クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

オフトレ

スイスチーム、フィジカルキャンプ

DRY SLOPE RACING



オフ期にメンタルトレーニングを!



Mental Imagery is the Foundation of Your Summer Mental Training
精神的イメージはあなたの夏の精神的トレーニングの基礎です

One of the most indelible memories I took away from the 2018 Winter Olympics was from the start area of the alpine events (and, in fact, every ski and snowboard event). Time after time, we saw the best ski racers in the world with their head down and eyes closed, moving their hands and their bodies. Whether it was Mikaela, Marcel, Henrik, Lindsey, Sofia, Frida, Aksel, the list goes on, they were all doing it. What were they doing? Well, mental imagery, of course. They were using the power of seeing and feeling themselves race before they actually raced to help them get as prepared as they could be mentally to ski their fastest in the biggest races of their lives.
私が2018年冬季オリンピックから奪った最も消えない思い出の1つは、アルペンイベントのスタートエリアからのものでした(そして実際、すべてのスキーとスノーボードのイベント)。時折、私たちは頭を下げて目を閉じて、手と体を動かしながら、世界で最高のスキーレーサーを見ました。それがミカエラ、マルセル、ヘンリック、リンジー、ソフィア、フリーダ、アクセルであろうとなかろうと、リストは続きます、彼らはすべてそれをやっていました。彼らは何をしていましたか?もちろん、精神的なイメージです。彼らは実際に彼らが人生の最大のレースで最速でスキーをすることができるように彼らが準備できるように彼らが準備するのを手伝うためにレースする前に彼ら自身を見て、競争する力を使っていた。

In a nutshell, if you’re not on a consistent mental imagery program during this prep period, you’re not going to be the best ski racer you can be next winter. I say this with such conviction not only because I’ve studied it as a researcher or have used it with racers from top juniors to World Cuppers. I say this because I’ve lived it! It had the same effect on me when I was a young racer at Burke Mountain Academy. One summer I took a course at a local college that introduced me to the power of mental imagery. I applied it to ski racing as part of my final project for the class and then continued to use it throughout the following fall and into race season. The results were nothing less than spectacular. From doubt came confidence. From distraction came focus. From anxiety came intensity. From caution came aggressiveness. From DNFs came consistency. And from decent results to top-10 Nor-Ams finishes. And I attribute my quantum leap in performance almost entirely to mental imagery.
一言で言えば、この準備期間中に一貫したメンタルイメージプログラムに参加していなければ、来年の冬になることができる最高のスキーレーサーになることはできません。私はこれを研究者として勉強したか、あるいはトップジュニアからワールドカップまでのレーサーと一緒に使ったことがあるという理由だけではなく、そのような確信を持ってこれを言います。私はそれを生きたのでこれを言う!私がバークマウンテンアカデミーの若いレーサーだったとき、それは私に同じ効果がありました。ある夏、私は精神的なイメージの力を私に紹介した地元の大学でコースを受講しました。私はクラスの最後のプロジェクトの一環としてスキーレースにそれを適用して、それから翌秋からレースシーズンまでそれを使い続けました。結果は壮観に過ぎませんでした。疑いから自信が生まれました。注意散漫から焦点が当てられました。不安から強度が来ました。慎重さから攻撃性が来ました。 DNFから一貫性が生まれました。そしてまともな結果からトップ10のNor-Amsへと終わります。そして、私のパフォーマンスの飛躍的な飛躍は、ほとんど精神的なイメージによるものだと私は考えています。

But don’t be fooled into thinking that these remarkable ski racers just do mental imagery before races. In fact, they use it all year round, both on and off the hill. Why? Because they know they can benefit in so many ways—mentally, technically, and tactically—from taking thousands more training and race runs without having to get on snow. Simply by reproducing how they want to ski in their mind’s eye.
しかし、これらの素晴らしいスキーレーサーがレースの前に単に精神的なイメージをすると考えることにだまされてはいけません。実際、彼らは一年中、丘の上と外の両方でそれを使用しています。どうして?雪に降りかかることなく、何千ものトレーニングやレースを行うことで、精神的にも技術的にも戦術的にもさまざまな面でメリットがあることを知っているからです。彼らの心の中でどのようにスキーをしたいのかを単に再現することによって。

So, with last season now in your rear-view mirror and next season’s prep period just underway, the summer is the ideal time to commit to a mental imagery program and make big gains in your training and race preparations.
だから、昨シーズンのバックミラーと来シーズンの準備期間が始まったばかりの夏は、精神的なイメージプログラムに参加し、トレーニングやレースの準備に大きな利益をもたらす理想的な時期です。

But mental imagery won’t work if you only do it every once in a while or inconsistently. You have to approach your imagery the same way you approach your conditioning; you should have a structured imagery program that you do consisently. Think of mental imagery as strength training for the mind; you want to strengthen your mental “muscles” including motivation, confidence, intensity, focus, and emotions. And mental imagery is the most powerful mental “exercise” you can do to get your mind as strong as your body.
しかし、精神的なイメージは、あなたがたまにそれを一度に一度だけしたり、矛盾してしただけではうまくいきません。あなたはあなたのコンディショニングに近づくのと同じ方法であなたのイメージに近づかなければなりません。あなたはあなたが一貫してする構造化された画像プログラムを持つべきです。精神的イメージを心の筋力トレーニングと考えてください。やる気、自信、強さ、集中力、そして感情を含む精神的な「筋肉」を強化したいのです。そして、精神的イメージは、あなたの心をあなたの体と同じくらい強くするためにあなたがすることができる最も強力な精神的「運動」です。

Keys to Quality Mental Imagery
質の高い精神的イメージの秘訣

There are four factors that impact the quality of mental imagery: perspective, control, multiple sense, and speed. You can develop each of these areas so you can get the most out of your imagery.
心のイメージの質に影響を与える4つの要因があります:遠近感、コントロール、多感覚、そしてスピード。あなたはあなたのイメージを最大限に活用することができるようにあなたはこれらの領域のそれぞれを開発することができます。

Imagery perspective. Imagery perspective refers to where the “imagery camera” is when you do imagery. The internal perspective involves seeing yourself from inside your body looking out, as if you were actually skiing. The external perspective involves seeing yourself from outside your body like on video. Research indicates that one perspective is not better than the other. Most people have a dominant perspective with which they’re most comfortable. Use the perspective that’s most natural for you and then experiment with the other perspective to see if it helps you in a different way.
画像の視点画像パースペクティブとは、画像を撮影するときの「画像カメラ」の場所を指します。内部の視点は、まるであなたが実際にスキーをしているかのように、外から見てあなたの体の中から自分を見ることを含みます。外部の視点は、ビデオのように体の外側から自分を見ることを含みます。調査によると、一方の視点が他方の視点よりも優れているわけではありません。ほとんどの人は、最も快適な視点を支配しています。自分にとって最も自然な視点を使用してから、他の視点を試して、それが別の方法で役立つかどうかを確認します。

Control. Have you ever been doing imagery and you keep making mistakes, for example, you keep getting in the back seat or hipping out? This problem relates to imagery control, which is how well you’re able to imagine what you want to imagine. It’s not uncommon for racers to ski poorly in their imagery and it often reflects a fundamental lack of confidence in your skiing (when I started using imagery as a young racer at Burke, I couldn’t go three gates in my head without hooking a tip!). If mistakes occur in your imagery, you shouldn’t just let them go by. If you do, you’ll further ingrain the negative image and feeling which will hurt your skiing. Instead, when you make mistakes in your imagery, immediately rewind the “imagery video” and edit it and rerun the imagery video until you get it right.
コントロール。あなたは今までイメージをしてきました、そして、あなたは間違いを犯し続けています、例えば、あなたは後部座席に入ったり、ヒップアウトし続けていますか?この問題はイメージコントロールに関連しています。イメージコントロールは、想像したいことをどれだけうまく想像できるかということです。レーサーが自分たちのイメージであまりスキーをしないのは珍しいことではなく、それはあなたのスキーに対する基本的な自信の欠如を反映することがよくあります。 !画像に間違いがあったとしても、それを見逃してはいけません。もしそうするならば、あなたはあなたのスキーを傷つけるであろう否定的なイメージと感情をさらに根付かせるでしょう。代わりに、画像を間違えたときは、すぐに「画像ビデオ」を巻き戻して編集し、正しく表示されるまで画像ビデオを再実行します。

Multiple senses. Good imagery is more than just visual; that’s why I don’t like to call it visualization. The best imagery involves the multi-sensory reproduction of the actual ski racing experience. You should duplicate the sights, sounds, physical sensations, thoughts, and emotions that you would experience in an actual race. Visual imagery involves how clearly you see yourself skiing. Vivid auditory images are important because the sound of the skis on the snow, for example, tells you about the snow conditions. If you get nervous before a real race, you should get nervous in your imagery.
複数の感覚良い画像は単なる視覚的なものではありません。だから私はそれをビジュアライゼーションと呼びたくないのです。最高のイメージは、実際のスキーレースの経験を多感覚で再現したものです。あなたは実際のレースで経験するであろう光景、音、肉体的な感覚、考え、そして感情を複製するべきです。視覚的なイメージは、あなたが自分自身がスキーをしている様子をはっきりと示しています。例えば、雪の上でスキーの音が雪の状態についてあなたに告げるので、鮮やかな聴覚画像は重要です。あなたが本物のレースの前に緊張するならば、あなたはあなたのイメージで緊張するべきです。

The most powerful part of race imagery is feeling it in your body. That’s how you really ingrain new technical and mental skills and habits. A useful way to increase the feeling in your race imagery is to combine imagined and real sensations. Imagine yourself skiing and move your body with the imagined skiing, just like the Olympians in Pyeongchang.
人種のイメージの最も強力な部分は、あなたの体の中でそれを感じることです。だからこそ、あなたは本当に新しい技術や精神的なスキルや習慣を身につけるのです。あなたのレースのイメージの感覚を高めるための便利な方法は、想像と現実の感覚を組み合わせることです。平昌のオリンピック選手のように、自分自身でスキーをし、想像上のスキーで体を動かしましょう。

Speed. The ability to adjust the speed of your imagery will enable you to use imagery to improve different aspects of your skiing. Slow motion is effective for focusing on technique. When you first start to work on technique in your imagery, slow the imagery video down, frame by frame if necessary, to see yourself executing the skill correctly. Then, as you see and feel yourself skiing well in slow motion, increase the speed of your imagery until you can ski well at “real-time” speed.
速度。あなたのイメージのスピードを調整する能力はあなたがあなたのスキーのさまざまな面を改善するためにイメージを使うことを可能にするでしょう。スローモーションはテクニックに集中するのに効果的です。あなたが最初にあなたの画像のテクニックに取り組み始めるとき、あなた自身が正しくスキルを実行しているのを見るために必要ならフレーム毎に画像のビデオを遅くしてください。次に、スローモーションでうまくスキーをしていることを確認したら、「リアルタイム」のスピードでうまくスキーができるまで画像のスピードを上げます。

Be Realistic in Your Imagery
あなたのイメージにリアルになる

Imagine realistic conditions. Imagine yourself performing under realistic conditions, in other words, always do imagery under those conditions in which you normally train and compete. That is, if you’re usually seeded farther back and the courses are usually chewed up, imagine yourself on rough courses. Only imagine yourself racing under ideal conditions if you typically start in the early seeds and can expect “hero” snow.
現実的な状況を想像してください。現実的な状況の下で自分自身がパフォーマンスを発揮することを想像してみてください。言い換えれば、いつもあなたが通常訓練し競争するような状況の下でイメージをしてください。つまり、あなたが普段より遠くに種をまき、コースが通常噛まれているのなら、ラフなコースを考えてみてください。あなたが典型的に初期の種から始めて、そして「英雄」の雪を予想することができるならば、あなた自身が理想的な状況の下でレースすることを想像してください。

Imagine realistic skiing. If you’re a junior racer, don’t imagine yourself skiing like a World Cupper. Instead, imagine yourself skiing the way you normally ski, but incorporate positive changes into your skiing that you are working on.
リアルなスキーを想像してみてください。あなたがジュニアレーサーであるならば、あなた自身がワールドカップのようにスキーをすることを想像しないでください。代わりに、あなた自身が通常のスキー方法でスキーをすることを想像してみてください、しかしあなたが取り組んでいるあなたのスキーにポジティブな変化を組み入れてください。

Develop An Off-Snow Imagery Program
雪以外の画像プログラムを開発する

The key to an effective mental imagery program is consistency. You wouldn’t expect to get stronger by lifting weights once every few weeks. You wouldn’t expect to get better technically by skiing once in a while. The same holds true for mental imagery. The only way to gain the benefits of mental imagery is to use it frequently.
効果的な精神的画像プログラムへの鍵は一貫性です。あなたは数週間に1回体重を持ち上げることによって強くなるとは思わないでしょう。たまにスキーをすることで技術的に良くなることは期待できません。精神画像についても同じことが言えます。心のイメージの恩恵を受ける唯一の方法はそれを頻繁に使うことです。

Set imagery goals. Set specific goals for what areas you want to work on in each imagery session just like you would set goals for your on-snow training. The goals could be technical, mental, or overall performance. For example, you might focus on some technical change, being more relaxed and focused, or just skiing really fast.
画像の目標を設定します。雪上トレーニングの目標を設定するのと同じように、各画像セッションでどの分野に取り組みたいかについて具体的な目標を設定します。目標は、技術的、精神的、または全体的なパフォーマンスです。たとえば、技術的な変更に集中したり、リラックスして集中したり、あるいはただ単にスキーをするのが早い場合などです。

Climb imagery ladder. Create a ladder of training and races scenarios in which you will be skiing in the upcoming season. The ladder should start with training on easy hills and progress to more demanding training situations, timed training run, less important races, and increase through more important races up to the most important race in which you’ll compete next year.
画像のはしごを登る。あなたがこれからの季節にスキーになるであろう訓練とレースのシナリオのはしごを作りなさい。梯子は簡単な丘陵地帯でのトレーニングから始まり、より過酷なトレーニング状況への移行、定期的なトレーニングの実行、重要性の低いレースへと進み、来年の最も重要なレースへと成長します。

Then, begin your imagery on the lowest level of the imagery ladder. Stay at that rung until you reach your imagery goal. When that is achieved, stay at that step for several imagery sessions to really reinforce and ingrain the positive images, thoughts, and feelings. Then work your way up the ladder until you’re skiing the way you want in your imagery at the very top of the imagery ladder in the biggest race of the season.
次に、イメージラダーの最下位レベルからイメージを開始します。画像の目標に達するまで、そのラングにとどまります。それが達成されたら、ポジティブなイメージ、思考、そして感情を本当に強化し、浸透させるためにいくつかのイメージセッションのためにそのステップにとどまってください。それからシーズン最大のレースで、イメージのはしごの一番上でイメージに望む方法でスキーをするまで、はしごを上がっていきます。

Training- and race-specific imagery. Select training and race situations that are appropriate for your level of development. In other words, if you’re a U16, don’t imagine yourself racing in a World Cup at Wengen. Imagine yourself racing on a specific hill in a particular event in a specific race with a precise start number, for example, a Eastern Cup slalom at Stowe running 47th. Then select a different hill, event, and race for each imagery session, thus reaching their imagery goals on different hills and in varying events and conditions.
トレーニングおよびレース固有の画像あなたの成長レベルに適したトレーニングとレースの状況を選択してください。言い換えれば、あなたがU16なら、ヴェンゲンでのワールドカップでのレースを想像してはいけません。正確なスタート番号を持つ特定のレースの特定のイベントで、特定の丘を走っている自分を想像してみてください。たとえば、Stoweで開催されるEastern Cupのスラロームは47回目です。次に、各画像セッションで異なる丘、イベント、レースを選択し、さまざまな丘でさまざまなイベントや条件で画像の目標を達成します。

Imagery sessions. Imagery sessions should be done 3-4 times per week. Set aside a specific time of the day when you’ll do your imagery (just like you do for your physical training). Also, because your imagery sessions will be new and not a part of your usual routines, program alerts in your smartphone as reminders until the imagery sessions become as much of a habit as going to conditioning. Find a quiet, comfortable place where you won’t be disturbed. Each session should last about 10 minutes.
画像セッション画像セッションは週に3〜4回行われるべきです。あなたがあなたのイメージをすることになるその日の特定の時間を取っておく(あなたがあなたの身体的訓練のためにするように)。また、あなたの画像セッションは新しくてあなたの通常のルーチンの一部ではないので、画像セッションがコンディショニングに行くのと同じくらい習慣になるまでリマインダとしてあなたのスマートフォンでプログラムされたアラート。邪魔にならない静かで快適な場所を見つけましょう。各セッションは約10分続きます。

Imagery log. One difficulty with imagery is that, unlike physical training, the results aren’t tangible. An effective way to deal with this problem is to keep an imagery log. A log should record key aspects of every imagery session including the quality of the imagined performance, any thoughts and feelings that occur (positive or negative), problems that emerged, and what you need to work on for the next session. Imagery log enable you to see progress in your imagery, thereby making it more rewarding and motivating you to want to continue to do it. I include an imagery log in my mental imagery workbook that you can download and print out.
画像ログ画像の難しさの1つは、身体的なトレーニングとは異なり、結果が目に見えないことです。この問題に対処する効果的な方法は、画像ログを保存することです。ログには、想像上のパフォーマンスの質、発生した思考や感情、発生した問題、次のセッションに取り組む必要があることなど、すべての画像セッションの重要な側面を記録する必要があります。画像ログを使用すると、画像の進捗状況を確認できます。その結果、画像の価値が高まり、継続してやりたいというモチベーションが高まります。私はあなたがダウンロードして印刷することができる私の精神的な画像ワークブックに画像ログを含めます。

Accept the Challenge
挑戦を受け入れる

So, here’s the deal. I can’t guarantee that an off season filled with mental imagery is going to result in a quantum leap in your ski racing like it did for me so many years ago. But I will say that if you commit to a serious mental imagery program, there’s a darned good chance that you will be much better prepared mentally than you were this past winter. And if you combine the imagery program with an intensive physical conditioning regimen and quality on-snow training, then I can say with confidence that when you slide into the starting gate at your first race next winter, you’ll be able to say, “I’m as prepared as I can be to ski fast and achieve my goals.”
それで、これが契約です。精神的なイメージに満ちたオフシーズンが、何年も前の私のようにあなたのスキーレースに飛躍的な進歩をもたらすことは保証できません。しかし、私があなたが真剣な精神的なイメージプログラムにコミットするならば、あなたがあなたがこの過去の冬であったよりあなたがはるかに精神的に準備されるであろうという良い機会があると言うでしょう。また、画像プログラムと集中的な体調管理レジメンおよび質の高い雪上トレーニングを組み合わせると、来年の最初のレースでスタートゲートに滑り込むと、自信を持って言うことができます。速くスキーをして目標を達成することができるのと同じくらい準備ができています。」

I have three free downloadable mp3 audio files that guide you through relaxation and race imagery scenarios for training, SL/GS and SG/DH. I also have a free mental imagery workbook that you can download and print out to help you create a structured imagery program.
私はトレーニングのためのリラクゼーションとレースのイメージシナリオ、SL / GSとSG / DHを通してあなたを導く3つの無料のダウンロード可能なmp3オーディオファイルを持っています。無料のメンタルイメージワークブックをダウンロードして印刷して、構造化イメージプログラムを作成することもできます。

(Google翻訳)

オーストリア女子チーム、バイクトレーニング

SwissPass Smile Challenge

ウェンディ・ホルディナー、合宿参加中

ステファン・ハダリン、フィジカルチェック

オーストリア女子ジュニアチーム、陸トレ合宿

陸トレの季節

ミカエラ・シフリン、ジムトレのルーティンへ

この投稿をInstagramで見る

Betcha can’t guess how high...😝 #testingday #hippityhoppity #upupup

Mikaela Shiffrin ⛷💨さん(@mikaelashiffrin)がシェアした投稿 -

ソフィア・ゴッジア、ジムトレ開始

SwissPass Smile Challenge

オーストリアチーム、TECHNOGYMのフォトシューティング



スウェーデンチームのユース向けサマーキャンプ

エヴァ・マリア‐ブレム、”Monday: warm-up & start working”

ヴィクトリア・レベンスブルク、黙々とフィジカルトレーニング



SkyTech Sports Ski&Snowboardシュミレーター

ティナ・ウァイラター、マヨルカキャンプ終了

究極の?クローチングトレーニング

スイスチーム、マヨルカ島でトレーニング中3



ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報