クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

大会

スウェーデンチーム、コロネットピークでシーズンに先駆けて初戦に挑む

Lausanne2020 Youth Olympic Games

New Zealand National Champs2

New Zealand National Champs

Global Racing Ski Team、NZ Camp & Racing



A strong start of the 2019 season for the guys. In the first races in New Zealand, Magnus Walch took the GS National Champ victory with teammate Baruffaldi Stefano right behind him in 2nd. We also had Nicholas Iliano grabbing a 5th place for his comeback race after a 9 month break due to injury. Ian Gut and Marcus Monsen finished off the top ten with a 7th and 10th place.
Then in the National Champ SL today Dries Van den Broecke put on a strong show by winning with a .75 lead also giving him his best FIS point result of his career.

みんなにとって2019年シーズンの好調なスタート。 ニュージーランドでの最初のレースでは、MagnusWalchがGS National Champで優勝し、チームメイトのBaruffaldi Stefanoが2位になりました。 また、負傷による9か月の休憩の後、ニコラスイリアーノがカムバックレースで5位を獲得しました。 イアン・ガットとマーカス・モンセンは、トップ10を7位と10位でフィニッシュしました。
その後、ナショナルチャンピオンSLで本日、ドリスヴァンデンブロッケは0.75のリードで勝利し、彼のキャリアで最高のFISポイントを獲得し、強力なショーを行いました。
オーストラリアに向かう前に、さらに数日間のトレーニングがあります。

(Google翻訳)

ヴァル・ガルデーナ、FISレースディレクターのサマーインスペクション実施



FIS Race Directors Markus Waldner and Hannes Trinkl inspect the Saslong in Midsummer

Rainer Senoner, President of the Saslong Classic Club, then presented all the novelties planned for the 2019 World Cup with the Super-G on Friday 20 December and the downhill on Saturday 21 December. The Super-G start will be relocated to the West, in the direction of the Sassolungo, a change that the FIS approved today. "The start will be even faster and more technical, the TV pictures will be much better. Moreover, this new starting position could also be interesting for a future sprint downhill", Senoner explained the advantages of this change.


FISレースディレクターのMarkus WaldnerとHannes Trinklが真夏のSaslongを視察

それから、Saslong Classic Clubの会長であるRainer Senonerが、12月20日金曜日に2019年ワールドカップで計画されているすべてのノベルティをSuper-Gで発表し、12月21日土曜日に下り坂を発表しました。 スーパーGのスタートはSassolungoの方向に西に移されるでしょう、これはFISが今日承認した変更です。 「スタートはさらに速く、より技術的になり、テレビの写真はずっと良くなるでしょう。さらに、この新たなスタート地点は将来のスプリントダウンヒルにとっても興味深いものになるでしょう」とSenonerはこの変更の利点を説明しました。

(Google翻訳)

FISレースディレクターによるサマーインスペクション



FIS Race Directors Waldner and Trinkl inspect the Saslong in midsummer

It is a set date which is an indispensable part of the Val Gardena/Groden World Cup calendar: the annual midsummer inspection of the race track. Today, Monday, the time had come again. The FIS racing management, OC president Rainer Senoner and course manager Horst Demetz reviewed the past season and also discussed the relocation of the Super-G start. A move that was finally given the go-ahead.

The FIS men’s chief race director and South Tyrol-native Markus Waldner - he is from near-by Bressanone/Brixen - together with Hannes Trinkl, Race Director World Cup Men Speed Events, praised the excellent snow and slope conditions, which the Val Gardena/Groden Organizing Committee once again conjured despite warm temperatures on the Saslong. The FIS representatives also expressed their gratitude for the rescue of the Swiss athlete Marc Gisin, who took a hard fall on the Camel Humps during the downhill race. "The rescue service was handled impeccably and can be described as a model case," said Waldner.

Rainer Senoner, President of the Saslong Classic Club, then presented all the novelties planned for the 2019 World Cup with the Super-G on Friday 20 December and the downhill on Saturday 21 December. The Super-G start will be relocated to the West, in the direction of the Sassolungo, a change that the FIS approved today. "The start will be even faster and more technical, the TV pictures will be much better giving an optimal overview to the Dolomites. Moreover, this new starting position could also be interesting for a future sprint downhill", Senoner explained the advantages of this change.

At the same time, major investments will also be made along the race track. "New snow cannons will be installed by the lift company Saslong SpA. These can produce 30 percent more snow in the same period of time. In addition, most A-nets and sliding tarpaulins will be replaced. The races will be on the calendar a week later this year. This is an advantage for the snow guarantee, on the other hand the races being so close before Christmas represents a very big challenge",said Horst Demetz, head of the race course preparation.

As far as safety is concerned, the organizers in Val Gardena/Groden are continuing to take precautions after Gisin's fall. "Recently, the Val Gardena/Groden OC has entered into an agreement with the Alta Badia OC and the Aiut Alpin. This agreement provides that during the World Cup races in Val Gardena/Groden and Alta Badia, a rescue helicopter will be reserved exclusively for the event - without affecting other air rescue needs of the region or having to stop the race. We want to be prepared in the best possible way for all eventualities" concludes Senoner.

In the coming months, the Organizing Committee will prepare heavily for the race before the snowmaking of the track can begin in November.


FISレースディレクターWaldnerとTrinklがSaslongを真夏に視察

それはVal Gardena /Grodenワールドカップカレンダーの欠かせない部分である設定日です:レーストラックの毎年恒例の真夏の点検。今日、月曜日、時がまた来ました。 FISレーシングマネージメント、OCプレジデントのRainer Senoner、そしてコースマネージャーのHorst Demetzは過去のシーズンをレビューし、またSuper-Gスタートの移転についても話し合った。やっと先を見越した動き。

FIS男子チーフレースディレクターとサウスチロル出身のMarkus Waldner - 彼は近くのBressanone / Brixen出身で - レースディレクターのワールドカップメンズスピードイベントでHannes Trinklと共に、ヴァルガルデーナが優れた雪と斜面のコンディションを賞賛しました。 Saslongの暖かい気温にもかかわらず、Groden組織委員会は再び召集しました。 FISの代表はまた、下り坂のレースでラクダのこぶに激突したスイスの選手、マーク・ギシン氏の救援にも感謝の意を表した。 「救助隊は申し分なく取り扱われており、モデルケースとして説明することができる」とWaldnerは述べた。

それから、Saslong Classic Clubの会長であるRainer Senonerが、12月20日金曜日に2019年ワールドカップで計画されているすべてのノベルティをSuper-Gで発表し、12月21日土曜日に下り坂を発表しました。スーパーGのスタートはSassolungoの方向に西に移されるでしょう、これはFISが今日承認した変更です。 「開始はさらに速く、より技術的になり、テレビの写真はドロミテに最適の概観を与えるためにずっと良くなるでしょう。さらに、この新たな開始位置は将来のスプリントダウンヒルにとっても興味深いかもしれません」とSenonerはこの変更の利点を説明しました。

同時に、レーストラックに沿って大きな投資も行われます。 「新しいスノーキャノンはリフト会社Saslong SpAによって設置されるでしょう。これらは同じ期間にさらに30%多くの雪を生み出すことができます。さらに、ほとんどのAネットと滑走式防水シートは交換されます。レースはカレンダーにあります。これはスノーギャランティにとって有利なことですが、一方で、クリスマスが非常に大きな課題となる前にレースは非常に接近しています」と、レースコースの準備の責任者、Horst Demetzは語った。

安全性に関する限り、ヴァルガルデーナ/グーデンの主催者は、ギシンの転落後も予防策を講じ続けています。 「最近、ヴァルガルデーナ/グーデンOCはアルタバディアOCとAiut Alpinとの契約を締結した。この協定はヴァルガルデーナ/グーデンとアルタバディアでのワールドカップレースの間、救助ヘリコプター専用に予約されることを規定している。その地域の他の航空救助の必要性に影響を与えたりレースを中止したりする必要はありません。私たちはすべての偶然性のために可能な限り最善の方法で準備されることを望んでいます。

今後数カ月の間に、組織委員会はトラックの雪製造が11月に始まることができる前にレースのために重く準備するでしょう。

(Google翻訳)

南アフリカでのFISレース



南アフリカでフランスが2つの表彰台を獲得
Jonathan MarshallとRichardson Vianoの公演のおかげで、フランスはエントリーリーグの南アフリカで2/3の場所でそのFIS冬季を始める。

南アフリカでは、Tiffindellが2019/2020シーズンの国際スキー連盟を2つのスラロームでスタートさせました。 初の国際レースはそう、そして2つのフランス人のための最初の表彰台! クールシュヴェルのジョナサン・マーシャル(17歳)は、その日の最初のスラロームで3位になりました。ピュイ=サン=ヴァンサンでライセンスを受けた16歳のリチャードソン・ヴィアーノのチームメイトは、2回目のテストで彼を模倣しました。 午後早く。

(Google翻訳)



Alpecimbra Fis Children Cup 2020



1月に予定されるAlpecimbra Fis Children Cup 2020

Alpecimbra Fis Children Cup 2020は1月、特に1月26日から2月1日まで開催されます。 14歳以下および16歳以下のカテゴリーに予約されているアルペンスキーの世界で最も多く参加している競技は、イタリアのウィンタースポーツ連盟の明示的な要請を受けてこの期間を変更します。

2020年の冬に開催されるこの大会は、59年の歴史と49のエディションがあり、International Youth Fiseriumとしての価値があります。 FISによって非常に高く評価され共有されているフォームは変更されないままになります。イベントの劇場は、2011年以来、この斜面とこのイベントの開催地であるFolgariaの町となります。
Alpecimbra Fis Children Cupスラローム2019に従事していた若い選手

27日の火曜日と28日の火曜日にセレクションが行われ、29日の水曜日には木曜日の夜に就任式が行われ、国際チームイベントが開催されます。それから、私達は1月31日金曜日と2月1日土曜日に14歳以下と16歳以下の2つのスラロームと巨大スラロームの挑戦を続けます。最後の版には41カ国と4大陸からのアスリートがいました。
≪Fisi - 組織委員会Fabrizio Gennariの会長を指定します - ここ数年のうちに、シーズンの終わりに集中している子供たちのカテゴリーの国民カレンダーを広めることを意図して私たちのイベントを予測するように依頼しました。

APT Alpe Cimbra、FolgariaSki Systems社、Alpe Cimbra Ski Teamとの共同作業により、進歩を見越して組織のあらゆる側面を計画しました。これは、イタリアのチームや海外の国々に、私たちのイベントがユーススキーの世界で最も人気のあるものになるようなおもてなしとテクニカルロジスティックのレベルを保証するためです。
Alpecimbra Fis Children Cup 2019レーステラトリの1つ

一方、Alpecimbra Fis Children Cupの価値と質は、5月末にドゥブロヴニクで開催されたFIS会議から明らかになりました。 Alpecimbra Fis Children Cupは、最大41の国が参加するイベントです。2つ目は35の国とLa Scara della Val d'Isereです。

このイベントは、Apt Alpe CimbraとAlpe Cimbra Ski Teamが協力して、Fabrizio Gennariが指揮するTTSスキークラブによって企画されています。次の2シーズンのALPECIMBRA Fis Children Cupの日程も想定してください。2021年には1月24日から30日、2022年には1月23日から29日まで開催されます。

Calendario Children Fis Competition 2020

21-22 gennaio a Vratna (Svk) Interkriterium Vratna
24-25 gennaio a Ricky (Cze) Skiinterkriterium Fis
27-30 gennaio ad Arcalis (And) Trofeo Borrufa
29 gen – 1 feb a Folgaria (Ita) ALPECIMBRA Fis Children Cup
15-16 febbraio a Starl Vrh (Slo) Pokal Loka
18-19 febbraio a Zagabria (Cro) Zagreb Children Fis
21-23 febbraio a Bjelasnica (Bih) Children for Peace in World
24-25 febbraio a Mokra Gora (Srb) EUROCREM Fis Children Cup
01-02 aprile all’Abetone (Ita) Pinocchio sugli Sci
9-10 aprile in Val d’Isere (Fra) La Scara
16-19 aprile a Whistler (Can) Whistler Cup
24-26 aprile a Tarnaby (Swe) Ingemartrofen

(Google翻訳)

マドンナ ディ カンピリオ、FISによるサマーインスペクションを実施



2020年1月8日水曜日の異常な日に予定されている3Treの第66版から6か月以内に - FISは組織委員会との完全な技術的な説明会のためにマドンナディカンピリオで通常の検査を実施しましたLorenzo Conciが議長を務めます。 FIS、Markus Waldner(男子アルペンスキーワールドカップのチーフレースディレクター)とEmmanuel Couder(男子ワールドカップのレースディレクター兼コーディネーター)のプレゼント。国際代表団を歓迎するためにもAPT Campiglio Dolomitiの新大統領Tullio Serafini。


「今年、私たちはスラロームの素晴らしい古典の月に1月に3Treを置く新しい経験に直面します - カンピリオが十分に占めることができる場所Markus Waldnerが説明しました。もちろん、ポストクリスマス期間のためにさらにいくつかの困難があるでしょう、しかし私達は国民の反応がいつものように重要になると確信しています。この観点から見ても、3Treはどのようにして真のスキー愛好家を巻き込むことができたかの例を表していると信じていますが、これは常に大きなイベントで起こるわけではありません。私たちはより熱意があり、アルコールが少ないFISvogliaイベントが好きです "。

FIS技術者がAdriano Alimontaと一緒に見たCanalone Miramontiの変更はほとんどありません。 「レースをより技術的でエキサイティングなものにすることを唯一の目的として、トップとエンドの両方でいくつかのマイナーな調整だけを考えています」とEmmanuel Couderは説明しました。今シーズン、レースは伝統的な時間を繰り返します。最初は5.45 pm、次に2番目は8.45 pmです。イベントの本部はPalaCampiglioに移動され、プレスセンターは文化ホールに残ります。

「非常に穏やかで前向きな会議 - 組織委員会の委員長、検査の終わりに - FISの友人たちとの調和は常に完璧です。今シーズンはやや難しい時期ですが、9月中旬に開始される3TreOnTourプロモーションコミットメントのおかげで、大きな関心を呼び起こすことができるでしょう。

(Google翻訳)

In South Africa The Ski winter 2019/20 starts



南アフリカでは、スキー冬2019/20が始まります

スキーの冬2019/20は明日から南アフリカのティフィンデルで始まります。一週間で、12のFISスラロームが開催されます。長年レースを続けてきたドイツ人ピーターピルツは、OSVエースをわずかに異なるシーズン開幕戦に招待しさえしました。

またこの夏、赤 - 白 - 赤 - スキーレーサーは現場にいません。しかしピルツは、いつの日か南アフリカ北東部のOSVレーサーもスタートするという希望を放棄したくはありません。

OSVスピードチームは南アメリカでトレーニングキャンプを計画しました。しかし、PortilloとLa Parvaのチリの町のユニットは不確実です。雪の状況は好ましくありません。このように見て、海外キャンプは決して安全ではありません。

ジャイアントスラロームスペシャリストはアルゼンチンで活動しています。 Torlaufエースはヨーロッパの氷河に残り、スイスとオーストリアでのワールドカップシーズンに備えます。 Marcel Hirscherでさえも、彼が続けて行けば、長い道のりをあきらめて家の近くで準備するでしょう。

(Google翻訳)

ヨーロッパカップ2020、VaujanyとOrcieresがプログラムに参加



フランスの2つのアルペンリゾートVaujanyとOrcieresが、男性用アルペンスキーヨーロッパカップのカレンダーに参加しました。

フランスは来年の冬に5回、男子3ステージ、女子2ステージでヨーロッパカップサーキットを開催する。 2020年1月、ヴォウジャニ(イゼール)とオルシエール(オート=アルプ)のアルペンリゾートで初開催。

(Google翻訳)

ザグレブ、FISのグリーンシーズンインスペクション

2019-2020シーズンのフランスでのW杯主催者が一堂に会する

FIS、アルタバディアのサマーコースインスペクションを実施

NASTAR National Championships

ヨーロピアンカップとコンチネンタルカップの新しい役員



New people on board for European and Continental Cup
ヨーロピアンカップとコンチネンタルカップに参加する新人

Both the Continental and European Cups will be introducing new faces for the next season.
次のシーズンに向けて、コンチネンタルカップとヨーロピアンカップの両方で新しい顔が登場します。

Wim Rossel, who has been the St.Moritz Organising Committee chief of race, will become the FIS European Cup Men’s Coordinator, replacing Peter Gardol, who became World Cup Chief Women’s Race Director.
St.Moritz組織委員会のレース最高責任者を務めていたWim Rosselが、ワールドカップチーフ女子レースディレクターになったPeter Gardolに代わって、FIS欧州カップ男子コーディネーターになります。

On the woman’s side, FIS tabled Jordi Puyol as the Continental and European Cup coordinator.
女性の側では、FISはジョルディ・ピュイオールをコンチネンタルカップとヨーロピアンカップのコーディネーターにしました。

The spaniard skied for Spain at the two Olympic Winter Games in Calgary 1988 and Albertville 1992 and participated at two World Ski World Championships in Vail 1988 and Saalbach 1991. After retiring from his sports career, he became Director of Business Development at Grandvalira ENSISA Ski Resort in Andorra.
スペイン人は1988年のカルガリーと1992年のアルベールビルでの2回の冬季オリンピックでスペインへ向けてスキーをし、1988年のベイルと1991年のザールバッハでの2回の世界スキー世界選手権に参加しました。アンドラで。

Afterwards, he brought his experience into the World Cup as Chief of Race at the World Cup Finals in Grandvalira Soldeu - El Tarter (AND).
その後、彼はGrandvalira Soldeu - El Tarter(AND)でのワールドカップ決勝戦でチーフ・オブ・レースとしての経験をワールドカップに持ち込みました。

The World Cup finals in Andorra was a real success for Andorra’s Federation, hosting a World Cup Men’s Downhill race for the first time in the Pyrenees. With around 25.000 spectators to watch 9 events in total.
アンドラでのワールドカップ決勝戦は、アンドラ連盟にとって大きな成功となり、ピレネー山脈で初めてワールドカップ男子ダウンヒルレースが開催されました。全部で9つのイベントを見るために約25,000人の観客がいます。

The preparatory work done by the resort’s staff and Puyol himself made the World Cup finals possible.
リゾートのスタッフとPuyol自身による準備作業がワールドカップ決勝戦を可能にしました。

(Google翻訳)

屋内スキー場レース、”Braehead round of the BSA sponsored GBR Series”

レイク ルイーズ、FISチーフレースディレクターによるコースインスペクション実施



土曜日(6月29日)に、最近の雨が延期され、レイクルイーズワールドカップダウンヒルコースの最も有益な検査を受けました。

レイクルイーズに初めて来たのは、新しいFISチーフレースディレクター - ワールドカップ女子、Peter Gerdolでした。 FISのPeterには、女性の技術オペレーションマネージャー、AndiKronnerがいました。検査をリードしていたのは、新しいレイクルイーズアウディFISスキーワールドカップレースチーフウーマン、スーシュワルツでした。フルレースのコースを歩いていくと、2人の「新」チーフに来年のイベントについて議論する絶好の機会が与えられました。

ツアーをアシストしたのは、レイクルイーズスキーリゾートのマウンテンマネージャーであるロケットミラー、レイクルイーズレース組織委員会のダレルマクラクラン、ブライアンライム、リンギブソンでした。

レイクルイーズでの視察と会議の後、ピーター&アンディは2022年のFISアルペンジュニアワールドスキー選手権の主催者と会うためにパノラママウンテンリゾートへ行きました。パノラマへのドライブで、彼らはついにハイウェイ93でクマに会いました。そして、それはレイクルイーズで彼らを逃がしました。

(Google翻訳)

2026冬季五輪に向け、ボルミオに男子アルペンの選手村を建設



2026年オリンピック:リヴィーニョはボルミオのオリンピック村、アルペンスキー競技場を建設する

2019年6月25日、Sondrio - 2026年のオリンピックの開催において、Valtellinaが中心的役割を果たし、BormioとLivignoが、すでに存在する完璧に機能するトラックで、男子アルペンスキーとスノーボードとフリースタイルの競技をそれぞれ開催します。

男子アルペンスキー競技のシナリオでは、下り坂であるオリンピックの「レース」並みの卓越性は、満場一致で認識される伝説のステルヴィオトラックとなるでしょう。 1985年と2005年にマグニフィセントランドで開催された2つのワールドカップの機会に、それがすでに主要なイベントを主催することができることを示しています。クリスマス休暇中は毎年、それは大きな仕事を必要としないトラック、それは下り坂とワールドカップSuperGをホストしています。

リヴィーニョではなく、スノーボード大会が開催されます。 Tagliedeスロープでは、Parallel Giant Slalom、Ski Cross、Snowboard Crossのトライアルが行われ、Mottolinoトラックでは、Ski Halfpipe、Ski Slopestyle、Ski Big Air、Snowboard Halfpipe、Snowboard Slopestyle、Big Air Snowsが行われます。最後に、Carosello 3000 TrackでAerialsとMogulのテストが行​​われます。リヴィーニョとボルミオでは、イベントのアプローチで斜面と設備の何らかの修正が行われるかもしれません。新築された唯一の建造物はAquagranda地域にあるOlympic Villageを主催するもので、その後、高地でのトレーニングのためにリヴィーニョまで行くチームや選手、そして季節労働者のための宿泊施設として使用されます。

(Google翻訳)
ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報