”こうやって後ろから持ち込むんだ”

コロラド州ビーバークリーク-日曜日は人気馬が上位を占めたが、猛禽類スーパーGはいつも驚きに満ちている。アレクサンダー・アーモット・キルドが4連勝、マルコ・オーダーマットが2位、アレクシス・パンチュローが3位となった。しかし、後方からの驚異的な追い上げもあり、真のエンターテイメントとなった。

ノルウェー人初参戦の選手がスピードコースで活躍
32番と33番のビブスを着けたノルウェーの技術系スター、アトレ・リエ・マクグラスとルーカス・ブラッセンは、日曜日、ワールドカップSG初出場にして大活躍を見せた。2人とも表彰台に上る勢いであった。マクグラスはコンマ3秒以内の差で5位、ブラッセンは7位だった。

「この春、スーパーGをもっとやりたいと思ったんだ」 とマクグラスは語った。マクグラスはワールドカップのスラロームで2勝、GSとパラレルで表彰台に立っており、アメリカ人の父フェリックス・マクグラスもレースに参戦している。「私たち2人がトップ10に入るなんて、正気の沙汰とは思えません」。

マクグラスとブラッセンは、ノルウェーの技術系チームでのトレーニングを一時中断し、コロラドに移動してビーバークリークの週末に向けてカッパーマウンテンでトレーニングを積んだ。

「高地は厳しいが、それ以外は完璧だ。雪質も最高だしね。アメリカ人とのハーフということで、とても歓迎されていると感じている」とマクグラスは語った。「このキャンプは、今日のレースの前から、ここ数年で最も楽しいキャンプのひとつだった。このレースに向けては、それが精神的な支えになっていた。とても楽しかったから、超ハードで行くつもりだ" と語った。

ミッションは達成された。ブラッセンは、ワールドカップのスラロームとGSで2勝を挙げ、表彰台にも何度か立っている。

チャージ・イン・ステップ
「ビブ32と33というのは、スタート時にとても心強い存在だ。「彼のレベルはよく分かっている。自分のレベルもわかっている。だから、彼が目の前に送ってくれるということは、今日のような日には間違いなく助けになる」。

とはいえ、少しも怖くなかったというわけではありません。

「これは、自分がやってきたことと比べれば、エクストリームスポーツだ」とブラセンは言います。「100Kmを超えるスピードになると、体が震えたり、ジャンプしたりするんだ」。

Braathenの手足は、ゴールデンイーグルのジャンプで激しく暴れ、その後、彼は「約束を失った」と語ったが、今シーズン、アスペンで彼のために少なくとももう1つのスーパーGのスタートがあるという。

「しかし、今シーズンのアスペンでのスーパーGは、少なくともあと1回は滑る予定だという。でも、これだけは言える。とんでもない導入だった。もう一回、必ずやりますよ。カレンダーが許せば、3回やるかもしれない。」

マクグラスは、3種目制のスキーヤーとしての将来も考えている。

「今年の計画は、こことアスペンでしか滑らない予定だったが、もう一度見直してみる必要があるかもしれない」とマクグラスは言う。とMcGrathは言った。「結局、3種目を追加することは、今、テーブルの上にあることなんだ。いずれ分かることだ。」

ホームタウンヒーロー
この日最も騒がしかったのは、地元選手であるリバー・ラダマスだろう。ビブNo.57を身につけたこの大回転のスペシャリストは、ピンクの髪を燃やしてSGのスタートハウスから飛び出した。そして16位まで順位を上げた。この努力は彼にとって初のワールドカップ・スーパーGの得点となった。

「このコースについて、「本当に脅威的なスタートだ。「4つのゲートがまっすぐ坂を下っているような感じだ。少なくとも第2コーナーと第4コーナーを攻めなければならないと自分に言い聞かせた。2コーナーと4コーナーは、本当にスピードが出るところなんだ。それを恐れていると、その後の調子が狂ってしまう。そこで僕は、全身全霊を傾けて、このコーナーをクリアすることに全力を尽くした。ただひたすら、ラインを押し出すことに専念した。最後のジャンプの前では、ほとんど失いかけていたが、最後まで自分の努力と強さを感じられた。結果も同じで、最高の気分だった」。

ラダマスのモチベーションを高めたのは、元アメリカのダウンヒラー、ダロン・ラールブスとマルコ・サリバンだった。

「ダロンやマルコをはじめ、多くのレジェンドたちが、地元でレースをすることの意味について話してくれた。私はここから10分のところに住んでいる。ここでレースをすることの意味を教えてくれた。ビーバー・クリークでは何度かチャンスを逃してきたが、今日は本当にうまくいった。「自宅でのレースは最高だ。近所の人たち、家族、友人、そして彼女もみんなここにいる。このような場所でレースをすることで、応援してくれる人がいることはとても嬉しいことだ。

スーパーGをカレンダーに加えることについて、ベイル出身の彼は、すぐには実現しないだろうと語った。いずれは、すべての種目で競技をしたいという。

「今は、GSを自分の思うような場所に持っていくことが最優先だ」 とラダマスは語った。「スーパーGで練習を積み重ね、いつかはダウンヒルにも挑戦したい。スーパーGをやりすぎて、GSの調子が悪くならないように、引き算ではなく、足し算でやっていきたい」。これはテクニカルなスーパーGで、GSスキーヤーに適している。今日の結果を見ればわかるだろう。"

日曜日のバックフィールドの火の玉には、チリの選手、ヘンリック・フォン・アッペンも含まれていた。先週末のレイクルイーズで18位に入り、ワールドカップSG初ポイントを獲得した彼は、ビーバークリークでも40番のビブで14位に入賞した。

カナダのジェフリー・リードも先週末のレイクルイーズでSG21位に入り、ワールドカップ初ポイントを獲得した。ビーバークリークではビブ45番を着用して20位となり、その勢いは止まらない。GSのスペシャリストであるフランスのシプリアン・サラザンはビブスNo.37を着用して12位に入り、自身2度目となるSGカップポイントを獲得した。