2本目の滑走では、ビチェンツァのスキーヤーがドイツ人に100分の6秒差をつけており、エスケーン(マイヤーホーフェンのデビュー戦で優勝)は+0"28で3位につけている。イリア・ギザルベルティもトップ10に名を連ねています。

アッシャ・ゼネレは、ジナルで開催される女子ヨーロッパカップの2戦連続大回転の1戦目で成功を収めようと、その場にいた。ヴィチェンツァ出身でヴァルサッシーナに住んでいる25歳の彼女は、コンチネンタルサーキットで最も過酷なイベントの1つであるオープニングランの終了時点で2位につけている。アシャは、アンダロで一瞬にして優勝の可能性から十字部骨折で病院のベッドへと転落したが、このレベルで初の勝利を目指す(13時からの決戦)夢と目標を持っているのだ。

彼女との差は100分の6で、先週のマイヤーホーフェンで今シーズン初のEC大回転を制したトランスアルパインのドリアン・エスケーンが+0"28で3位につけている。

一方、イリア・ギザルベルティはトップと87秒差の8位、元チームメイトで今季からブルガリアの選手となったルイザ・ベルターニとは400秒差の2位となっている。

アリーン・ダニオスがシーンを去る一方で、同じくCdMの安定したスイス人選手、カミーユ・ラストは現在のトップ10圏外(さらに後方にはメラニー・メイラードが1"69でトップ20入り)、そしてランキング3位でイタリアのスペシャルティチャンピオン、エリザ・プラティーノの16位(+ 1"33)を抑えている。

ラウラ・シュタインマイル(1"75で19位)、フランチェスカ・ファンティ(+1"85)、ベアトリス・ソラ(+1"93)と非常に好調なアンブラ・ポマレ(60番スタートで2"22で26位)もトップ30に入り、ヴィヴィアン・インサムとカロール・アニエリは間に合わなかったが、サラ・アルマンと第2ヒートに参加予定である。