第55回サスロンクラシック❗️3戦目です。
公式に発表されました。
Audi FIS Ski World Cup in Val Gardenaは、今年3つのレースが開催される予定だ。12月15日(木)、中止となったビーバークリーク(アメリカ)のダウンヒルレースがサスロングで開催されることになりました。




ビーバークリークの滑降がキャンセルされ、ガーディナ・グレーデンにて補填となる

Audi FIS Ski World Cup in Val Gardena/Groden は、今年3つの決定事項を含んでいます。12月15日(木)、ビーバークリーク(アメリカ)でキャンセルされたサスロングのダウンヒルが補填されることになった。

このメイクアップ・レースをもって、第55回サスロン・クラシックは10日後のクリスマス前最後の週末に開幕する。12月16日(金)には地元Val Gardena/Grodenで伝統のSuper-Gが行われ、17日(土)にはダウンヒルで南チロルのワールドカップクラシックが幕を開ける。 12月13日(火)と14日(水)はトレーニング日に決定し、最初のチームマネージャーミーティングは12日(月)に行われる予定である。

これで正式に決定しました。アメリカのビーバー・クリークでキャンセルされた最初のダウンヒルは、ガルデナ・グレーデンで埋め合わせをすることになった。したがって、ラディン・ドロミテにおける男子のスピードプログラムは以下の通りである。

ワールドカップの歴史上、今年で100回目のレースを開催する主催者側は、幸運としか言いようがない。すべての賭けが計画通りに進み、レースが中止されなければ、木彫りの谷は勇敢で向こう見ずな男たちの101回目のレースさえ見ることができるだろう。

「ビーバー・クリークの友人たちがプログラムを完了できなかったことは、もちろん残念なことです。FIS、イタリアの冬季スポーツ連盟FISI、権利者のインフロントの信頼に感謝するとともに、初めてサスロングで男子3人目のレースを開催する機会を得たことを嬉しく思います」と、主催するサスロンクラシッククラブ会長のライナー・セノーナー氏は最初の声明を発表した。




バルガルデナにとって、なんという祝典だろう。ビーバークリークのスキップダウンヒルがサスロングで競われることになったのだ。

12月15日(木)に24時間の練習、16日(金)にスーパーG(ガーデナ/グレーデンの歴史上100回目のレース)、17日(土)にクラシックが開催される。

2029年の世界選手権を夢見ているこの地で、ワールドカップの99、100、101回目の開催となるこの大会(55回目)は、サスロングで体験できる歴史的な男子レースの三部作として、ヴァル・ガルデナにとって大きな祝祭となる。

FISは、先週の金曜日にビーバークリークでキャンセルされたダウンヒルを、ライナー・セノーナー率いる組織委員会が補填すると発表し、すでに予定されていたスーパーGとダウンヒルに加えて、ダウンヒルが行われることになった。

基本的に、この2つのレースは24時間繰り上げられ、12月13日(火)と14日(水)に開催され、ダウンヒル1番(メイクアップ)は15日(木)に、スーパーGは16日(金)に予定されており(ガルディナ・グレーデンのCdMにおける100戦目となる)、「クラシック」ダウンヒルは17日(土)午前11時45分に開催されます。

18日(日)と19日(月)にアルタ・バディアのグラン・リーザで開催される2つのジャイアント・スラロームで5連戦となり、特にマルコ・オーダマット自身は各専門分野でトップの成績を目指す、まさに力作揃いのレースとなる。スイスの直接のライバル、アレクサンダー・アーモット・キルドは、ヴァル・ガルデナに来たことをただただ喜んでおり、サスロングのダウンヒルに微笑んでいることができます。

「サスロン・クラシック・クラブ会長のライナー・セノナーは、「ビーバー・クリークの友人たちが全レースのプログラムをこなせなかったことは、もちろん残念に思う。サスロンで初めて男子3人目のレースを開催できることをうれしく思います。