処理しますか。

VS: In such a short time, four days, I could understand that there are more interests in our sport than I first thought. Slowly I have to understand them all to have a good view on them and handle with them.
VS:4日間という短い期間で、私のスポーツには私が最初に考えていたよりも多くの興味があることを理解できました。ゆっくりと私は彼ら全員を理解しなければならず、彼らについて良い見解を持ち、彼らと一緒に対処しなければなりません。

DY: I think in order to balance all the interests in the World Cup it is important to compromise. People have to be ready to accept if things are not exactly how they want them to be but it is important that everybody’s input is considered when coming up with a solution to a problem.
DY:ワールドカップでのすべての利益のバランスをとるためには妥協することが重要だと思います。物事がまさに自分のやり方ではない場合、人々は受け入れる準備ができていなければなりませんが、問題の解決策を思いつくときに全員の意見が考慮されることが重要です。

Referring to this particular FIS Congress, what was the biggest step for the alpine athletes?
この特定のFIS会議を参照して、高山選手のための最大のステップは何でしたか?

VS: The biggest step forward for alpine skiing was to find a solution of how to bring to TV the upcoming discipline parallel. There were big discussions about which is the best solution for athletes, for broadcasting, for safety, and amount of athletes in the final.
VS:アルペンスキーの最大の前進は、今後の規律をテレビにどうやって対応させるかという解決策を見つけることでした。どちらがアスリート、放送、安全性、そして最終的にはアスリートの数にとって最良の解決策であるかについての大きな議論がありました。

DY: This year there were discussions regarding the starting order in the speed disciplines and surrounding the rules of parallel events. We are still waiting to hear from the council what exactly has been decided but there should be some changing in this regard this season.
DY:今年はスピード分野での開始順と並行イベントのルールに関する議論がありました。我々はまだ正確に決定されたものを審議会から聞くのを待っています、しかし今シーズンにはこの点に関していくらかの変化があるべきです。

How difficult is it for you on a personal level to be active as professional skier and on the political level of FIS?
個人的なレベルからプロのスキーヤーとして活動すること、およびFISの政治レベルであなたにとってどのくらい難しいのですか。

VS: Sport itself and policy are completely different areas, but they have to work together. In sport things happen and change fast, in policy it is slow. To get a change on different topics, in policy you have to be patient and elaborate your point clearly and try to please all.
VS:スポーツそのものと政策は全く異なる分野ですが、一緒に取り組まなければなりません。スポーツでは物事が起こり、速く変化しますが、方針では遅くなります。さまざまなトピックを変更するには、ポリシー上、辛抱強く、自分の主張を明確に説明し、すべてを喜ばせるようにしなければなりません。

DY: This is my first year as an athlete’s representative so I have no idea what it will be like during the winter. The positive thing is that Verena is retired and will be able to help me a lot during the winter season when I have less time.
DY:これはアスリートの代表としての私の初年度なので、冬の間はどうなるかわかりません。肯定的なことは、ヴェレナは引退しており、冬の間は私の時間が少なくてすむように私を大いに助けることができるでしょう。

(Google翻訳)

レヴィの雪、W杯に向けて保存中

「アルペンスキーワールドカップにいがた湯沢苗場大会」実行委員会開催

クロアチアで開催されたFISカレンダー会議



FIS Calendar Conference wrapped up in Croatia

The FIS Calendar Conference took place in the resort town of Cavtat-Dubrovnik (CRO), when FIS delegates engaged in a productive conference characterised by a series of meetings and important discussions for the future of alpine skiing and the World Cup Tour.

After a debrief and a look back at the past season, which culminated with the successful finals in Soldeu (AND), it was time to look at the future with potential developments and introductions to the current Alpine World Cup Tour. The Alpine Committee proposed the following changes, which are subject to approval from the FIS Council on Sunday, for the coming season.

Start Field Reduction
To keep building on the start field reduction process that was initiated last year for the Men’s Alpine World Cup events, stricter criteria have been set for athletes to be able to be in the start field. It will not be sufficient anymore to have a maximum of 80 FIS points.

Each National Ski Association will be able to enter one competitor for FIS World Cup races as long as he is ranked within the first 150 athletes of the valid FIS point list of the event concerned or within the first 30 of the World Cup Starting List (WCSL).

To be able to start in the parallel events, athletes will need to have no more than 140 FIS points in one of the five alpine events (SL, GS, SG, DH, AC). These changes, if approved, will result in an average reduction of 10 athletes per race. These changes will only be applied to the men’s competitions.

Parallel Format

The new Parallel (PAR)- formerly known as City Event or Team Event- has been revised in an effort to produce a format that is fair for athletes and interesting for fans at the same time. The format will feature a single qualification run for the best 30 competitors according to the actual Parallel World Seeding List (PWSL). The first 16 ranked athletes from the qualification run will qualify to the round of sixteen. All heats will have a “run and re-run” format to ensure fairness and integrity.

Calendars

Additionally, the calendars for the 2019/20 season – featuring three Alpine Combined for the men’s tour and four for the ladies – were presented, as well as the drafts for the next three seasons. They will be confirmed on Sunday by the Council and will be made available afterwards.

The Alpine Combined has been considered once again and the goal is making it more attractive in term of structure of the program itself. This implementation contributed on the enlargement of the calendar with 43 races on the ladies’ side and 46 for the men for the 2019/2020 season.

Few dates and venues are still in open discussions:

Oslo (SWE) declined the intention of hosting the city event January 1st and Davos (SUI) candidate itself. The final decision will be made July 10th.
Yuzawa Naeba (JPN) will agree or disagree to host two Giant Slalom instead of one Giant Slalom and one Slalom. The final decision will be made June 10th.

With these major proposals to be approved by the FIS Council, alpine skiing set the foundation for another great season. The traditional fall meetings will take place beginning of October in Zurich, where the last details will be discussed before the winter.

クロアチアで開催されたFISカレンダー会議

FISカレンダーカンファレンスは、リゾート地のCavtat-Dubrovnik(CRO)で開催されました。FISの代表者たちは、アルペンスキーとワールドカップツアーの将来のための一連のミーティングと重要なディスカッションを特徴とする生産的なカンファレンスに参加しました。

Soldeu(AND)での決勝戦で最高潮に達した過去の結果を振り返って振り返った後、それは現在のアルパインワールドカップツアーへの潜在的な発展と紹介で未来を見る時でした。アルパイン委員会は、来シーズンに向けて日曜日のFIS理事会の承認を条件とする以下の変更を提案した。

フィールド削減の開始
男子アルペンワールドカップイベントで昨年開始されたスタートフィールドの削減プロセスを継続するために、アスリートがスタートフィールドに入ることができるように、より厳しい基準が設定されました。最大80 FISポイントを獲得するだけではもう不十分です。

各スキー連盟は、該当するイベントの有効なFISポイントリストの最初の150選手またはWCSLの最初の30選手の中にランク付けされている限り、FISワールドカップレースに1名の選手を入れることができます。 )

パラレルイベントでスタートできるようにするには、アスリートは5つのアルペンイベント(SL、GS、SG、DH、AC)のうちの1つで140 FISポイント以下にする必要があります。これらの変更が承認されれば、レースあたり平均10人の運動選手が減少することになります。これらの変更は男子大会にのみ適用されます。

並列フォーマット

以前はCity EventまたはTeam Eventとして知られていた新しいParallel(PAR)は、アスリートにとっては公平で、ファンにとっては興味深いフォーマットを作成するために改訂されました。フォーマットは、実際のP​​arallel World Seeding List(PWSL)によると、最高の30人の競争者のための単一の認定ランを特徴とします。予選ランからの最初の16のランク付けされた運動選手は16のラウンドに資格を与えるでしょう。公平性と完全性を保証するために、すべてのヒートは「実行および再実行」フォーマットを持ちます。

カレンダー

さらに、2019/20シーズンのカレンダー(男子ツアーには3つのアルパインコンバイン、女性用には4つのアルパインコンビネーション)が発表されました。また、次の3シーズンのドラフトも発表されました。彼らは日曜日に理事会によって確認され、その後利用可能になります。

Alpine Combinedは再度検討されており、その目的はプログラム自体の構造に関してそれをより魅力的なものにすることです。この実装は、2019/2020シーズンの女性のサイドで43レース、男性のレースで46のレースでカレンダーの拡大に貢献しました。

未解決の議論はまだありません。

オスロ(SWE)は1月1日の都市イベントとダボス(SUI)候補者自身を主催する意向を断った。最終決定は7月10日に行われます。
Yuzawa Naeba(JPN)は、1人の巨大スラロームと1人のスラロームの代わりに、2人の巨大スラロームを主催することに賛成または反対する。最終決定は6月10日に行われます。

これらの主要な提案がFIS評議会によって承認されることで、アルペンスキーは別の素晴らしいシーズンの基礎を築きました。伝統的な秋の集会はチューリッヒで10月上旬に開催され、冬の前に最後の詳細が議論されます。

(Google翻訳)

ヒンターシュトダー、来季に向けて意欲

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報