スイスのスキーチームは、合計 5 レースで 7 回表彰台を獲得し、連勝を続けたスキー ワールドカップの素晴らしい週末を振り返ることができます。 シーズン終了前であっても、チームは 25 勝という素晴らしい記録を誇っており、これはすでに、前の冬シーズン全体よりも 1 つ多くの成功を収めたことを意味します。

マルコ・オーデルマットはアスペンでの両レースで優勝し、大回転で目覚ましい優位性を維持し、日曜日にワールドカップ回転のチャンピオンとしてデビューを祝ったロイック・メイラールを引き離した。 同時に、ララ・グート・ベーラミがクヴィトフィエルで行われたスーパー大回転で優勝と2位となり、ワールドカップでのリードを広げた。

スイスアルペンスキーチームは今シーズン、オーデルマット(13勝)、グートベーラミ(8勝)、そしてスイスのアルペンスキーチームの各1勝の素晴らしいパフォーマンスのおかげで、25回の優勝を含む計49回の表彰台を振り返ることができた。ジャスミン・フルーリー、ダニエル・ユール、ニールス・ヒンターマン、メイラード。

今シーズンの勝利数はすでに目覚ましいもので、スイスが1988/89シーズンに合計31勝を達成した35年前の成功を思い出させます。 特に女子選手たちは表彰台獲得20回で昨年の通算成績に匹敵し、9回の優勝で昨冬の6回を上回った。 彼らは、クランスカ・ゴーラとザールバッハ・ヒンターグレムの残りのレースであと2勝が必要で、昨年の18勝に向けて順調に進んでいる。

ワールドカップで37勝を挙げたオーデルマットは、ピルミン・ツルブリッゲンのスイス男子記録まであと3勝と迫っており、グート・ベーラミの45勝はフレニ・シュナイダーのスイス男子クロスジェンダー記録である55勝に近づいている。