ルカ・アガッツィのデビューは、なんということだろう。そう、今年から、不思議なトリオ(ゴッジャ、ブリニョーネ、バッシーノ)は、ジャンルカ・ルルフィ監督のコーディネートのもと、個人コーチをつけることができるようになったからだ。前回のカナダでの経験を経て、アガッツィは今、ベルガマスクの星の宮廷にいる。

AGAZZI - しかし、ルカの声を聞いてみよう:「レイクルイーズでこれ以上ないスタートを切り、素晴らしい勝利を収め、そしてまた封印を解いた。もちろん、スーパーGでは表彰台に上がれなかったが、それでいいのだ。いつもトップに立てるわけではないのだから。寒さも含め、いろいろな意味で疲れた3週間でしたから、少し疲れていたのかもしれません。トレーニング先の3000mを超えるカッパーマウンテンでは-20度、アルバータ州では到着してすぐに-30度でした。しかし、この2倍は本当に素晴らしいスタートであり、これからはこの道を進んでいかなければならない。この夏、私たちは多くのことを学びました。技術的には、ソフィはより足を使って滑るので、雪からエッジを離すのが早くなり、より流暢に滑ることができるようになりました。そうすることで、より効果的な滑りができる。このことは、第2滑降の決勝で、短いセクションでコンマ3秒を稼ぎ、優勝を確実なものにしたことにも表れている。今日は家で休んで、すぐにセストリエーレのトレーニングデイ、そして大回転のレースだ。そしてまた休息日、サンモリッツへ。今はカレンダーに余裕がないので、全員が集中しなければならない。