クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

スキートレーニング

W杯クーシュベル大会に向けて選手は現地で調整中



今日は雪です

トレーニング後記

【1日目】
GS系フリースキーでは外脚一本でセンターポジション+腰高意識の基本練習を行ないました。
足首、膝、股関節が適度に曲がり、雪面状況に応じて常に動けて荷重出来るポジションを確認しました。
スキーズラシの中で圧を加える方向にバランスを取り、上体(腰、胸、肩のライン)の方向を意識しながら、中急斜面で何度も反復しました。
シーズン初めですので、しっかりと基本的な部分を身につけてからポールトレーニングに入れるようにしていきたいです。
SL系でも上体(腰、胸、肩のライン)の方向、大きく上下に動けるような脚の動きを意識して、またロングポールでのポールを倒していくためのライン取りなども意識出来るようなトレーニングを行ないました。
熟成にはもう少し時間を要しますが、1日のトレーニング時間の中ではかなり集中して意識する滑りが出来たと思います。
このようなトレーニングをすると身体も熱くなっていきます。普段より全身の筋肉を使って燃やしている証です。


【2日目】
GS系は、ノーストックで全身でのターン運動と外腰を前に出ていくようにハンドワークを利用したメニューを行ないました。
引き続き、ショートポールを使ってターン弧を規制した中でも同様にトレーニングしました。
SL系もノーストックでのバリエーショントレーニングです。腕を胸に組んで上体の自由度を規制しながら積極的に脚の運動と上体の方向性でターン運動が出来ようにしました。
運動を理解した上でインターバル広めのセットのポールでライン取り、上体の方向、腰・肩のラインを意識しながら反復練習を行ないました。
ラスト1本は、「本日のまとめ」をテーマに自分へのアドバイス内容や練習内容を踏まえて自己表現して締めくくりました。
この「今日、トレーニングしたの自分の滑りを自分なりにまとめる」というのが大事なように思えます。
各選手とも、今の自分を理解して改善ポイントをイメージして自己表現しているのが、見ていて伝わってきました。

身体も頭脳も使ったので結構疲れたと思います。
ひたすら滑りこむのも必要ですが、タイムばかりを追わずにテーマをもって意識してじっくりと滑ることも大切なことが感じた内容だったと思います。


今回は小学生と中学生以上の滑り込みが少ない選手が中心でしたが、それぞれ得たものがあった滑りを見ることができました。


image

早朝トレーニング

昨日に引き続き、早朝での貸切バーンでGSトレーニング
長い一日のはじまりです


image

image

image

image

image

image

SNOW JAPAN 阿寒湖畔スキー場で事前合宿

日の出から日没までがんばりました!

シーズンイン早々、早朝6時前から夕方16時過ぎまで休憩時間以外は雪上に・・・
スイッチON! 集中して全開モードです。


SLトレーニング

本日最後のコマはスラローム。
緩斜面から中斜面の斜面変化のあるコースに35ターン。
基本操作のトレーニングをしていきます。


image

image

image

image

GSトレーニング

今日は南風が強いです。
後ろから押される風で選手も悪戦苦闘!


image

image

早朝トレーニング

6時からGSトレーニング
この時期に大会並みの32ターンのセットは滑りごたえあります!
これから午前のトレーニング開始です。
トレーニングバーンを変えて、引き続きGS


image

image

image

image

image

image

image

ノルウェーチーム、GSの集中トレーニング

アレキサンダー・コロシュトフ、SLトレーニング中

長谷川絵美 選手は国内で調整中

171214501

171214502

171214503
続きを読む

ドミニク・パリス、SGトレーニング

テッド・リゲティ、GSトレーニングを再修正

マルタ・バッシオ、トレーニングの中で日々発見



スキートレーニングと同じくらい大切なスキーチューンナップ

クリストフ・インナーフォファ、SGトレーニング中

Marc Gisin、次への準備

転戦の合間のトレーニングは続く・・・

W杯男子高速系選手はヴァルガルディナ戦に向けて調整中

阿寒湖畔スキー場はアルペン合宿向けにオープン



マックス・フランツ、ヴァルガルディアでトレーニング中

第96回 全日本スキー選手権大会アルペン競技会 技術系
96thALLJAPAN-webimageWP
171130601
2017年12月25日(月)〜12月28日(木)
国設阿寒湖畔スキー場

■【要項】第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技会技術系種目
第55回全国中学校 スキー大会
poster


http://www.55zenchuskikazuno.com/index.html

2月9日(金) 男女スラローム

2月10日(土) 男子ジャイアントスラローム

2月11日(日) 女子ジャイアントスラローム

競技会場:秋田県・花輪スキー場
第67回全国高等学校スキー大会
gifu1
gifu2

平成30年2月4日(日) 〜 8日(木) 

飛騨ほおのき平スキー場


全国高等学校スキー大会オフィシャルページ
第73回国民体育大会冬季大会スキー競技会
img_poster

会場:赤倉観光リゾートスキー場
日程:2月25日(日)〜28日(水)
 25日 開会式
 26日 成年男子A、成年女子A、成年男子B
 27日 成年男子C、成年女子B、少年女子
 28日 少年男子


「にいがた妙高はね馬国体」 ホームページ
第91回全日本学生スキー選手権大会
nozawa180301

第91回インカレ大鰐大会日程
長野県野沢温泉スキー場(アルペン)
平成30年3月1日〜5日

大会要項
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報