クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

オフトレ

Fjallgymnasiet Skidor、自分を出し切るためのフィジカルテスト

クリストフ・インナーフォッファー、Sunset hiking 🌞

フェデリカ・ブリニョーネ、シーズン近づきトレーニングやめられない!

フィジカルトレーニングは楽しくない、でもスキーをしたいならトレーニングできる!

雪上トレーニング後はフィジカルトレーニング



グラススキー、チェコ選手権大会

ドイツチーム、空中ブランコに挑戦!

アナ・ファイト、”Shooting days... ”

フェデリカ・ブリニョーネとラファエラ・ブリュット、ウェイクサーフVSウェイクボード

イタリアの多くの地域では、まだ夏のようです。 波の頂上のその日を覚えるのに適した気候🏄‍♀🏄
ヴィヴェローネ湖での異常なトレーニングでのフェデリカ・ブリノーネとラファエラ・ブルート。


オーストリアチーム、”また、週末は汗をかきます...”

クリスティン・シャイアー、”No obstacle can stop them! 💪”

インラインアルペントレーニング

ウェンディ・ホルディナー、”フィジカルテスト✅私が考えていることを推測しますか?”

フェデリカ・ブリニョーネ、”トレーニングをしてみませんか?”

オフトレの成果がこれから現れる時季



秋の準備期間、「辛い単調なトレーニング」を乗り越えて冬を迎える

Push Through the ‘Grind’ of the Fall Prep Period
秋の準備期間の「笑顔」を押し通す

It’s late September. If you’re serious about your ski racing, this means you’re back to school and hip deep in an intense physical conditioning block. You’ve been at it all summer and there’s another few months of busting your butt before you get to do what you love to do, namely, get back on snow. Right now, you’re probably tired of it, of being exhausted, in pain, and maybe even a little bored. I remember fall training at Burke Mountain Academy back in the day: cold early morning runs, bike rides in the rain, multiple sets of squats, and incredibly intense intervals up “Blueberry Hill” (so named for a girl who threw up at the top after a blueberry pancake breakfast!); definitely not fun!
9月下旬です。スキーレースに真剣に取り組んでいるなら、これはあなたが学校に戻って、激しい体力調節ブロックの奥深くにいることを意味します。あなたは夏中ずっとそこにいましたが、あなたがやりたいことをする前に、つまり雪に戻る前に、さらに数ヶ月お尻をつぶしました。今、あなたは恐らくそれに疲れている、疲れ果てている、痛みに苦しんでいる、そしておそらく少し退屈さえしている。昔のバークマウンテンアカデミーでの秋のトレーニングを覚えています。寒い早朝のランニング、雨の中の自転車乗り、複数のスクワットセット、そして信じられないほど激しい「ブルーベリーヒル」の間隔(トップで投げた女の子にちなんで命名されました)ブルーベリーのパンケーキの朝食の後!);絶対に楽しくない!

The physical conditioning you do and the fitness gains you make in the fall are essential for your success this coming winter. Yet, it’s very likely that, at some point in this fall prep period, you’re going to reach a point in your physical training when you want to scream, “ENOUGH!”
秋に行う体力調整とフィットネスの向上は、この冬に成功するために不可欠です。しかし、この秋の準備期間のある時点で、「十分な!」と叫びたいときに身体トレーニングのポイントに達する可能性が非常に高いです。

But you can’t! Because if you do, you let yourself down and, in all likelihood, you aren’t going to have the kind of race season you want to have.
しかし、できません!あなたがそうするなら、あなたは自分自身を失望させ、おそらくあなたが望むレースシーズンのようなものを持っているつもりはないからです。

That point you will almost certainly reach is what I call “the Grind.” The Grind occurs when your training is just no longer fun. It’s also the point that separates ski racers who achieve their goals from those who don’t. When most racers hit the Grind, they either ease up or give up because it’s just too darned hard. But truly motivated racers—Alexis, Mikaela, Sofia, and Henrik—realize that the Grind is also the point at which it really counts. The fact is that everything up to the Grind is pretty easy, so anyone can get through it. But, when these superstars reach the Grind, instead of easing up, they keep on going and, in fact, push harder. They know that maintaining their effort, intensity, and focus during the last reps, sets, or miles might make the difference between success and disappointment this winter.
あなたがほぼ確実に到達するポイントは、私が「グラインド」と呼ぶものです。グラインドは、トレーニングがもはや楽しくないときに発生します。また、目標を達成するスキーレーサーとそうでないスキーレーサーを区別するポイントでもあります。ほとんどのレーサーがグラインドを打ったとき、彼らはそれがただあまりにも激しく走りすぎたので、和らげるかあきらめます。しかし、本当にやる気のあるレーサー、アレクシス、ミカエラ、ソフィア、ヘンリクは、グラインドが本当に重要なポイントでもあることを認識しています。実際のところ、Grindまでのすべてが非常に簡単であるため、誰でもそれを通り抜けることができます。しかし、これらのスーパースターがグラインドに到達すると、緩和する代わりに、彼らは進み続け、実際、もっと強く押します。彼らは、最後の担当者、セット、またはマイルの間に努力、集中力、集中力を維持することが、この冬の成功と失望の違いを生む可能性があることを知っています。

I’ve heard other sport psychologists tell their athletes that they have to love the Grind because if they don’t love it, they won’t embrace it. But I’m a realist. Except for a rare few athletes, there’s just not much to love when you’re cold, tired, and in pain. But you can’t hate the Grind either because if you do, you’re probably going to stop. Now, you might be thinking: “If loving it isn’t possible, but I’m can’t hate it either, what do I do?”
他のスポーツ心理学者がアスリートに「グラインドを愛さなければならない」と言っているのを聞いたことがあります。しかし、私は現実主義者です。まれな少数のアスリートを除き、寒い、疲れている、痛みがあるときに愛することはあまりありません。ただし、Grindを嫌うことはできません。今、あなたは考えているかもしれません:「それを愛することは不可能であるが、私もそれを憎むことはできません、私は何をしますか?」

How you experience the Grind is on a continuum. I suggest that you neither love nor hate the Grind, just accept it as part of the deal in striving toward your ski racing goals. The Grind may not be very enjoyable, but what feels even worse is failing to achieve your goals this winter because you didn’t work hard enough in your fall conditioning. And what really feels good is seeing your hard work pay off with success this coming winter.
グラインドを体験する方法は連続しています。 Grindを好きでも嫌いでもないことをお勧めします。スキーレースの目標に向かって努力する際に​​、Grindを取引の一部として受け入れてください。グラインドはあまり楽しいとは言えないかもしれませんが、さらに悪いことに感じるのは、秋のコンディショニングで一生懸命働いていないために、この冬に目標を達成できないことです。そして、本当に気持ちがいいのは、この冬にあなたの努力が報われることです。

Plus, after a really intense workout, when you push through the Grind, you feel a lot of pride and it inspires you to keep on pushing through the Grind. Until you arrive at that day you’ve been waiting for, when you can click into your skis and start arcing them again. Then, you’ll know that pushing through the Grind was worth every ounce of blood, sweat, and tears.
さらに、非常に激しいトレーニングの後、Grindを押すと、多くのプライドを感じ、Grindを押し続けるように促します。あなたが待っていたその日に到着するまで、スキーをクリックして再びアークを開始することができます。それから、Grindを押すことは、血、汗、涙のすべてのオンスの価値があることがわかります。

So, next time you’re doing dryland and it is REALLY NOT FUN, recognize the Grind, why you’re doing it, and push on through it. This winter, when you’ve had some great races, you can then thank yourself for hanging tough when it really mattered.
それで、次回あなたが乾燥地をやっていて、それが本当におもしろくないとき、Grind、あなたがそれをしている理由を認識して、それを通して進んでください。今年の冬、素晴らしいレースがあったとき、それが本当に重要だったときにタフにぶら下がってくれたことに感謝することができます。

(Google翻訳)

シーズン前のフィジカルテスト

ハンネス・ライヒェルト、”健診中✅ さあ、スキーに戻りましょう!”

クリスティン・シャイアー、”あなたの体をより速く癒すように強制することはできません”

ルカ・エルニ、”Super fun training !”

FISアルペンスキーワールドカップ2020湯沢苗場大会
ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報