クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

オフトレ

エヴァ・マリア-ブレム、クールシュヴェルに向けて準備中

No snow? No Problem! Indoor Skiing is now possible

スピードスキーレーサー”ジャン・ファレル”、サーキットでエアロダイナミクストレーニング

スキーシミュレーターでいい動きしてます!

テッサ・ウォーリー、暫くはフィジカルトレーニングに専念

リンゼイ・ボン、”Hardest Workout”

アナ・ファイト、次のレースの準備

カルロ・ヤンカ、W杯 ヴァルガーデナ戦を前に自宅でコンディショニング

ソフィア・ゴッジア、追い込みトレーニング

ヨアナ・スクナーフ、”step by step... ”

愉しいサーキットトレーニング

ソフィア・ゴッジア、”イメトレ中”



アレクシス・パンテュロー、ビーバークリーク滞在中のフィットネスセンターでの調整

ミッチェル・ギジン、”夏に準備してきたものを この冬に”

ソフィア・ゴッジア、快方に向かう

スキーシミュレーターの効果は如何に!

バレンティン・ジロー・モイン、"新しい 出発"

What Mental Training is Really All About



I get several phone calls and emails a week from parents of racers who tell me that their young racer is struggling and it seems to be “mental.” I then ask for more details about what kinds of specific difficulties their kids are having and they usually have a tough time explaining further. The most common response is: “They train great, but don’t compete well.” But the parents can’t usually provide any more useful information.
私は若いレーサーが苦労していると私に教えているレーサーの両親から週に何回かの電話とEメールを受け取り、それは "精神的"であるようです。私は子供たちがどのような具体的な困難を抱えているのか、さらに説明するのに苦労する。最も一般的な対応は、「彼らは偉大な訓練を受けますが、うまく競争しません」です。しかし、両親は通常、これ以上有用な情報を提供することはできません。

Additionally, when I ask them what they know about sport psychology or mental training, they typically say, “Not much.” Yet, when I ask racers, coaches, and parents how important the mental side of ski racing is compared to the physical and technical aspects, a few say not as important, many say as important, and almost as many say more important. Though, given what I do for a living, I really appreciate the latter sentiment, even I don’t think the mind is more important because racers can have all of the mental stuff in the world, but if they’re not physically and technically capable of getting down the hill, the mental side doesn’t matter. But don’t get me wrong, it is an essential piece of the athletic success puzzle. I then ask how much time racers devote to their mental preparation and they usually look sheepish and respond always little or no time.
また、スポーツ心理学や精神訓練について知っていることを尋ねると、「あまりない」と言われています。しかし、私はレース、コーチ、そして両親に、スキーレースの精神面を物理的技術的な面では、重要ではないと言われる人が少なく、多くの人が重要だと言われています。しかし、私が生きていくためにやっていることを考えれば、後者の感想は本当にありがたいです。私は、レース担当者が世界のすべての精神を持つことができるため、心が重要だとは思わないが、丘を下っていくことができる、精神的側面は重要ではない。しかし、間違ってはいけない、それは運動の成功のパズルの不可欠な部分です。私は次に、レーサーが精神的準備にどれくらいの時間を費やしているのか聞いてみる。

Despite its obvious importance, the mental side of ski racing is most often neglected, at least until a problem arises. The ski racing world seems to hold mental training to a different standard than the physical and technical aspects of our sport. Many people have the impression that mental training can produce miraculous results in a short time. You wouldn’t believe the number of calls I get from parents a week before a U16 Nationals or U14 Championships! Though I consider myself very good at what I do, I am definitely not a magician. You wouldn’t expect increases in strength by lifting weights once or twice or an improvement in technique by working on it for an hour. Why would the ski racing world expect such unrealistic goals from mental training?
その明らかな重要性にもかかわらず、スキーレースの精神面は、少なくとも問題が発生するまで、ほとんどの場合無視されます。スキーレースの世界は精神的な訓練をスポーツの物理的および技術的な側面とは異なる基準にしているようです。多くの人々は精神的な訓練が短期間で奇跡の結果を生むことができるという印象を持っています。あなたはU16ナショナルズまたはU14選手権の前に週に親から受ける電話の数を信じません!私は自分自身を非常によく考えていますが、私は間違いなく魔術師ではありません。体重を1〜2倍にするか、テクニックを向上させることで、1時間の作業で体力の増加は期待できません。なぜスキーレースの世界は、そのような非現実的な目標を精神訓練から期待するのだろうか?

The mistake that racers, coaches, and parents make is that they don’t treat the mind the way they treat the physical and technical aspects of our sport. Racers don’t wait to get injured before they do physical conditioning. They don’t develop a technical flaw before they work on their technique. Rather, racers do physical and technical training to prevent problems from arising. They should approach the mind in the same way.
レーサー、コーチ、そして親がする間違いは、彼らがスポーツの物理的および技術的側面を扱うように心を扱わないということです。レーサーは、体調を整える前に怪我をするのを待つことはありません。彼らは彼らの技術に取り組む前に技術的な欠陥を開発しません。むしろ、レーサーは、問題の発生を防ぐために物理的および技術的なトレーニングを行います。彼らは同じように心に近づくべきです。

What makes the physical and on-snow training programs that racers are on effective? Well, they are:
レーサーが効果的になっている物理的および雪上のトレーニングプログラムは何がありますか?まあ、彼らは:


Comprehensive 包括的な
Structured 構造化された
Consistent  一貫性のある
Periodized 期間設定された
Personalized パーソナライズド

The only way to improve any area of ski racing performance, whether physical, technical, or mental, is through commitment, hard work, and patience. I can say with confidence that if racers make the same commitment to their mental training as they do to their physical and technical training, it can play a key role in helping them achieve their goals.
スキーレースのパフォーマンスを物理的、技術的、精神的に向上させる唯一の方法は、コミットメント、勤勉、そして忍耐です。レーサーが精神的な訓練を自分たちの物理的および技術的な訓練と同じように行うなら、目標を達成するために重要な役割を果たすことが自信を持って言える。

So, to help the ski racing world understand what mental training has to offer and to explain precisely what I do, I thought it would be helpful to describe my work with racers, so everyone in the ski racing community can consider mental training in its proper context and, as a result, maximize its benefits.
だから、スキーレースの世界が精神的なトレーニングの内容を理解し、私がしていることを正確に説明するために、私は自分の仕事をレーサーと表現することが役立つと思ったので、スキーレースのコミュニティの皆は、その結果、その利益を最大化することができる。

Prime Performance System
プライムパフォーマンスシステム

Let me begin by saying that there are many sport psychology consultants and mental coaches out there, some of whom work with racers, with varying degrees of education, training, and experience. Though I know most of the best ones around the U.S. personally or by reputation, I don’t know what they do or how they work. All I can tell you is how I work with racers.
まず、スポーツ心理学のコンサルタントや精神的な指導者が多くいます。その中には、さまざまな程度の教育、訓練、経験を持つレーサーと仕事をしているものもいます。個人的にも評判によっても、私は米国内で最も優れたもののほとんどを知っていますが、彼らの行動や仕組みはわかりません。私があなたに伝えることは、私がどのようにレーサーと仕事をしているかだけです。

My mental training with racers relies on my Prime Performance System, a truly unique and comprehensive framework for mental training that I have developed over my decades of work with top junior, collegiate, Olympic racers. It’s comprised of five essential mental- and performance-related areas:
レーサーとの精神的なトレーニングは私のプライム・パフォーマンス・システム(Prime Performance System)に基づいています。これは、ジュニア、大学生、オリンピックのレーサーと何十年にもわたって仕事をしてきた真のユニークで包括的な精神訓練の枠組みです。それは、5つの重要な精神的および業績関連の分野で構成されています。


・Five attitudes (ownership, process, challenge, long-term, risk) enable racers to look at performance, competition, success, and failure in the healthiest way possible. By adopting these attitudes, racers lay the foundation to pursue their athletic and life goals from a healthy starting point.
5つの態度(オーナーシップ、プロセス、チャレンジ、長期的、リスク)は、競技者がパフォーマンス、競争、成功、失敗を可能な限り健康的に見せるようにします。これらの姿勢を採用することで、競技者は健全な出発点から運動目標や生活目標を追求するための基礎を築くことができます。

・Five obstacles (over-investment, perfectionism, fear of failure, expectations, emotions) are often erected without racers’ awareness as they develop as athletically and personally. These obstacles sabotage their efforts and performances. My goal is to remove these obstacles so racers can attain a psychological and emotional state that liberates them to pursue their goals with commitment, confidence, and abandon.
競技者や個人として成長するにつれ、5人の障害(過度の投資、完璧主義、失敗、期待、感情の恐怖)は、レーサーの認識なしに立てられることがよくあります。これらの障害は、彼らの努力と公演を妨害する。私の目標は、これらの障害を取り除くことで、レーサーはコミットメント、自信、放棄で目標を達成できるように心理的かつ感情的な状態を達成することができます。

・Five keys to training (perspective, train like you race, consistency, experiment, quality) ensure the highest quality and maximum benefit from training off- and on-snow. The culmination of these approaches involves racers getting the most out of their training efforts enabling them to progress as fast as possible toward their athletic goals.
訓練の5つのキー(視点、競技のような訓練、一貫性、実験、品質)は、雪と雪の訓練から最高の品質と最大の利益を保証します。これらのアプローチの頂点は、競技者が自分のトレーニングの努力を最大限に活用して、運動目標にできるだけ早く進むことができるようにすることです。

・Five mental “muscles” (motivation, confidence, intensity, focus, and mind state) are essential for racers to ski their fastest. If racers can develop these muscles, they give themselves the means to enter races totally prepared to ski at their highest level possible.
競技者が最も速くスキーをするためには、5つの精神的な「筋肉」(モチベーション、自信、強度、フォーカス、および心の状態)が不可欠です。レーサーがこれらの筋肉を発達させることができる場合、彼らは可能な限り最高レベルでスキーするために完全に準備されたレースに参入する手段を与えます。

・Five mental exercises and tools (goal-setting, self-talk, breathing, imagery, routines) provide racers with the practical strategies they need to ensure they are comprehensively prepared to ski their fastest when it counts the most. They are aimed at attaining and maintaining an optimal mental and physical state required to achieve success.
5つの精神的なエクササイズとツール(ゴール設定、自己話し、呼吸、画像、ルーチン)は、レーサーに、彼らが最も重要なときに彼らが最も速くスキーするように準備するために必要な実用的な戦略を提供します。彼らは成功を達成するために必要な最適な精神的および身体的状態を達成し維持することを目指しています。

How I Work
私の仕事

The first time I meet with a racer, I administer my Mental Assessment of Performance (think of it as “physical testing for the mind”), an evaluation of around 15 essential mental areas drawn from my Prime Performance System. The MAP serves several purposes. First, the racers get to understand the key mental areas that impact their ski racing efforts. Second, both they and I see where they are in relation to the mental areas. Third, the results of the MAP guide the planning and implementation of a personalized mental training program. The racer and I collaborate to determine which mental areas should be addressed first.
私がレーサーと初めて会うとき、私は自分のプライム・パフォーマンス・システムから引き出された約15の重要な精神領域の評価であるパフォーマンスの精神的評価(それを「心の物理的テスト」と考える)を管理します。 MAPはいくつかの目的に役立ちます。まず、競技者は、スキーレース活動に影響を与える重要な精神領域を理解することができます。第二に、彼らと私は、彼らが精神領域に関係している場所を見ています。第3に、MAPの結果は、個人化された精神訓練プログラムの計画と実施を指導する。レーサーと私は協力して、最初に取り組むべき精神領域を決定します。


If the primary focus of our work is on strengthening racers’ mental muscles and teaching them mental exercises and tools, I will, in my office, describe why they’re important, how they impact athletic performance, and where the racer is in relation to them. I’ll also show racers how to use them both away from and in their on-snow training. The single most important mental tools I teach racers are mental imagery and routines.
レーサーの精神的筋肉を強化し、精神的なエクササイズやツールを教えることに重点を置いているのであれば、私は自分のオフィスで重要な理由、運動能力にどのような影響を与えているのか、そしてレーサーとの関係それら。私はまた、雪上練習の際に彼らをどのように使用するかをレーサーに示します。私がレーサーに教える最も重要な精神的なツールは、精神的なイメージとルーチンです。

Then, if the opportunity arises, I then work with racers in on-snow and show them how to use the mental exercises and tools while they are actually free skiing and running gates. I have found that this “real time” experience with mental training enables racers to ask questions, experiment, get feedback from me and their coach, and see the direct connection between doing mental training, being more mentally prepared, and, most importantly, skiing better. I also demonstrate the Training component of my Prime Performance System to show them how to maximize the value of their training efforts. If racers get that connection between doing mental training and seeing improvement, I know that I will get buy in from them. My goal with this work, both in my office and on-snow, is to strengthen racers’ mental muscles and give them a “toolbox” of mental tools they can use so that they can gain the most benefit from their training and be maximally prepared to ski their fastest in races.
その後、機会があれば、私は雪上のレーサーと協力して、実際にフリースキーやランニングゲートである間に、精神的なエクササイズやツールの使い方を示します。私は精神的な訓練のこの「リアルタイム」経験が、質問をしたり、実験したり、私とそのコーチからフィードバックを得たり、より精神的に準備されていること、そして最も重要なのはスキーより良い。また、自分の練習の価値を最大限に引き出す方法を示すために、私のプライムパフォーマンスシステムのトレーニングコンポーネントを紹介します。レーサーが精神的なトレーニングと改善を見ている間にその関係を得るなら、私は彼らからバイヤーを得ることを知っています。私のオフィスでも雪上でも、この仕事の私の目標は、競技者の精神的筋肉を強化し、彼らがトレーニングから最大の利益を得て最大限に準備できるように使用できる精神的ツールの「ツールボックス」を与えることですレースで最速のスキーをする。

If my work focuses on the deeper issues of attitudes and obstacles from my Prime Performance System, for example, habitual negativity, perfectionism, and fear of failure, I help racers understand why these obstacles interfere with their racing efforts, how they developed, and provide insights and tools to remove the obstacles and allow racers to continue on the path toward their goals. This work occurs generally in an office setting. Exploring attitudes and obstacles is a slower and less certain aspect of mental training because changing deeply ingrained ways of thinking can be difficult. At the same time, when racers are able to let go of their “baggage,” they are liberated to race free from doubt, worry, and fear.
私の仕事が、慣習的な否定性、完璧主義、失敗の恐れなど、私のプライム・パフォーマンス・システムのより深刻な態度や障害の問題に焦点を当てているとすれば、これらの障害がレース活動に干渉し、洞察力とツールを使用して障害物を取り除き、レーサーがゴールに向かって進むことを可能にします。この作業は、一般にオフィス環境で行われます。態度や障害を探ることは、深く掘り下げた思考方法を変えることは困難な場合があるため、精神訓練のより遅く、特定の側面ではありません。同時に、レーサーが「手荷物」を手放すことができるとき、彼らは疑い、心配、および恐怖から自由に競争するために解放されます。

I also want to note that if I recognize that these obstacles are grounded in more serious psychological issues (e.g., depression, anxiety), I will make a referral to an appropriately trained mental health professional (I don’t do clinical work) and may or may not continue to work with the racer depending the how those issues impact the pursuit of their goals.
私は、これらの障害がより深刻な心理的問題(うつ病、不安など)に根ざしていることを認識すると、適切に訓練されたメンタルヘルス専門家(私は臨床研究をしていない)への紹介を行い、それらの問題が目標の追求にどのように影響するかによって、レーサーとの仕事を継続しない可能性があります。

Getting Results
結果を得る

I’m often asked how quickly racers can expect results from a commitment to mental training. Positive change varies widely depending on the individual racers and the issues that are presented. For example, issues related to strengthening mental muscles and gaining mental tools training, such as increasing confidence and improving focus, can be improved relatively quickly. I have found that racers can expect to see improvements in their mental muscles and related race performance within six to eight weeks, if not sooner. In contrast, issues related to the obstacles I described above, such as perfectionism and fear of failure, take more time. Racers can expect to see positive changes in these deeper issues within three to six months.
私はしばしば、レーサーが精神訓練へのコミットメントからの結果をどれくらい早く期待できるか尋ねられます。ポジティブな変化は、個々のレーサーと提示される問題によって大きく異なります。例えば、精神的筋肉を強化し、自信を深めフォーカスを向上させるなどの精神的なトレーニングを受けることに関連する問題は、比較的迅速に改善することができる。私は、レーサーは精神的な筋肉の改善と関連レースのパフォーマンスを6〜8週間以内に見なければならないことを知りました。対照的に、完璧主義や失敗の恐れなど、私が上に述べた障害に関連する問題には、より多くの時間がかかります。レーサーは、3〜6ヶ月以内にこれらのより深刻な問題に肯定的な変化を見込むことが期待できます。

Admittedly, mental training doesn’t always work as intended. The fact is that the sport of ski racing is complex, unpredictable, and, in many ways, uncontrollable. Many factors, both within and outside of ski racing, can impact performance and lead to or prevent success, including physical, technique and tactics, equipment, coaches and teammates, and, of course, mental, as well as family life and school. Just as with the other contributors to athletic performance, there are no guarantees that mental training will result in improved performance and results during the course of my work with racers. In some cases, improvement is immediate and startling. In other cases, racers show steady improvement in the months and years during and following the conclusion of our work as they continue to apply what they learn from our work. And, on rare occasions, racers’ work with me doesn’t translate into improved results at all.
確かに、精神的な訓練は必ずしも意図どおりに機能するわけではありません。実際、スキーレースのスポーツは複雑で、予測不可能で、多くの点で制御不能です。スキーレースの内外両方の多くの要素が、パフォーマンスに影響を与え、物理的、技術的、戦術的、機器、コーチ、チームメイト、そしてもちろん精神的、家族的な生活や学校など、成功へとつながります。他の競技者のパフォーマンスと同様に、精神的なトレーニングが競技者の作業中にパフォーマンスと結果が向上するという保証はありません。場合によっては、改善は即座で驚くべきものです。他のケースでは、レーサーは、私たちの仕事が終わってからやってきた数ヶ月と数年の間に、私たちの仕事から学んだことを引き続き適用するにつれ、着実な改善を示しています。まれに、私とのレーサーの仕事が結果を改善することにまったく変わりません。

My Goals
私の目標

I can’t guarantee that my work with racers will result in accomplishing their ski racing goals. At the same time, there are perhaps more important goals that I am confident that I can achieve with them:
私は、レーサーとの私の仕事が彼らのスキーレースの目標を達成する結果になることを保証することはできません。それと同時に、もっと重要な目標があります。私はそれを達成できると確信しています。

・Increase their awareness and understanding of ‘what makes them tick’ as racers and people.
レーサーや人としての意識と理解力を向上させる。

・Provide information and insights that will instill in racers healthy attitudes toward competition, success, failure, and the role that ski racing and achievement play in their lives.
競争相手、成功、失敗、そしてスキーレースと成果が彼らの生活の中で果たす役割について、レーサーの健全な態度を浸透させる情報と洞察力を提供します。

・Identify and mitigate obstacles (e.g., fear of failure, risk aversion) that may be holding them back from their ski racing and life goals.
スキーレースや人生の目標から戻ってくる可能性のある障害(例えば、失敗の恐れ、リスク回避)を特定し、緩和する。

・Strengthen their mental “muscles” to enable them to be mentally prepared to ski their fastest in races and other aspects of their lives.
彼らの精神的な「筋肉」を強化して、彼らが人種やその他の生活の中で最も速くスキーをするために精神的に準備できるようにします。

・Provide racers with a mental toolbox they can use in their ski racing and lives.
競技者がスキーレースや生活に使用できる精神的なツールボックスを提供します。

・Do everything I can to help racers to fully realize their abilities and achieve their ski racing goals.
レーサーが能力を十分に発揮し、スキーレースの目標を達成するために、私ができることをすべて尽くしてください。

・Instill all of the above to not only assist racers in their ski racing lives, but also to help them to find success and happiness in their future educations, relationships, and careers, and lives.
上記のすべてをスキーレースの人生を支援するだけでなく、彼らが将来の教育、関係、キャリア、そして生活の中で成功と幸福を見つけるのを助けるために。

So there you have it; what mental training means to me and what I do in my work with ski racers. I hope this article takes some of the mystery out of mental training and helps readers to better understand what it can and cannot do, and how it can help racers, whether juniors, college racers, and Olympians, to achieve their goals.
それであなたはそれを持っています。精神的なトレーニングが私にとって何を意味するのか、そしてスキーレーサーとの仕事で何をしているのか。この記事では、精神的な訓練の謎を解き、読者ができることとできないことを理解し、ジュニア、カレッジレーサー、オリンピックのいずれのレーサーが目標を達成するために役立つかを理解するのに役立ちます。



(Google 翻訳)

マルセル・ヒルシャー、日頃のトレーニングの賜物



ミカエラ・シフリン、”レヴィへの準備は万全”

第97回 全日本スキー選手権大会アルペン競技会 技術系
181224
大会日程
12/25(火)開会式
12/26(水)男子GS
12/27(木)女子GS GS表彰式
12/28(金)男女SL 表彰式

https://www.snowmap-japan.jp/report-column/965/
東京都スキー連盟 キッズイベント
野沢ポスター
第56回全国中学校 スキー大会
『無限の力ここに 越後の舞台で光輝け』

poster

大会ホームページ

2019年2月4日(月)〜7日(木)
アルペン競技 苗場スキー場
第68回全国高等学校スキー大会
poster

『躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って』

アルペン会場:花輪スキー場ジャイアントコース
2019年2月8日(金) 〜 2月12日(火)

大会ホームページ
第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報