アルペ・セルミスではヴィットリア・カッペリーニとダビデ・レオナルド・セッピが喜びを分かち合っている。Nor-Am Cup、また忙しい1週間が始まる。

ヨーロッパカップが本格化する中、ジナルの女子大回転(今日のアッシャ・ゼネレのイタリア優勝を受けて明日リピート)とサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァの男子スーパーGが火曜日と水曜日に「デボラ・コンパーニョ」で予定されているが、FISの人事も多数続いている。

まず、今日はヴァル・ディゼールの大回転でACLを断裂してから1年弱で開門復帰したエイドリアン・ペルトルにとって重要な日だった。コルチナ2021ワールドカップ銀メダリストのナローポールはグルグルのFISスラロームですぐに優勝し、2位のシモン・ルエランと3位のジョシュア・シュトルムに10分の7の差をつけていたのである。

イタリアの雪原では他に4つのレースが開催された:ヴァル・カシエスの女子スラローム(第1戦はサンマリノのJr選手権、第2戦はリトアニアの大会でも有効)でフラビア・ディレッタ・ジョルダーノが初戦でアネット・ベルフロントに2秒の差をつけて優勝、スラロームビスではスロベニアのトムシッチと同じくイタリアの才能ある若い選手エミリア・モンディネリに先勝した。

プログラムはアルペ・セルミスでも始まり、FISジャイアント・スラローム(火曜日にも2本ある)で、女子はヴィットリア・カッペリーニがイギリスのヴィクトリア・パラに100分の7、アリス・パッツァリアには100分の9の差をつけて優勝し、男子はダビッド・レオナルド・セッピがジョバンニ・ザザロに100分の7、フランチェスコ・サンタクロチェに69秒をつけて優勝しました。

一方、北米のトップサーキットであるノルアムカップは、週末にカッパーマウンテンで第1ステージが終了し、4つのテクニカルレースがすべて女子に特化したダンスが開幕しました。大回転では、カナダのブリット・リチャードソンがダブル優勝した。第1レースでは、同胞のキャシディ・グレイとアメリカのAJ・ハートが表彰台に上がり、アンコールでは、スウェーデンのサラ・ラスクが3"04で2位、主催者のキェルスティ・モリッツが3"45で3位と、このレベルのレースでは圧倒的な強さを見せたのである。

スラロームでは、最初の種目でアリー・レスニックが星条旗のワンツーを決め、ゾーイ・ジマーマンが100分の22秒差で、カナダのキキ・アレキサンダーが表彰台を獲得した(+ 0"27)。同じメイプルリーフの国の代表が、2回目のスラロームでラスクが400分の44で2位、ツィマーマンが49で3位、レズニックが4位とサインして北米代表チームにまた成功を与えた。

今日からダウンヒルが始まる。カッパーマウンテンではノルアムカップのダブルダウンヒルとダブルスーパーGが開催され、男子もこのステージに立つからだ。