ビーバークリーク(アメリカ)のスーパーGで、OSVのスキーヤーは表彰台に上ることができませんでした。今回もAleksander Aamodt Kilde(NOR)とMarco Odermatt(SUI)の2人が勝利を決定づけた。2位のオーダーマット、3位のA・パンテュロー(フランス)を抑えて優勝を果たした。

ラファエル・ハーサーはコースの下部でセンセーショナルな滑りをしたが、それでも6位に入り、最終ランキングではオーストリア人選手として最高の成績を収めた。彼は、トップスキーヤーについていけることを知っているし、うまくいっている。"若さ "が幸いしているのでしょう。戦術を持ち込むのは、ちょっと難しいですね。でも、これからもこうして仕事をしていくので、そこは何とかしていきたいと思います。[...] レース自体は簡単なものではないんだ。トップはかなり厳しいので、ちょっと寝過ごす危険性もよくあります。でも、アクセルを踏めば踏むほど、トラップが開いていくんです。"

マティアス・マイヤーとヴィンセント・クリーチマイヤーは、自分たちのパフォーマンスにあまり満足していないようだ。

"思い通りにいかず、特に上部ではスキーが思うように動きませんでした。1秒近い差はかなり大きいので、完全には満足していない。マティアス・マイヤーはレース直後、このように総括している。結局、10位でフィニッシュした。

最終的に9位でゴールしたヴィンセント・クリーチマイヤーも、同じような経験をした。"今回も大変勉強になりました。これからたくさん改善していかなければなりません。"

他のOSVのスキーヤーたちも、同じような厳しい結果だった。その他の順位は 18位 Julian Schutter、21位 Stefan Babinsky、24位 Marco Schwarz、26位 Otmar Striedinger、29位 Daniel Hemetsberger、34位 Christoph Krennとなりました。