クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

サッカー

冬の空気を感じながらサッカー

朝の気温は6℃と冬を感じました!

きょうは、6年生になるとブロックでも強豪といわれる2チームとの練習試合に参加してきました。
我がチームは、18名の参加者がいましたので、2チームに分けて、それぞれのチームと対戦しました。

6試合を行ない、全体で1勝5敗という結果に。
一言で言うと、我がチームは、ディフェンスが出来てないですね。
また、相手チームと比較して、走り負けている感じでした。
これらは、今までのチームの課題として、基本的に変わっていません。
ただ、個々の部分を見ていると、秋季の2〜3ヶ月くらいでの成長を感じる選手もいました。

普段の練習は嘘をつきません。
他のチームとの試合の中では、その成果が現れてくるものです。
まだまだ練習次第では、今日のようなチームと対戦しても、勝ち筋はあります。
今日の試合の中で感じた自分たちの弱点を練習で解決していきたいと思います。


b4fb2396-s

b8adb115-s

bfa4f3d6-s

『良い姿勢』は、スポーツ障害を引き起こさないだけでなく、パフォーマンスの向上にもリンクする

重要なのは姿勢。
良い姿勢とは、骨盤が前に傾いている状態のこと。
そうするとヒザが伸びて、足の負担が減る。
でも、多くの(日本の)子どもたちは骨盤が後傾した悪い姿勢、要するにお尻が落ちて、ヒザが曲がった状態で動いている。
そうすると、太ももばかりに負担がかかる。
オスグットになる子は、太ももがガッシリ張っている子が多い。

スペインの子は骨盤が起きている。だから、特定の部分に負担がかかりづらい。
向こうの子は、もも前、ふくらはぎがそんなに太くない子が結構いる。余計な筋肉がついていない。
逆に、日本の子は骨盤が下がっているため、もも前に負担がかかって、筋肉が必要以上に発達してしまう。
特に5、6年生くらいになると、そういう子が増えてくる。
そしてそういう子のほうが、痛みが出やすい。
アドバイスをするとすれば、姿勢や身体の動かし方を変えるしかない。


専門競技のやりすぎが体力運動能力偏りの原因に

イメージ通りのプレーをするための骨盤と背中のトレーニング

体重移動と重心移動の違い

スキーの運動でも大切な「重心移動」

楽しまなければ勝てない〜世界と闘う“こころ”のつくりかた

スポーツの持つ教育的な力は、ゲームを楽しむために、
自分を磨くこと、
ライバルを含んだ仲間と切磋琢磨し高め合うこと、
ルールを順守してフェアに闘うこと、
真剣にベストを尽くすこと
などに"自己決定"の下で取り組んだ時に最も大きくなる。

そこに指導者の暴力や暴言での強制の入る余地は全くないのだということが理解されなけらばならない。


アンチエイジング、「しっかりとした食事と質の高い睡眠」

“できる、できない”じゃなくて“やるか、やらないか”ということ。
最初からできる、できないと結果を求めるのではなくて、やるかやらないか。
結果がでなくてもやることに意味があるし、やると決めたからには全力で取り組む。
思い描いていた結果ではなくても、やり続けることで掴めることって何かしらあるし、それは大きな意味で自分の成長につながっていくはず。
これやったんだからこういう成功が手に入るだろう、とか僕はそういうのは求めていなくて。
失敗することもあるけれど、色々な経験をすることが最終的にどこかで活きていくのではないかと思っている。


身体の負担を軽減する背中と骨盤を意識した動き

悪い姿勢のままだと、「肩関節」「股関節」の動く範囲が狭まる。
そして、この姿勢で運動すると、太ももやふるらはぎなどの筋肉へも負担がかかり、下肢が疲労してくる。
これは、サッカーに限らず、スキーでも言えること。


運動能力の偏りは、特定の競技ばかりのトレーニングが原因

「サッカー解説」の革命

サッカー解説という仕事は文字どおり「サッカーを解いて説く」こと。
求められるのは、視聴者がサッカーというスポーツを理解して楽しむために専門家の視点で言語化すること。


今季もあと少しのサッカー練習会

冬季になると、この子たちとは離れてしまうのが、心残りなのですが、しっかりと成長をみせてくれています。
レベルアップして欲しい内容がたくさんありますが、限られた時間のなかでコーチングしています。
最近、云っている内容の理解度が上がってきました。
「考えてプレーする」ことが出来始めてます。
もうすぐ3年生だからね!


4cd78e27-s

ca4bbbf0-s

dd372359-s

1b6b4f6c-s

クラブか部活か中学のサッカー進路問題

『努力』、『規律』、『継続』

イニエスタが「僕が試合に出られない時もずっと大切にしていたこと」

若手のころは試合に出られないこともありました。
そんな時でも謙虚な姿勢を崩さず、大事にしていたことがあったから、出場機会を得てからはグングン伸びて世界中のサッカーファンを魅了する選手になれたのです。


今日も午前はサッカー練習会

時折、小雨が降りましたが、今日も元気よく子供たちは走り回っています。
2年生も折り返し、少しずつ、周りを見ながらパス回しも出来るようになってきました。
子どもの上達、成長は早いものですね!


3beb164e
618f3c2c

午前はサッカー練習会

秋晴れの気持ちいい天気ですね!
子どもたちは疲れ知らずで走り回っています。


011a5fb7-s

1ba7e65e-s

3f10be16-s

6c12d1f5-s

c1c03083-s

リオネル・メッシのアップトレーニング

太く頑丈に育てたい「フットボールの木」

森保ジャパンのウルグアイ戦が日本の若手に与えた大きな刺激

アルペン界にも、このような刺激が欲しいです

『道具』を大切にすること

全日本U−12サッカー選手権 12ブロック決勝トーナメント

決勝トーナメント1回戦
八王子FC ウイングス
前半 0-0
後半 1-0

混戦の中、こぼれ球を押し込んで先制。
危ないところも多々あったが、チーム一丸になって勝ちきりました。
まずはおめでとう。次に向けての準備をしよう!

IMG_6900
IMG_6902
IMG_6901
IMG_6903
IMG_6905
IMG_6906
IMG_6907
IMG_6911
IMG_6912
IMG_6913
IMG_6914
IMG_6915
IMG_6908
IMG_6910
IMG_6909



第92回全日本学生スキー選手権大会
IMG_8206


長野県野沢温泉スキー場(アルペン)
平成31年2月19日〜23日

第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

JOCジュニアオリンピックカップ2019

3月28日(木)〜31日(日)

志賀高原:西館山FIS公認コース
     ジャイアントFIC公認コース


JOC

大会ホームページ

大会直前情報・大会中情報
ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報